「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

大前研一さんはかなり前から一貫して、日本はハイパーインフレ(もしくは極端なインフレ)に見舞われると主張されていますが、どのように思われますか?

A 回答 (3件)

彼が天才であることは間違いない。

主張は明快で素人・凡人にもわかりやすい。
難点は一理あっても、二理が無いことだろうか。
元々は原子核工学の専門家で、東北大震災の原発メルトダウン対策でも貢献しているが、多才で商売っ気もありすぎたのだろう。経済分野にも進出してそれなりの成功を収めたが、経済分野では浮いた存在になっている。

数理で動く工学分野だけに特化していれば良かったのかもしれないが、既知の明快な数理だけでは動かない超複雑系の経済分野でも工学と同じタッチで臨んだため、彼独特の切れ味がハマったときには「スゴイ!」となるが、ハマらないことも多々あることになってしまった。
つまり複雑系の経済分野でも、一理で明快に切り、他の多くの要素を切るための二理目、三理目がないために、空振りが多いのだ。

同業者の間で浮くのは、彼の唯我独尊的態度のこともあるが、「世の中、そんな単純な話じゃないだろ」と批判され続けていることが原因だろう。

日本にだって間違いなくハイパーインフレのリスクはある。少子高齢化社会が待っている大きな危険のひとつだろうとは思う。ただ、それがいつ来るか、本当に来るか、そしてどのように防ぐのかは別問題だろう。
    • good
    • 0

尚未だ遂行されず。

    • good
    • 2

人口減少して行く国家に、資金ショートは起きないでしょう。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング