専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

昔、どこかで読んだけど思い出せない偉人の名言?があります。
おそらく15~20年くらい前、数学をテーマにした書籍か雑誌で見かけたと思うのですが、
数学者か物理学者(もしかしたら哲学者とかかも…)の言葉で、
「相手にあわせて厳密さの程度を変えることができる人が真に教養がある人である。」
といった内容の名言です。
最近ちょっと思い出して気になっています。
ご存知の方がいらっしゃったら、
「誰の言葉なのか?元の名言は何か?」
をご教示ください。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

>誰の言葉なのか?


「といった内容」ということですから、その名言の正確性は分からずニュアンスから判断するしかなさそうです。
そして残念ながら、信念が似通っていれば同じようなニュアンスになるため、こういった言葉を発した人は少なくないであろうと思います。

>元の名言は何か?
コチラもルーツや起原を辿るのは難しいですね。
日本風に言えば「みのるほど こうべをたれる いなほかな」(故事成語:詠み人不詳)に近いようには思います。
 ~ 人として成熟するほど、相手に対して謙虚な姿勢になる ~
そういったニュアンスは同じなのかな?と。
少し調べてみたところ、国外にも同様のことわざがあるようです。
「The boughs that bear most hang lowest.」
「The more noble, the more humble.」
「成熟的稻穗低着头」
など。
くわえて「みのるほど~」は、パナソニックの創業者の座右の銘だったようです。
考え方そのものは、帝王学というか治世の指南書みたいな物として1300年ほど前に「貞観政要(じょうがんせいよう)」という名称で編さんされています。
ただし、これですら起原的な意味で紹介するには少々ツメが甘いようには感じます。

質問の趣旨としては「誰だったかなぁ、思い出せずにモヤモヤするなぁ」的なところかもしれません。
自分の知る限りでは、サッカー日本代表の元監督だったり、某SNSの取締役だったり… 学者さんではないです。
やはり同義のニュアンスを唱える方は、それなりに多くいるのでは?と思う次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
おっしゃる通り、思い出せずにモヤモヤするのです…。
ネットでも調べたのですが、科学者限定では同じようなニュアンスの言葉自体が見つからず、
過去に同じ本を読んだことがある人が、たまたま質問を見て答えてくれるのを期待して、ここで質問してみました。
割と近代~現代の学者の言葉で、読んだのは日本語で書かれた書物だった気がするのですが、その記憶も確かではありません。
ともかく、回答ありがとうございました。同じ名言にもう一度出会えることを期待して生活していこうと思います。

お礼日時:2020/06/05 17:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング