マンガでよめる痔のこと・薬のこと

高校2年生です。
今話題になってる台湾と中国の問題で、アメリカが台湾に対して優遇措置?を止めると言っていましたが何故です?
全くわかってないので教えてください。
文字だけ見ると台湾を支持しているはずのアメリカが優遇措置を止めるという意味がわかりません。

質問者からの補足コメント

  • 台湾ではなく香港でした。

      補足日時:2020/06/07 10:37

A 回答 (4件)

香港への優遇措置を止めると、中国共産党にとって非常に大きな圧力になるからです。



中国は、今年5月の全人代(中国の国会)で明らかになったように、まだ人口の6割が月収1.5万円程度なのです。これは年収にしても20万円程度で、日本の平均的な所得と比べて100倍の差があるのです。
そして中国は人口が巨大で6割なら6億人ぐらいになるので「中国は世界的に見ても貧しい人々を、一部の経済力がある人々が食わせてあげている国」なのです。

で、その要が実は香港です。
中国の紙幣は人民元ですが、人民元は国内通貨としては10億人が使う巨大通貨ですが、共産党政府が統制しているので「世界的には全く信用が無い通貨」なのです。

だから共産党政府は「米ドルと常に一定の交換比率で人民元を交換する」というドルペッグ制を取っていることと、中国からの資金流出を管理するために、外国通貨との交換は香港の為替市場でしかできないようにしているのです。

その香港市場が世界的に信頼され機能した理由のひとつが「米国による香港への優遇措置」であり、米国は「香港は市民の自由な活動による自由市場であるから」という理由を付けていたからです。

しかし今香港の「市民の自由」が脅かされています。このように香港の人々が「共産党に配慮すること」を常に強要されるとなると、資本主義である自由市場が「共産党に有利なようにする」という偏向が出てきて、機能しなくなる恐れがあるのです。

だからその機能がおかしくなる前に、アメリカは「香港の自由が無くなるなら、香港への優遇措置は必要無くなる」として中国に圧力をかけている、ということです。
    • good
    • 0

アメリカは中国に対し、様々な輸出規制を掛けています。


取り分け、武器に転用可能なものは厳格です。

そこで、優遇措置がある香港を経由して中国に輸出されるのです。
香港に対する優遇措置停止は、両刃の剣。アメリカも痛手を被る事になります。

何れにしろ、中国の暴走を止められるのは、アメリカ以外ありません。
    • good
    • 0

台湾問題は中米外交において非常にセンシティブな問題で「こっちが白ならあちらは黒」と単純に割り切れる話ではありません。


これは台湾問題のみならず、他の国との外交全てに言えることですが、台湾問題に関しては特にです。

とは言っても、そもそも基本的にアメリカのスタンスは1970年代から一貫しており「一つの中国」を支持しています。
つまり「一国二制度=台湾の自治独立」を支持しない立場です。

その辺りの経緯は以下の添付を見ていただければ大筋がわかるのではないかと思います。

http://www.bjreview.cn/JP/JP/2002-10/sddx10-3.htm
    • good
    • 0

もしかしてそれって香港の話では?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング