最近、中条省平著『フランス映画史の誘惑』(集英社新書)という本を読んで、フランスのモノクロ映画に興味を持ちました。これは絶対押さえておいたほうがいい、という作品(あるいは、俳優、監督)を教えてください。上記の本に紹介されている作品で、私が感銘を受けたものを以下に挙げておきます。このあたりに反応していただける方の回答をお待ちしています。

ブニュエル『アンダルシアの犬』
ヴィゴ『新学期 操行ゼロ』
ルノワール『ゲームの規則』
ベッケル『穴』
コダール『勝手にしやがれ』

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

監督名をズラッと並べます。

フランス語の映画を撮っているフランス人以外の監督も含めます。()の中はモノクロ作品として優れていると私個人が考えている作品名です。
アベル・ガンス(鉄路の白薔薇)
ルネ・クレール(ル・ミリオン)
ジャン・ルノワール(ピクニック)
ジャン・エプスタン(アッシャー家の末裔)
カール・ドライエル(裁かるるジャンヌ)
ルネ・クレマン(鉄路の闘い)
ジョルジュ・フランジュ(顔のない眼)
ジャン・ユスターシュ(ママと娼婦)
ジャック・ロジエール(アデュー・フィリピーヌ)
マルセル・カルネ(霧の波止場)
ジャック.フェデー(ミモザ館)
マックス・オフュルス(優しい敵)
ジャン・ベッケル(肉体の冠)
セルジュ・ブールギニョン(シベールの日曜日)
ジャン=マリ・ストローブ(シチリア)
ジャック・ドミー(ローラ)
などなど
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こういうマシンガン回答は助かります。知らない監督と作品ばかりで、興味津々です。

お礼日時:2005/01/11 23:12

私も『穴』を今は無き六本木のミニシアターで観、


感動で暫く鳥肌が消えなかった覚えがあります。
(あのような音楽の無い名画を、
満席だが静まり返ったミニシアターで観る緊張感は・・・堪らないものがありました)。

ところでそんな私ですが、
“ルイ・ジューヴェ(男優)もの”はいくつかご覧いただきたいです。いや、
「フランスのモノクロ映画に興味…」となれば、知らないではすまされない存在だと・・・
僭越ですが、思うのであります。


たぶんそのご本にも何かしらの明記がある役者だと思います。
演技や演劇にも詳しい方なら、その分野でもはずせない存在ですね。

文学座にいた芥川比呂志(芥川龍之介の長男)が、
「ルイ・ジューヴェなしでは夜も日も明けぬ・・・」と、あまりの演技の上手さ、凄さなどに、
一同業者として取り憑かれている様子が伺えるエピソードも残っています。

『旅路の果て』(1939年、ジュリアン・デュヴィヴィエ監督)の
ルイ・ジューヴェを観ていただけたらご理解頂けると思います。
(当時の芸達者が勢ぞろい!作品も最高!!)

女優ではシモーヌ・シニョレ(だけではないけど)。
こういう大人の中の大人の女優はもうどこにもいないのでしょうか。
『悪魔のような女』(アンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督作)、未見でしたら是非どうぞ。

『フランス式十戒』(1962年、ジュリアン・デュヴィヴィエ監督)
八つエピソード(オムニバス)仕立てで、
それこそこちらも当時の人気役者、芸達者揃いで
一口で五度美味しい!?くらい満足感が得られます。

おひとつどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『穴』はしっぶい作品ですよね。でも魅入っちゃいました。男優、女優、勧めていただいて助かります。要チェックしときます。

お礼日時:2005/01/13 21:49

 今回のご質問からはちょっとずれるかもしれませんが、ブニュエルの、メキシコ亡命時代の作品がおもしろいです。

日本ではマイナーですが、「嵐が丘」「昇天峠」などはレンタルビデオ店でも見かけます。 
 中でも個人的に一番面白かったのは、「エル」という作品です。ブニュエルは、私にはシュールで、分かる人にしか分からない作家、という印象があったのですが、これを見て、世界の大作家、という評価に非常に納得しました。彼の映画が苦手な人にも、一度見てほしい作品だと思います。
 それから、トリュフォーのモノクロ作品では、一般的には「大人は分かってくれない」と「突然炎のごとく」「柔らかい肌」あたりが代表作ではないでしょうか。どれもお勧めです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マイナーでも全然かまわないですよ。というかフランス映画って、本国で評価の高い作品が、日本では案外知られてないっていうこと、よくありません?「大人は分かってくれない」「エル」、ビデオ屋で探してみます。

お礼日時:2005/01/13 21:43

トリュフォー『野性の少年』



狼に育てられた少年を引き取った、若き教育家?(心理学者?)が、その成長を綴った実話に基づいた作品です。

たしか、深夜上映のトリュフォー5本立ての1本として観たと思うのですが、眠気と疲労で意識朦朧としながらも、
そしてこれといった起伏もない単調な作品なのに、なぜかそのみずみずしい白黒の映像だけが今も心に残っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ヌーヴェル・ヴァーグの巨匠については、一度突っ込んで攻めてみたい、と思っています。回答はいくら長くなってもかまいませんので、どなたか縦横無尽に紹介していただけると助かるのですが、、

お礼日時:2005/01/12 06:32

 ルネ・クレマン監督もフランス映画史の巨匠だと思います。

個人的に好きな作品は・・・

・『居酒屋』(1956年)
・『禁じられた遊び』(1951年)
・『太陽がいっぱい』(1960年):この作品はカラー作品だったかもしれません(これを機にまた観てみたいと思います・・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「太陽がいっぱい」けっこう好きですね。カラーでもフランス映画でしたら、全然OKですよ。「禁じられた遊び」は気になっていたので、この機会に観てみます。

お礼日時:2005/01/11 23:14

なかなか渋いですね。



フランスのモノクロ映画というなら
ジャン・コクトーの作品群ははずせないでしょう。
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=3 …

戦後の作品で個人的に好きなのは
アラン・レネ『二十四時間の情事』,『去年マリエンバートで』。
レネは初期の短編ドキュメンタリー作品も面白いですよ。
ルイ・マルはマイルス・デイビスの音楽で知られるデビュー作
『死刑台のエレベーター』が有名ですが,
個人的にはサティの音楽をを見事に使った
『鬼火』に思い入れがあります。
あと地味な監督ですが,ロベール・ブレッソンも推薦しておきましょう。

ゴダールやトリュフォーについてはそのうちどなたか紹介してくださることを期待して。

またフランス人ではありませんが,
ルイス・ブニュエルの初期の作品から晩年まで一貫するあの無茶苦茶加減が大好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ジャン・コクトーははずせませんか。一個も見たことないです。URL助かります。レネも名前しか知らないです。「死刑台のエレベーター」はけっこういけたので、「鬼火」も観てみます。

お礼日時:2005/01/11 23:09

恐怖の報酬(1952)



監督:アンリ・ジョルジュ・クルーゾー
主演:イブ・モンタン
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。上の本で見てみてのですが、「恐怖の報酬」これはサスペンス映画ですよね。名作とのことなので、チェックしておきます。

お礼日時:2005/01/11 20:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおすすめのフランス映画!

アメリ ニューシネマパラダイス 
ショコラ コーラス と観ました。

フランス映画は素敵ですね。
人間を独特の目で自然にとらえていて
しかも美しい。

おすすめのフランス映画を教えてください!!

Aベストアンサー

いろんな方がいろんな作品を薦めてますねぇ。
フランス映画は映画そのものを作った国ということもあり、歴史も長く名作ぞろいです。ただ古典的な名作と、ここ数年のフランス映画とでは“作品のつくり”が違っているようにも思います。
「アメリ」のような世界を持った作品だと、アニメーションですが「ベルビル・ランデブー」なんてどうでしょう。
小柄な婆さんが愛犬と一緒に、どこかへ連れ去られた息子を探し、「ベルビル」という摩訶不思議な街へ迷い込んでしまう話です。
日本のアニメでは絶対に見かけないようなキャラクターと、1930年代調のジャズ音楽が魅力的な作品です。「ショコラ」でジョニーデップがギターを弾く場面がありますが、マイナースイングという名曲で、同じような場面が「ベルビル・・・」にもあります。
DVDはこの8月に発売されるそうです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0009ETCD8/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-2198782-5900368


誰も挙げていない作品で1960年製作のやや古い映画ですがアランドロン主演の「太陽がいっぱい」なんてお勧めです。
ニーノロータの音楽は有名なので、たぶんどこかで耳にされたことはあると思います。
数年前に「リプリー」というタイトルでマットデイモン主演でリメイクもされましたが、元の作品にははるかに及びませんでした。
撮影をアンリドカエというカメラマンが担当してますが、映画の歴史に名を刻む名カメラマンです。日本で公開された有名なフランス映画の数多くはこのカメラマンの手によるものです。特にこの映画では舞台となった海が綺麗で、そんなところからも楽しんで見てもらえると思います。
こちらはDVD化されて数年経つのでレンタル店には間違えなく置いてあると思います。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00006JL7T/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-2198782-5900368


「コーラス」を作ったのはジャックペランというプロデューサーですが、もともと俳優で「ニューシネマパラダイス」では成長したトトを演じていました。ラストシーンで数々のキスシーンに涙する映画監督の役のあの人です。最近では「WATARIDORI」などドキュメンタリー映画のプロデューサーも担当しています。
このぺランが60年代70年代に手がけ主演もした映画に「Z」「戒厳令」といった作品があります。政治的な暗殺や誘拐などの実話を映画化した、ちょっと怖い映画ですが、機会があったらこういった映画も気に留めてください。



あと、フランス映画ではありませんが「ショコラ」の監督ラッセ・ハルストレムの出世作「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」もいいですよ。1950年代のスウェーデンを舞台にした少年と愛犬とその家族の話です。こちらも人気のある作品なのでレンタル店にはあると思います。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HRB6/249-2198782-5900368

ド派手なアメリカ映画と違いフランス、イタリア、イギリスなど欧州の映画は小品ですが心に残る作品も数多いです。
他にも中近東やインドなどにも優れた作品はたくさんあります。いろいろな国の作品を見てみてください。

いろんな方がいろんな作品を薦めてますねぇ。
フランス映画は映画そのものを作った国ということもあり、歴史も長く名作ぞろいです。ただ古典的な名作と、ここ数年のフランス映画とでは“作品のつくり”が違っているようにも思います。
「アメリ」のような世界を持った作品だと、アニメーションですが「ベルビル・ランデブー」なんてどうでしょう。
小柄な婆さんが愛犬と一緒に、どこかへ連れ去られた息子を探し、「ベルビル」という摩訶不思議な街へ迷い込んでしまう話です。
日本のアニメでは絶対に見かけない...続きを読む

Qルイス・ブニュエル監督の作品で、「吊られた牛」が出てくるものを教えてください。

『アンダルシアの犬』『黄金時代』など、唐突に牛が出てくるシーンが多く観られますが、「屠殺された牛」「吊り下げられた牛」が登場する作品をご存知でしたらどうか作品名を教えてください。
また、ブニュエル監督の作品以外で、1970年までの映画に登場する「屠殺された牛」「吊り下げられた牛」に心当たりがあれば教えていただけると幸いです。
変な質問で恐縮ですが、シュルレアリスム作品と牛の関連について調べているのです。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ルイス・ブニュエル以外にも牛の話が出ています。

http://plaza.harmonix.ne.jp/~jaja/dec/ushieiga.html

参考URL:http://plaza.harmonix.ne.jp/~jaja/dec/ushieiga.html

Qフランス映画際

「フランス映画際2007」で公開された作品の中で、
DVD化される作品は何がありますか?
また過去の「フランス映画祭」で公開され、
すでにDVD化されている作品があれば教えて下さい!

Aベストアンサー

A NO.1です。

映画「明るい瞳」が劇場公開中と書きましたが、東京・愛知以外の道府県ではこれから順次公開のようです。
http://www.astaire.co.jp/akaruihitomi/


2006年までの上映作品リストから、私が記憶している劇場公開・ビデオスルーしたものを挙げてみました。漏れがあったり、劇場公開のみでDVDが出てないものもあると思います。

ビデオ題は違ってるかもしれないので、見つからなければ、allcinema onlineで劇場公開題で検索などして見つけてください。
http://www.allcinema.net/


野生の夜に
さよならモンペール
伴奏者
おかしなおかしな訪問者
海を渡るジャンヌ
女と男の危機
ディーバ
背徳の季節
愛するための第9章
JLG/自画像
モンタン、パリに抱かれた男。
他人のそら似
パリ、18区、夜
無伴奏[シャコンヌ]
愛の地獄
海を渡るジャンヌ
ジェルミナル
野生の葦
いちばん美しい年齢
世界で一番好きな人
パリでかくれんぼ
フランスの女
憎しみ
彼女の彼女は、彼女
ロスト・チルドレン
モンド
僕は、パリに恋をする
パリのレストラン
俺たちは天使だ
私の男
シングル・ガール
沈黙の女 ロウフィールド館の悲劇
イルマ・ヴァップ
ボーマルシェ フィガロの結婚
ペダルドゥース
猫が行方不明
川のうつろい
アパートメント
しあわせはどこに
パトリス・ルコントの大喝采
アルレット ラスベガス恋物語
ネネットとボニ
ぼくのバラ色の人生
シューティング・スター
カドリーユ
ドーベルマン
プレイバック
原色パリ図鑑
家族の気分
プロヴァンスの恋
ミクロコスモス
肉体の学校
天使が見た夢
恋するシャンソン
TOKYO EYES
夢だと云って
奇人たちの晩餐会
パパラッチ
シリアル・ラヴァー
マルセイユの恋
愛と復讐の騎士
ニコラ
ユマニテ
葡萄酒色の人生 ロートレック
しあわせ
今日から始まる
うつくしい人生
エスティックサロン/ヴィーナス・ビューティー
デルフィーヌの場合
イースト/ウエスト 遙かなる祖国
趣味の問題
ムッシュ・カステラの恋
ハリー、見知らぬ友人
サルサ!
パリの確率
ブッシュ・ド・ノエル
サン・ピエールの生命(いのち)
王は踊る
ロベルト・スッコ
バルニーのちょっとした心配事
マルタ……、マルタ
彼女たちの時間
メルシィ!人生
青い夢の女
マドモアゼル
落ち穂拾い
デュラス 愛の最終章
トスカ
バティニョールおじさん
ル・ブレ
レセ・パセ 自由への通行許可証
シェフと素顔と、おいしい時間
イザベル・アジャーニの惑い
リリィ
ソン・フレール 兄との約束
ぼくの好きな先生
スパニッシュ・アパートメント
イン・マイ・スキン
天使の肌
ボン・ヴォヤージュ
恍惚
クレールの刺繍
みんな誰かの愛しい人
歌え!ジャニス・ジョプリンのように
ぼくセザール 10歳半1m39cm
世界でいちばん不運で幸せな私
明るい瞳
約束の旅路
真夜中のピアニスト
グレートビギン
アルティメット
メトロで恋して
ルパン
ロシアン・ドールズ
愛されるために、ここにいる
アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵 ~「親指のうずき」より~
隠された記憶
恋は足手まとい
サン・ジャックへの道
奇跡の朝(ビデオ題 ウェイクアップ・デッドマン)
戦場のアリア
パッセンジャー
あるいは裏切りという名の犬

以上です。記憶違いがあったら、ごめんなさい。

A NO.1です。

映画「明るい瞳」が劇場公開中と書きましたが、東京・愛知以外の道府県ではこれから順次公開のようです。
http://www.astaire.co.jp/akaruihitomi/


2006年までの上映作品リストから、私が記憶している劇場公開・ビデオスルーしたものを挙げてみました。漏れがあったり、劇場公開のみでDVDが出てないものもあると思います。

ビデオ題は違ってるかもしれないので、見つからなければ、allcinema onlineで劇場公開題で検索などして見つけてください。
http://www.allcinema.net/


野生...続きを読む

Qルイス・ブニュエル監督 「昇天峠」

ルイス・ブニュエル監督作「昇天峠」のVHSが欲しくて、ネットの中古ビデオショップやオークションでずっと探しているのですが、なかなか見つけることができません。

どうしても欲しいのですが、どなたか「ここに売っている」、「ここで譲ってくれるかも」などなど、入手方法をご存知ないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 今晩は。
  
 調べてみても、実際にウェブには品物が無いようです。残念ながらビデオには古書検索サイトのような便利なページが存在しないので、代表的な売買サイトとオークション、及びgoogleでの一般検索をしてみましたが、該当無しでした。
 ところでこれはいつ頃から探していますか? 実はオークションには調べられるこの4ヵ月間に一度だけ出品されています。また、珍しいのは確かにしても、無茶苦茶に高くなっているわけでもありません。
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n37042814
この画面はあと10日ほどで見られなくなります(Y!のオークション・データの保存期間が4ヵ月のため)。ここから入手の可能性の道が開けないとも限りませんから、必要ならば保存しておいてください(訳あって、これ以上詳しいことを書くことが出来ません)。

 ということで、ただのアドヴァイスにしかなりませんが、いずれまた出品されることを期待してアラートを設定しておいてはどうでしょうか。
http://alerts.yahoo.co.jp/?.t=a
楽天にも同様のシステムがあります。
http://www.rakuten.co.jp/com/faq/faq200.html#20016

 今晩は。
  
 調べてみても、実際にウェブには品物が無いようです。残念ながらビデオには古書検索サイトのような便利なページが存在しないので、代表的な売買サイトとオークション、及びgoogleでの一般検索をしてみましたが、該当無しでした。
 ところでこれはいつ頃から探していますか? 実はオークションには調べられるこの4ヵ月間に一度だけ出品されています。また、珍しいのは確かにしても、無茶苦茶に高くなっているわけでもありません。
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n3704281...続きを読む

Qお好きなフランス映画を教えていただけませんか?

こんにちは。わたしはこの春からフランス語を本格的に勉強し始めたのですが,ヒアリングの練習、(も兼ねて)フランス映画にとっぷり浸りたいと思っています。
みなさんのお勧めの、又は大好きなフランス映画を教えていただけませんか?・・・
ちなみに、わたしは基本的に何でも観ますのでどんなジャンルのものでもOKです!

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ロマーヌ・ボーランジェ主演の「ミナ」好きです。
女友達の友情を描いたものです。同主演の「アパートメント」もよいです。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/1123/cinebest02.html
http://www.geocities.co.jp/HollywoodStage/2873/cinema/movie/france.html

ジャン=フィリップ・トゥーサン監督作品も結構好きです。「カメラ」「浴室」
などhttp://www.geocities.co.jp/Bookend/2753/cinema/camera-1.html

Qジャン・ルノワールの凄さとは?

ルノワールの映画を見ていると、言葉にできないような凄さを感じます。
しかし、この凄さが何なのか言葉にできないどころか、その凄さの種類が何なのか認識すらできていないように思います。

そこで、質問ですが、みなさんが思う、ルノワールの凄さとは何でしょうか?
この暗闇の中にいるような認識不可能さに一筋の光を当ててくれるような回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

「見えているものが違う」が一番しっくりくる表現だと思います。
これを説明していきます。

ルノワールの凄さは物語にあるのではなく、画面にあります。ルノワールの被写体は、人物だけにとどまらず、自然や装置などの周囲に至るまで、すべての被写体が生命を宿しているかのように存在感があります。仮に、「画面音量」なるものを想定してみると、ルノワールの「画面音量」は100(最大)あるでしょう。

もっともそれがよく表われていると思われる『ピクニック』を例にとってみましょう。あの名高いブランコのシーンは、ブランコをこぐ少女の美しさは言うまでもないですが、彼女を乗せているブランコも何か言葉を発しているように、生き生きとしています。その言葉が何語なのか勿論分かりはしませんが、ここに他者とのコミュニケーションによる感動の一端を見ることができます。われわれはそれを発見し瞳を驚かせ、瞳を介してブランコという「他者」と(無意識的かもしれませんが)コミュニケーションしているわけです。これが、画面に驚くということに他ならないわけです。われわれはここに映画の感動を覚えるわけです。

自分の知らないことが目の前で起こっている、比喩的にいうなら知らない言葉が発せられている。しかし、言語的には理解不可能でも、その身振り(運動)からは、何かを感じることができる。そしてそこから何かを理解する。これを「(他者との)コミュニケーション」と呼びましょう。逆に、経験的に知っていることを「モノローグ」と呼んでみます。「モノローグ」が安心だとするなら、「コミュニケーション」は驚きです。質問者さんが感じた、認識不可能な何か凄いものとは、瞳を驚かす「コミュニケーション」に似たものなのかもしれません。少なくとも私は、ルノワールの映画にそのような「コミュニケーション」を見ています。

ここで最初の「見えているものが違う」に戻ると、このような「コミュニケーション」を支えているのが、まさにこれで、単純にルノワールはわれわれとは「見えているものが違う」。だから、そのような生命の「コミュニケーション」が撮れるのだと思います。端的に言うなら「才能」以外のなにものでもないでしょう。

「見えているものが違う」が一番しっくりくる表現だと思います。
これを説明していきます。

ルノワールの凄さは物語にあるのではなく、画面にあります。ルノワールの被写体は、人物だけにとどまらず、自然や装置などの周囲に至るまで、すべての被写体が生命を宿しているかのように存在感があります。仮に、「画面音量」なるものを想定してみると、ルノワールの「画面音量」は100(最大)あるでしょう。

もっともそれがよく表われていると思われる『ピクニック』を例にとってみましょう。あの名高いブランコの...続きを読む

Qいかにもフランスらしいフランス映画・・・といえば?

いかにもフランスらしいフランス映画・・・といえば、あなたはまずどの作品が思い浮かびますか?

その他、もしよろしければ、イギリス・ドイツ・イタリアの映画についてもお願いします。

Aベストアンサー

仏: ”エマニエル夫人”
映像も音楽もアンニュイ感・(明るい)不倫・エロスたっぷり(連桁付き8分音符)

英: ”マイ・フェア・レディ”
コクニー訛り VS クリーンズ・イングリッシュ

独: ”Uボート”
長身、眉毛も金髪のゲルマン系がたくさん・・・

伊: ”鉄道員”
イタリアの庶民の姿とか貧しさとか(← 未だにEUの問題児)

Q『裏窓』のリメイク作品ってありましたよね?

A・ヒッチコック監督の名作『裏窓』って1999年にリメイクされましたよね?
去年の6月くらいにTVで深夜に放送されてたのを観た記憶があるのですが…。
(チャンネルは覚えていません)
監督とキャストが思い出せず 気になっています。
わかる方教えて下さい!(>_<)

Aベストアンサー

こんばんは。

リメイク作品は同名で「裏窓」で劇場未公開です。

車椅子の主人公を「スーパーマン」のクリストファー・リーヴが演じてますが実際落馬で下半身不随だったのでいろいろ思うところがあります。先日亡くなられて残念に思います。

「ブレードランナー」「スプラッシュ」のダリル・ハンナが共演しています。

他のスタッフ、キャスト、感想は以下を参考にしてくださいね!


http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=159915

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=159915

Qフランス映画で音楽家を描いた作品

フランス映画で音楽家を描いた作品でオススメのものはありますでしょうか?
「愛を弾く女」を十数年ぶりに観て、久しぶりにフランス映画が観たくなりました。
古典・現代のもの問わず、良い作品があれば、是非観てみたいです。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「めぐり逢う朝」 Tous Les Matins Du Monde (1991年:仏)
監督:アラン・コルノー
17世紀の音楽家マラン・マレ(ただ音楽のみを追求する師)と、その師サント・コロンブ(名声と富のために師事する)、その弟子を愛する師の娘。
確か師弟を実の親子で演じていたと思います。

「ワーグナーとコジマ」 Richard & cosima (1986年:西独、仏)
監督:ペーター・パザック
指輪等で名声を勝ち得たワーグナーとリストの娘(有名音楽家の夫人)に哲学者ニーチェとか舞台女優とか、、、。

「愛と哀しみのボレロ」 Les Uns et Les Autres (1981年:仏)
監督:クロード・ルルーシュ
確か第二次大戦から現代にいたるまでの音楽家たちの人生を描いた映画。踊りシーンがよかったのと上演時間が長かったことしか記憶にないのですが…。(もともとが映画ではなくTVシネマ)。邦題も「愛と…」だし。でも見ごたえあります。

「幻想交響楽」  La Symphonie Fantastique (1944年:仏)
監督:クリスチャン・ジャック
ベルリオーズの伝記音楽映画。(たぶん入手困難)
ベルリオーズおよび彼の曲がお好きなら。

製作が仏でなくてもよいなら作曲家リストを描いた映画を私はお薦めしたいです。「フランツ・リスト 愛の夢」(ソ連・ハンガリー)、「わが恋は終りぬ」(米)とか。

「めぐり逢う朝」 Tous Les Matins Du Monde (1991年:仏)
監督:アラン・コルノー
17世紀の音楽家マラン・マレ(ただ音楽のみを追求する師)と、その師サント・コロンブ(名声と富のために師事する)、その弟子を愛する師の娘。
確か師弟を実の親子で演じていたと思います。

「ワーグナーとコジマ」 Richard & cosima (1986年:西独、仏)
監督:ペーター・パザック
指輪等で名声を勝ち得たワーグナーとリストの娘(有名音楽家の夫人)に哲学者ニーチェとか舞台女優とか、、、。

「...続きを読む

Qルイス・ブニュエル、皆殺しの天使が見たいです

ルイス・ブニュエルの皆殺しの天使という作品が見たいのですがビデオが絶版となっていました。どうにか見る方法はないでしょうか?作品の感想もあれば教えてください。(あらすじにはあまり触れない様に…)

Aベストアンサー

3月に発売される「ルイス・ブニュエル DVD-BOX」に収録されています。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000CDITJE/qid%3D1140064064/249-3306299-0445151


人気Q&Aランキング