マルシェル新規登録で5000円分当たる

5月19日から6日間開催予定だったイベント(作品展)がコロナによって中止になりました。
預けていた自分の作品は、いついつに返品するから取りに来てという連絡は後日あるようですが、払った参加費については何も記されておりません。
募集規約には「主催者の事情による場合を除き、出品料の返還には応じません。」とあります。
ちなみに出品料は7000円で、参加者が200人以上です。展示もされないので、会場費は要らないです。
広報(DMハガキ)などは作られていたので、全額返還とはいいませんが、5000円くらい返ってきてもいいんじゃないかと思います。
主催者も大変だとは思いますが、我々も仕事や収入が減り、たかが7000円でも、イベントがなくなったのに全く返還されないのは厳しいです。
こういう場合は、「主催者の事情」にあたるのでしょうか?

A 回答 (2件)

結論から言えば、主催者側が返金に応じない場合、裁判でもするしかありません。



すなわち、主催者の事情によるかどうかは、客観的な司法判断に委ねられますが・・。
そもそもコロナ関連の特措法が曖昧で、「自粛要請に応じる」は、主催者判断とも言えますが、法的根拠のある要請でもあるので微妙です。

ただ、全額返金は無いにせよ、「ビタ一文、返金しない」も、ちょっと考え難いでしょうね。
労務費などを含め、開催準備に要した「費用」を差し引き、残りを返金すると言うのが妥当かと思います。
争点は、イベント主催者側が、イベント中止によって生じた遺失利益の補填が、どの程度まで認められるか?辺りかと思います。

しかし、何よりの問題は、そもそも出品料が7000円程度ですと、そもそも法律手続きに値しないと言う点で。
言い換えれば、いくらかの返金を求める根拠は充分にあるものの、回収する術が無い点かと思います。

もし主催者が「ビタ一文、返金しない」と言い出した場合、裁判はおろか、弁護士に依頼も出来ないでしょ?
あるいは、たとえいくらか返金されるとしても、たとえば主催者側の算定で「返金額は2000円」くらいとされた場合、それ以上を要求したところで、やはり回収する術がありません。

結局のところ、主催者側の良心に期待するしかないと言えるかも知れませんが。
でもまあ、余り良心的な対応ではない場合、今後はその主催者が開催するイベントは参加者が集まらないなど、多少の社会的制裁は受けると思いますほか。
人間性とか信用や信頼などは、7000円くらいでは調べられません。

無返金とかなら、少なくとも質問者さんが縁を切れば、今後はその主催者によって損させられることは避けられますし。
逆に、質問者さんが納得するだけの金額が返金されれば、主催者との信頼関係は強まるでしょう。
質問の様な、非日常的な事態を経験しませんと、人間関係が切れたり信頼関係が深まったりすることも、なかなか起こりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。
そうなんですよね。一人当たりの損害は、何万ならともかく7000円〜1万数千円の参加費なので、半分返ってくればまぁまぁ、7割くらい返ってくれば御の字という感覚です。
しかし、主催者側が借りる予定だった会場からは、「コロナの自粛要請期間により中止になったイベントについては、会場費はいただきません」と公式発表されましたので、全く返金に応じ無いということであれば、参加者の何人かを集めて抗議するしかないですね。
25年間も続いてきたイベントですから、ここで信頼関係をなくすか築くかに大きく左右するかと思うと、主催者側も一時的に入りそうな臨時ボーナスに目が眩んで返金に応じ無いという選択もしないかなと思います。しばらく様子をみてから未だ返金する様子がみられなかったら一度抗議してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2020/05/22 15:48

>主催者の事情による場合を除き、出品料の返還には応じません。



と言うことであれば、返金はないと考えられます。
国からの要請もありましたので「主催者の事情」にあたらないと思われます。
なお、訴訟で取り立てするには、その主催者を被告としますが、法人格をもっていますか ?
当事者適格の問題もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一人当たりの損害は、何万ならともかく7000円〜1万数千円の参加費なので訴訟までは考えられないですね。
コメントありがとうございました。

お礼日時:2020/05/22 15:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング