初めての店舗開業を成功させよう>>

虐待について、
口で叱ってもいうことを聞かないから手をあげる、というしつけは虐待に入らない、そうすることは仕方のないこと、痛みを持って知ることもある。という認識の方が多い気がするのですが、それは本当に虐待に入らないのでしょうか?

怒鳴り散らすという行為に対して、虐待とまではいいませんが、本当にその方法は合っているのでしょうか。

痛みを持って知る経験は、個人または友人関係との遊びの中で得ることに意味があり、しつけの中で得ていいものではないと思っています。

A 回答 (8件)

虐待です。



現代の若い親は、しつけと言う名のもとに虐待するか、個性や多様性を勘違いして単に甘やかしているだけという両極端の親が増えているように感じます。
我々の若い夫婦のころの子どもの教育に反省すべきことはたくさんありますが、社会性を育むしつけと個性の尊重のバランス感覚はあったように思います。

私は子供に暴力したことは何回かありますが、妻に暴力を振るったことは一度もありません。それでも、妻からは「言葉の暴力ってあるよね。」と言われます。
妻は子どもが4,5歳ぐらいの時にしつけるのに、3時間子どもと向き合ったと言っています。粘り強く話して、最後は子どもの方が根負けして折れていたのではないかと思います。ひっぱたく方が手っ取り早いと思いますが、このしつけ方法は子どもたちには良い結果を生んでいるような気がします。
妻は、子育ては体力と忍耐と言っています。

私は、たかが女子供に暴力を振るわないと恐がられない男って男と言えるの?と思います。

長女が3歳の時に妻が長女を叱っている姿を見て、親が我が子を叱ったり怒ったりする時は大きく分けて二つあることに気づきました。
ひとつは自分に従わせようとする時で、もうひとつは我が子が危険な時です。危険にはいろんな危険があって、このままではダメな人間になるというのもあれば、差し迫った生命の危険を避けるため、というのもあると思います。
それから上司が自分を叱るときに、どっちかな?と考えるようになってしまいました。

一方で、世の中は危険に満ちています。
会社では挨拶の励行と言いながら、親は幼い我が子に見知らむ人に気安く挨拶してはダメとも教えます。
妻は、子どもたちには普通の常識が通用しない人たちとは関わらないように教えますが、私は正常な社会では非常識な人間で、異常な状態になったときに真価を発揮するため、夫婦で役割分担していたのかもしれないとも思います。
    • good
    • 1

あなたは親御さんに怒鳴られも殴られもせずに育ったんでしょうか


僕は祖父母に怒鳴られ殴られ蹴られ蔑まれながら育ったので、そういう一切合切 反吐が出ます
それらは全て虐待だし、そうされて育った子供は躾けられるどころか確実に歪みますよ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

同じです、私も愛されてなかったわけではないですが親や姉に怒鳴られ殴られ蹴られ蔑まれながら育ちましたよ。なので今でも怒鳴り声や大きな音が怖かったりします。

自分の子どもにも他人の子どもにもそういう思いをさせたくありません。

なので今回どんな意見があるか知りたかったんですよ。

暴力ではなく、明確な愛情を持って育つ子どもが増えてほしいですね。

長文失礼します

お礼日時:2020/05/19 08:45

怒鳴るのだって暴力


ましてや実際に手を出すなんて論外
話しになりません
虐待に決まっています
もし自分の息子が身長2メートルで筋肉ムキムキで性格もきつかったら、それでも殴ってしつけする?
クソの如き言い訳には反吐が出る
    • good
    • 1

暴力はアウトですよ。


正当化する理由は存在しません。
近年は虐待で親は逮捕されますよね。
しかし親が子を戒める行為を良しとする
古い法律が有りますから、
勘違いしてる人も存在しますよね。
例文には木に縛りつける。
蔵に閉じ込めるとの明記が有ります。
いつの時代だよ?と笑っちゃいますよね。
人は恐怖から脳が萎縮します。
思考能力が低下します。
まして幼い子は難しい理屈は理解不能です。
叱られたら恐怖しか感じません。
脳の発育に悪影響します。
既に医学的に証明されてます。
学力低下や非行また鬱病等の発症率
生涯賃金にまで影響を及ぼし
人生の幸福度が変わるとも言われてます。
不思議なモノで虐待は連鎖します。
自分がされて嫌だったコト
自身が親に成り子にする傾向が有ります。
幼少期に間違えた教育を受けた為に、
それが正しいと勘違いしてしまう。
親の再教育が必要なんですよね。
昭和時代なんて教師が生徒をビンタ
日常茶飯事でしたからね。
近年は大問題に成りますよね。
親から躾と称して暴力を受けてる子も、
決して珍しく在りませんでした。
世間も全く非難しませんでしたからね。
これでも昔に比べたらマシに成りましたよ。
平成だって愛のある暴力は良しなんて、
屁理屈を言う方は大勢いました。
そもそも躾と叱るのは違いますよね。
教えるなら叱る必要ありませんよ。
わかりやすく簡潔に説明する
勘違いしてはダメですよね。
今の若者は合理的で賢いですから、
未来は変わると良いですよね。
    • good
    • 2

教員です。



それは虐待です。躾とは言えません。そもそも、幼い子でも、言葉が分かるようになれば、説得は出来ます。出来ないのは、親に技量がないから。
また、言葉が分からないほど幼い子に、叩くのは暴力です。赤ん坊が泣きわめくから叩くと言うこと。躾ではありません。赤ん坊が泣くのならば、泣く原因を取り去る。または、泣かない状態にするべきなのです。それは叩く行為ではありません。
また、暴力を受けて育った子は、暴力を解決手段の一つとします。負の連鎖です。
    • good
    • 1

良く無いと考えます。

愛の鞭は使わない方が良い…言う事を聞かない子は抱き締めましょう。叩くと痛いです。抱き締められると拘束されて息苦しさを感じますね。どちらも使い方次第では暴力…叱る時に使うのは強く抱きしめる事です。そして、子供に感じさせる事、母の気持ちを気づかせる事です。言葉より体温ですよ、善悪の判断出来る温かい血の通った人に育てて下さい。
    • good
    • 2

説得力に限界を感じるから、暴力に依存するんです。


まあ親が皆クレバーという訳では有りませんから、理性より感情が勝る事もあるのでしょうね!
別に暴力を肯定してるつもりは、有りません
    • good
    • 1

合ってるか違ってるかは 関係ない



家庭のルール上に あれば その家庭内では合ってる躾であり

その家庭のルール上に無い場合は 違ったと 言う事になる
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報