プロが教えるわが家の防犯対策術!

(あ) ハートやヘルツやカール( coeur < cor )は 偶然 音が一致している
みたいなのですが 果たして《こころ》はあるのか? こころとは 一体何ぞや? 
を問います。


(い) たとえば イヌの嗅覚が発達しているとかコウモリが高感度のセンサー
を持っているとかいうとき これらの感覚も大きくは 《こころ》に入ると思わ
れます。

(う) その感覚の器官は 言ってみれば《身》ですが そこで知覚した内容は
すでに《感じ》として心をかたちづくります。

(え) 感じが認識されれば 《獲物がいた! 探しているものが見つかった!》
といった概念内容になります。イヌやコウモリ(かはぼり=川守?)が言葉を使
っているとは思いませんが 行動のための情報を得ているのでしょう。


(お) 盲導犬が 危険を察知して停止することは 大きく心にかかわる方向へ
向かっていると考えるのですが では犬は そこで《考える》か? 何かを考え
るか? その人間に停止信号をつたえて あとは 危険をよけ それが去って行
くのを見守っているだけか?

(か) コウモリは センサーで獲物を見つけたなら あとはそれへと向かうと
いう行動をするのみか? 考えることは無いか? ほかに考えることがあって選
択肢を持つのか?







(き) ところがここでわたしが――分からないながら――わざわざ《こころ》
論を始めたのは わたしは 《動物のこころは 身における感覚器官のはたらき
の問題に還元される》と思うその内容を あろうことか 人間にも当てはめて見
ようと思っている向きが 人びとの間に見られるからです。その受けた感覚が 
くすぶっているからです。


(く) イヌが飼い主にかわいがられて 嬉しがったりするときにもそれは 身
における感覚器官のはたらきでありその延長であるという見方です。それを 人
間の心にも当てはめようという科学的知見(!?)が 世の中にうかがえるから
です。




(け) ぎゃくに言うと 親しい人の死はかなしい。心がゆさぶられえぐり取ら
れるようにさえ思う。ところが 《かなしい》というのは 何ごとをも しかね
る(つまり 出来ない)思いだと言っている。


(こ) つまり:

 いむ(忌む) > いまいまし(忌みたい気持ちだ)
 をく(招く) > をかし(情がかよって招き寄せたい気になる。>可笑しい)
 ゆく(行く) > ゆかし(行って寄り添いたい気持ちだ。床しい)
 かぬ(漢字なし) > かなし(何も出来かねる思いだ。哀・悲)

というように表現しているのであって これらの《こころ》はほとんどみな じ
つは《身》とそのウゴキ(行動)にかかわる内容を言っている。身にかかわる中
身のことしか言っていない。

(さ) 《忌み》とは その場やものが神々しかったりあるい逆にシカバネのご
とく汚かったりするとき 触れがたいとか触れたくないとかという気持ちを表わ
している。つまり 触れるか触れないかという身のウゴキの問題なのである。



(し) これらの身の振る舞いを表わすコトが 《こころ》の問題であると考え
られる側面がある。おそらくこれはつねにあると思われる。

(す) わらふ(笑う)にしても ゑむ(笑む)にしても 顔の表面における変
化を言っている。ゑくぼ(笑窪)とも言うように 顔がほころび頬にくぼみが生
じることを言っている。わらふは 顔がくぼむだけではなく 割れるのである。

(すa) -ふ はこの場合 反復や継続の相か。あるいは 割り合ふの約で 顔
の筋肉相互の相か。ゑぐる(抉る)や わく・わかれ(分く・別れ)とも言うよ
うに どうも子音の / w / が ひとつのモノの分割・分裂の相を指し示している
ようなのです。
 
(せ) 昨今では クオリアといったことも言われて来ていますが:

 ○ こころは あるか? 
 ○ 《こころ》とは 何ぞや?

質問者としては いくら・いかに否定したとしても 《こころ》と呼ぶ現象はあ
るといった感覚を持つもの(そこまでだけ)ですが みなさんのお考えをどうぞ。

A 回答 (2件)

こころ=心は魂ではなく、複合的な❰現れ❱でしょうね。

身体と感覚で内的外的対象と向き合い、関わることで、衝撃共振共鳴し、これらを内面化した言語ソフトで、捕捉区別明確管理操作貯蓄運用することで、感じ、感情、知覚、考察、理解、発信、受信、想像、創作創造という形で、こころ、心が❰在る❱ので❰なく❱、❰現れる❱んでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

★ こころ=心は魂ではなく、複合的な❰現れ❱でしょうね。
☆ ふむ。《複合的》ですか。


★ 身体と感覚で内的外的対象と向き合い、関わることで、衝撃
共振共鳴し、
☆ ここまでは 感性としての知覚ですね。


★ これらを内面化した言語ソフトで、
☆ 要するに 言葉による概念化つまり認識になります。〔悟性
は放っておいて〕そこから理性による加工へつなげます。


すなわち:
★ 捕捉区別明確管理操作貯蓄運用することで、
☆ 次の段階の自己表現へさらにつなげます。


★ 感じ、感情、知覚、考察、理解、発信、受信、想像、創作創
造という形で、こころ、心が❰在る❱ので❰なく❱、❰現れる❱んでしょ
うね。
☆ 理性による知解をなおともないつつ 発信・創作へと――今
度は 意志のちからで――送り出します。






これまでわたしは 心についてそれは 脳細胞を中心とした身体
組織の上に起きるハタラキであると捉えて来ましたが では そ
れがどれだけ 心としての独自の領域を持つものか? と今回問
うてみたのでした。


ひとが社会に生きるとき モノから成る身のほかに:
★☆ 心が 現われる現象ないし領域がある
☆ と見るのでしたが そうですね。いま大胆に仮説してみるな
ら――まちがって元々と思ってですが―― ヒトが生まれつきそ
なわった身(感性)と心(精神:記憶・知解・意志)から成る自
然本性という捉え方を変えてみようかと。


つまり ヒトにとって有限なる身(感性)とそしてあたかも無限
なる霊我(霊性)とが関係しあって そこに心(知性)とよぶハ
タラキが生じているのだろうか? と。


恥ぢの感覚および意識というのは 良心〔という公理のごとき想
定〕と われの思いや世界のウゴキとの間にふれあいがあって
あたかも化学反応のように起きる心的現象なのか?

そうだとしたら 良心は 霊性の端くれのごときチカラであるか
も知れない。

不一にて。

お礼日時:2020/05/22 13:14

「ハートやヘルツやカール( coeur < cor )は 偶然 音が一致しているみたいなのですが 」



  ・・・何いってるの。言語のこと何も分かってないな、きみ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

☆☆ 偶然




ご回答をありがとうございます。

お礼日時:2020/05/20 23:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング