忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

高1です。いつから高校で体育の授業が始まるかは分かりませんが、授業の中に馬跳びという項目があります。ですが私は怖くて小学校、中学校と出来ませんでした。でも高校ではやらなくてはいけないと分かっているので何かコツはありますか?
ちなみに馬になる子を潰してしまいそうという恐怖で出来ません…

A 回答 (2件)

馬になる子を実際につぶしてしまった経験があると言うことではないのですよね?


「つぶしてしまいそう」な想像だけだと仮定して。

あなたがよほどの巨漢だというならまだしも、普通に60kg~80kgの体重として(それ以上がダメだというのではなく、実際につぶしてしまうほどかどうかという意味)、普通に飛び越えればつぶれはしません。

つぶしてしまう不安以前に、「怖くて小学校、中学校と出来ませんでした。」と出来た経験がない、成功体験がないがためにうまく飛べる自信がない方が先なのかと。

上達のカギとしては、一瞬なりとも両手に体重が乗り支えていられること。
お宅に背もたれのない丸椅子、角椅子はありますか?
なければ低いこたつや座卓でも可。
それすらなければお宅の家の階段でも可。

助走などいりません。
椅子や座卓、階段の1段・2段目に腰を曲げて両手をつき、両足で跳ねると共に両腕に体重を乗せては戻り着地する練習。
お尻をより高く上げる意識で運動は上下ですよ?
前後に、前に移動しようすると椅子ならひっくり返りかねず危険ですので注意を。
一瞬でも両腕に体重、重心が乗り、手をついた位置の真上で静止できるようになれば合格。すぐにまた降りて(落ちて)足で着地して良いのですからね?
トントントン・・・と上限運動していた物が滞空時間が延びて、トーーン、トーーンと着地までの時間、真上で静止している時間を延ばす意識で。
真上で逆立ちしろというのではありません、腰は曲がったままで良いのです。
あくまで重心が乗る練習。

これが出来るようになったら、両足揃えて飛び跳ねたあと、足が浮いている間は足を開く練習。
空中で(手は付き踏ん張ったまま)足を肩幅以上に開き、降りるとともにまた足を揃えて着地。
お尻は上下、合わせて足は開き閉じる練習。

この練習の間、顔を伏せていけません。
首を起こし向こう、前方の景色を見続けること。

ここまで何度も連続で出来るようになったら、少し広いお部屋でもありますか、腰をかがめ床の1mほど向こうに上から覆い被さるように手から飛び込み、手をついた位置の両脇に足を突き、また手と頭を上げて1m向こうに飛び込み手を突き足を両脇にこれを部屋の広さ次第ですが二歩、三歩と繰り返す。

犬が両手、両足を一緒に飛び跳ねて行くような姿。
これが出来ればもう心配いりません。
ご家族相手に馬になってもらいやってみて下さい。
もちろん足は、手をついた向こうに降りるわけですが、向こう側に飛ぶと言うよりは両手に乗った体重が「向こうに降りる」というだけの意識で良いのです。
良いですか?飛ぶのではなく向こうに降りるのですからね?
    • good
    • 1

相手の子に低くしてもらう

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報