どうして森を遠くから見ると、青く見えるんですか?
とりあえず仮説を立てたんですが、正しい物はあるでしょうでしょうか?
全部違っってたら、正しいことを教えて下さい。
お願いします!!
1 空気中にある酸素の影響。
2 目の錯覚。
3 木や草から発生するもやと太陽の影響。

A 回答 (2件)

ひとことで言えば、森と、それを見ている目の間に、太陽光のうち青っぽい光を


拡散する空気層があるためだと思います。

もし、森から出た光が目に届くまでに変化したのだとすれば、青っぽい光が散乱・
吸収された残りの赤っぽい色になるはずです。夕日が赤くなるように。しかし
実際はそうではありません。

一方、望遠鏡で森の暗がりや、岩肌にある穴など黒いものを見てもやはり青み
がかって見えます。黒というのはもともと光がないことですから、森から出た光
そのものが目に届くまでに青く変化したのではないことが分かります。もちろん、
森から出た光のうち青色も減衰しているのですが、その変化よりも、太陽光が
空気中で散乱された青色の影響の方が大きい、というわけです。

遠くの森や山ほど淡い色に見えるのも、それだけ多くの空気層が間にあるため、
拡散した光がたくさん目に入るからですね。
    • good
    • 0

最も一般的な説としては、空気が可視光線の中でも青色を特に散乱しやすいため(レイリー散乱)、ぶ厚い空気の層を通ってきた光は青色にシフトして見えてしまう、というものです。


森だけでなく、植物で覆われていない茶色い山肌も、遠くからは青く見えますね。(例:富士山)

ただこと森に関しては、樹木から出る特殊な揮発物質が一因になっている説があります。
ヒバ(アスナロ)などの常緑樹が出すブルーヘイズ(青靄)と呼ばれる揮発物質が原因ではないかとする説です。
樹木が出す揮発物質としては、一昔前に森林浴の効用として流行になったフィトンチッドが知られていますね。
フィトンチッドの主成分は揮発性の芳香油(テルペン)で、森林中に漂っているテルペンは高濃度でも0.1ppmというわずかなものですが、これが森を青く見せるのに一役買っているのではないかと主張する説があります。
科学的に実証されているわけではないので、私は話半分に思っていますけど…。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小中学生「とりあえず」的な顕微鏡探し

夏休みも終盤ですが、自由研究に使う顕微鏡を探しています。
いろんなサイトを見てみましたが、やはり値段なりというご意見が多く、特に1~2万円以下の子供向けのものについては辛辣なコメントがついているので、全くの素人としてはどうしたらよいのか決めかねています。

とはいえ、年に一度、夏休みの自由研究くらいしか出番がなく、特に理系に進路希望というわけでもないので、あまり高価なものを購入することは考えていません。
かといって、おもちゃすぎて使い物にならないというのも困りますので、高校生くらいになっても
何かの際にはちょっと使ってみようかなというレベルには対応したものがよいかなと思っています(本当に我がまま勝手な話ですが)

専門的でハイレベルな事柄は求めず、小中学生が自由研究で「とりあえず顕微鏡で見てみました」的な作品を作るのが目的で、欲を言えばPCに接続できたり写真を取ることが出来るような機種があれば教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

どこの製品かわからないようなおもちゃを買っても役に立ちません。ピント合わせとか照明とかがちゃんとしていないと結局使いづらくて使い物にならないからです。
「高校生くらいになっても何かの際にはちょっと使ってみようかなというレベルには対応したものがよいかな」というのは、正しい考え方だと思います。
光学メーカーのケンコー製品で下記の物はいかがでしょうか。パソコンにも接続し写真を撮影できます(Windows7にも対応しているらしい。ただし32ビット版だけ?)ので、かなり使いやすいと思います。
http://www.kenko-tokina.co.jp/optics/do-nature/4961607013656.html

値段相場はAMAZONで下記のように8000円弱程度。お手頃かと思います。
http://www.amazon.co.jp/%E9%A1%95%E5%BE%AE%E9%8F%A1-STV-450M/dp/B0035W45G0

または同じく光学メーカーのVixen(ビクセン)で、下記の「CMOSカメラ顕微鏡」。ネット直販では品切れのようですが、別ショップで買えるようです。
http://www.vixen-m.co.jp/microscope/cmos/index.html
ビックカメラ↓
http://www.biccamera.com/bicbic/jsp/w/catalog/detail.jsp?JAN_CODE=4955295212361

どこの製品かわからないようなおもちゃを買っても役に立ちません。ピント合わせとか照明とかがちゃんとしていないと結局使いづらくて使い物にならないからです。
「高校生くらいになっても何かの際にはちょっと使ってみようかなというレベルには対応したものがよいかな」というのは、正しい考え方だと思います。
光学メーカーのケンコー製品で下記の物はいかがでしょうか。パソコンにも接続し写真を撮影できます(Windows7にも対応しているらしい。ただし32ビット版だけ?)ので、かなり使いやすいと思います。
ht...続きを読む

Qシミュレーション仮説は多くの専門家の指示を得る仮説でしょうか?

シミュレーション仮説は多くの専門家の指示を得る仮説でしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。

> シミュレーション仮説の信憑性とは何ですか?
シミュレーションとは、実環境を仮の環境に置き換えての試行結果です。
この仮環境がいかに実環境に近いか、これがシミュレーション結果に対する
信頼性=信憑性になります。

Q「作業仮説」とは、単なる「仮説」とどのように違うのでしょうか?

「作業仮説」とは、単なる「仮説」とどのように違うのでしょうか?
また「作業仮説」同様に「○○仮説」といった言葉があれば、その「○○仮説」と「作業仮説」とはどのように違うのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大きな違いがあるようには思えませんが、念のために辞書を引いてみると、作業仮説は、実験や研究を進行させる過程で立てる仮説、普通の仮説は、ある現象を合理的に説明できるように、仮に設定する仮説、と言う風になっていました。私はあまり大きな違いはないと思います。

Qイソ吉草ってどんな草?

 イソ吉草酸臭って悪臭の一つということはよく聞いたり読んだりしますが、この言葉に使われる「イソ吉草」ってどんな草なんでしょう?
 「イソ吉草」の「イソ」・・・カタカナだし、うーん。ものすごい臭い草なんでしょうか?
 誰かほんとに教えてください。気になって気になってしかたないのです。

Aベストアンサー

「イソ」というのは分子の構造に枝分かれがあることを示します。
したがって、問題となるのは元の枝分かれが無い方の「吉草酸」です。
「吉草」というのは、ハーブの一種の「西洋カノコソウ」のことで、下記のような説明がありました。
「西洋カノコソウ」で検索すると、健康食品にも使われているようです。

たぶん、草自体はその成分の濃度は余り濃くないでしょうから、ものすごく臭いというわけではないと思います。

参考URL:http://www22.big.or.jp/~i-farm/text/Harb/Valerian.html

Qどうして太陽を直接見るとまぶしいのに、プールの中から太陽を見るとそんな

どうして太陽を直接見るとまぶしいのに、プールの中から太陽を見るとそんなにまぶしくないのでしょうか?

Aベストアンサー

前の方の言われるように、1つは水面での反射ですが、
もう1つ、水は光を吸収することも原因です。
特に長い波長(赤系統)ほど吸収されやすいので、
水の中は(深くなるほど)青くなるのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報