どうして原発は地方の村とかに作るのでしょうか?。
電気の消費が多い都市部に作った方がロスとかが少ないような気がするのですが・・・。
「人がたくさんいるところには作れない」なんて理由があるわけじゃないと思うけど・・・。
もし、土地取得等の経費がたくさん掛かるので地方に作るんなら、
日本より物価の安い近隣の諸国に原発を作らせてもらい、
電気を輸入すればいいんじゃないのかな~。
と、思うのですが。(どこの国もOKとは言わないだろうけど)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

理由は色々あります。



まず、土地の値段の問題。都会に作るよりも地方に作った方が安上がりです。無理に都会に作っても電気料金が高くなるだけです。ただし、都市部に作った方がロスが少ないことは確かです。

次に土地の岩盤の問題。東京や大阪など、日本の平野は川で運ばれてきた砂がたまって出来たもので、地震がおきると、まさにその上の建物は砂上の楼閣。
日本の原子力発電所は固い岩盤の上に建てるように法律で決まっています。

mklkyjamさんがおっしゃってるように外国から電気を輸入するのは、ちょっと現実的じゃないですね。船や飛行機で運べないから。電線を外国からひくことになります。近いところで、ロシア-北海道とか、韓国-九州ってとこでしょうか。未だに実現していないところを見ると、海底に長い電力ケーブルを引くってのは金がかかるんでしょう。もしこれが可能なら、韓国やロシアは日本より北にあるので、夏の冷房需要が日本ほどないだろうし、暖房需要は日本より多いだろうから、夏に電気を輸入して、冬に輸出するという交易が可能になるので、是非外国と接続して欲しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
フムフム!、土地の岩盤に法律があるとは知りませんでした。(^^)
地震に弱い都市部の為に、丈夫な岩盤の土地に原発ですかぁ・・・。(^^;)
電気より都市部の地盤の方が心配になって来ちゃいました。

お礼日時:2001/08/09 18:45

たまたまなんですが、このあいだ渋谷の電力館に行って来ました。


原子力発電では発生した熱の冷却に海水を利用しているのだそうです。海から海水を汲み上げて、その水をパイプに通して冷却し、それをまた海に戻すというふうに循環させているそうです。だから海に面した所にしか建設できないと言ってました。
しかしそれは当事者の言葉ですから、それだけの理由だけだとはおもえませんがねー。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
東京にも海はありますよね・・・。
それに大きな川も・・・。
「地盤が」って事もありますが・・・。
なんかマニュアルに書いてある事を言ってる
だけなんでしょうね。

お礼日時:2001/08/10 10:47

昔何かに書いていたのを覚えていますが、その内容にショックを受けましたね。



ある漁村に原発を作るのですが、地元の反対集会に原発関係者が説明にきて、「安全です」を繰り返すのですが、そこにきていた老人がポツリと一言「そんなに安全なら何で都市に作らないのだ」
どう思いますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
まさに、そのご老人の言う通りだと思います。
それこそ電力会社の本社を原発の建物の中に置けば良いのに。
空気のおいしいところで経営を考えた方がはかどるのでは・・・。

お礼日時:2001/08/10 10:42

多少の偏見が交じるかも知れませんが、思うところを述べます。



原発を国内に作ろうとすると、たいてい反対運動が
起こって建設が難航しがちです。
そこで補助金をいっぱい付けることで、地方の町村
から自発的に誘致が来るのを待っているのではない
でしょうか。

私の目で見たことはないのですが、原発のある町村
には、立派な公共施設が建っているそうです。
(もちろん、補助金で建てたのでしょう)

さらに、原発関係の仕事がありますので雇用も確保
でき、一石二鳥にも三鳥にもなると思われます。

しかし、milkyjamさんの言うことも正論です。
本来ならば、電力消費地の近くに発電所があるのが
理想的です。
現に、火力発電所の多くは大都市の近辺にあります。

石原都知事が、東京湾に原発を建設するという意見
を述べたような記憶がありますが、原発のタブーを
打ち破る意味で、実行して欲しいですね。
そうすれば、都会人も地方の痛みを実感できるとい
うものです。

将来予測される東京の電力不足の問題を確実に解決
するには、原発建設がベストでしょうから。
(京都議定書の二酸化炭素削減問題がある以上、これ
以上の火力発電所の建設は無理でしょう。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
「地方に痛み」があるのかどうかは解りませんが、
「使う人が自分で用意する」というのが自然だと思ったものですから・・・。
食料と同じで電気はライフラインですものね。
ミリオネアのじゃないですよ!(^^;)

お礼日時:2001/08/09 18:54

地方の活性化という理由もあるでしょう。


原発を作るのに建設業者がもうかる、原発の運転に雇用の発生などが期待できるからです。
地方出身の政治家の利権なんてのもあるかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
結局お金がらみなんでしょうかね・・・。

お礼日時:2001/08/09 18:34

都市部=人が多い = 事故が起きたら死傷者が多い


田舎 =人が少ない= 事故が起きても死傷者は少数

自然にこう判断しちゃいました。

輸入は、韓国は別として、送電ロスが有りすぎるんじゃないかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
やっぱりそう言う判断になってしまいますよね・・・。

お礼日時:2001/08/09 18:28

要するに「万が一事故が起きたときより被害の少ないところ」ということなのでしょう。

なんだかんだときれい事を言っても、実際はこんなところだと思うのですが…

ちなみに海岸部に多いのは、冷却用の水として海水が使えるからだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
「被害が・・・」なんて理由だとしたら、なんか悲しいですよね。

お礼日時:2001/08/09 18:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原子力発電所のメリット、デメリットについて教えてください

原子力発電所のメリット、デメリットについて教えてください

他のカテゴリー
社会 > 社会問題 > 自然環境問題 で
アメリカの原子力発電所の建設についての質問をしています

私自身、原子力発電所について知識不足です
その知識不足を補うための質問です

原子力発電所は化学的に分解できない放射能汚染物質を出し
さらにその汚染物質の中に再利用できない
ただのゴミを出すという話を聞きました

その汚染物質は地下に埋めて対処するという話を聞きました

原子力発電は二酸化炭素を出す火力発電に比べクリーンという
話を聞きましたが・・・

二酸化炭素は植物が分解してくれます
しかし放射性物質は分解出来ません

全然クリーンでないです

それで他のカテゴリーでアメリカの
原子力発電所の建設を考える質問をしました

私自身、知識が不足しているので
それを補いたいです
原子力発電所のメリット、デメリットと分けて
原子力発電所の詳しい知識を教えてください

Aベストアンサー

>原子力発電は二酸化炭素を出す火力発電に比べクリーン

これは良く言われていますが正確には間違いです。たしかに原子力発電所は火力発電所よりも非常に少ない二酸化炭素しか出しません。ですが、火力発電と違って原発の中で使っている潤滑油は2年ごとに全部燃やすんです。この際に大量に二酸化炭素が発生します。これは火力発電で発生する二酸化炭素よりも若干少ない程度だそうです。そのため、原子力発電=二酸化炭素を出さないというのは間違いで正確には原子力発電=火力発電よりも二酸化炭素排出が少ないということになります。

ちなみに、火力発電の場合は定期的に潤滑油の濾過を行い濾紙が吸収して減った分の油を補充している程度です。そのため、潤滑油をほとんど燃やしていません。

なお、これらの情報は仕事関係で東○電力の人に見せてもらった情報と聞いた話を元にしています。

>原子力発電所のメリット、デメリット

メリットは発電コストの低さでしょうね。原子力発電所は1kWhあたり10円くらいで発電しています。水力発電所は平均して12~13円くらい、古い発電所のみは建設コストなどが減価償却されているので5円前後の所もあるみたいです。火力発電(油)は原油価格が上がる前までは12~13円でしたが最近は20円近くまで上がっています。LNG(液化天然ガス)はコスト的には13円くらいですがLNGの長期購入契約を断られているので購入できる時期が不安定です。石炭火力は13円程度のコストですが発電所が少ないので主流になれません。

デメリットは高レベル放射性物質を生成すること、発電所を解体するのに多額の費用がかかることでしょうね。高レベル放射性物質は無害な状態へ処理する方法が無いので人体に影響が出ない場所へ保管するしかありません。原発も残留放射能がすごいので解体にかかるコストがものすごいです。

>原子力発電は二酸化炭素を出す火力発電に比べクリーン

これは良く言われていますが正確には間違いです。たしかに原子力発電所は火力発電所よりも非常に少ない二酸化炭素しか出しません。ですが、火力発電と違って原発の中で使っている潤滑油は2年ごとに全部燃やすんです。この際に大量に二酸化炭素が発生します。これは火力発電で発生する二酸化炭素よりも若干少ない程度だそうです。そのため、原子力発電=二酸化炭素を出さないというのは間違いで正確には原子力発電=火力発電よりも二酸化炭素排出が少ない...続きを読む

Q東電はなぜ地方に原発を作るの?

東京電力の原子力発電は、新潟や福島、そのほかの地方なんかに建てますが、それはどうしてですか?
東京に原発を作る事はできないのですか?

新潟の地震で休止していた原発が、また始動することになりましたが、また地震が来るかもしれないと思うと地元住民は怖くないのかな?と思います。
東京でも地震が起こるかもしれませんが、だからと言って地方ばかり危険な目に合ってる気がしてしまいます…。

原発は今の発電には欠かせない事だと言う事は分かりますが、危険も伴う事も周知です。
なのに東電は事故や異常の情報を隠したりして、結局その地域の住民に迷惑をかけているので、ちょっと許せません。
だったら地方に建てなければ良いのに…と思ってしまいます。

Aベストアンサー

 本当は電力需要地のすぐ近くに作りたいのです。送電線が長くなると電力のロスが無視できないからです。諸外国の原発はそういう立地条件のところに作られています。しかし核アレルギーの日本でそれをやるとマスコミを先頭に反対運動の嵐が起き、自治体の首長は落選の憂き目を見たくないので許可しないでしょう。そこで産業の乏しい地方へ持って行き、高額の固定資産税が入ることに魅力を感じる首長がこれを受け入れるという図式なのです。国は補助金を出しているわけではありませんよ。
 原発は爆弾ではありません。核爆発が起きることは仕組から言って『絶対に』ないのです。爆発が起きるのは火力発電と同じように蒸気爆発なのです。これは適切な安全設備で被害を最小限に抑えることができるものです。地震に対しても調査にやって来たIAEAの使者が賞賛するほどの防禦ができていたのですよ。ちょっとしたボヤにマスコミが過剰反応しただけで原発は気の毒にも止められてしまいました。私はその原発から20キロのところに住んでいます。反対を叫んで騒いでいるのは極く少数の活動家とマスコミだけですよ。

Q大量の煙を出す外国の原子力発電所

外国の原子力発電所を見ると、巨大な煙突?から大量の煙がもくもくと出ている。
日本の原子力発電所では見られない光景だ。
原子力発電は、石炭・石油火力発電と違い燃料を燃やしても煙は出ないはずだが?
いったいどういう事なのか?

Aベストアンサー

原子力発電所の煙突(排気口)から立ち上る白い煙状の気体は、あれは水蒸気ではありません。水蒸気は無色ですから人間の目には見えません。

あれは「湯気」、つまり霧状になった高温の水滴(液体)ですよ。水蒸気は1気圧の元では100度以上でないと発生しません。排気口から出た瞬間に外気に触れて液体になってしまうのですが、それが霧状で空間に漂っている状態です。

ヤカンからシュンシュン噴出しているのも、水蒸気のように思っている人が多いですが、あれも白く見えるのは湯気であり、霧状の水(液体)に過ぎません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E8%92%B8%E6%B0%97

Q政府、電気会社は原発がないと電気料が上がる

政府、電気会社は原発がないと電気料が上がると脅かします、放射能に怯えて暮らすより少し位高くなっても良いと思う人は多いと思います。
ニュージーランドは原発がないと聞いております、やはり電気代は高額なんですか?

Aベストアンサー

政府試算によれば、原発を全て停止させると標準家庭で電気料金が一月に1000円程度上がる… ということですよね。

いいじゃないですか、、たった1000円なら。
私は1万円も2万円もあがると思ってましたよー www
1000円で全部の原発を廃止できるのなら、それに越した事はない。
もっと早く止めれば福島原発事故の後始末に大金使わなくても良かったんだが、むしろこっちの方がお金が掛かりますね。


また、将来の核武装の為に少しの原発は必要だし、原発技術力の保存の意味合いもあるので、どこかに博物館の意味も含めて原発を1機か2機残しておきたい。
自然がなく、既に放射能に汚染されていて、万一放射能漏れが発生しても人海戦術で事故処理に当たれるような土地。→ 東京がいいですね。

東京に原発を造り、他の原発はすべて廃止し、東京原発の熱排水は東京23区の都市暖房や給湯用に回す。
送電線も短く、電力損失が少ない為、2倍の発電能力を発揮できる。
「絶対事故は起こらない」そうなんだから、東京の人も安心できるだろうし。
万一事故が起こっても、もう東京は放射能汚染されてるんで、関係ないでしょう。www

政府試算によれば、原発を全て停止させると標準家庭で電気料金が一月に1000円程度上がる… ということですよね。

いいじゃないですか、、たった1000円なら。
私は1万円も2万円もあがると思ってましたよー www
1000円で全部の原発を廃止できるのなら、それに越した事はない。
もっと早く止めれば福島原発事故の後始末に大金使わなくても良かったんだが、むしろこっちの方がお金が掛かりますね。


また、将来の核武装の為に少しの原発は必要だし、原発技術力の保存の意味合いもあるので、どこかに博物館の意味も含...続きを読む

Q原子力発電所の存続での安全論に付いて

東電福島第一原発事故は津波と言う想定外の天災が事故の原因と言っていますが、実はそうでなく津波を想定せず事故対策を怠った人災ではないでしょうか。
地下にある送水ポンプのモーターや配電盤が津波により被害を受けることを何故想定しなかったのでしょうか。日本では過去に何回も大津波災害を受けていますし、100年に一度、1000年に一度でも明日来るかも知れない津波を想定しなかったのは人災なのです。
そもそも原子力発電所が安全だと言う前提自体が間違いなのです。
二酸化炭素の環境問題から原子力発電所が見直される風潮であったのが、今回の東電福島第一原発事故で国際的に原子力発電所の存在がおかしくなりました。
この罪過は地球自体の存続に関わる非常に大きい問題だと東京電力は大いに反省してもらいたいものです。
原子力発電所が安全でないと言う前提から立ち上げて、事故が起きれば周辺住民に大きな影響を与える事を想定し、事故が起きないようにするという事と並行的に事故の被害を最小にする想定が必要なのです。
環境論や資源枯渇問題から原子力発電所が日本人や世界の人たちには、電力はあらゆる産業や生活に必要なものには違いないのですから、電力源を原子力発電所に頼ざるを得ず、他に有効な発電源がない今日、推進論者は原子力発電所の安全を基準にするのでなく、原子力発電所は安全でないから、事故が起きればどう対処するか、如何すれば被害者を極力少なくするかを、前提にして推進すべきと考えるのですが、如何でしょうか。

東電福島第一原発事故は津波と言う想定外の天災が事故の原因と言っていますが、実はそうでなく津波を想定せず事故対策を怠った人災ではないでしょうか。
地下にある送水ポンプのモーターや配電盤が津波により被害を受けることを何故想定しなかったのでしょうか。日本では過去に何回も大津波災害を受けていますし、100年に一度、1000年に一度でも明日来るかも知れない津波を想定しなかったのは人災なのです。
そもそも原子力発電所が安全だと言う前提自体が間違いなのです。
二酸化炭素の環境問題から原子力...続きを読む

Aベストアンサー

う~ん、人災かどうかは、天災の要素がないといえないところが悩ましいので触れないでおきます。

>そもそも原子力発電所が安全だと言う前提自体が間違いなのです。
では、火力発電や水力発電は本当に安全なのでしょうか?
地震で火力発電所に火災が発生して燃料タンクが大爆発、近隣のコンビナートが次々と誘爆して、
海面に燃え上がる油が広がって手がつけられないとか、
水力発電でも、ダムが必要。地震でダムが決壊して、下流域が大洪水で壊滅。。。
比較的風力発電はましなのかもしれませんが、今の電気の需要をまかなおうと思うと、
日本全国風車だらけにする必要があるのでは?⇒1台倒れて連鎖的に将棋倒しになったりして・・・

そもそも、どんな技術でもリスクはつきものです。
で、今に始まったわけでもなく某電力会社は、そのリスクを想定する能力が異様に低く、
(だから、毎回「想定外」と言っているのでしょう。)
そんな能力のない会社に任せたのが間違いと思います。
(正確には、個々人は能力の高い人がいるんでしょうが、それが生かせていないようだから、
 能力がないのと同じ。)

そんな会社に認可をだした政府は、速やかに認可を取り消して、
他の電力会社、原発の会社なりもう少しリスク想定能力のある会社に認可をだして
交代させるべきだと思いますが。
(原子力以外の発電は?、別に送電事業はいいのかもしれませんが。
 ただ、あのリスク想定能力だと他も押して知るべしかもしれません。)

はっきり言って、ミスなら改善の余地はあるのでしょうけど
(決してミスが許されるわけではないです。)
能力の問題は改善の余地などないでしょう。

だいたい、何回も問題起こして、退場しない会社があるほうが不思議。
(公共性が高いといえど某鉄道会社は2連発で事故起こしてそこから退場・・・
 てのがありましたけどね。)

う~ん、人災かどうかは、天災の要素がないといえないところが悩ましいので触れないでおきます。

>そもそも原子力発電所が安全だと言う前提自体が間違いなのです。
では、火力発電や水力発電は本当に安全なのでしょうか?
地震で火力発電所に火災が発生して燃料タンクが大爆発、近隣のコンビナートが次々と誘爆して、
海面に燃え上がる油が広がって手がつけられないとか、
水力発電でも、ダムが必要。地震でダムが決壊して、下流域が大洪水で壊滅。。。
比較的風力発電はましなのかもしれませんが、今の電気の需...続きを読む

Q電気料金が下がれば他の物価が上がる

アベノミクスでは2%のインフレ率達成のためにあらゆる手を打つとしていてます。
今、原発の再稼働がらみで電気料金が上がるとか上がらないとか… 一部ではギャーギャー騒ぎになってますが、
電気料金の上昇により諸物価が上がれば、それはまさにアベノミクスの真骨頂なのでは。
逆に電気料金が上がらなければ、結局は他の物価を政策により無理にでも押し上げてインフレ率2%を達成するのが今の経済政策なのですから、ここは原発を止めて、自然に電気料金を自由放任で上げさせて、それを原因として諸物価が上がって行った方が万事につけて自然なのでは?

無理に小細工を弄して物価上昇を誘うよりも、自然体で電気料金アップに任せる、と。
原発再稼働して電気料金を無理して下げても、インフレ率2%の計画通りに他の物品の価格を無理やりあげられてしまっては、結局は消費者負担としては同じことになるのではないでしょうか。

以上、どんなもんなんでしょう。
脱原発すれば環境保護にも寄与しますし。国土保全の安全保障にも寄与します。

Aベストアンサー

いや、電気料金が下がって諸物価を上げようとしたら確実に政権への信頼を失います。

そうなれば衆院解散か自民内部から不信任決議が出て同調して野党からも。

そうなれば安倍は政策を取れません。むしろ、そのほうがいいと考えます。

真のインフレとは需給関係により成り立つものなので増税での物価上昇はNGです。

本来はインフレ対策で行うものなのです。無駄使い政権にNoを叩きつけることができます。

原発を再稼働するのは難しいと思いますよ。司法の判決を無視してますので。

三権分立からして。

Q地震と原子力発電所

こんにちは。
最近、大地震などの災害が多いようですが、原子力発電所などは、直下型大地震が来ても大丈夫なのでしょうか?
また、全国のどの場所に、原子力発電所があるか知りたいです。詳しいサイトなどありましたら、ぜひご教示願います。

Aベストアンサー

原子力発電所の工事中の写真を見た範囲では.かなり危険です。鉄筋コんクリートの土台の写真ですが鉄筋が細いので.新潟県柏崎なんとか原子炉の下の断層が1m上下にうごいたとすると.約半分の部分に残る半分の重さがかかるわけでコンクリートが支えられないでしょう。
コンクリートは圧縮強度には強いのですが.半分の主さが引っ張り側に作用すると考えるとかなり危険です。

だだし.私が見た写真は.断層がある様子と.他の原子炉の工事中の写真(人間が移っているので鉄骨の太さもわかる)です。断層のある場所の原子炉の写真では有りません。

Q幸福実現党は原発推進派らしく、原発の稼働は、隣国に核保有国を抱える日本としては原発を稼働させ、いつで

幸福実現党は原発推進派らしく、原発の稼働は、隣国に核保有国を抱える日本としては原発を稼働させ、いつでも核武装できるという核抑止力になるという理由らしいです。
この核抑止力は非核三原則にひっかかったりしますか?

Aベストアンサー

かつて、北朝鮮が核兵器開発計画を放棄する見返りにアメリカが発電用軽水炉を提供するという話があった(実現せず)ことからも明らかですが、原子力発電所、特に日本にあるような軽水炉は兵器転用が非常に難しく監視が容易で、核不拡散上むしろ好ましいとされています。原子力発電所があればいつでも核武装できるなんてのは実情を知らない素人の思い付きに過ぎず、実際には抑止にはならないので、当然非核三原則にも抵触しません。

Q原子力発電所に運転可能期限が設けられていない理由

原子力発電所は運転開始後には、電気事業法 等に基づき13ヶ月に1回、定期検査を行い、運転開始後10年ごとに最新の知見等の保安活動への反映状況などの確認を定期安全レビューとして実施し、運転開始後30年を経過する設備の経年劣化に関する技術的な評価、保全計画等を策定して10年を超えない期間ごとに再評価を行い、安全性を確保していると聞きました。

そのため、原子力発電所には、法律上定められた寿命はなく、原子炉 の設置許可にあたっても許可の年限は設けられていないそうです。原子力発電所の運転をいつ停止するか等の判断は、安全性、経済性などを総合的に判断して事業者が自ら決めるそうです。

でも、電気製品でも自動車でも何十年も前の旧式のものは最新式のものに比べて安全性が低いので、原子力発電所も旧式のものは最新式のものに比べて安全性が低いのではないかと思います。例えば、日本に初めて設立された商用原子力発電所(東海発電所。1996年営業運転開始。)は黒鉛減速炭酸ガス冷却型原子炉ですが、これは最新の原子炉に比べると安全性が低いと思います。

それなのに、なぜ、原子力発電所には、法律上定められた寿命がなく、原子炉 の設置許可にあたっても許可の年限は設けられていないのでしょうか。なぜ、法律上いつまででも使い続けられるのでしょうか。

原子力発電所は運転開始後には、電気事業法 等に基づき13ヶ月に1回、定期検査を行い、運転開始後10年ごとに最新の知見等の保安活動への反映状況などの確認を定期安全レビューとして実施し、運転開始後30年を経過する設備の経年劣化に関する技術的な評価、保全計画等を策定して10年を超えない期間ごとに再評価を行い、安全性を確保していると聞きました。

そのため、原子力発電所には、法律上定められた寿命はなく、原子炉 の設置許可にあたっても許可の年限は設けられていないそうです。原子力発電所の運転をいつ...続きを読む

Aベストアンサー

法律で運転可能期限が定められているものって例えば何がありますか?

Q浜岡原発から発電された電気の行き先

タイトルどおり、浜岡原子力発電所が発電している電気は主にどこに供給されていますか?

Aベストアンサー

周辺が主だという素人わかりする答え方もありますが。

例えとして100人で山車をかついでいて、上に10人乗っているとします。
100人の中の一番後の人は乗っているどの人を担いでいるのでしょうか。

これと同じで沢山の発電所が沢山の顧客に送電しています。特定できません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報