前の質問では、たくさんの回答をいただきありがとうございました。
申し訳ないのですが、もう少し力を貸してください!!!
 車を買うなら絶対スポーツカー!と決めてはいるんですが、スポーツカーはちょっと燃費がよくないですよね?
私はあまりお金があるほうではありません。ですから燃費がよく、それでいて乗り心地がソフトでうるさくないスポーツカーを探しています。
いままでに20冊ほどの雑誌をよんで調べたのですが、その結果では、トヨタのセリカが一番良いんじゃないかな、と思っています。
友達などは、スカイライン(GTRを除く)は燃費もいいし、結構お前の条件に合ってると思うけど、と言ってくれます。
どの車が自分の理想のスポーツカーか迷っています。
セリカはどうなんでしょうか?やっぱりスカイライン?それとも、もっといいスポーツカーはないでしょうか?
回答のほど、よろしくお願いします!!!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

そうですね。



まず、燃費を考えると、1600~2000の車に限られてきますね。
燃費だけを考えるのであれば、1600のシビックやロードスターなんかをお勧めします。
ホンダとマツダのエンジンは結構ふけが良いですから、スポーツ走行にはマッチしますね。

燃費が良くとそれなりなパワーとおっしゃるのであれば、1800のMR-Sやセリカ、アコードとかですかね。アレックスという手もありますね。

燃費はそこそこ、パワーがあるものと言うのであれば、2000のインテグラとかS2000とかですかね。あとはインプレッサが近いかも。

私が今まで見てきたなかで、それなりに走って、燃費も8くらい走る車と言ったら、セリカとかアコード、シビックが良かったと思います。
大体乗ってて楽しいのは、車重が1.1トンくらいで、パワーが180psくらい、トルクが17kg・mくらいあれば、十分スポーツ走行できます。

とすると、セリカは結構良いとおもいます。
まあ、まずは色んな車に乗ってみて、自分とのフィーリングがマッチする車を購入してはいかがでしょうか。

ではでは。
    • good
    • 0

セリカとスカイラインを試乗してください。


どうです?
やっぱスカイラインでしょ!!!
    • good
    • 0

私もスカイライン、というより日産があまり好きではありません


やっぱりスポーツカーと言ったら世界のホンダでしょう、EG6なんか
どうでしょう、燃費もそんなに悪くないし、騒音もありません。
やっぱり車を買うのならホンダにしといた方がいいですよ
    • good
    • 0

こん**は!


前の質問も読ませていただきましたが、探されているのはスポーツカーと言うよりもスペシャリティカーの範疇に入ると思います。
スペシャリティーカーとは、絶対的な加速と引き換えに乗り心地や居住性を得たスポーツカーです(だと思っています)

トヨタならセリカ、日産ならシルビア、ホンダならインテグラ…
三菱のエクリプス(買えればですが)
新車ラインナップ少ないな…

でも、セリカは良い車だと思いますよ。
SS1なんてレギュラーで乗れますし、この位の重量なら145馬力あれば十分だと思います(2Lクラスの欧州車は大体この位ですよ)。
雪の日もFFなら何とかなるし

それでは、すばらしいカーライフを!
    • good
    • 0

先代の、スカイラインとの繋がりはほとんどない車ですが、今のスカイラインは、とてもいい車だと思います。


カッコだけのスポーツカーがいっぱいある中、非常に高次元で、バランスよく、高性能な“スポーツセダン”です。
最近乗った車の中で、一番、機械としての性能の高さを感じます。(特に3リッターエンジン)
一度、セリカと乗り比べてみると良いと思います。
と、言うか、比べること自体ナンセンスだと思いますが。
あまりに車格が違いすぎますから・・・。
まずは、とにかく、試乗してみることを、お勧めしますよ。車に詳しいお友達もいるようなので、付き合ってもらってみたら?
    • good
    • 0

前回の御質問でポイントを頂きまして有り難うございました。

他に専門的な回答や良い回答が沢山あるなかで恐縮です。

スポーツカーが良いけど、騒音と乗り心地と燃費が気になる、という事ですね。
経費というか、維持費を考えると、税金等の面でやはり3ナンバー車は不利ですから2000CC以下の方がベターではないかと思います。
パワーや瞬発力などはスポーツカーの大きな魅力のひとつですから、ターボが欲しいところですが、燃費を考えるとノンターボの方が無難でしょうか。しかし、ターボ車でも、エンジン回転を意識的に上げないように気を使って運転すればエコラン走行も可能ですから、やはりターボ車の方が後悔が少ないと思います。ここ一発という場面での非力さはクヤシイものですし。

私は個人的にFRファンですので、シルビアなんかが良さそうに思います。静粛性は6気筒には及びませんが、デートカーとも言われるほどの丁寧で綺麗な作り込みで当然室内の騒音レベルも高くはないでしょう。スカイラインも良いですね。新型はたしかV6になったと思いますが、静粛性はシルビアの比ではないと思います。知るビアに及ばない点があるとすれば、車重があるぶん、運動性能というか軽快さと燃費がきついのかもしれません。
セリカも、条件に合ってると思います。あえてパワー競争に参加しなかった車ですから、乗り味は面白くできているのではないでしょうか。ある意味、トヨタの意欲作ではあると思います。
    • good
    • 0

スカイラインもNAかターボかによって、燃費はかなり違うと思います。

燃費については、HPがたくさんあるので検索してみてはいかがでしょうか。
燃費は、エンジン形式にもよりますが、車重がかなり影響します。重い車はどうしても燃費が悪くなります。その問題を、排気量を大きくすることでクリアーしているのがNEWスカイラインだったりします。好き嫌いはともかく、とにかく静かだし、なめらかに走ります。私個人的にはパワーは物足りなく感じますけど、雑誌などではそうでもないようなことをかいてありますね。
ちなみにうちのインテRの燃費は、サーキットで5~6,町乗りで12~13,高速で14~16は走ります(でも騒音はクリアしてないからだめですよね)

燃費や静かさも大切ですが、最後は自分の買う車にどれだけ惚れてるか、ですから、納得のいく車があるといいですね。
    • good
    • 0

大分前の型になるので参考にならないかもしれませんが・・・。


最後のリトラクタブルヘッドライトのセリカGT-R(4WS)に以前乗っていました。
そのころの型で街乗り平均9km/l前後でした。
これってスポーツタイプではなかなか良い数字ですよね。
しかも乗り心地もエンジンの騒音レベルも結構満足できました。
そういうラグジュアリー性を求めるのであればセリカは良い選択かもしれませんね。
現行タイプの方が勿論もっと良いと思いますし。

#現在乗っているトヨタのミニバンは最低・・・。(T^T)
#4km/l前後なのでディーラーに持っていったら「皆さんそう仰いますが
#大抵測ってみると7,8km/l前後走るんですよね~。まぁ、お預かりして
#も構いませんけどね~。」とか言われました。
#2000ccのハイメカでカタログスペック10km/l以上なのにそんなのあり?
#あぁ・・・すみません、独り言が長くなっちゃいました。(^_^;
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスポーツサイクルとスポーツカーではスポーツの意味が違うのですか

ロードバイクなどのスポーツサイクルは乗り手が運動することになるから
スポーツサイクルなのでしょうけど、
スポーツカーの場合は運転者は運動しないでクルマが激しく急加速したり違法速度で無理無理急カーブを曲がって走るからクルマが運動するのでスポーツカーと言う意味なのでしょうか。

Aベストアンサー

スポーツと言う言葉は「運動」を意味するわけではありません。ですからスポーツサイクルに乗っているから「スポーツ」になるわけでないのです。それはただの運動です。

スポーツと言う言葉には、競い合うという意味合いがあります。したがって将棋やチェスなども「スポーツ」に入れることができます。勝敗を決める競い合う競技だからです。
事実、チェス連盟はIOCに登録・参加しています:http://www.joc.or.jp/sports/chess.html

スポーツカーもスポーツサイクルも本来の意味は「競技をする際にそのまま利用できる素質を持っている」と言う意味です。

ロードバイクはママチャリやMTBに比べて軽く早く走れるようになっていますし、タイヤがチューブラーだったり、ギアボックスが取り外しやすいものだったりという工夫があります。スポーツサイクルでそれなりの金額の自転車を買えば、そのまま競技に出ても自転車自体の性能は劣らない、ということです。人間の性能は知りませんが・・

スポーツカーも同じなのですが、最近は一般的な自動車の性能が上がりすぎて、カテゴリー分けする意味が無くなってきています。単に売るための商品としての味付け、というのがほんとのところですが、一応元来のスポーツカーの説明をします。

たとえば、日産で売っているフェアレディZ(以下Z)とスカイラインは同じカテゴリではありませんでした。フェアレディはグランドツーリングカーで、長い道をどこまでも快適に走れる車として、スカイラインはスポーツカーとして設計されていたのです。
そのため、最初の頃のZは直列6気筒エンジンを長ーいボンネットの中にしまって、ロングホイールベースで直進安定性を増して、快適に長距離ドライブができるようにしていたのに対して、スカイラインはプリンス自動車時代に日本グランプリでポルシェを抜いて一時的にせよトップに立ったため、その後レース用の基本車両として使われるようになりました。
久しぶりにGTRの名前を付けた1989年発売の8代目は本気でポルシェを抜ける性能を持っていて、レースに大量に使用されたのです。
このよう車を元々スポーツカーと呼んだのですが、バブルの頃に日本の自動車はすでに一定の性能をもっていたため、ラグジュアリーカー(デートカー)として発売したシルビアも相当にレースに利用された、という実績があります。

自転車にしても自動車にしても、今はお金をそれなりに出せば、競技にそのまま利用できる(タイヤを変えるぐらいでOK)なものが多く販売されています。

20年ぐらい前の自転車はロードバイクとは名ばかりの規格品しかなく、本当にレースにでるなら、自分の体に合わせたフレームを作ってもらわないといけなかったのです。ですから当時はスポーツサイクルといえば、ママチャリよりも早く走れる軽快車(高校生男子が通学に使うやつね)のことを指していたのですが、時代はだいぶ変わりましたね。

いずれにしてもこの場合の「スポーツ」は競技に使っても十分対応できる素質をもった自転車・自動車、と言う意味です。

スポーツと言う言葉は「運動」を意味するわけではありません。ですからスポーツサイクルに乗っているから「スポーツ」になるわけでないのです。それはただの運動です。

スポーツと言う言葉には、競い合うという意味合いがあります。したがって将棋やチェスなども「スポーツ」に入れることができます。勝敗を決める競い合う競技だからです。
事実、チェス連盟はIOCに登録・参加しています:http://www.joc.or.jp/sports/chess.html

スポーツカーもスポーツサイクルも本来の意味は「競技をする際にそのまま利用...続きを読む

Qスポーツカー・スポーツドライビングとは?

スポーツカー・スポーツドライビングとはどのようなものだろうか?
あなたが思うもの、
根拠を示せるのならば示して具体的にご回答いただきたい。

Aベストアンサー

スポーツカーを定義づける明確な基準はありません。
気持ちよく、意のままに操れる車がスポーツカーではないかと思っています。
NSXもビートもスポーツカー、同類ですね。

スポーツドライビングとは、モータースポーツも一つですがこれも感覚の問題で、
一般道(ワインディング)を制限速度+α程度でも気持ち良く走れれば十分にスポーツだと思います。
なにも、シャカリキに走ることだけが能ではないと思います。

Qトヨタの2ボックスカー「bB」の燃費

トヨタの2ボックスカー「bB」に乗っている方、もしくは詳しい方に質問します。カタログスペックではなく、実際にご使用されていて、どのくらいの燃費でしょうか。できましたら、どんな乗り方をされているか、どんな装備をされているか、を教えてください。今検討しているのは、1300ccのs"Wiseセレクション"(2WD)を検討しています。

Aベストアンサー

ここはどうですか?、なかなかいいですよ。
あればいいですね。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/skoyama777/nenpi/

Qハイブリッドカーはなぜ燃費がいい?

ハイブリッドカーってなぜ燃費が良いんでしょう?
単純に考えて同じ質量の物を動かすには同じ大きさのエネルギーが必要ですよね。
要するにガソリン車もハイブリッド車も動かすのに必要な総エネルギーは同じという事になると思います。
どちらも車の外からはガソリンというエネルギー源しか注入しないんですから、消費するガソリンの量も同じになるような気がするのですが。(まあ回生ブレーキとかで多少は稼げるんでしょうけど)

Aベストアンサー

 クルマの設計屋です。

 色々御意見が集まっている様ですが、実は真相は既に出ています。

1.御指摘通り、クルマを動かす事自体は同じエネルギ量です。空気抵抗やタイヤの転がり抵抗等の大小はありますが、クルマである以上それほどは変りません。

2.回生ブレーキは走行距離延長に寄与していますが、クルマの効率がいきなり倍になるほど回生をかけているとは思えません。(回生はバッテリに急速充電をかける事になるので、運動エネルギの100%回生はバッテリ寿命を少なからず縮めます。)

3.ハイブリッドカーの燃費がよくなるリクツは、主に『効率の差』です。
 普通のクルマのエンジンの使い方では、実は燃やしたガソリンが持つ熱量(←これがエネルギ)の30%程度しか駆動力として取り出せません。(残りのエネルギは、機関内部の摺動抵抗に費やされたり、熱になって大気中に逃げてしまっています。)
 これがモータなら、30~80%程度の効率が確保出来ます。(モータの多くは、無負荷回転なら100%近い効率になります。)
 駆動機構が複雑で普通のクルマより機械的損失が大きいとしましても、ザックリ考えて倍ぐらいの効率が得られるリクツです。

4.トヨタ・プリウスの場合は、も一つ『裏ドラ』が付きます。
 それは、内燃機関が『アトキンソンサイクル』で回っている、という事です。
 普通の内燃機関は、熱力学的に言いますとオットーサイクル(ガソリンエンジン)かディーゼルサイクル(ディーゼルエンジン)で回っており、同様にピストンやバルブがあるのでプリウスのエンジンも単なる省エネガソリンエンジン程度にお考えの方が多いのではないかと思いますが、構造が似ているのはたまたまであって、熱力学的には全く別のエンジンです。(熱力学的には、同じオットーサイクルで回っているロータリーエンジンの方がずっと普通のガソリンエンジンに近いです。)
 内燃機関で最高の変換効率(燃焼を駆動力に変換する効率)が得られる熱サイクルはミラーサイクルと、その応用であるアトキンソンサイクルです。
 本来圧縮比可変となるミラーサイクルをバルブ動作可変に置き換えたアトキンソンサイクルエンジンは、ガソリンで動く最高効率エンジンと言えるでしょう。

 クルマの設計屋です。

 色々御意見が集まっている様ですが、実は真相は既に出ています。

1.御指摘通り、クルマを動かす事自体は同じエネルギ量です。空気抵抗やタイヤの転がり抵抗等の大小はありますが、クルマである以上それほどは変りません。

2.回生ブレーキは走行距離延長に寄与していますが、クルマの効率がいきなり倍になるほど回生をかけているとは思えません。(回生はバッテリに急速充電をかける事になるので、運動エネルギの100%回生はバッテリ寿命を少なからず縮めます。)

3...続きを読む

Q軽のスポーツカー

のコペンというのをこの前友達に借りて運転したのですが、やはり気分的にオープンというだけであまりスピードもでずガッカリです。
それでちょっと興味が出てスバルにプレオのstiが在るか聞いたのですが無いそうで・・・
在ったら速そうですが・・残念!
軽の本格的スーパースポーツタイプって存在するのか教えてください。
昔はビートなども在ったらしいですが・・

Aベストアンサー

皆さん、お忘れではないですか?っていうか、まだご存知ないのかも・・

スズキのKei Works!

これ、めっちゃ面白いですよ!当然5MT(オートマも有り)、4輪ディスクブレーキ、レカロシート。

試乗したのですが、久々にわくわくしましたよ。

軽自動車でコレだけ楽しめたら、いいと思いますよ。
しかも、安いです。でも、街乗り、普段の足にはあんまり向かない?かも・・

参考URL:http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/kei_works/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報