【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

世界中に存在するゴシック様式の建物や寺院教会に観られる「尖塔構造物」は、太陽系・銀河団生成時に存在した高温プラズマが生成し熱力学的に存在が確認されている伝導体としてのフィラメント構造および磁気流体としての性質を有していた初期の太陽系や銀河で起きていた現象・磁場により形成される角運動量輸送の象徴ではないのでしょうか?
(そのことにより太陽系しいては銀河・銀河団のまとまりの形成・銀河団内部外縁部での回転運動の等速性が現在も形づけられている。)

「世界中の寺院教会に多く観られる「尖塔構造」の質問画像

A 回答 (1件)

ただ単に天に上りたいという執着が構造物に表れたと推測します

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。plant も planet も恒星系の恩恵にあずかっているようですね。
キリスト教で用いられる『恩寵』に相当するものでしょう。

お礼日時:2020/05/30 11:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング