「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

☆ たたき台です。たたきからかしてください。


1. エワとアダムの物語――意志自由について――

エワという女が 光も曲がることに気づいたとか。
わが心にちょっと逆らってみようかと思ったとか。

その前には 自分の感じや思いをそのまま表わしていたかも。
夫のアダムに逆らう場合にも わが思いをそのまま表出していたから 
言ってみればまだまっすぐであった。
 
言いかえると 言葉は わが心・わが思いをそのまま表わすとは限ら
ない。もっと早くいえば ひとはウソをつくことができる。

そういう意味でも 自己表現は自由なのだ。このことを やがてエワ
だけではなくアダムも知ったし そういう振る舞いにそれぞれが自由
に及ぶこととなった。



2. われあやまつなら われあり――哲学のはじまり――

ひとは 言語による表現をもって意思疎通を図る。その必要が現われ
たとも言い得る。(ひとが社会生活をいとなむということでもある)。

その言葉の海を航くとき 大きなウソ・イツハリという嵐に遭い 難
破することも生じ得る。
 
こうなると ひとの自由あるいは自由意志を擁護したい向きは たと
えば《欺かれるなら われ有り》という《哲学》を生む。

――世界を知り 世界を変えることをも考える行為である。
――《あやまつなら われ有り》と堂々と宣言する。

あやまちに気づいたなら われに還る。そこには 生まれつきそなわ
った自由意志とその自由がある。したがって 自己表現の自由は そ
こに同時に 表現した内容についての答責性を帯びることになった。
 
このとき もし哲学をもう一歩伸ばすなら――超哲学ないし超経験思
考として――この自由を アートマン(霊我)ともブッダター(仏性)
ともあるいはルーアハ(霊性)とも言った。



3. 超経験思考としてのわが自由:非思考としての《信仰》

すでに非思考の領域へと飛躍している。身(感じる感性)と心(考え
る知性)を超えているので 霊性は 信じるという言葉を当てる。

この個人の信仰を いわゆる観想・瞑想において それは思考に非ず
であるにもかかわらず 人間の言葉で(言葉をシルシ・代理物として)
思考の次元に置きかえて言い表わすことが起こる。

アダムらの子孫であるアブラハムなるぢいさんが この空想とも呼べ
る飛躍の中で こう思った。:

  神の霊の宿ると言われる身と心において その自由に従っている
  ならば――つまりは へそを曲げウソをつくこともあるのではあ
  るが これをあやまちとして気づくときそのわれがわれである自
  由に留まるならば―― ひとは ひとを殺すこともなければ む
  さぼることも裏切ることもなかろう。

この命題を どう思ったか 格言として受けとめ規範化しようとする
ウゴキが現われる。



4. 信仰内容の思考化・思想化:宗教

《殺すなかれ(不殺生戒)・むさぼるなかれ(不慳貪戒)・姦淫する
なかれ(不邪淫戒)》という戒律としてまた道徳として 神の霊〔へ
の信仰〕に代えて崇拝するやからが現われる。

つまりそのときこれを神のおきて(法)として説き始めたのが 《宗
教》である。
 
一般に 集団をつくりその集団の振る舞いにかんする規則をもこしら
え この規範道徳と組織運営上の規則という物指しで人間の自由を捌
(さば)こうと言うのだ。(宗教者は 自由のためだと抗弁する)。

やがてこれが権威とさらに権力を持つようになると――つまり それ
にあざむかれて従うわれら阿呆な人間がいるということだ(欺かれる
なら われ有り)―― 人間が人間を勝手に裁くというあやまちを繰
り広げるようになる。宗教は 個人の信仰の自殺行為である。信仰と
いう蝉の抜け殻である。屁の河童なり。



5. 《科学》としての哲学の展開

科学は 哲学をさらに詳しく問い求めたものである。

それでも哲学と分けるのは たとえば人間の社会について・そして中
でも殊に経済活動については 或る種の仕方でその活動領域として分
立しうると考えられるからである。

利害関係をどのように――個別的にも総体としても――捉えるかによ
って 見方が分かれ得るからだと考えられる。哲学は 社会科学とな
る。
 
あるいは 誰れの思考や行為であるかにかかわらず ひとしく認識し
うるモノ・コトの世界がそれとしてあるとなれば この世界をやはり
分立させそれに対しては 自然科学という領域を 設定している。



6. 《芸術》と哲学

果てさて 《芸術》は――文学をふくめて――これらの哲学・科学・
宗教の定義や分野の設定などなどをすべて取り払ってまったく自由に
表現の自由を追求する人間の自己表出および自己表現なる行為である。

ゆえに手段は 言葉に限らない。あらゆる表現方法を模索する。

哲学に通じる人間の真実がそこに描かれていると人が感じ得るなら 
よいものだと言われる。
 
ということは われわれおのおのの日常生活における一挙手一投足が 
芸術行為であると考えられるかも知れない。けれども その根っこは
哲学である。

つまりは このわれわれの生活日常がおのおのの芸術行為であり ひ
ょっとすると 科学の芽は 科学者の芸術行為にあるだろうか。

しかし 考えてみれば 誰もがひとりひとり哲学する人間である。



7. 哲学って?

――というふうに いま・ここにあるわれが その世界における位置
関係を精神的に捉えようとする自己了解が 哲学の核心である。

哲学的な自己了解が 哲学の仕事である。

A 回答 (5件)

どうやら心には“性質”があるようです。


でもharuさんの云う性質とは違った意味に於いて、です。
haruさんの云う性質は、個々の性格とも云い変えられますが、ここで私が云う性質とは、個々に共通する性質の事です。
短気な性格の人も、そして悠長な性格の人にも共通の心です。
云わば、心としては同じ仕組みで出来ていると云う、この同じ仕組みの事を性質と云ったのです。

心に逆らう、と云う事は逆らわれる心がある、と云う事ですね。
思いが曲がる、と云う事は曲がってない、まっすぐな心がある、と云う事ですね。
この事をブラジュロンヌさんは、目に見えないハタラキと云っています。

また、他人を欺くと、赤面したり発汗するという生理現象があるというのは、心の作用・反応が生理現象に現れるという事ですが、こうした心の働きがなぜあるのか、と云う事に注目することで、目に見えないハタラキを見る事になると思います。

私の考えの根本は磁石のSとNのように、心には正と負という“性質”がある、と云う事です。
正と負が、善と悪・好き嫌いという観念・感覚に表われる、と考えます。
そして、生と死という観念への基準につながると考えます。

☆ もう、すでに、生れ落ちた時から、人間の心は正と負という要素・性質を持っていると云えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

★ どうやら心には“性質”があるようです。
・・・ここで
私が云う性質とは、個々に共通する性質の事です。
短気な性格の人も、そして悠長な性格の人にも共通の心です。
云わば、心としては同じ仕組みで出来ていると云う、この同じ仕組み
の事を性質と云ったのです。
☆ わたしは 行為能力として捉えます。記憶・知解・意志です。

 
★ 心に逆らう、と云う事は逆らわれる心がある、と云う事ですね。
☆ そう思います。


★ 思いが曲がる、と云う事は曲がってない、まっすぐな心がある、
と云う事ですね。
☆ そうなると思います。


★ この事をブラジュロンヌさんは、目に見えないハタラキと云って
います。
☆ ハタラキの結果は見えますが ハタラキじたいは 見えない。は
たらかせているという意識は ありますね。


★ また、他人を欺くと、赤面したり発汗するという生理現象がある
というのは、心の作用・反応が生理現象に現れるという事ですが、こ
うした心の働きがなぜあるのか、と云う事に注目することで、目に見
えないハタラキを見る事になると思います。
☆ 次をこころみました。
☆☆ (【Q:こころは 果たして存在するか】№2お礼欄) ~~~
ヒトが生まれつきそなわった身(感性)と心(精神:記憶・知解・意
志)から成る自然本性という捉え方を変えてみようかと。

つまり ヒトにとって有限なる身(感性)とそしてあたかも無限なる
霊我(霊性)とが関係しあって そこに心(知性)とよぶハタラキが
生じているのだろうか? と。
~~~


★ 私の考えの根本は磁石のSとNのように、心には正と負という“性
質”がある、と云う事です。
☆ ふむ。

★ 正と負が、善と悪・好き嫌いという観念・感覚に表われる、と考
えます。
そして、生と死という観念への基準につながると考えます。
★ もう、すでに、生れ落ちた時から、人間の心は正と負という要素・
性質を持っていると云えます。
☆ ① ヒトには おのれの存在(生きているということ)に危険を
感じることが――本能のごとくして――あると考えます。

② この生か死かの二者択一として 好ましいか否かの感覚が連動し
ているようだ。すこやかか否か。

③ そこから 良し悪しなる価値感(価値観)が生じ 一般的に正負
に二分される。・・・

お礼日時:2020/05/24 11:45

叩き台としては、


心に逆らうと云う時の心とは?
自身の心に嘘をつくと云う時の心とは?
逆らわない、嘘を付かない、という時の心とはどう云う心?

この心に、定義が必要になる様に思いますが。

☆ 心に添う、叶う、という時の、そして逆らう、嘘を付く、と云う時の心の基準・定義が必要になりますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

やられちゃった。

では 往生際のわるさをほこり 言い訳をしてみましょう。

★ 心に逆らうと云う時の心とは?
☆☆ (趣旨説明欄)
光も曲がることに気づいた・・・
わが心にちょっと逆らってみようかと思った
☆ と表現しましたから こうです。:

《光は まっすぐすすむものと思っていた。ところが 陰の
ところでは 少し明るくなっていてどうも光が曲がって入っ
ているようだ。
ふうーむ。わが思い・わが振る舞いも 曲がるということが
起こるだろうか。
――と思ったあとにそれまでの思いと振る舞いの仕方をわざ
と変えてみようと思った。》

これが 《心にさからう》です。

《心》とは これら新旧の思考方式や行動様式のいづれをも
おさめていて 時にこれを推し進めるハタラキ――そのわれ
として生きるときの何らかの・そしてふつう目に見えないハ
タラキ――です。



★ 自身の心に嘘をつくと云う時の心とは?
☆ われの思いにかんするハタラキが《曲がる》ときには
われはぎこちない。ちょっと顔が赤らむ。冷や汗が出る。の
で 人びとはこの《曲がり・曲げ》を のちに《うそ》と呼
んだ。


★ 逆らわない、嘘を付かない、という時の心とはどう云う
心?
☆ ふるい・元からあるハタラキ型のことで そのとき割り
合い居心地がよい。そういう自然で落ち着いた状態の心です。
《曲がりがない》んですから 《まっすぐ》です。



★ この心に、定義が必要になる様に思いますが。
★  心に添う、叶う、という時の、そして逆らう、嘘を付く、
と云う時の心の基準・定義が必要になりますね。
☆ アイムソーリ。メア・クルパ。

お礼日時:2020/05/24 07:53

哲学で自己了解した人なのか、確認するにはどうするの


哲学で自己了解した人は
有益な行動に現れ、有益な結果の出せる人だよね
バリバリ働いている人は、哲学を学ばないのに
有益な行動をし、有益な結果を出しているので
自己了解した人に見えますが
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ 哲学で自己了解した人なのか、確認するにはどうするの
☆ ① そのつど対話をおこなって 自分が確信できるかどうかです。

② 自己了解の内容は ひとが時間的存在であるからには そのつど
変わって行きます。確認する側のご自分の境位によっても 可変的で
す。

③ しかしながら そこのところは だいたい分かるものです。


★ 哲学で自己了解した人は
有益な行動に現れ、有益な結果の出せる人だよね
☆ そうです。ただし 自己了解の中身と売り上げ実績の増加とは
直接につながってはいません。

営業の仕事を担当する者としてあるいは会社員としてそしてさらには
広く社会人としてどうあるか これについては 直結しています。


★ バリバリ働いている人は、哲学を学ばないのに
有益な行動をし、有益な結果を出しているので
自己了解した人に見えますが
☆ 前項でわたしの考えを述べました。

営業成績と哲学の徒であることと 相関するとよいですね。

お礼日時:2020/05/23 08:10

叩けない。


哲学は自分の中にあるから。
これも叩きますか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね。まづは ご回答をありがとうございます。

そうですね。ひとさまが大事にしているものを むやみに
たたくことはなりません。


たぶん でもそれが表現されたものなら それに対して自
分の考えをぶつけます。

自由な仲の良いけんかを――哲学仲間どうしなら――した
いものです。

お礼日時:2020/05/23 05:24

生きて行くうえでの指針となるものでございます。

そこには常識や良識、倫理観等の社会に必要なルールや人が成長する為のノウハウ等が含まれております。
宗教とは紙一重の部分がございますが、似て非なるものではないかと私は思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ 生きて行くうえでの指針となるものでございます。
☆ おばあさんの知恵であり ご先祖さんからもらう元気であり
そこの横丁のお稲荷さんも指針をあたえてくれるかも知れない。


★ そこには常識や良識、倫理観等の社会に必要なルールや人が
成長する為のノウハウ等が含まれております。
☆ 井戸端会議で人生の先輩からいろんなことがまなべます。



★ 宗教とは紙一重の部分がございますが、似て非なるものでは
ないかと私は思います。
☆ おお。蝉の抜け殻と規定しましたが その空蝉であるところ
が 似ている部分ですね。

しかも:
★ 似て非なるものではないか
☆ とわたしも思います。

お礼日時:2020/05/23 05:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング