「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

「書くという動作」の「という」の意味がよくわからないのですが
「書くという動作」は「書く動作」と考えてもよいのでしょうか?
この場合の「という」の意味は何ですか?

A 回答 (5件)

>「書くという動作」は「書く動作」と考えてもよいのでしょうか?


似ていますがそうそう単純ではありません。第一に「という」は省けない場合があります。「書く動作」ってどういう文脈なら使えますか。使える例は意外に狭くありませんか。「僕という人間」は「僕人間」にはならないし、・・・やっかいですね。

この「という」は強調です。「書く」を「動作」という範疇に位置づけて再認識したことを表し、その中でも今回は特に「書く」という動作を取り上げます、みたいな。
    • good
    • 0

「書くという動作」


大辞泉の下記語釈に該当します。
「という」
2 「と」の受ける事柄を取り立てて強調する意を表す。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E3%81%A8%E8%A …
この「と」は引用の格助詞で、「書く」というありふれた行為を改めて取り上げることで強調し、その行為を重視していることを相手に伝えるという意図がある。

「書くという(極めて重要な)動作」といったニュアンス。
「書く動作」だけでは、このニュアンスは伝わりません。
    • good
    • 0

「という」は一般に皆がそう呼んでいると言う意味です。



格助詞「と」は引用の認識を表わし、他の人々がそう言っているということを表わしています。■
    • good
    • 0

「書く」で伝わります。


「という」を使う場合は、あまり一般的では無い動作なのか何かの用語なのか分からない時に付けると思います。
ロボット開発についての文中になら使うかもしれませんが。
    • good
    • 0

さっきも同じ質門してたね。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このカテゴリの人気Q&Aランキング