たんぱく質分解酵素といわれるものにアミラーゼやアクチニジン プロテアーゼなど、いろいろありますが

どの分解酵素によっても分解後の作用は変わらないのでしょうか。 ちなみに いま大豆蛋白質をペプチドの形にするものをいろいろ試しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

酵素は特定の物質に作用し(特異器質性)、特定の物質に分解します。


したがって酵素の種類によって、何を分解し、何を生成するかが変わってきます。

ちなみにプロテアーゼ=タンパク質分解酵素で、
タンパク質のペプチド結合を分解する酵素の総称だそうです。
タンパク質分解酵素(=プロテアーゼ)にはペプシン、トリプシン、キモトリプシン、カテプシン、パパインなどがあるそうです。

またアミラーゼはデンプンやアミロースなどの糖質を分解するもので、タンパク質分解酵素ではないと思われます。

ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう御座いました。 プロテアーゼが タンパク質分解酵素そのものなのですね。 又、アミラーゼがでんぷんなどの糖質分解酵素。なるほど 詳しくありがとう御座います。

お礼日時:2005/01/15 12:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脂肪、糖質、蛋白質の関係

カテ違いかもしれませんが・・・・。
糖質、蛋白質を摂取しすぎたときに、脂肪として体に備蓄されるという事を聞いたのですが、これは経験上からもあるかと思います。
(食べ過ぎはおデブに・・・・(>_<))
では逆に、糖質、蛋白質の摂取量が足りなくなったときに備蓄された脂肪が変化して使われるのか?と思ったのですが、どうも私が調べた範囲ではよくわかりませんでした。
(糖質が足りなくなると、「筋肉」つまり蛋白質から糖質を作り出すという変化はあるようなのですが・・・・)
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご教授お願いします。m(__)m

Aベストアンサー

簡単に説明します。

(1)炭水化物(糖質)は過剰摂取すると肝臓や脂肪細胞で脂肪に合成され貯蔵されます。また肝臓では必要なときにアミノ酸やコレステロールに変換されます。
(2)タンパク質は過剰摂取するとグルコース(ブドウ糖)や脂肪酸に変換され利用されます。このときアンモニアが生成され肝臓で処理されて尿素となり腎臓から排出されます。タンパク質を過剰摂取すると肝臓や腎臓に負担をかけます。
(3)通常の(偶数個の炭素原子を持つ)脂肪酸はグルコースやアミノ酸には変換されず、過剰摂取すると中性脂肪やコレステロールとして貯蔵されます。(注)奇数個の炭素原子を持つ脂肪酸はグルコースに変換できます。
(4)脂肪酸はミトコンドリア内でβ-酸化によってアセチル-CoAに分解されクエン酸回路で代謝されてエネルギー源となります。クエン酸回路では、グルコースの代謝物が必要となりますので、脂肪は糖がないと燃焼されません。
(5)炭水化物が不足すると(4)の理由で、まずタンパク質が分解されエネルギー源として利用されます。
(6)絶食などによる飢餓状態や糖尿病などでインスリンの作用が不足すると、糖質が利用できなくなり、中性脂肪は脂肪酸に分解され血液によって肝臓に運ばれてケトン体に合成され、脳などのエネルギー源となります。ケトン体は酸性で多量に合成されると血液が酸性になります(ケトアシドーシス)。ケトン体は揮発性があり臭いがします(ダイエット臭)。酸性度が高くなると脳は昏睡状態になり、生命の危険が伴います。低インシュリンダイエットや糖質抜きダイエット、断食ではこの現象が発生します(これらは命の危険を伴う無理なダイエットであるといえます)。

以上

簡単に説明します。

(1)炭水化物(糖質)は過剰摂取すると肝臓や脂肪細胞で脂肪に合成され貯蔵されます。また肝臓では必要なときにアミノ酸やコレステロールに変換されます。
(2)タンパク質は過剰摂取するとグルコース(ブドウ糖)や脂肪酸に変換され利用されます。このときアンモニアが生成され肝臓で処理されて尿素となり腎臓から排出されます。タンパク質を過剰摂取すると肝臓や腎臓に負担をかけます。
(3)通常の(偶数個の炭素原子を持つ)脂肪酸はグルコースやアミノ酸には変換されず、過剰摂...続きを読む

Qo2系のハードコンタクトレンズの蛋白質除去について

レンズ中心部が白く雲って、色々な洗浄剤を試しましたが、取れません。
取る方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちわ。

タンパク質がこびり付いているとすると、相当頑固な汚れですね。毎日のお手入れちょっと手抜きしちゃいましたか?(私もたまに手抜きします。)

そんな時は、メニコンから出ている「プロージェント」タンパク質強力分解洗浄液です。A液とB液を混ぜて使用するのですが、漬けおきタイプの洗浄剤です。

先ず、規定通りにやってみて、それで落ちなければ、一時取り出してO2ケアで洗浄後再び漬けおきして2時間。(そのプロージェント液は交換しなくても大丈夫です。)3回位繰り返してみても落ちないようであれば、買い換えるしか手はないでしょう。

参考までに。

Q食事でコラーゲンを摂ってもたんぱく質に変わり美肌効果はないとテレビで言

食事でコラーゲンを摂ってもたんぱく質に変わり美肌効果はないとテレビで言っていましたが、アミノコラーゲンなどのコラーゲン製品を飲んでも効果はないのでしょうか

Aベストアンサー

経口摂取では当然分解されてしまうので効果は有りません
ただし食事でとったコラーゲンはコラーゲンを生成する要素となりそうなので、多少は効果があるかもという話はあります

ただし錠剤等の食物じゃないものは、劣化されている可能性のほうが高くなります

Qアルコール分解酵素について質問

先日アルコールパッチテストをして気になったことがあったので質問させてもらいます。
アルコールパッチテストで、私は赤くなりませんでした。
母は後から赤くなるタイプで父も後から赤くなるタイプです。
そこで気になったのですがアルコール分解酵素とは、誰にいでんするのでしょうか?もしくは母5:父5で私がアルコール分解酵素1を持っていると考えるべきでしょうか?

Aベストアンサー

アルコールの代謝には主に2種類の酵素が関わっています。
1つはアルコールをアセトアルデヒドにする酵素。
もう1つはアセトアルデヒドを酢酸にする酵素。

アルコールをアセトアルデヒドにする酵素は殆どの人が持っています。
アセトアルデヒドを酢酸にする酵素(ALDH2)は個人差があります。

父方由来、母方由来の両方の遺伝子に正常型ALDH2がある場合、スムーズにお酒が分解されます。=お酒に強い

片方の親からしか、正常型のALDH2が遺伝されない場合は、飲めるけど弱い人、になります。

両方の親から正常型ALDH2が遺伝されなかった人は、殆ど飲めない人。

質問者さんのご両親は「+-」の形で持っていて、+の部分だけが質問者さんに遺伝されて質問者さんが++となった、と考える事もできます。
(ただし、+-でもお酒を飲み続ける事により、肝臓の代謝が活性化されますので飲めるようになります。)

Q値段が安くて高カロリー&高たんぱく質の食べ物はなんですか?

値段が安くて高カロリー&高たんぱく質の食べ物を教えてください。
もっと太りたいんです。
筋肉にいいものを摂りたいんです。

Aベストアンサー

モツなどどうでしょう、
多少高いけど、鳥のささみ≪低脂肪、高蛋白質です≫
ご飯はほとんどが炭水化物ですので、蛋白質は少ないですね
成長期なら、3食シッカリ取って運動すると、スタイルは良くなりますよ(^-^)
筋肉は運動しないと、いくら筋肉に良い物を食べても発達してこないので運動もお忘れなく


人気Q&Aランキング

おすすめ情報