プロが教えるわが家の防犯対策術!

治療薬はないので死滅したわけではないのですよね。
って事は体内に入り込んだウイルスは排出される事なく、
残り続けるのですか?
抗体検査で17%とかの人からでたとやっていましたが、
あれも、体内に新型コロナがいるから、抗体をもっているって事ですよね。

質問者からの補足コメント

  • 新型コロナはとくに治療薬がなくても
    大半の人は1か月以内には体内?で死滅しているという事ですか?
    それとも排泄物などから排出される?

      補足日時:2020/05/15 06:51
  • 抗体検査で陽性=新型コロナの患者と思ってる。 ← 元新型コロナの感染者という事では?

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/05/15 07:09
  • 風邪が治って
    安心して半年や1年くらいしたら
    また、風邪にかかったりするから

    抗体が消えたのか

    それとも、違う種類の風邪なのか? ← きになるので質問してみてください。

    No.8の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/05/15 09:34

A 回答 (9件)

基本的なことから。

概略なので、多少間違っているかもしれませんが。

風邪にはコロナ以外にも原因菌や原因ウィルスと考えられるものがあります。おおよそ200種類とか。

その中で、変異しやすいタイプがインフルエンザウィルス。症状もかなり違うので、風邪とは言わなくなっていますが。

菌は、内粘膜や気管支などで繁殖します。ウィルスは菌と違い、人の細胞の中に入り込みます。どちらも、数が増大することで、さまざまな症状(発熱、咳、鼻水、頭痛、炎症など)を引き起こします。今回のコロナで一番畏れられているのは、血管内で起こす炎症。血栓ができることで、様々な二次的な症状を招いています。

人の体で、異物(菌やウィルス、時にはがん細胞)が増えると免疫が作用して、異物を攻撃します。死滅した菌やウィルスは老廃物(痰、鼻水、便など)として体外に排出されます。アレルギーはこの免疫が誤作動を起こしている。
免疫の武器は、抗体です。抗体は種類によっては、一生持つこともありますし、一定の期間でなくなることもあります。また、菌やウィルスが変容すると、前の抗体は役に立ちません。

そしてウィルスが死滅して数が減ると、CPR検査では発見できなくなります。これが陰性。殆どの場合、数が減れば、再び同じ体内で増殖することはありませんので、退院した人は、人に移さないとなります。
    • good
    • 1

お礼有り難う御座います



風邪やインフルエンザって
喉や鼻にたまりやすいから

鼻水やタンで排出されてますもんね

体の免疫や抗体で
ウイルスの増殖を抑えて
症状が治まったら

自然と排出されてるとは
思いたいですね

HIVみたいに
感染したら
発症を抑えるだけ

てな感じではないから
排出されてるのかと
おもいますよ

コロナにかかって
体に抗体が出来ても
半年くらいで、抗体が消えてしまうとかって
話もありますもんね

普通の風邪でも
風邪をひいて、症状が悪化して
体の中に、抗体ができて
だんだん、症状がおさまってきますもんね

風邪が治って
安心して半年や1年くらいしたら
また、風邪にかかったりするから

抗体が消えたのか

それとも、違う種類の風邪なのか?

判断がつきにくいですもんね
この回答への補足あり
    • good
    • 0

>元新型コロナの感染者



現在も感染している可能性がある。
「新型コロナの退院者って、体内に入り込んだ」の回答画像7
    • good
    • 0

発症しないだけで


からた
居てそうな気がしますね?

( ̄~ ̄;)

ウイルス事態は
悪さを出来ないから

ウイルスが侵入した
細胞がやられてしまいますもんね

ウイルス事態を攻撃したりする薬はないから

体内の抗体がウイルス事態を攻撃して
排出してるような話も聞かないですもんね
増殖を防ぐ薬だから
ウイルス事態は
不純物として、排出されてると
考えるのがベターなんかな?
( ̄~ ̄;)悩みますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

排泄物と一緒に?
くしゃみや汗などから?

お礼日時:2020/05/15 09:15

>とくに治療薬がなくても



人を含め、免疫という防御システムがある。
「新型コロナの退院者って、体内に入り込んだ」の回答画像5
    • good
    • 2

>新型コロナはとくに治療薬がなくても


>大半の人は1か月以内には体内?で死滅

それが抗体、免疫の作用です、勝手に消えてなくなるわけではありません
基本的にウイルスを殺す治療薬というのはないと考えていいです。

例えばインフルエンザの抗ウイルス薬であるタミフル、あれはウイルスを殺すのではなく、増殖を抑える薬
今話題になっているアビガンも増殖を抑える薬で、薬で殺すわけではありません。

風邪を引いたときに病院でもらう薬も、ウイルスではなく細菌性の風邪の菌を殺す抗生物質(抗生物質はウイルスに効きません)、栄養剤、気管支を広げて呼吸を楽にする薬、解熱剤などです。

ウイルスを殺せるのは抗体のみと考えていいです
ウイルス性の病気が治ったのだとすれば、それは抗体の力です
    • good
    • 1

>治療薬はないので



薬がなくても自然治癒力がある。


>抗体検査で17%とかの人からでた

抗体はウイルスが侵入して免疫が働いたからできる物。
今ウイルスがいなくても、昔ウイルスがいたことがあるなら抗体があってもおかしくない。

PCR検査は今ウイルスがいるかどうかを調べる検査。
抗体検査は今までに罹ったことがあるかどうかを調べる検査。
(罹ったことがあるけど、症状が出なかった人もいる)
だから抗体検査で陽性なら、今ウイルスがいるかどうかを調べるPCR検査を受ける。
マスコミはこの辺がわかってないから、抗体検査で陽性=新型コロナの患者と思ってる。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

完治すれば残りません


再発した人は完治していなかった、ということです

抗体とは
一度強盗に侵入された家が、次に同じ強盗に入れたら撃退できるように、その強盗専用の拳銃を持って待ち構えて殺す、家の安全を確保する機能のようなもので、家の中に強盗を住まわせてどうこうする物ではないです

病気にかかり、回復するということは、体内で抗体がその病気に対応し、撃退方法を学んだということです
    • good
    • 0

抗体は生体防御反応で抗原(ウイルス)と戦う物質として作られるもので以前に抗原が身体に入った歴史があったということです!


ウイルスは死滅しても身体には抗体が残るので次に感染しても影響が少なくなるとされています。
このような抗原抗体反応を利用したのが予防接種です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング