医師法?で聾者には医師資格は持てない、みたいなことを
見ましたが、医師資格というのはどの程度の範囲の
ことを言っているのですか?例えば理学療法士は入るのですか?
また、聾者というのはどの程度の重度の障害を有している人のことを
いうのでしょうか?頑張って勉強して医学部に入っても
未来はないのでしょうか。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 今では、10m後ろで90dbのサイレンを鳴らして、聞こえれば免許を取得できるようになっているそうです。



参考URL:http://contest.thinkquest.gr.jp/tqj2000/30202/fr …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

えっ!そうなんですか?
それは初耳でした。いろいろお詳しいんですね。
ちょっと信じられない気持ちですが、
もうちょっと調べて頑張っていきたいと思います。
ありがとうございます!

お礼日時:2001/08/15 09:45

下記参考URLに医師法について書かれています。


この第三条の項は「絶対的欠格事由」、第四条は「相対的欠格事由」といい、前者に符合する場合は、医師になれないとされています。後者の場合は、まだゆるく、医師になれる可能性はあります。

この「欠格事由」は国家資格になっている他の医療関係職(看護婦、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士等)にも当てはまります。
ですが、先日耳の聞こえない方(ちょっと記憶があやふやなので、ひょっとしたら口が利けない人だったか、聾唖者の方だったか…)が薬剤師の免許を取得したニュースがありました。これは非常に特異なケースです。
ですので最近の風潮からすると、技術も色々と発展してきていることから、この絶対的欠格事由もそれほど縛り付けが厳しくなくなってくるかも知れません。

参考URL:http://www.ron.gr.jp/law/law/ishihou.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
6年経ったらもっと改善されているかもしれないですね!

お礼日時:2001/08/15 09:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q非医師による心理療法(精神療法)について

 以前、このテーマについて質疑応答がありましたが、少し角度を変えて質問させてください。
 医師でない者が「○○メンタルオフィス」などと看板を出して、訪れた人の症状を聞き、パニック障害であるとか解離性障害であるとか判断して、心理療法(精神療法)を施していることを知った者が医師法違反であると告発した場合、どうなるのでしょうか?すでにそういう事例はあるのでしょうか?
 特に、催眠療法なんて、侵襲性のある技法じゃないでしょうか。
 また、当該非医師は、診断名を相手に告げず、悩み事相談を有料で受けるという体裁をとれば、医師法違反には問われないのでしょうか?
 人生相談に資格は要りませんよね。
 けど、歯科医に救急医療の研修やらせて起訴された医師もいる世の中でもあります。

Aベストアンサー

催眠療法については、日本で最も一般的な催眠関連の学会である「日本催眠学会」の当時理事長だった、加藤隆吉氏が、1994年に医師法違反に問われ、理事長を退いた(追い出された)ケースが有名です。

ご指摘のとおり、「病名の診断」行った時点で医師法違反となります。

ただ、精神疾患については、「病名」を判断することはそれほど重視されていない、という現状があります。DSMなどのマニュアルはあっても、日本の臨床でどれほど使われているかは疑問があります。

これは、精神疾患の発生メカニズムについて、それぞれの疾患について有力な仮説はいくつかでているものの、確定的とはなっていないこと、したがって精神疾患に対する対処が、基本的に「対処療法」を中心になされていること、などが原因かと思われます。したがって、「強迫性障害」と診断をしなくとも、クライアントの悩みであるこだわり行動を抑制する処置をとることは可能です。あるいはクライアントの幻聴への対処は、「統合失調症」と診断してもしなくても、心理療法においてはかわらない、とも言えます。

ヨーロッパでは、催眠は医学者コミュニティでの承認を通じて、社会的に認知されていきましたが、
日本では、医学の国家制度が整えられるなかで、医学に取り込まれ承認されるか、それとも国家制度から自由であることを選択し非医学の烙印を押されるかの岐路で、心理学者と医学者の綱引き、そして東大で「異常心理学」(心理学的精神病理学の意味)を担当していた福来氏が、『千里眼』事件のために退官し、その後の臨床心理学の発達および制度化に大きな遅れをとったという事件などが、明治末期から大正にかけてありました。

この辺りの話は,リンクした本に詳しいです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787231480/readingmonkey-22/

催眠療法については、日本で最も一般的な催眠関連の学会である「日本催眠学会」の当時理事長だった、加藤隆吉氏が、1994年に医師法違反に問われ、理事長を退いた(追い出された)ケースが有名です。

ご指摘のとおり、「病名の診断」行った時点で医師法違反となります。

ただ、精神疾患については、「病名」を判断することはそれほど重視されていない、という現状があります。DSMなどのマニュアルはあっても、日本の臨床でどれほど使われているかは疑問があります。

これは、精神疾患の発生メカニズム...続きを読む

Q医療法人の理事長、院長は要医師資格?

医療法人の経営で、理事長は医師の資格がなくてもなれますか?
院長は、医師の資格がなくてはなりませんか?

Aベストアンサー

#1さんの言う通りです。理事長は経営する人なので、医師の資格が必要ではないようです。
実際、友人の勤める病院の理事長は医師の免許はないそうです。
しかし、その理事長は白衣を着て医院内を歩いているので、患者に勘違いされたりして、紛らわしいそうです。また、医療関係の経営には疎いようで入退院に関する無茶ぶりなどあるようです。経営者責任者としてどうなのか疑わしいですがね。

そして、院長のほうは資格が必要です。
過去の質問を参考にどうぞ。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1013066.html

Q医師法違反で処分対象になった医師名

重大な医療ミスや不正請求などは、新聞等に載りますが、
それ以外の医師法違反で処分された医師名を知ることができますか?   すべての医師法違反者が官報に載るのであれば、官報の見方もお教え願います。 (管轄する医師会で公表することは無いと考えましたので)

Aベストアンサー

 #1です。

 行政処分ですので,官報には載らないですね。審議会の答申(処分)が出る毎に,実名で広報発表されますが,データベースのホームページは見つかりませんでした。

http://www.shikoku-np.co.jp/news/print.asp?id=20040204000308

参考URL:http://www.shikoku-np.co.jp/news/print.asp?id=20040204000308

Q自由標榜制でヤブ医者を避ける判断,医師の経歴を知る方法,認定医と専門医どちらが良いか,医師に紹介状を書かせる方法

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=845913

病状は上で質問した通りで明日呼吸器系の病院か診療所へ行こうと思うので宜しくお願いしますm(_ _)m。

まず下サイトで循環器系を専門としているところをピックアップしました(_-_)。

http://www.10man-doc.co.jp/

1.診療所で見てもらう場合最近の医療実態のTVで産科,麻酔科以外であれば【自由標榜制】でどんな科でも掲げて仕事ができると聞きました(+_+)。それが怖いので検索した結果呼吸器科,循環器科,消化器科など内科系で固めている診療所に行こうとする選択肢で間違いないですよね?

2.HPなど無い診療所は何と言う医者が診断しているかわからなくて怖いんですけどその診療所の医者の経歴は地域毎の医師会でわかるんでしょうか?このご時世HPも持たず情報公開していない医者は危険と判断すべきですか?

3.来診希望の診療所はアレルギー科・呼吸器科のみで院長一人,HP上で医学博士,日本アレルギー学会認定指導医(専門医),学会発表も複数,著書も数冊,小児科歴17年,内科歴13年,【日本呼吸器学会 認定医】とあるのですが専門医では無いのでこういった医師に診断してもらっても大丈夫でしょうか?

4."日本呼吸器学会"HPで自分の最寄の総合病院が認定施設で呼吸器科の専門医(指導医)が2人いるんですけど3.の認定医よりも専門医がベターなんでしょうか?3.の医師のキャリアと比較するとどうなんでしょう?

5.総合病院だと【特定療養費】\3,150-が別途かかります。もし3.の診療所医師にかかって4.の病院(専門医)への【紹介状】を書いてもらう事は可能でしょうか?診療所の医師判断で特段問題なくても診察者の要望で【紹介状】を書いてもらう事は可能でしょうか?また根拠法があれば教えてください。

症状は過去の質問時よりはマシになってきてますがまだ咳が出るのでどうぞ良きアドバイスをお願いします(_ _ 。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=845913

病状は上で質問した通りで明日呼吸器系の病院か診療所へ行こうと思うので宜しくお願いしますm(_ _)m。

まず下サイトで循環器系を専門としているところをピックアップしました(_-_)。

http://www.10man-doc.co.jp/

1.診療所で見てもらう場合最近の医療実態のTVで産科,麻酔科以外であれば【自由標榜制】でどんな科でも掲げて仕事ができると聞きました(+_+)。それが怖いので検索した結果呼吸器科,循環器科,消化器科など内科系で固めている診療所に...続きを読む

Aベストアンサー

 地方によっても異なるでしょうし、私自身専門が内科ではありませんので、ご質問のうちの一部についてあくまで一般論としてお答えさせていただきます。
 先ず、一般の方がどの医師が優秀かを知る方法は、おそらく無いと思います。私たちインサイダーでも、関連が無い科の医師については良くわかりません。その中で、専門医であるかどうかは、確かに有力な情報かもしれません。が、専門医の資格が無くても優秀な先生も居られます。また、内科といってもほとんどの先生が「呼吸器内科」「循環器内科」「消化器内科」「神経内科」その他ご専門をお持ちだと思います。それゆえそれらをまたがる感じで標榜している先生は、個人的にはちょっと不安だったりします(例外は、ご夫婦やご兄弟でひとつの診療所を開業なさってて、それぞれに専門が違うときですが)。
 一方、学位や論文、学会発表などは、臨床能力とどれだけ関連があるのか疑問です。優秀ゆえに(忙しくて)論文を書けなかったり学会で発表できなかったりする先生も多く居られますし、逆にピントがズレまくった発表をなさる先生も(勤務医、開業医問わず)まれにお見かけします。もちろん、臨床・研究両方こなすスーパードクター(笑)も居られますし、能力的にどちらも出来ない先生も居られるかもしれません。
 ホームページは、いわば宣伝ですので、それを鵜呑みにできるかどうか、難しいところです。また、業者丸投げでもなければ、開業医が診察をして、勉強をしつつホームページを維持するのは時間的、労力的に相当難しいかもしれません(勤務医の先生は、その点少しは楽かも知れませんが)。とりあえず、私の居る田舎では、同業者に評判の良い医師で自前のホームページを持っておられる先生はほとんど居りません。
 ご期待に沿えるような情報を提示できず、申し訳ございません。最後に私がが他の内科を受診するときはどうしているかと申しますと、信頼できる外科の知人に情報をもらうようにしております。それでも、最後は自己責任のギャンブルみたいなもの(腕は確かだが、性格が全く合わなかったりとか)ですが・・・(苦)。
 以上、先ずはご参考まで。

 地方によっても異なるでしょうし、私自身専門が内科ではありませんので、ご質問のうちの一部についてあくまで一般論としてお答えさせていただきます。
 先ず、一般の方がどの医師が優秀かを知る方法は、おそらく無いと思います。私たちインサイダーでも、関連が無い科の医師については良くわかりません。その中で、専門医であるかどうかは、確かに有力な情報かもしれません。が、専門医の資格が無くても優秀な先生も居られます。また、内科といってもほとんどの先生が「呼吸器内科」「循環器内科」「消化器内...続きを読む

Q医師不足に歯科医師の活用

新聞に歯科医師の活用をという記事が載ってました。
現在、歯科医師は過剰な状態である。
新ルールを定め、医療現場の即戦力として期待する意見でした。
医師不足の解決策のなるのでしょうか。
どうぞ教えて下さい。

Aベストアンサー

過去にこんな質問しました
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3947518.html
また、最近エコノミストの森永さんがコラムを書いています
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/134/
これに対するお医者さんの反応をみていると
http://blog.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/mt/mt-comments.cgi?entry_id=177598
絶対不可能だと思えます。
(お医者さんは、よっぽど自分が偉いと思ってるんだろうね)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報