イラストレータver.9を使ってます。

特色1色刷りのチラシを作成するのですが、色指定はどうしたらよいのでしょうか?グレースケールで作るとお客さんにイメージが見せられないし、わからなくて困ってます。

何か方法があると思うんですが、初心者なもので・・・
どなたかご存知の方、教えてください。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

スウォッチの“新規スウォッチ”を作成する時に、スポットカラーを選びます。

色が自由に決められるので、それで特色に似た色を作ります。
そのスポットカラーで、データを作成します。
気をつけねばならないのは、スポットカラーとプロセスカラーを混在させないことです。スォッチのパレットを見た時、色名の横に○マークがついている時は、スポットカラーの設定になっています。
色名は変わらなくても、○がついていなと、別の色と見なされて出力されますので、ご注意下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。大変参考になりました!

回答を元にいろいろ見てみたところ、スウォッチライブラリにDICカラーのスポットなどがありました!スポットカラーを使えばその色で濃淡がつけられるのですね。全然知りませんでした。。。

本当にどうもありがとうございました!

お礼日時:2001/08/10 22:42

有名出力センターでは、すでに対応しています。


また、イラレ9.0も大丈夫。
ただ、出力するには条件があります。
下記のHPは、勉強になります。
仕事の合間に行ってみてください。

参考URL:http://www.vanfu.co.jp/vms/question/ill_top.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URL、とても勉強になりました。
普段ちょっと疑問に思っていることもたくさん書いてあったので、よく読んでみようと思います。

本当にどうもありがとうございました!

お礼日時:2001/08/11 12:26

補足です



私の周囲の印刷関係の場合、基本的に動いているのは、5.5です。8で問題なく対応できたのも今年になってからです。イメージセッターがなかなか対応できないでいるのが一番の理由だと言うことのようです。
Adobeのインデザインはかなり使いやすそうなのですが、やはり印刷会社の対応が遅れているために、クオークが一般的に使われているのも同じことのようです。

9にしかない機能を使った場合が問題なので、ファイル形式を8にしても同じに表示できれば可能だとも言われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足ありがとうございました!

いつもの出力センターに出さない場合は何に対応しているか確認してから処理するようにします。とても勉強になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/08/11 12:24

特色の指定については他の方の回答を参考にしていただくとして、


Illustrator9の場合出力センターや、印刷会社が対応していますでしょうか。していれば良いのですが。
とりあえずバージョン8で保存しておいた方が良いと思うのですが。

私の場合周りがまだ対応をしていないので、ちょっと気になって  それだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。

EPS形式にしてもやはりバージョンは関係するのでしょうか?一般的にはバージョン8だとどこに持っていっても大丈夫でしょうか?バージョン7以前しか持っていないところはなさそうでしょうか?今後のために参考まで教えていただけるとありがたいです。

とりあえずいつも出している製版屋には同じバージョン9を使って頂いているので大丈夫です。

お礼日時:2001/08/10 22:46

とりあえず、カンプは指定色に近い色で制作し、それにカラーチップをつけてお客さんに提出すればよいのでは。

色味は校正で確認してもらうしかないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
がんばってみます。

お礼日時:2001/08/10 22:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグレースケール → ダブルトーン → CMYK

PhotoShopで、カラーの画像を、単色にしたいと思っています。

「グレースケール」→「ダブルトーン」→「CMYK」の行程を踏むと、ダブルトーンでねらった色を指定したにも関わらず、CMYKにしたときにはまったく違う色になってしまいます。

たとえば「黒色」ですが、
ダブルトーンでK100%にしても、CMYKにした際に4色混ぜ合わせになってしまい、不要なC・M・Yのチャンネルを削除したとしても、きれいな画像にはなりません。

同じように「Y10%・K25%という微妙なグレー」も、
CMYKにした際に不要なC・Mが混ざってしまい、逆にKが存在しなくなってしまいます。

他の色でも、ダブルトーンでねらった色が、CMYKにするとちょっと違った色になってしまうのです(多少の誤差ならトーンカーブで調整できますが・・・)。


原因や、解決法をご存知の方は、ぜひお知恵を貸してください。
お願いします。

Aベストアンサー

解決法は自信ないですが、こういう事でしょうか?
http://www.pronate.co.jp/guide/photoshop/wtone.html

おかしくなる原因は、たとえば黒にしてもKのみで処理しているわけじゃなく、CMYK全て使っているので、チャンネルのCMYK全てを使うので、いらないチャンネルを削除しても表現できないのだと思います。
試しにCMYKモードで各チャンネルにブラシで色を塗ってみてください。別々だったり、重ねてみたり。なんとなく感覚でわかるでしょうか?
Kだけいくら塗っても真っ黒にはならずグレーになったと思います。

Qグレースケール画像のカラー印刷

Phothoshopで一度カラーからグレースケールに変更した画像を、InDesign上に配置し、レーザーカラー印刷しましたが、画像が白黒にならず、おかしな緑色がかった色になってしまいました。配置する前にCMYK変換してみましたが、それでも同じです。モニターで見ると画像はちゃんと白黒ですが、実際に印刷すると色がついてしまいます。(しかも、使うプリンターによって色が変わる)

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa467901.html
を参考に、彩度を下げてみましたが、今度は彩度を最低値にするとモニター状で赤っぽく見えてしまいます(印刷ではまだ試していません)

また、本文は黒一色ではないので、白黒印刷するわけにもいきません。

どうすればきちんとグレースケールで画像が印刷されるでしょうか。

作業環境は
Mac OS X(10.4)
Photoshop, Indesign CS2
です。
ご助言よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

プリンターには固有の色調があり、また同機種間においても個体差としての色の「転び」があります。
特にカラーで白黒印刷する場合、データをグレースケールにすると、搭載されている黒インク特有のグレーバランスがあるので、必ずしも真っ黒にはならないことがあります。
フォトショップのデータをグレースケールにする場合、単一のグレーチャンネル1色にしないで、RGBデータのまま彩度を0にしてややコントラストを上げて、調子を上げておきます。CMYKに変換するのはそれからにして下さい。CMYKに変換した後で、彩度を0にしてもニュートラルなグレーにはなりません。色相彩度のパラメータは基本的にRGB用のものと考えてください。
画面上では普通にグレーに見えるのに、印刷すると色が転ぶのはモニターからプリンターに至るまでのカラーマネジメントの問題が考えられますが、ここではとりあえず、応急処置を考えて見ます。
まず、フォトショップから直接、グレー(RGBのまま)にした画像をプリントしてみて、画面の色とどの程度離れているかを確認します。
例えば、緑色がかっているのなら、トーンカーブでグリーンのチャンネルをやや下に下げて少しマゼンタ色を加えます。つまり緑色の補色の色を加えて、グレーのバランスに持っていくのです。そののちプリントして画面の色に近付いたら、InDesignがCMYKならフォトショップのデータもCMYKに同じプロファイルに変換して、InDesignから印刷してみてはどうでしょう。

プリンターには固有の色調があり、また同機種間においても個体差としての色の「転び」があります。
特にカラーで白黒印刷する場合、データをグレースケールにすると、搭載されている黒インク特有のグレーバランスがあるので、必ずしも真っ黒にはならないことがあります。
フォトショップのデータをグレースケールにする場合、単一のグレーチャンネル1色にしないで、RGBデータのまま彩度を0にしてややコントラストを上げて、調子を上げておきます。CMYKに変換するのはそれからにして下さい。CMYKに変換した後で...続きを読む

QIllustStudioでグレースケールを使用するには

IllustStudioを最近使い始めたのですが、Photoshopの画像モードにあるようなグレースケールは無いのでしょうか?
漫画を描いているため必然的に解像度が高くなるのですが、RGBカラーだと非常に操作が重いです。
IllustStudioに詳しい方、ご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

こちらの本↓に、IllustStudioでモノクロ原稿を作る作例が載っていました。
(サイトは一部分だけしか公開されてませんが、グレースケールについても載っています)
http://p2.pixiv.net/2009/12/25/18151.html

動作を軽くするなら、レイヤーの種類(bit)を変えてみてはいかがでしょうか。
IllustStudioはレイヤー毎にbit数を選択可能です。
「新規レイヤーを作成」なら、デフォルトである「カラー(32bit)」のほかに、「グレー(8bit)」、「黒白(2bit)」、「黒(1bit)」が選べます。カラーよりも軽くなりますよ。
【グレー】http://manual.illuststudio.net/userguide/comment_drow2/comment_drowcolorgray/
【白黒】http://manual.illuststudio.net/userguide/comment_drow2/comment_drowtypemonochrome/

また、ちょっと癖がありますが、ベクターレイヤーを使うという手もあります。
ベクターなら拡大・縮小しても線が荒れないので、まずは低解像度でペン入れをし、トーンワークになってから解像度を上げるという方法です。
http://www.illuststudio.net/howto/howto-004/lesson017/

単純にデータを書き出すだけなら、ファイルメニューの「別名で保存」でPhotoshopのグレースケールやモノクロ2値が選択できます。
http://manual.illuststudio.net/userguide/menu_file/menu_file_save/20090413/

最初に上げた本から得た知識の一部ですが、参考になれば幸いです。

こちらの本↓に、IllustStudioでモノクロ原稿を作る作例が載っていました。
(サイトは一部分だけしか公開されてませんが、グレースケールについても載っています)
http://p2.pixiv.net/2009/12/25/18151.html

動作を軽くするなら、レイヤーの種類(bit)を変えてみてはいかがでしょうか。
IllustStudioはレイヤー毎にbit数を選択可能です。
「新規レイヤーを作成」なら、デフォルトである「カラー(32bit)」のほかに、「グレー(8bit)」、「黒白(2bit)」、「黒(1bit)」が選べます。カラーよりも軽くなりま...続きを読む

Qpdfファイルをグレースケールにするフリーのソフトウェアを教えて下さい

pdfファイルをグレースケールにするフリーのソフトウェアを教えて下さい。


pdfファイルをグレースケールにしたいと考えております。
Acrobat Professionalを使えば、出来ることは知っているのですが、
どのPCでも出来るように、フリーソフトウェアでしたいと考えております。

検索してはみたのですが、どうしても見つけることが出来ませんでした。

どなたかご存じでしたら教えて頂けますでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.xlsoft.com/jp/products/primopdf/index.html

プリモPDF、フリーです。

Q線画を印刷用のグレースケールに

鉛筆の繊細な線画等を、挿絵(商業印刷)にして入れたいと思っています。普通タイプのEPSONのスキャナ(GT-F600)で取り込み、PhotoshopCS3で加工します。入稿はグレースケールの350dpiという指定です。

●スキャン時にグレースケールにした方がいいのでしょうか?それともカラーでスキャンしてからPhotoshopCS3でグレースケールにした方がいいのでしょうか?

●スキャンした画像は背景が薄いグレーですが、ここを白くするにはどのようにしたら良いのでしょうか?

ぜひよろしくお願い致します!

Aベストアンサー

InDesignのご相談と同じ方でしたか。
でしたら、ある程度製版知識をお持ちでいらっしゃいますね。

レベル補正は、必ず「調整レイヤー/レベル補正」で行う方法をお薦めします。
画像を直接「レベル補正」で作業してしまうと、後でやり直しが利きません。
調整レイヤーなら、結果に満足できない時に何度でもやり直せます。
リンク先の情報を拝見しました。
基本編なので仕方ないのですが、スライダをあまり極端に動かすと、
中間階調に乏しいカリカリの仕上がりになってしまいます。
おおまかな補正は、スキャニング段階でかけておくべきです。
欠点がある元画像をレタッチするより、微調整に留める方が賢明だと思います。

アルファチャンネルやレイヤー乗算は、画像の特定部分の濃度を上げたり、
特定部分のコントラストのみを調整する手法です。
1枚のレイヤーですべてやってしまうより、複雑な補正をかけられます。
レベル補正だけだと、線画を濃くすると明るい部分がかすれてしまいますし、
中間調を重視すると全体が濁ってしまいます。
この矛盾する両方を別々のレイヤーで作ってしまうのです。
あとはレイヤー同士の濃度を微調整すれば、イメージに近い仕上りとなります。

アンシャープネスの適正なかけ方や、肌色の再現など、
市販書籍で覚えざるを得ない知識ってありますよね。。
出先なので、戻りましたらPhotoshop製版レタッチの書籍を何冊かご紹介します。

InDesignのご相談と同じ方でしたか。
でしたら、ある程度製版知識をお持ちでいらっしゃいますね。

レベル補正は、必ず「調整レイヤー/レベル補正」で行う方法をお薦めします。
画像を直接「レベル補正」で作業してしまうと、後でやり直しが利きません。
調整レイヤーなら、結果に満足できない時に何度でもやり直せます。
リンク先の情報を拝見しました。
基本編なので仕方ないのですが、スライダをあまり極端に動かすと、
中間階調に乏しいカリカリの仕上がりになってしまいます。
おおまかな補正は、...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報