ネットが遅くてイライラしてない!?

数台のモニターの音割れでスピーカーを交換したいと思っています。大きさは36mm以下で理想は下記の仕様です。
寸法は30mm以下でも小さければ構いません。
外形寸法:φ36
インピーダンス:8Ω
定格出力:0.4W

無線や電話用でしたら汎用性があると思うのですが、
スピーカの製作工場に問い合わせても販売していただけるかどうかも分りかねますが、
スピーカ単体での入手先ご存知でしたら教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

おっしゃる通り岡本さんが一番強いです。


ホシデンさん今かなりバックオーダー抱えているはずですから、納期はかなりかかります。

という事で他のメーカー

フォスター
http://www.foster.co.jp/seihin/2003/b.htm

東北パイオニア
http://www.pioneer.co.jp/topec/product/sp/

アツデン
http://www.azden.co.jp/sp_unit.html

Hanics(韓国ですから具体的な取引方法はわかりません)
http://www.hanics.jp/japan/penfilm01-1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々とありがとうございます。

フォスター様へ昨日問い合わせしました。
合致するスピーカーは無かったのですが
今すぐの在庫では

外形寸法:φ36
インピーダンス:32Ω
最大出力:1W

はあるとのことで1個取り寄せています。
インピーダンスの差がかなり相違するので
バランスが違うので今のところそのあたりが心配です。

お礼日時:2005/01/19 16:52

携帯電話用ならそのサイズはあります。


インピーダンスは合致しない可能性が高いです。
(マイクロスピーカー)を参照してください。
http://www.hosiden.co.jp/web/products/pro/produc …

ただし、ホシデンさんは直販はしていません。
代理店がありますが、通常受注生産です。
現在ホシデンさん、納期は2ヶ月程度必要かと・・・

地域を教えていただければ解る範囲で代理店書きます。

この回答への補足

ホシデンさんに電話したところ受注生産で時間がかかるとの事でした。大阪ですと岡本無線さんが代理店で岡本無線に問い合わせたところ45mmまではあるけども他のスピーカーメーカを当たられたほうが良いと言われました。

補足日時:2005/01/17 14:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。こちら和歌山です。大阪に主にいますので関西地域であれば構いません。
調べていましたが、良さそうなのが見つからないので直接メーカーにロット単位で注文するしかないかなと思っていました。

お礼日時:2005/01/16 22:52

じゃあこれでどうだ。



参考URL:http://homepage2.nifty.com/ntek/sp.html
    • good
    • 0

日本橋や秋葉原のパーツ屋さんに行けば色々とありますよ。



参考URL:http://silicon.kyohritsu.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
一応、共立シリコンさんもこちらに回答を頂戴するまでに調べていたのですが一般的に50mm台が多く、共立シリコンさんの在庫も45mmが最低のようです。特殊なので秋葉も秋月電子のサイトでは小さいサイズはないようです。

お礼日時:2005/01/14 16:11

ジャンクから取り外しましょう。


ノートPCでも良いし、デスクトップ用のサウンドユニットでも良いし、電話のジャンクでも良いですね、モニタースピーカが付いています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ジャンクも考えては見たのですが1台ではなく
液晶の台数が10台ほどありますのでジャンクですとかき集めて配送料金を考慮すると新品でまとめて購入できるところを探しています。

お礼日時:2005/01/14 16:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Q定格8Ωのアンプに4Ωのスピーカーを繋いでも問題ないですか?

最近になって初めてAVアンプを購入しました、しかしながらまだわからないことが多いのでお願いします。
JBLのCONTROL1Xの購入を考えています、しかしながら商品情報をえているうちに「4Ωなので注意してください」といった注意書きを見かけるので、今使っているアンプでは鳴らすことができないのかなと思ったりしてます、若干の音の劣化などはまったく気にしないんですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  トランジスタ(FET)アンプで100ぐらい、
  真空管アンプでも10ぐらいの数値があり、
  これが10を割ると、しまりの無い音になってしまいます。

3)スピーカーの直列、抵抗の挿入はお勧めしません。
  やはり、ダンピングファクターを悪化させるからです。
  4オーム抵抗を入れると、df=2まで悪化します。
  スピーカーだと共振もあるので、1までいく
  周波数も出てしまい、音に色がついたようになります。
  (LR一組のスピーカーを片側に直列に2つともつないで見ると
   すぐに体感できます)

4)control-1は本当に4Ωか?
  スピーカーのインピーダンスには周波数特性があり、これは
  本当に4Ωまで落ちる周波数があります。
  でも、他社のスピーカー(ここのはフルパワー出すと
  アンプが壊れるので有名)で、8Ω表示でも
  4Ω近くまで落ちるものもありますから
  そんなに心配は要らないかもしれません。

5)問題は、なぜAVアンプが8Ωで表示しているかです。
  というのは、普通のアンプはスピーカーインピーダンスが低い方が
  出力が出るのです。
  もちろん高出力のほうが売りやすくなります。

  このため、8Ωで素直に表示しているものは少なく、
  8Ω30w、4Ω50w みたいな表示をしているものも
  みかけます。
  で、8Ωでしか定格が記載されていないとすると、
  やはり、余力が無いと考えるのが妥当でしょう。
  ボリュームを大きくした時に、保護がちゃんと動作してくれれば
  良いのですが、
  電源が飛んだり、パワートランジスタ(FET)が飛んだりすると
  厄介です。

というわけで、あまりお勧めはしませんが、小さな音(といっても
家庭用では充分)なら問題なく使えます。

なお、このスピーカー、出荷時にはエージングが充分になされていません。
購入後、10時間ぐらい音を出すと
そこから音質が向上するはずです。

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  ...続きを読む


人気Q&Aランキング