戸建住宅リフォームで床暖房を考えています(1階リビング14畳)。イニシャルコストと快適性についてガス式が良いか、電気式が良いかアドバイス下さい。またガス式だと月に5000~7000円ぐらいガス代が上がると聞いたのですが、電気の方がもっとかかりそうな気がします。正しいでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

回答の補足に対する回答


ちなみにこれも給湯器の仕様によるのですが一般的には電気式床暖房+ガス給湯器の方がやすいはずです。給湯器と床暖房はメーカーが違うのが普通ですから余り関係ありません。ガス式の床暖房にすると専用の給湯器が必要になりますから給湯器もやや割高になります。ですから我々プロが使うときは販売価格を下げるのに原価を下げたいときは電気式、高額物件でランニングコスト等をアピールしたいときはガス、そんな使い分けをするときもあります。
一般的に施工しやすいのは電気式です。これはいろいろなタイプがでているからということもありますし、個別プロパンガス(ガスをそれぞれのお宅に持ってきて家の横のタンクにおいておくもの)利用の場所でも容易に使えるというメリットもあります。
あと、リフォームということをすっかり忘れていたので付け加えるとガス式の床暖房というのはマット(暖まる部分)だけで12mmあります。その下に必ずマットを敷くための下地合板がいるのでそれだけで9mm~12mmはアップします。(あなたのお住まいが2×4のように元々、下地になる合板が入っていれば別)合計すると、従来より床高が21mm~24mm程度あがってしまいます。ということは今回のリフォームでどこまで工事するのかにもよりますが例えば掃き出しの窓(そこから外にでれるような窓)の部分の収まりや床暖房設置側に開く片開きの建具、巾木(床とかべの見切り)等も交換しなければなりません。それに対して電気式というのは1mm未満のシートタイプのものや在来工法の根太の間に入れていくようなもの元々フロア材の中に組み込まれているリフォーム用のものなど床高があがらなくするものがいくつかでています。
と、いうことであなたのお宅がどこまで工事すかによってすなわち給湯器以外の部分も含めてトータルで判断しないといけないと思います。
 最近、私の所に東京電力と東京ガスの双方の営業が床暖房を売り込みに来ますがどちらも快適性はうちが上だと言います。私の私見としては暖まるまでは電気、暖まってからはガスという意見です。ただし、東京電力のいうことで一つ間違ってないと思うのは『オール電化住宅にした場合はイニシャルは高いけどランニングはガスとかわらなくなるし(深夜電力使用)、安全性は間違いなく電気の方がよい』、ということです。でも、都市ガスが元々入っているような場所では意味のない話ですね。
 それから、残念ながら次にお答えできるのは2週間後になってしまいます。もし私の回答に補足が必要な場合は無責任なようですが他の方にご相談してください。
    • good
    • 0

運転コスト共に、安全性や保守の手間も検討する必要が有ると思います。


下記のページを参考にしてください。

燃料別、床暖房徹底比較
下記ページの下部にあります。
http://www.tokyo-gas.co.jp/ultraene/liv_main.html

床暖房いろいろ
http://www.yukadanbo.co.jp/dif.htm

ガス温水床暖房と電気式床暖房の立ち上がり特性の比較
http://www.tg-showroom.com/reference/yukadan/tem …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考情報ありがとうございました。意外にもガス式の方がイニシャルが安いので驚きました。東京ガスの資料だからですかね?また閉塞温度というのがあって、ガス(温水)式の方が安全というのは知りませんでした。うちは小さい子供がいるのでフローリングの上で昼寝するなど考えられるので、とても参考になりました。

お礼日時:2001/08/09 15:30

ランニングコストについて、14畳ということなのでガス(TES)としても5000~7000円/月の上限の方になると思います。

で、電気式の床暖房ですが同等の広さとするなら14000~17000円/月程度かかります。イニシャルコストについては電気式の場合色々なものがあるので何とも言えませんが一般的にはガスよりかは安いです。おそらく施工費でリフォームをされるメーカーにもよりますが10万~30万円程度は安くなるでしょう。ただ、ガス式の床暖房の場合(特に東京ガス)はパック式の価格提案を大手の施工業者にはしているのでイニシャルコストについてはかなりぶれ巾が大きいと思います。
快適性ですがこれも電気式の何を使うかで何とも言えませんが一般的にはガスの方が『床の温度が熱くなりすぎない』というメリットがあります。ただ最近の電気式は性能が上がってきて早く暖まるという部分では電気式の方が上です。
リフォームの床暖房ということで一点だけ・・・
最近の新築住宅は特にハウスメーカーがつくっているものは断熱基準が上がってきて関東以南であれば床暖房だけで他の暖房機器がいらないケースもありますが一般的には他の暖房機器と併用するのが普通です。ですから、床暖房に過信しないことをおすすめします。(快適なことは間違いないけど・・・)

この回答への補足

リフォームの際に給湯器も一緒に取り替えるつもりなのですが、電気式床暖房+ガス給湯器と、温水床暖房+ガス給湯暖房機だとどちらが安くなるんでしょう。(すいません。工事店に見積もりを取ればいいだけなのですが)

補足日時:2001/08/09 14:41
    • good
    • 0

灯油という選択肢は無いのでしゅか?


部屋の暖房機(ストーブ)も兼ねているので、暖かく
一番経済的だと思います。

この回答への補足

灯油は考えていませんでした。温水床暖房にするとしたら、給湯器がガスなので、リフォームの際にガスの給湯暖房熱源機に変更しようと思っていました。灯油の補給とか、タンクの置き場所とか、環境問題を考えるとちょっと・・・。

補足日時:2001/08/09 14:37
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽熱を利用したガス給湯床暖房システム

太陽熱を利用したガス給湯床暖房システム
を検討していますが、太陽熱を利用したシステムにするか
ガスだけの設備にするか迷っています。場所は東京都内です。
床暖房はLDKに20畳と子供部屋に12畳程の施工を考えています。
太陽熱を利用したシステムは施工するコストを考えた場合に、
冬は床暖房とお風呂、台所のお湯、
夏はお風呂、台所のお湯の利用で差額回収?利益は出るでしょか?

Aベストアンサー

設備屋です。
最近、新築計画のときに、エネオスとか太陽光の計画の話がよく出てきます。みなさんのエコに対する意識の高まりだと思っています。
ただ、メーカーの説明だけを聞いていると、落とし穴があります。果たして自分に利益か不利益かを考える必要があります。それと今後のエネルギー対策がどの方面に向かっているのかというのも、頭に置いておかなければなりませんが、5年後、10年後のエネルギー情勢なんてわかりっこありません。

今の時点で、いくら最新鋭でも、あまり実績のない設備機器を導入するのは、ある意味、バクチに近いものがあると、私は考えます。設備投資だけに終わる、いわば過剰設備です。生活していく上では避けて行きたい所じゃないでしょうか?

私は設備の仕事を楽しんでやってます。商売っ気はぬきにして、以上のような話をお客さんとよくします

太陽熱と温水器をシステム化した商材は、15年ほどまえからあったようです。しかしどのメーカーもぱっとしませんでした。
今でもお金持ちのお宅のに行くと、設置してあり、「古いのでリフォームを機に取り払ってくれ!」とたのまれます。

いくら熱交換技術が進んでも、冬場の太陽熱なんてあまり期待できません。冬に床暖房フル稼働ということをかんがえると、システムとしては不安定熱源で低効率になると思います。

錯誤回答かもしれませんが、よくお考えください。

設備屋です。
最近、新築計画のときに、エネオスとか太陽光の計画の話がよく出てきます。みなさんのエコに対する意識の高まりだと思っています。
ただ、メーカーの説明だけを聞いていると、落とし穴があります。果たして自分に利益か不利益かを考える必要があります。それと今後のエネルギー対策がどの方面に向かっているのかというのも、頭に置いておかなければなりませんが、5年後、10年後のエネルギー情勢なんてわかりっこありません。

今の時点で、いくら最新鋭でも、あまり実績のない設備機器を導入するのは...続きを読む

Q【電力自由化でガス会社が「ガスと電気を一緒にガス会社に委託してくれたら安くするよ!」と言い】、 電気

【電力自由化でガス会社が「ガスと電気を一緒にガス会社に委託してくれたら安くするよ!」と言い】、

電気会社も「電気とガスを一緒に電気会社に委託してくれたら安くするよ!」と言うようになった。

ガス会社に合体して請求して貰うか、電気会社に合体して請求して貰うかですが、

ガス会社が積極的で、「うちでシュミレーションするよ!無料で調べるよ!」と言って、

調べてもらうと、

当たり前だけど「ガス会社に一択してくれた方が安くなります」と言って、

ガス会社に電気も委託する人が増えているが、

もし電気会社が「うちがシュミレーションするよ!」と言って調べてもらったら、

多分、電気会社に一択してくれた方が安くなりますね。と言いそうな気がします。

これって既存の顧客をガス会社と電気会社が取り合っていて、結局既存会社に委託することになるんだから何で安くなるのか理解出来ませんよね。

再委託するわけだから、両社は営業費分だけロスが生まれるので、この営業費分を顧客負担に上乗せされるので安くなるはずがないと思うのに安くなっているので、どちらかの委託に移った人だけ得をして、従来のままの客は営業費分上乗せされてなぜか既存ユーザーが新規ユーザー分の負担を払わないといけない携帯キャリアと同じ泥沼に総務省に嵌められて入れられた感じがします。

営業費が追加で発生しているのに安くなる不思議。

誰がその追加分を負担しているのでしょう。

【電力自由化でガス会社が「ガスと電気を一緒にガス会社に委託してくれたら安くするよ!」と言い】、

電気会社も「電気とガスを一緒に電気会社に委託してくれたら安くするよ!」と言うようになった。

ガス会社に合体して請求して貰うか、電気会社に合体して請求して貰うかですが、

ガス会社が積極的で、「うちでシュミレーションするよ!無料で調べるよ!」と言って、

調べてもらうと、

当たり前だけど「ガス会社に一択してくれた方が安くなります」と言って、

ガス会社に電気も委託する人が増えているが、
...続きを読む

Aベストアンサー

電力自由化は、例えばガス会社が電力会社から委託を受けているわけではありません。
つまり委託料だけが増えて料金に上乗せされる(はず?の)ところ、それを既存客に転嫁するというのではありません。
早い話、今までは住んでいる場所に応じて電気の供給を受ける電力会社が固定されていたのが自由になった、しかも電力会社に限定されていませんから、東京に住んでいても東京電力と契約する必要はなく、東京ガスから電気を買うことができるようになりました。
で、東京ガスは例えば、東海電力から電気を安く買って売るというようなことをするわけです。それと今までよりも自由に割引プランを設定するわけです。
ですから別に転嫁が起こっているのではありません。
https://www.tainavi-switch.com/contents/437/
https://www.fhrc.jp/denryoku/magazine/details_5.html
ちなみにガスの自由化は個人消費者向けはまだです。4月からなので今は種をまいているところでしょう。

Qソーラー湯たんぽ床暖房についておしえてください

ちかじか戸建の家をリフォームするのですが
【ソーラー湯たんぽ床暖房】、ガスの温水式床暖房、電気の温水式床暖房、灯油での温水式床暖房の4点で迷っています。
最近灯油の値段が高いので【ソーラー湯たんぽ床暖房】にかなりひかれているのですが、他の床暖房に比べどのくらい設備費(工事費も含んで)は高くなるのでしょうか?
他の床暖房システムとのコストの違いも気になります。

ちなみに熊本県の阿蘇に住んでいるため、夏はクーラーいらづですが
冬場はかなり長い間、寒い日が続きます。
・ガスはプロパンガスです。
・太陽熱温水器はつけたいと思っています。
・上水道でなく地下水(湧き水)を使用しています。

実際にお使いの方またはお詳しい方ぜひお教えください。

Aベストアンサー

ソーラー湯たんぽの場合、曇りや雨で湯温が上がらなければ、ガスで沸かすことになるかと思います。その場合、プロパンガスですと、料金が高いため、ランニングコストは、かなりかかるのではないかと予想します。

また、太陽熱を除いたとすれば、同じ熱量を発生させるためには、ヒートポンプ熱源(エアコンなどと同じです)の温水式のものが、効率(COP)が4程度とれて、消費電力が少ないため環境負荷が少なく、ランニングコストも最も安くなります。
給湯も同様に、プロパンガスですと、ヒートポンプであるエコキュートにするのが、最もランニングコストが安くなるのではないかと思います。

太陽熱を暖房に利用する場合、次のようなものがあります。http://www.solarwall-jp.com/
こちらで暖房補助する方が、ずっと良いのではないかと思います。

なお、暖房しても、家の断熱気密が悪いと、熱がみんな外に逃げてしまい膨大な暖房エネルギーとランニングコストがかかります。
断熱を出来るだけ良くするが、基本です。
http://blog.smatch.jp/dannetu/archive/573
http://blog.smatch.jp/dannetu/category_7/

ソーラー湯たんぽの場合、曇りや雨で湯温が上がらなければ、ガスで沸かすことになるかと思います。その場合、プロパンガスですと、料金が高いため、ランニングコストは、かなりかかるのではないかと予想します。

また、太陽熱を除いたとすれば、同じ熱量を発生させるためには、ヒートポンプ熱源(エアコンなどと同じです)の温水式のものが、効率(COP)が4程度とれて、消費電力が少ないため環境負荷が少なく、ランニングコストも最も安くなります。
給湯も同様に、プロパンガスですと、ヒートポンプであるエ...続きを読む

Q床暖房 ガスor電気

新しく家を建てることになりました。
そこで床暖房の設置をしたいと考えています。
いざ設置を考えるとさまざまな種類があり、迷ってしまいます。
HMのオプションで、ナショナルの電気式と東京ガスの「nook」があります。
どちらも一長一短あると思いますが、
私たちの生活スタイルの時はどちらが良いのでしょうか??
・神奈川県横浜市です。
・設置場所はリビング部のみ。(約15畳)
・今のところ共働きなので朝晩しか使いません。
・子供ができたら日中も家にいることになります。
 (2~3年先の予定)
・工事費
 電気式→約40万(電気代6000円/月)
 ガス式→約60万(ガス代4000円/月)と書いてあります。
初期費用とメンテナンスを考えると電気式と思うんですが、長い目で見るとガス式??と迷ってしまいます。

初めてのことだらけで、周囲にもまだ家を建てた人間が居ないので誰にも聞けなくて困っています。
他にも意見があったら教えていただけると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

東京ガスと松下の電熱式だとそれ程差は無いと思います。
ただ、もしピアノを置くことがありそうなら、電気式の場合パネルの上はNGです。耐荷重を超えます。もっともどちらもピアノのためには熱源が下に無い方がよいですけどね。
また、ガスも電気も契約によっては節約度合いが変わりますから、メーカーさんに直接確認した方が良いですよ。ガスは床暖房設置で給湯やコンロ使用の分も割引契約ができますが、電気の場合は、IHクッキングヒーターやエコキュート給湯器を使わないとあまりお得な契約は無いかも…。従量電灯契約だと一定量を超えると高くなります(多分コスト計算では高い単価で計算してあると思いますが)。
ちなみに、我家はキッチンはどうしてもガスを使いたかったので、給湯もガスにしましたが、ここだけはエコキュートの方がよかったかなと、今ちょっと考えています。我家がある静岡中部はガスが高いのです。
床暖房は一階全面の蓄熱式ですが、この初年度が灯油の急激な値上がり&高止まりで大きな誤算になったしまいました。ただでさえ最初は蓄熱しづらいのに…
余計なことを書いてしまいました。
とにかく、marron1979さん(女性ですよね?)と旦那さまの環境配慮とかその他諸々の考え方でお決めになるのが良いと思います。
IHがお嫌いでないのなら、エコキュート+オール電化も選択肢に入れて考えてみてください。
長くなって申し訳ありません。
よい家が建つことを心よりお祈りします。

東京ガスと松下の電熱式だとそれ程差は無いと思います。
ただ、もしピアノを置くことがありそうなら、電気式の場合パネルの上はNGです。耐荷重を超えます。もっともどちらもピアノのためには熱源が下に無い方がよいですけどね。
また、ガスも電気も契約によっては節約度合いが変わりますから、メーカーさんに直接確認した方が良いですよ。ガスは床暖房設置で給湯やコンロ使用の分も割引契約ができますが、電気の場合は、IHクッキングヒーターやエコキュート給湯器を使わないとあまりお得な契約は無いかも…。従量...続きを読む

Qお勧めの床暖房について教えてください

初めまして。
今、購入を検討中で、オール電化住宅にしたいと思っているのですが、分からない事だらけでして・・・。
エコキュートで床暖房にすれば、深夜電力を使って作動でき、電気代が安く済むと思っていたのですが、違うのでしょうか?
蓄電式の床暖房は、事務所向きだが一般向きではなく、ソーラーを付けなければ出来ないような事を言われたのです。
床暖房で検索しても、沢山の会社がヒットして良く分からないのです。
1階のLDK(20.5畳)のうち約12畳分と脱衣所の約1畳分に床暖房を考えております。
暖房面積の切替可能なタイプでお勧めとか、実際に使っていらっしゃる方の感想、アドバイス等をお願い致します。
オンドルエコノが良いのかなって考えておりますが、TER床暖房システムを勧められています。
色々なシステムがあり、混乱している状況です。
どうか教えてください

Aベストアンサー

>主暖房として考えております。
だとすると、ご質問にある施工率ではまるで足りません。
ほぼ床全面(9割以上を目指す)になるようにしなければ駄目です。
また高気密高断熱の次世代基準(住宅金融公庫の基準を見ると書いてあります)を満たしている必要があるでしょう。

それ以外だと別に暖房を用意して併設しなければ能力不足です。

この間も床暖房を入れた人で思ったように暖房されないというご質問があったのですが、基本的に韓国のオンドルとか東北地方の床下蓄熱暖房とは異なり、「床暖房」では暖房能力は下がると思って下さい。
(床面を暖めることと、床下を暖めることは同一ではありません)

ちなみに土壌蓄熱式は、ヤマトシロアリの活動が活発な地域では避けるべきです。ヤマトシロアリが地熱の高いところに集まる習性があるのは、疑いようもない事実ですから。

床下に暖房器具を入れる場合には、床下ラジエターを入れるなどで対応して、ベタ基礎では地面下につなぎ目がないように、基礎表面をモルタルなどで覆うことをしない、基礎から外に取り出す配管類の穴は地面の上にだす、間違っても外基礎断熱にはしないなどの工夫が必要です。

では。

>主暖房として考えております。
だとすると、ご質問にある施工率ではまるで足りません。
ほぼ床全面(9割以上を目指す)になるようにしなければ駄目です。
また高気密高断熱の次世代基準(住宅金融公庫の基準を見ると書いてあります)を満たしている必要があるでしょう。

それ以外だと別に暖房を用意して併設しなければ能力不足です。

この間も床暖房を入れた人で思ったように暖房されないというご質問があったのですが、基本的に韓国のオンドルとか東北地方の床下蓄熱暖房とは異なり、「床暖房」では暖...続きを読む

Q新築一戸建てに床暖房。ガスor電気?

一戸建てを新築します。
床暖房はぜひ設置したいのですが、ガスにするか電気にするか悩んでいます。

ガスは初期費用が高く、ランニングコストが電気より低い、温まるまでに時間がかかる。
電気はその逆という知識しかありません。

設置は、15畳程度のリビングダイニングのみです。
部屋は1階南側で、共働きなので平日は朝と夜のみの使用です。
1歳の子どもがいます。

過去の質問も調べましたが決めかねているのでアドバイスいただけないでしょうか。

Aベストアンサー

新築楽しみですね。
我が家はオール電化ではないので、ガスの給湯と床暖房です。
入居して間がないので、ランニングコストについてはわかりませんが、
床暖房等ガス施設はガス会社のキャンペーンや値引き等でかなり安く
設置できます。我が家はLD12畳とK3畳分はサービスでした。
電気式に比べ温度の立ち上がりが遅い件については、暖冬の今期だけかもしれませんが、全く不便を感じません。15分くらいで暖かさを感じることができます。逆に切った後の余熱効果が嬉しい限りです。1時間くらいは床面が暖かいし、部屋は全体が暖かくなっているので夜は寝付くまでは安心です。3月の使用状況は朝6:00~9:00。
夕方17:00~19:00の使用で十分快適(部屋温度20度)です。中国地方、補助暖房無しです。
7ヶ月と3歳の子供がおりますが、アパート暮らしの時より格段に子供の足が温かくなりました。とっても重宝しています。

Q一条工務店の床暖房について

いつもお世話になっています。

先日、一条工務店の「夢の家」「セゾンF」でめでたく契約しました。
実は床暖房のシステムで現在迷っております。
価格に大きく影響すること、月々の光熱費に影響する事から慎重に選ばないと!と思っています。

建築予定地は福島県なので、冬はやっぱり寒いです。

案1
 床暖房(灯油)+ オール電化(エコキュート)

案2
 床暖房(灯油)+ 給湯も灯油

案3
 床暖房(ヒートポンプ)+ オール電化(エコキュート)

月々の光熱費を抑え、かつ快適な生活ができるにはどうすべきか、どうかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

非常にラフに暖房費を見積もってみましょう。
家の断熱性能が分かりませんので、仮にQ値1.5W/m2K、C値を十分低い、延床面積120m2、内外温度差20℃とすると、1ヶ月に暖房で必要な熱量概算は次のとおりです。
1.5W/m2K x 120m2 x 20K x 24h x 30 = 2678kWh

ヒートポンプ熱源の効率を福島の気候を考慮して低めに見積もったとして、COP=3とすれば、
必要な電力量は、2678kWh÷3 = 893kWh
電気契約が全く分かりませんが、単価を23円/kWhとすれば、
893kWh x 23円/kWh = 20539円

灯油の熱量は36.7MJ/Lですので、kWhで表せば、10.2kWh/L
給湯器効率を85%とすれば、8.67kWh/L
必要な灯油量は、2678kWh÷8.67kWh/L = 309L
単価をとすれば、
309L x 100円/L = 30900円

となり、ヒートポンプの方が安いです。

給湯に関しても、福島の気候を考慮しても、エコキュートのCOPは通年で3程度はとれるはずですから、同様の結果になるでしょう。

以上から、案3が良いと思われます。

正確には、HMに家の断熱性能、ヒートポンプ効率と電気契約を想定した暖房コストのラフ見積もりを出してもらうと良いでしょう。

非常にラフに暖房費を見積もってみましょう。
家の断熱性能が分かりませんので、仮にQ値1.5W/m2K、C値を十分低い、延床面積120m2、内外温度差20℃とすると、1ヶ月に暖房で必要な熱量概算は次のとおりです。
1.5W/m2K x 120m2 x 20K x 24h x 30 = 2678kWh

ヒートポンプ熱源の効率を福島の気候を考慮して低めに見積もったとして、COP=3とすれば、
必要な電力量は、2678kWh÷3 = 893kWh
電気契約が全く分かりませんが、単価を23円/kWhとすれば、
893kWh x 23円/kWh = 20539円

灯油の熱量は36.7MJ/Lですので...続きを読む

Q電気炊飯器と、ガス炊飯鍋のランニングコスト

中部電力、東邦ガスです。
電気炊飯器は、タイガー製で、1合でも3合でも蒸らしを入れて、約1時間掛かります。
ガスの方は、コンロに炊飯ボタンがあるので、それを利用すると、蒸らしを入れて30分程度で炊けます。
ガスの場合、炊飯中は、何度も炎が小・大します。

それで、上記の各々のランニングコストはどれくらいでしょうか?
ちなみに電気炊飯器の消費電力(炊飯電力)は、1,210Wと書かれています。

Aベストアンサー

中部地域在住ではないので、東邦ガスとやらが都市ガスなのかプロパンガスなのか存じませんが、プロパンガスなら電気炊飯器の方が安いでしょう

都市ガスだと微妙です

電気炊飯器の消費電力は最大値で、炊き始めから終わりまでずっとその電力ではなく、美味しく炊き上がるように常に火力を調節します
ガスも同様です

正確に知りたいのなら、実験するしかありません

同じ量のご飯を炊いて、電気メーターとガスメーターがどれだけ増えたかで、それぞれ正確な使用量がわかります
使用量がわかったら、それぞれの単価をかければコストが割り出せます
無論、実験の際は、炊飯器以外の電気製品やガス製品は完全にオフにする必要があります
電気製品は単純にスイッチでオフにしても待機電力がかかっている場合もあるので、コンセントを抜くかブレーカーを切ることが必要です

Q床暖房と無垢について

床暖房と無垢について

新築予定です。

床暖房を考えていまして、フローリングに無垢を使いたいと考えていましたが、
先日建築業者に無垢でのフローリングでは床暖房が使用できないと言われました。

無垢板が反りを起こすのが原因だそうです。

無垢材のフローリングで床暖房は不可能なのでしょうか?

実際に無垢のフローリングで床暖房を入れている方はいますでしょうか?

また、インターネットで床暖房を探していると、
床暖房の種類に、ガスや、電気、温水などの種類があるのですが、
お勧めなどありましたら、教えていただけたら助かります。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に、無垢材が反る原因は、熱による無垢材の乾燥が原因で起こります。

みなさん床暖房に合う無垢材を探す方が多いのですが、
無垢材に合う「床暖房」があります。

床暖房といえば、「ガス温水式 」や「電気式」「電気温水式」などがありますが、
「遠赤外線」の床暖房であれば無垢材を使用しての床暖房が可能です。

遠赤外線での床暖房のメリットは、木に優しいだけではありません。

温水や電気の床暖房ですと、床面のみが温まりますが、遠赤外線であると部屋全体が温まります.
従来、床暖房はあくまでも補助的な暖房器具の一つでしたが、「主暖房」として使用できる床暖房です。

電気代も、他のメーカーと比べて消費電力が3分の2程度で済みますので、電気代の節約になります。

私も新築で、当初は他のメーカーの床暖房を検討していましたが、同じ無垢材を使いたいという悩みを持っていた際に紹介してもらいました。

実際3回冬を越しましたが、すごく温かく、大正解だったなと思います。

参考サイト:http://www.mitsuyoshi-dengyo.com/

床暖房は長く使っていく物なので、
ぜひ比較をして、ゆっくりご検討されてみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.mitsuyoshi-dengyo.com/

基本的に、無垢材が反る原因は、熱による無垢材の乾燥が原因で起こります。

みなさん床暖房に合う無垢材を探す方が多いのですが、
無垢材に合う「床暖房」があります。

床暖房といえば、「ガス温水式 」や「電気式」「電気温水式」などがありますが、
「遠赤外線」の床暖房であれば無垢材を使用しての床暖房が可能です。

遠赤外線での床暖房のメリットは、木に優しいだけではありません。

温水や電気の床暖房ですと、床面のみが温まりますが、遠赤外線であると部屋全体が温まります.
従来、床暖房はあくまでも...続きを読む

Q暖房にはガスと電気のどちらが料金がとくでしょうか。

木造一戸建(150m2)です。15畳のリビング(1F)の暖房にエヤコンとガスファンヒーターとどちらが料金的に特になるか知りたいのですが  ガスは13A年ガスです。  電気は一般の100V専用です。
エヤコンは特に暖房時には効率が低くなるとききます。  計算には分けてもよいと思いますが
加湿器の電気料金がかなりかかりそうです。(電気でお湯を沸かして蒸気にするのですから)
場所は関西地区で冬季最低気温は0度以下になることはありません。
現状朝はガス、あとは電気を使っています。 
光熱費が20.000/月以上になるので何とか節約になる方法を知りたいとおもいます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

長時間暖房するならエアコン、短時間ならガスがいいと思います。
長距離走と短距離走の適用のようなものとお考えください。
エアコンは一旦規定温度に達すると、上手にコントロールしますが、ガスはコントロールできたとしても常に燃焼しますので温度を一定に維持できません。逆に換気が必要となります。
ベストミックスを言うならば、最初はガス、暖かくなってからはエアコンとするのがいいと思います。

なお、加湿器は2とおりの蒸気発生方法があって、ひとつはおっしゃるように加熱する方法、もう一つは超音波により蒸気を発生する方法で、電力消費が少ないです。
後者を採用する機器が多いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報