人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

こんばんは。

経営に関する質問です。

父が小さな飲食店+工芸品の販売の個人経営のお店を一人で営んでいます。

周りの人から、色々な買い物(お店、又は家の物)をする際にお店の領収書としてきったほうがいいよと聞いたことあります。

自分も父も今まであんまり無頓着で買い物も普通にしてたりしてました。(領収書などきらず)

そこでなのですが、父や自分が領収書を切ったときに後々、どのようなメリットがあったりするのですか?

また、その時の領収書は必ず手書きでないといけないとかあったりするのですか?

A 回答 (2件)

不動産取引で領収証を発行すると印紙代もバカにならないので、会社顧問の弁護士に尋ねたことがアリマス。


根拠条文は民法486条(受取証書の交付請求)
弁済する者は、弁済と引き換えに、弁済を受領する者に対して受取証書の交付を請求することが出来る。

「出来る」のであって、当事者の合意があれば請求しなくとも良い、と言う説明でした。そこで、売買契約予定の顧客に対して支払いについては銀行振り込みによる支払いを依頼し、銀行から発行される振込み手数料領収証を以て領収証に代える旨の説明をしました。

個人事業の店舗と言う事ですから質問者様の場合、領収証を発行するメリットは無いでしょう。むしろ売上次第ですが印紙代の出費と言う問題にもなります。
「キャッシュレス取引が大半」「一取引は印紙代が必要になる金額になる事は無い」という事であれば、発行の手間が掛かる事がデメリットでしょう。

日々の取引をキチンと記録しておく事は正しい納税の為には必要な行為なのですから、売り上げを誤魔化そうとするような輩とは違うのだぞという姿勢で考えられれば良いのではないでしょうか。

質問文の最後の部分は、所謂「レシート」のようなモノを想定していらっしゃると思われますが、レシートと領収証は異なります。レシートを他の言葉に替えると「お取引明細」ですね。レシートを領収証として扱うかどうかは、受け取り側の問題です。
    • good
    • 1

「飲食店+工芸品の販売」という仕事をするのに必要な仕入れた物品(サービスも含む)の領収書を取っておけば、それらはすべて経費扱いにでき、確定申告の際に収入から控除でき(差し引くことができ)、納税額を少なく出来ます。

手書きであるとかないとかは関係なく、そのお店から発行してもらった領収書の原紙であることです(コピーは不可)。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報