オンライン健康相談、gooドクター

私は幼稚園年中さんくらいまで七田と公文式に通わせてもらい、幼稚園はお勉強系でした。小学校も私立校、そこから高校まで私立でした。
小学校中学年あたりで自分の頭を過信し、勉学に励まずに居たら、高学年で挫折し、中学校も偏差値30くらいの所に進学しました。

こんなにも親がお金をかけてくれたのに落ちぶれてしまい、惨めで、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
英才教育の失敗例の様な人生を歩んできました。

昔親戚が集まる場で東大でも目指すのか?と尋ねられた日を今でも思い出します。もう巻き返す気力も湧きません。どうやって親に詫びれば良いのでしょう…

gooドクター

A 回答 (1件)

勉強の大切さと勉強のやり方は分かっていらっしゃるので、今からでも遅くないので勉強をすべきだと思います。

諦めるのはいつでも可能です。

気力が湧かないのは、過去のよかったときの自分を本当の自分だと考え、今との落差を心の眼で見続けているからです。現実的な考え方に切り替えて勉強をしましょう。それが一番の親の気持ちに報いることになります。挫折は誰にでもあります。あなたは少し早かっただけです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング