ちょっと変わったマニアな作品が集結

世界史の暗記のいい方法を教えてください。
僕は高2です。受験に備えて、学校の授業でやったプリントを定期テストみたいに覚えだしたのですが、今までの定期テストみたいに短い範囲じゃなく、忘れてしまったり混じってしまったりしてちょっと悩んでます。書き込み式の教科書みたいなものを買って勉強したほうがいいでしょうか?
できれば世界史は得点源にしたいので、皆さんの意見や経験を聞かせてください。その際使用した参考書とかも教えてほしいです。
あと僕の志望大学は神戸大学です。
よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現在学生で塾で世界史を教えています。


以下の方針で昨年の4月から約一年間指導していましたので参考までに。
まず目標をセンターで80点以上にしました。志望大学は神戸大学とのことなのでおそらく参考に出来ると思います。
夏までは世界史を体系的に捉えることを重視しました。
書き込み式の教科書をつかって「おおざっぱに」しかし「重要なところ(=教科書太字)をおさえて」勉強してみてください。この段階でいきなり細かい知識を覚えようとしても「忘れてしまったり混じってしまったりして」しまうのです。
例えば中国史では、唐代には○○帝のときに××があってその後△△帝のときに□□となった、というようにおおざっぱな「時代」、「地域」、「人物」と「出来事」のリンクを作ってください。この「情報間のリンク(=結びつき)を作る」作業が受験世界史の基本と考えています。このリンクの骨組をまずは覚えてください。
あとはその作業を書き込み式の教科書などで教科書どおりにやります。
で、これをやってから問題を解いてみる段階に入ります。
問題を解くと分からない問題が必ず出てきますが、以上のことをやっておくと「教科書でどの部分の」問題が出来ていないのかが自分で分かるようになります。
分からない問題を「解き直す」ことで「情報間のリンク」のほつれを直してください。これを繰り返すことで徐々に分からない問題が減少していきます。
問題演習上の注意としては「必ず不正解の問題だけでいいから解き直して、情報のほつれを無くすまたは新たに情報のリンクを作る」ようにすることです。
この段階ではひたすら問題を解いていくことになりますが最初は不正解が多く、解き直しに時間が掛かるでしょう。しかし、これを繰り返すことで世界史問題正答のための情報が補修・構築されていき、徐々に解き直すべき問題が減少していきます。解き直す問題が減ったということは点数が上がったということなので勉強していて進歩が実感できると思います。

具体的には地域、時代(正確な年号でなくてもおおざっぱに何朝の時とか何王の時程度)、人物、出来事と因果関係(出来事と出来事の繋がり。例えば「第1次産業革命→イギリスが世界の工場となる」といった原因と結果の関係)の結びつきが政治・経済・社会史を覚えるポイントで、文化史では地域、時代(ルネサンスとか古代ギリシャとか)、人物、業績(書物や美術品など)、ジャンル(芸術家や天文学者など)の結びつきがポイントでしょう。
「ミケランジェロ」と聞いて「芸術家」「ルネサンス」「イタリア」「最後の審判・(ダヴィデ像)」を連想できるようになるのが最終目標です。これができると「最後の審判」が出題された時に逆に「ミケランジェロ」を思い出すことが出来るようになります。

年号については重要なものだけ後回しで覚えた方がいいと思います。センターに関していえば、細かい年号を覚えてもたいして点数に反映されない出題傾向だと思います。おおざっぱな時代の捉え方でも解ける問題が多いからです。
私大の問題では直接年号を聞くものもありますので、最後の点数上乗せとしてやる程度でいいと思います。

No.2の方のおっしゃる「世界史B用語集」は情報を補うための必須アイテムです。これの赤字の用語くらいは説明できるようにしたいです。そうすればセンターなら90点以上はコンスタントに取れるレベルになります。

また、地図問題が出題される傾向がセンター・私大を問わず見られます。具体的には古代の王国の領域を問う問題、列強の中国での勢力圏のようす、アフリカ分割のようす、東南アジアの植民地のようす、大航海時代の航海者の航路はよくみかけるものです。これらはNo.2の方のおっしゃる「新詳世界史図説」などの図表で必ずページが割かれていますから、視覚的に覚える必要があります。

長くなりましたが、この学習法のイメージは「最初に骨組を作って、そこに粘土で肉付けしていき、ひび割れを地道に修復したり、足りないところに新しい肉を付けていく」というものです。

また先に回答された方と共通しますが、世界史では「相互的な関係」や「ストーリー的に理解」するといった、ある情報とある情報とを正確に結びつけ、それを自在に使いこなす能力がマーク・記述を問わず問われているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まず、回答ありがとうございます。
こんなに詳しく具体的な回答をしてもらったのは初めてで今非常に感激しています。

>夏までは世界史を体系的に捉えることを重視しました。
>この段階でいきなり細かい知識を覚えようとしても「忘れてしまったり混じってしまったりして」しまうのです。

自分はローラー的に片っ端から全部覚えていこうしましたがこれでは次の時代を覚えようとすると前のが抜けていってろくに進みませんでした。まさにその通りです。

>「情報間のリンク(=結びつき)を作る」作業が受験世界史の基本
>「最初に骨組を作って、そこに粘土で肉付けしていき、ひび割れを地道に修復したり、足りないところに新しい肉を付けていく」
>「相互的な関係」や「ストーリー的に理解」するといった、ある情報とある情報とを正確に結びつけ、それを自在に使いこなす能力がマーク・記述を問わず問われているようです
>視覚的に覚える
>原因と結果の関係の結びつき

もうこの回答全部が目からうろこが落ちるものばっかりです。これでやり方はわかりました。後は自分の気持ちを強くもって受験に臨んでいきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/16 15:26

暗記の方法は色々有りますね。


友人の間では、ひたすら書いて憶える、声に出して読む等が多かったです。

年号等に関しては#1さんの通り、語呂合わせが一番良いと思います。
幾つかそれ専用の参考書が出ているので、自分が好きで憶えやすいものを選びましょう。

参考書は浜島書店「新詳世界史図説」、山川出版社「世界史B用語集」は重宝しました。
それと侮れないのがマンガ世界の歴史です。
ビジュアルで覚えられるので、複雑なところがストーリー的に理解できたり、
ひょんなところで役に立ったりします。
勉強の最中の気分転換にも良いと思いますよ。

あと考えられるアドバイスとしては、
・歴史関係の映画、小説(史実にあったもの)に触れる
・ポケットタイプの参考書を買い、移動中など時間を有効に使えるようにする
・白地図を自分で作成し、流れと場所を覚える
などでしょうか。

体調管理をしっかりして勉強頑張ってくださいね!

この回答への補足

回答ありがとうございます。
小説、映画、漫画とかでquovadisさんのオススメのものとかございますでしょうか?
もしよければ教えてください。

補足日時:2005/01/14 23:36
    • good
    • 0

私の経験です。

思いつくままに書きます。
まず年号に関しては丸暗記しかないと思います。
中国史では、答えがわかっていても、漢字が書けないことがよくあったので、漢字も覚えました。
教科書は縦軸的な展開ですが、試験では横軸も問われます。イスラム世界がこの時代、ヨーロッパではどんなできごとがあったのか、相互的な関係も含めて把握できるようにしておきました。
努力が実って合格できるといいですね。

この回答への補足

回答ありがとうございました。

補足日時:2005/01/14 23:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いままで定期テストの勉強しかしてなくて範囲狭かったので受験勉強やり始めてまさに暗記しかして来てないってことを実感しました。これからは関係性を大切にして生きたいです

お礼日時:2005/01/14 23:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング