お願いします。
ええと、ギターのシールドをさすジャックの
部分にシールドがささらなくなってしまいました。
いや、ささりはするんですがすぐ抜けちゃいます。
で、シールドが抜けなければ音はちゃんとでます。
とりあえず。修理しなきゃだめですよね?
でいくらくらいかかるものなのでしょうか?
そして自分で直すのはシロウトじゃきついですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

シールドが抜けなければ音が出るってことは、問題は抜けやすいってことだけですか?はんだ付けせずに簡単に素人でも直せると思いますよ。


ジャックをはずして、シールドの先端が当たるであろうとゆう所を内側にもっと曲げてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

言われたとおりにやったら
できました^^
でも楽器屋さんが言うには
あまりオススメできないらしいですね。
でもお金ないのでとりあえずこれで^^
ありがとうございました^^

お礼日時:2001/08/16 02:21

メーカーによって多少の違いがあるでしょうが、


ここはよく壊れるところなので、その部分が簡単にはずれるか、
ねじ止めのカバーがあるはずです。 とりあえず、開けてみてください。
シールドジャックのくびれを引っかける仕組みをみたら
どこがおかしいかすぐわかるはずです。
シロウトでもきっと大丈夫でしょう。ただ、ハンダ付けはできないとダメです。
私は抜けるのがイヤなので、コネクターをキャノン端子に変えました。

最近の楽器は「内蔵アンプ」があったりするので、
その場合は配線に注意してください。

顔なじみの楽器屋を作っておきましょう!
部品代くらいでチョイと修理してくれるはずですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

キャノン端子ですか…。
それってなんですか(爆?

そうですね~。
顔なじみか~。
でも普段楽器屋さんに行かないから
無理かも・・・^^

ありがとうございました!

お礼日時:2001/08/16 02:23

 半田付けさえできれば誰でも簡単に交換できます。

ジャックは楽器屋で1000円くらいだったかな?東京ならば秋葉原とかへ行けば格安の部品が買えますが。私も定期的に交換しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんか、300円で買えました(汗。
いいんですかねぇ。
っていうかみんなそのくらいの値段でした。

僕も定期的に交換したほうがいいのかな…。

ありがとうございました^^

お礼日時:2001/08/16 02:24

多分ジャックのプラス側のスプリング端子がいかれてしまってるんでしょうね。


ギターのジャックを取り外して楽器屋に持って行き、同じタイプの物を買いましょう。そうしたらギターに取り付けて元通りに半田付けしましょう。半田ごてを持っていないのなら、この際に買っておきましょう。普通のギターの電気的な部分はそんなにハイテクではないので少々の修理は自分でやった方が勉強になりますし、安くて済みますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、結局今回は簡単に
はんだでやらなくても直せてしまいましたが
結構勉強になりました^^

ありがとうございました!

お礼日時:2001/08/16 02:26

あやふやな回答でごめんなさい。



その部品さえあれば比較的簡単に直ると思いますが・・
専門店にいけば部品も売ってると思います。
なければメーカーから取り寄せかもしれません・・・

ただ、その前に疑問に思ったのですが、
数種類のシールドで試されました?(ほんとに念のためです^^;)
わたしも似た様な経験があるんですが、その時はなんとシールドがさよならだったんですよね(笑)
まぁ、そうそうこんな失敗する人もいないかもしれませんが。

楽器屋さんに電話して、こういう状態だけど・・と相談するのが一番早いような気がします。
部品の金額も修理費もわかりますしね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、比較的安くすみました^^
部品代300円…。
でもそれ使わずに直せてしまったので
タダでした。
よかったです^^

ありがとうございました!

お礼日時:2001/08/16 02:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qライブ中のシールド抜け防止について

ライブをしていて思ったんですが、最近慣れてきて軽く動き回るようになり、シールドが抜けるんじゃないかと心配です。
そこでアーティストさん達がライブでよくストラップにシールドをまわしているのをよく見るのですが、どのようにどこにまわしてしているのですか?

いまいちわからないので簡単で良いので、教えてください。

Aベストアンサー

簡単ですよ。

後ろからギターとストラップの間にシールドを通して差し込めばOKです。

参考に
http://image.blog.livedoor.jp/takumagogo/imgs/b/b/bb2d4259.jpg

Q好きなギターシールドと嫌いなギターシールド

皆さんの好きなギターシールドと嫌いなギターシールドを教えてください。

何か勉強になるような情報が得られるかなと思いまして。よろしくお願いします。

私は、カナレが一番好きです。

Aベストアンサー

素材 http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=219%5EGS6%5E%5E
上記のレビュー等をある程度参考に
製品 http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=219%5ELC03%5E%5E
全国の店頭にあるGS-03もパッケージと流通経路の違いだけで同じ製品です。
これで充分。

要は値付けの問題、カナレは放送機材専門メーカー、何十年も前からこのケーブル素材を世界中に出荷していてこの価格で成り立っています。
少量生産で凄いネーミング、高い製品が出て来ても値上げ出来ないしする必要も無いのです。

いろいろ試してみれば解かりますがケーブルで音色加工せず後段で必要な音色に設定すべきなのです。

回路や機器、部品、電線、アンプブロック、スピーカー等の比較や音色合わせ込みの為に自作した瞬時踏み分け比較Sw-Boxを使いアンプダイレクトで弾きながら瞬時に踏み分けて音色を聴き分けます。

私はエレガットやソリッドでエッジ感が必要な場合、上から下まで忠実にアンプに伝達できるGS6、JAZZでフルアコの場合は高域エンドの微量な丸みの粒感、いわゆるギターの鈴鳴りに寄与するBelden 9778を使い分けています。
素材 http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=182%5E9778B%5E%5E
製品 http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=182%5E9778%2D3SS%5E%5E
Ex-Proも心線を極端に細くし、その分、遮蔽体と距離をおき静電容量を小さくした効果で高域減衰の少ない特徴でエレガットのみに使っていますが他にはペラペラで使いません。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=334%5EFA3%2E0LS%5E%5E

素材 http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=219%5EGS6%5E%5E
上記のレビュー等をある程度参考に
製品 http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=219%5ELC03%5E%5E
全国の店頭にあるGS-03もパッケージと流通経路の違いだけで同じ製品です。
これで充分。

要は値付けの問題、カナレは放送機材専門メーカー、何十年も前からこのケーブル素材を世界中に出荷していてこの価格で成り立っています。
少量生産で凄いネーミング、高い製品が出て来ても値上げ出来ないしする必要も無...続きを読む

Qシールド

エフェクターとアンプとギターとをつなぐシールドについてなんですが、家のアンプだと安いシールドでも音が出て使えるんですが、
学校のアンプ(PEVEYとか)だと音が出ないんです。
エフェクターの電池切れでもないし...
つなぐときにアンプとかに操作はいりませんよね?
やっぱシールドのせいなのでしょうか?

Aベストアンサー

そのシールドを使って、家で音が出ていたのなら、シールドは健康です。
そのシールドを学校のアンプに同じようにつないで、音がでないのならアンプの故障ということになりますが、突っ込む穴を間違えてませんでしょうか?
例えば、ヘッドフォン用の穴に突っ込んだとか、FX-SENDの穴に突っ込んだとか、あるいは、INPUTの穴が2ヶあって、違う方に突っ込んだとか、ボリュームつまみが 0.になっているとか、スイッチがスタンバイ状態になっていてONにはなっていないなど色々考えられます。
そのアンプは他の人は、きちんと使っているのでしょうか?
お友達全員が、「あのアンプは音が出ない!」と言っているのなら、アンプの故障だと思います。他の人が使っているのなら、突っ込み穴の間違いか、操作の間違いです。使っている人に尋ねれば分かります。

Qシールドとか

ギターのシールドを新しいのを買いたいなと思ってるんですが
どのシールドがおすすめですか?

あとなんか友達はモンスターケーブルがいいよみたいなことをいってたんですがモンスターケーブルはどうでしょうか?

ちなみにV系の曲とかをやりたいとおもってます

あとついでにV系のギターにあうおすすめの弦ってありますか?

回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

ギターはシールドでめっちゃ音変わりますよ。
特にギター→アンプ直なら弦張り替えたくらいの差が出ますよ。
ただもちろんエフェクターとかを買い揃えたあとで良いと思います。


モンスターはハイファイ過ぎて好みが別れます。でも値段相応だし無難かな。しゃきっとした音ですね。

あとはプロビデンスとかバイタルオーディオとかベルデン、EX-proが有名どころです。
プロビデンスは耐久性がなくてすぐジャックんとこが断線する


傾向が違うので少しずつ色々ためしてみると良いのでは。
まずはモンスターで良いと思いますよ。




弦についてはV系のギターにあうもくそもんないんだが低音をガンガン出したいならアーニーボールとかのheavy bottomとかどうでしょう。
あと有名なのはダダリオとか、コーティング弦ならエリクサーが良い
10~46くらいが良いと思います。


くだらないエフェクターを一個買うなら5000円出してケーブルだね。
カナレとかの安いケーブル使ってる奴見ると「自分の音楽に大したこだわり無いんだろうな。って思っちゃう。
今やケーブルにこだわるのはプレイヤーの常識です。

セッティングやアンプの方が差が大きいのは当たり前の話で弦やケーブルはまた別の話だね。決して自己満足ではありません。

ギターはシールドでめっちゃ音変わりますよ。
特にギター→アンプ直なら弦張り替えたくらいの差が出ますよ。
ただもちろんエフェクターとかを買い揃えたあとで良いと思います。


モンスターはハイファイ過ぎて好みが別れます。でも値段相応だし無難かな。しゃきっとした音ですね。

あとはプロビデンスとかバイタルオーディオとかベルデン、EX-proが有名どころです。
プロビデンスは耐久性がなくてすぐジャックんとこが断線する


傾向が違うので少しずつ色々ためしてみると良いのでは。
まずはモンス...続きを読む

Q自作シールドについて

近々、自作でシールド(ベース用として)を作ろうと思っています。定番ですが、ベルデン&スイッチクラフトの組み合わせを考えていますが、何かお勧めがあったら教えてください。また、あると便利な作成工具、作成に当たっての注意点などもあったら是非、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 わたしは、市販のケーブルを購入してきて、自分で必要充分な長さになおして使用している者です。私の経験から得られた、ケーブル加工のコツをお教えします。

(1)ケーブルの線(特に芯線)を傷つけないように、注意深く被膜を剥くこと。
 これを怠ると、ガリが生じやすくなったり、断線しやすくなったりします。
 特に、芯線を傷つけないように注意してください。シールド線のほうは、被膜を剥きやすいため、傷つけてしまうことは少ないと思いますが、やはり傷つけない注意は必要です。
 私は、芯線の場合は、分厚い被膜の途中までカッターで切れ込みをいれ、そこにニッパの刃先を軽く当てて引っ掛けるようにして挟み、被膜を引っこ抜くようにして剥いています。シールド線もほぼ同様ですが、切り込み箇所を工夫(まず周囲をぐるっと一周。次に、その切り込みから直角に、ケーブルの断面に向かって一直線に)すれば、板ガムの包み紙をはがすような要領で、ニッパを使わずに剥くことができます。ただ、大概の場合、芯線の被膜よりシールド線の被膜のほうが薄いので、深く切り込まないようにしてください。いずれにせよ、カッター、ニッパの刃先は、線には絶対触れないようにします。
 芯線の被膜をライターであぶって溶かしただけのものを目にすることがありますが、接触不良・「てんぷら」(ハンダ付けが不充分なため、引っ張ると線がスポッと抜けてしまう現象)、銅線の劣化を引き起こす恐れがあるので、お勧めできません。また、世の中には皮膜剥き器なるものもありますが、大体は、一般的な回路に使われるような、薄くて柔らかい被膜の電線用で、楽器のケーブルには向いていないようです。
(2)ハンダ付けの際には、必ず前もって「予備ハンダ」をしておくこと。
 プラグのハンダ付け部分や、芯線・シールド線の先端部分をハンダごてで充分に熱し、そこにハンダをのせておく作業です。これがしっかりなされていれば、てんぷらが起きにくくなります。
 プラグのほうは、ハンダを乗せる部分を予め600~800番程度の紙やすりで磨いたり、埃を取ってアルコールで拭いたりすると、ハンダののりがよくなります。また、いきなりハンダをのせようとしても駄目で、のせる部分を充分に温めておかないと、うまくのりません。予備ハンダをする部分に半田ごてを当てて熱し、温度が充分に上がったところでハンダを添えるようにして溶かす(このとき、ハンダごては当てっ放し)のです。ハンダが、のせる部分にすうっと自然に広がっていく感じになればOKです。蓮の葉の上の水滴のように、玉になっていたら駄目です。
 ケーブルの場合、まごまごしていると被膜を溶かしてしまうことになるので、気を付けてください。スポンジに液体が吸い込まれるようにハンダが染み込めばOKです。
(3)芯線は、シールド線より長めにしておくこと。
 芯線は、細い、そのためハンダ付け部分の面積が少ない、撚り線である、という点で引っ張りに弱いわけです。それに対し、シールド線は、幅広い、そのためハンダ付け部分の面積を充分に確保できる、網組になっている、という点で引っ張りに強いわけです。そこで、芯線は信号の伝達に専念させ、引っ張り強度をシールド線で稼ぐわけです。
 具体的には、ハンダ付けの際、芯線を「く」の字に曲げておき、多少引っ張られても芯線がピンと伸び切らないようにしておくわけです。さらに、ハンダ付けが全て終了した後で、プラグのカバーをはずした状態で、プラグとプラグを持って(片方は誰かに持ってもらうか、スイッチを切ったアンプ等に差し込むかしてください)、一直線になるようにやや強めに引っ張って、芯線がピンと伸び切った状態にならないかどうか、確認してください。よく伸びるケーブルの場合は、芯線を豚の尻尾のようにくるっと巻かないと駄目なものがあるかもしれません。
(4)芯線、それから、芯線とプラグとのハンダ付け部分に「熱収縮チューブ」を被せてカバーしておくこと。
 シールド線の一部がほどけたり切れたりして芯線に触れたら、音が出なくなります。余程のことがないかぎり、そのようなことにはならないとは思いますが、念には念を入れておきましょう。特に、(3)で豚の尻尾のように巻いた場合は、芯線があちこちに接触しないように、しっかりとチューブを被せてください。
 蛇足ながら、熱収縮チューブは、ハンダ付けする前に被せておいてください。また、ハンダ付け後は、チューブをハンダ付け部分を覆うように移動させ、必ず加熱して収縮させておいてください。グラスファイバーのチューブでもいいのですが、短かければあちこち移動するし、細すぎればハンダ付け部分を覆えないしと、加工しづらいです。絶縁テープは、極めて巻きにくい上、後になってべたついたりと、いいことありません。

 私の場合、工具類は、カッター、ニッパ、半田ごて、熱収縮チューブ、紙やすり、ハンダの五つです。
 カッターはなるべく刃先がガタつかないものを。
 ニッパ、紙やすりは一般的なもので充分です。
 ハンダごては、スイッチでワット数が二段階に切り替えられるものをお勧めします。芯線の予備ハンダは低いワット数で、プラグの端子やポットの背面へのハンダ付けは高いワット数でと使い分けられて、非常に便利です。さらに、半田ごての先端部だけが取り替えられるようになっているものなら文句なしです。このタイプは、丸棒を斜めにそぎ落とした形状の先端部が別売りされていることが多いので、できればそれも購入してください。接触面が多く稼げて、シールド線の予備ハンダやポットの背面のハンダ付けの能率が飛躍的に向上します。
 熱収縮チューブは、トラブル発生時の目視のしやすさから透明のものを、直径は芯線の被膜と同程度のものをお勧めします。
 ハンダは、どれでもいいと思いますが、あえて言うなら、精密機器用・電子回路用とされているものがいいです。融点が低いため、初心者でも使いやすいのです。音質にこだわって銀含有タイプを使うという手もありますが、オーディオ機器ならまだしも、ギター/ベースの場合は、それが必ずしも「良い音」につながるわけではないようです。

 以上のコツと工具類とで加工すること十数年。プロの目から見れば、甘いところ、不適切なところがあるのかもしれませんが、今のところ私のケーブルに異常は見られません。十数年前に加工したものも、いまだ現役でピンピンしています。

 線材やプラグについては、私はあまり詳しくありませんので、J160Eさんにお尋ねください。
 ただ、スイッチクラフトをお使いになるのでしたら、使用機材のジャックもできるかぎり同社製に替えることをお勧めします。他社製のジャックだと、がたつきが見られたり、チップとの接触が不充分になっていたりすることがありますから。何より、プラグ・インしたときの、あの独特の「カツン」という手応えが、何とも言えない安心感をあたえてくれますよね。
 それから、シールド線と被膜との隙間が多いケーブルは、床叩きノイズが大きくなりがちな反面、巻き癖は付きにくく、隙間が少ないケーブルはその逆になりやすいという傾向が見られるようなので、線材を選択する際にご一考ください。
 なお、『ギターマガジン』では、過去十数年間に二回ほどケーブルの特集が組まれていたと記憶しています。是非参考にしてみてください。

 ところで、paikaroさんは初心者のようですので、まずは既製のケーブルをハンダ付けしなおすことで軽くトレーニングされてはいかがでしょうか? どういうかたちで被膜を剥けばよいか、どこまで芯線をたわませればよいかといったことが、ある程度体得できて、本格的に作製するときの失敗を減らせると思いますよ。

 どんなものでも、自分が作ったものって、愛着がわきますよね。paikaroさんが、そんな一本を手にできる日が来ることをお祈りしてます。
 

 こんにちは。

 わたしは、市販のケーブルを購入してきて、自分で必要充分な長さになおして使用している者です。私の経験から得られた、ケーブル加工のコツをお教えします。

(1)ケーブルの線(特に芯線)を傷つけないように、注意深く被膜を剥くこと。
 これを怠ると、ガリが生じやすくなったり、断線しやすくなったりします。
 特に、芯線を傷つけないように注意してください。シールド線のほうは、被膜を剥きやすいため、傷つけてしまうことは少ないと思いますが、やはり傷つけない注意は必要です。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報