中小企業の働き方改革をサポート>>

青色申告をしている個人事業主です。
帳簿については知識が無く、開業して以来ずっと白色申告でしたが、2013~2014年の国の記帳指導を数回受けて以降はその時にもらった「やるぞ青色申告」というソフトで帳簿をつけて青色申告しております。
  
ここ数年疑問を持っていながら税務署からは何も指摘されないので「これで問題ないのかな???」で面倒なので済ましていたのですが、賃借対照表の工具器具備品の欄で困ってます。
それはパソコンの減価償却が前年まで減価償却した分が繰越されて翌年以降繰越繰越・・・で残っているのです。
   
例えば、10万のパソコン(償却方法:定額、耐用年数:4年、償却率0.25)一台を2014年に購入したとしますと、賃借対照表の工具器具備品の欄が
2014年分は-\25,000、2015年分は-\50,000、2016年分は-\75,000、2017年分は-\100,000、
2018年分からはずっと-\100,000となって賃借対照表に記帳されております。
2014~2017年分は-\25,000で償却済みで終わり、2018年分からは無くなる筈ですが。。。。。
  
知識不足すぎで本当に恥ずかしい質問ですが、どのように修正すればよいかご教授頂ければ幸いです。

A 回答 (3件)

パソコンを買ったときにどの様な仕訳をしたのでしょうか?



本来なら
借方 工具器具備品 100,000 貸方 現金 100,000
の様な仕訳があり工具器具備品から減価償却費が引かれて行くのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教授ありがとうございます。

ソフト会社に問い合わせましたところ、
購入時に 例:購入日付 工具器具備品/現金or口座 と仕訳をしていないのでは?とのことで、、、その通りでした。
    
期末に このソフトの減価償却費計算のところで「仕訳更新」とクリックしたら、
12/31 減価償却費/工具器具備品 となる為、きちんと仕訳されていると勘違いして以降の年度の減価償却費もその繰返しの状態です。 

また白色申告の時(2010年10月)に購入した別のパソコンもありまして、
青色申告に切替えた年に相続時の未償却分を減価償却しており、その分もずっと繰越されているのです。。。
  
6年前にきちんと仕訳出来てなくて、工具器具備品から減価償却費が引かれて行ってないことがわかりましたが、今となってどう修正すればよいのでしょうか?

お礼日時:2020/05/22 01:22

減価償却費の仕訳で、貸方が「工具器具備品」でない勘定科目になっていると思われます。


仕訳を確認しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教授ありがとうございます。
   
確認しましたところ、購入年の仕訳が以下だけでした。
12/31 減価償却費/工具器具備品 
 
これで仕訳出来ているものと勘違いしてました。。。

お礼日時:2020/05/22 01:22

>2014年分は-\25,000、2015年分は-\50,000、2016年分は-\75,000、2017年分は-\100,000…



それはソフトがおかしいですね。
ソフト会社のサポートにおたずねください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご回答頂き恐縮です。ありがとうございます。
やはりおかしいのですね。。。
ソフト会社にも問い合わせしてみます。

お礼日時:2020/05/21 15:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報