プロが教えるわが家の防犯対策術!

誓約書の有効期限、効力について

誓約書には必ず日付を記入するかと思いますが、その記入した日から約束を守らなければいけない、ということでしょうか?例えばその前に誓約書の内容を守れていない場合は、違反になってしまうのでしょうか?

A 回答 (2件)

誓約書は署名捺印なりしたとき、双方の同意があったとき有効です。


すでに守られていないことを知っていても、有効になったあとそれを確認しなければ
違反にはなりませんが、内容自体によっては
その契約自体無効になる可能性もあります。
(借金をして、返せなかったら、臓器を売って払うみたいなこと)

誓約書は、法的な根拠はありません。
よってこれで何かしらの罰を与えることはできませんが、裁判などで有利に働く可能性は高いです。

また、内容や、相手によってはそんなの無効だ!となるトラブルもあります。
重要なものは弁護士等立ち会い、
公正証書作成が良いかと。
公正証書や弁護士なら、きちんとものになるので、より有利になります。
公正証書なら、強制執行できるものもありますし。
行政書士に聞くとかもありでしょう。
確実なのは専門家です。
サイトに聞くよりとても良いですよ。
    • good
    • 1

誓約の効力は、誓約書を交わしたときからです。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング