【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

U字管で水と溶液入れて時間が経って浸透した時に、液面差が生じた時に、左が溶媒側だとすると、
力のつり合いより、
左の液柱による重力と浸透しようとする力=
右に側の液柱による重力が成り立つと思うのですが、
左右での液柱の密度が違うため、
簡単に、浸透圧=生じた液面差分の容液の液柱の圧力になるとは思えないのですが、
本当にそうして、計算してもいいのでしょうか?

A 回答 (2件)

No.1 です。

「お礼」を拝見しました。

>定義は知ってるよ。
>その上で、問題解く時の話をしてるんだ。

浸透圧の定義と関係なく「U字管の双方の圧力差」の話をしているなら、
 「高さの差」×「高い方の管の液体の密度」
であるのは当たり前ですよね?

高い方の管の中身が「水」なら「水の密度とその高さの差」、「水銀」なら「水銀の密度とその高さの差」が「圧力差」になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

僕が言いたいことは圧力の差を考える時に、
高い方を考えるのはもちろんのこと、
その下の部分の同じ高さのところの液柱の重さが溶液と水なため違うので、そこを考慮する必要がないのかを聞いているのです。
そこら辺教えてください。

お礼日時:2020/06/08 21:59

>簡単に、浸透圧=生じた液面差分の容液の液柱の圧力になるとは思えないのですが、


>本当にそうして、計算してもいいのでしょうか?

浸透圧の定義はそうではありませんよ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

定義は知ってるよ。
その上で、問題解く時の話をしてるんだ。

お礼日時:2020/06/08 19:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング