人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

民事裁判で訴えられ,裁判所のほうから和解勧告されており,和解で慰謝料を支払うことでおわりそうなのですが,相手方に(原告)が請求してきている金額が300万という金額です.
支払うことは嫌なのですが,和解したいと言い出したのも当方ですし,判決までいくともっと金額が高くなる可能性があると言われたので,和解に同意しようと思いました.
親や親戚,嫁さんから借りれば払えない額ではないのですが,借金してまで払いたくありません.
訴えられたことも寝耳に水状態でしたし.相手にはめられたという感じです.
だから,とりあえず和解でお金を支払うと同意はして,今現在私の貯金で持っている100万円だけを支払って,あとはお金が貯まったら払うと言って,払わずに逃げたいのですが,こういったことできるのでしょうか?
民事裁判は,お金がないものからは取れないと言いますし,用は,お金ができても嫁さんの口座にためといて,いつまでもお金がないふりをしておけば,相手も弁護士もあきらめるのではないかと思っています.
法の隙間を利用できるものならしたいのです.

専門家の方,ご意見聞かせてください.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

「法」と「法の執行」は別ですから、いろいろと思いあぐねたり質問する行為が違法だとは思いませんが。



強制執行は執行する側が汗をかいて初めて執行されるものです。実現しない強制執行の例が多数あることは、ご質問者がお気づきの通りです。他人の家を競売にかけて現金化するなんて、教科書上はともかく、実際にはねぇ・・・。

ただし本件について、受け身の立場にあるご質問者が調整できる余地はあまり大きくないでしょう。ご質問者もお気づきでしょう。
    • good
    • 34
この回答へのお礼

お返事ありがとございます.

お礼日時:2005/01/19 15:32

>払う能力のない人間(私が生きていくために必要なお金まで取る権限は法にもないと思います.


>借金してまで払う必要がないといいますし)からは一銭もとれないのが,今の民事裁判ですよね.

親兄弟とか、親戚とか、配偶者の実家から借金したり
銀行でローンを組んで借金して、慰謝料支払っている人は
いますよ。
    • good
    • 18
この回答へのお礼

お返事ありがとございます.

お礼日時:2005/01/19 15:31

>原告が弁護士を雇う費用を考えると原告は泣き寝入りしかないと思うんですが



私は本人訴訟で勝訴、逃げる相手に強制執行しましたよ。逃がしません。


>私がしようとしていることがばれたら,非協力的になってしまうおそれがある

違法であることは認識しているようですね。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます.
何十年かかるかもしれませんが,支払うしかないですね.

お礼日時:2005/01/15 22:51

みなさんに袋叩きになってますね


ではちょっと違った観点から
なにか文面を見ていると 寝耳に水だとか
はめられた とありますよね
では なぜ裁判で戦わないのですか?
被告側に抗弁する余地があるなら 和解を言い出すのは
おかしな話だと思うんです
損害賠償でなく慰謝料が300万ってえらいべらぼうな
額ですが 何をしたのかもききたいような事例ですが。

あと動産不動産を嫁名義にしておけばというのは
少し甘いですね 支払う義務がないのは
離婚した場合です たとえそれが偽装離婚でも
最悪家を処分してでも払えということになりますよ
あなたが金を出して建てた家なら。

刑事事件の場合海外に出国中は時効が停止します
民事の債権の時効の場合は存じませんが
海外にいけば大丈夫という部分も確認したほうが
いいですよ。私は専門家ではありませんので。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます.
裁判で争わないのは,当方にお金と時間がないのと,男女間のトラブルなので,弁護士いわく勝ち目はないということだったので.
私に支払い能力がないとなったら,嫁さんに請求がいくかもしれないのでしょうか?
家の名義も嫁さんが建物の1/4名義になってて,あとは建物も土地も両親名義なので,そんな1/4名義の家の権利相手がもっても住めるわけもないし,転売できるわけもないので,相手は欲しがらないでしょうし,安心していたのですが.
当方,法の隙間を使えないかと思っていただけで,違法ならいたしません.
いろいろお返事していただきありがとうございます.

しかし,200万円・・・払えません.

お礼日時:2005/01/15 21:28

公の質問サイトで違法行為のやり方を聞いてどう言うつもりでしょうか。


共犯者(幇助犯・教唆犯)を募っているのですか。

情報を与えると逆に利用されかねませんので、下手な回答は避けるべきでしょう。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます.
私が考えていることは違法なんでしょうか?
違法ならやめます.
すいませんでした.

お礼日時:2005/01/15 21:17

皆さんの意見を聞くまでもなく、あなたには弁護士さんがいらっしゃるのでしょ?



その方に、お聞きになるのが一番ですが、それより

このような事をしていると、仕事上も上手くいかなくなるのではないですか?

1をケチって100を失うことになるような気がして心配です。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます.
弁護士に私がしようとしていることがばれたら,非協力的になってしまうおそれがあるので,このようなことは相談できません.
弁護士に泣き落としして100万円だけとりあえず支払うことに相手方に働きかけてもらったぐらいですし.
弁護士は,正論を言って裁判官がいうのだから払わなければいけないと言いますけれど,払うこっちの都合は考えてくれませんから.
40代の男性であれば300万円ぐらいどうってことないでしょと,こちらの家計のことも知らずいうぐらいですし.

お礼日時:2005/01/15 21:16

みなさんに同じく『あんたは甘い!』です。



手元にまとまった現金がなければ、分割払いにされるだけです。

財産があれば、強制執行されて差し押さえされるだけです。

あなたが働いていれば、給与差し押さえされるだけです。

それが、いやならば闘うだけですが、和解に同意した段階で負けていますから、もう逃げるしかないですね! その間に、財産を差し押さえされているでしょうけどね。

じたばたせずに、お払いなさい。みっともない! 

この回答への補足

お返事ありがとうございます.
甘いですか・・
当方の仕事は,個人で企業の仕事をとりにいくので,どこの企業と取引しているか時期によって変わりますし,一人で仕事しているので給料はなんとでもごまかせると思うのですが.
今,どこの企業と取引しているか相手は知りませんし.
だから,給料の差し押さえはできないと思っています.

1ヶ月の儲けから家賃,生活費,保険,経費などを引くと5万円ものこらないので,分割に支払うと言っても,1万円程度しか払えません.
200万円を毎月1万円で支払うとなったら何十年もかかるわけですし,相手も途中であきらめると思うんですが,どうなんでしょう.原告が弁護士を雇う費用を考えると原告は泣き寝入りしかないと思うんですが.
払う能力のない人間(私が生きていくために必要なお金まで取る権限は法にもないと思います.借金してまで払う必要がないといいますし)からは一銭もとれないのが,今の民事裁判ですよね.

私の考えを述べさせていただいていますが,決して皆様に喧嘩をうっているつもりはございません.回答してくださっていることは本当にありがたく思っています.言い方が悪くすいません.

補足日時:2005/01/15 19:44
    • good
    • 12
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます.
ちなみに財産は通帳にも支払う100万円しか入っていませんし,(というのも家を建てたので現金があまりありません)家の名義は嫁さんや両親にしたので,当方の財産は何もないことになるんですよね.

これから仕事の都合上,日本を離れることが多くなるので,分割払いということにしておいて,日本から行方をくらましたら相手方も当方の住んでいる場所つきとめられず裁判もおこせなくなるのではないかと思っています.
民事裁判で支払えと言われても実際ほとんどの人が支払わずに逃げていると聞いたので,実際に逃げれたひとがいるかと思ったもので.

お礼日時:2005/01/15 19:51

逃げ得を考えるあなたはえらい。


とことん逃げきってください。
できないとおもうけど。
あなたが悪いから訴えられたのでは。
はめられたとおもうなら、とことんたたかってください。
あなたが正しければあなたが訴えられることはないとおもうけど。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます.
当方,法律の観念で言ったら少しは悪いと言うことになるかもしれませんが,相手の手の回しようがすごかったので,予想外に金額を取られたという感じです.とことんたたかうのにも,弁護士費用がこれ以上かかるとそれこそ払えなくなるので,弁護士の勧めるように和解にしようかとおもいました.

お礼日時:2005/01/15 19:43

>払わずに逃げたいのです



無駄です。和解して支払わなければ強制執行が待っています。


>お金ができても嫁さんの口座にためといて

財産隠しはダメですよ。和解は判決と同じ効力があります。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます.

お礼日時:2005/01/15 19:40

甘い、甘い、甘いですよ!


そーなったら「分割で支払う」ようにさせられるだけですし、最悪「給料指し押さえ」という手段もあります。

和解に応じるのなら「払うしかない」です。

この回答への補足

お返事ありがとうございます.
甘いですか・・
当方の仕事は,個人で企業の仕事をとりにいくので,どこの企業と取引しているか時期によって変わりますし,一人で仕事しているので給料はなんとでもごまかせると思うのですが.
今,どこの企業と取引しているか相手は知りませんし.
だから,給料の差し押さえはできないと思っています.

1ヶ月の儲けから家賃,生活費,保険,経費などを引くと5万円ものこらないので,分割に支払うと言っても,1万円程度しか払えません.
200万円を毎月1万円で支払うとなったら何十年もかかるわけですし,相手も途中であきらめると思うんですが,どうなんでしょう.原告が弁護士を雇う費用を考えると原告は泣き寝入りしかないと思うんですが.
払う能力のない人間(私が生きていくために必要なお金まで取る権限は法にもないと思います.借金してまで払う必要がないといいますし)からは一銭もとれないのが,今の民事裁判ですよね.

私の考えを述べさせていただいていますが,決して皆様に喧嘩をうっているつもりはございません.回答してくださっていることは本当にありがたく思っています.言い方が悪くすいません.

補足日時:2005/01/15 19:27
    • good
    • 6
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます.

お礼日時:2005/01/15 19:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

事件 海外」に関するQ&A: 赤軍の目的

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民事訴訟で負けてもお金は払わなくて良い?

民事訴訟で負けてもお金は払わなくて良い?

先日、たくさん訴えられすぎてもう裁判所に行けなくて
自動的に敗訴になっている有名な人の対談の動画をみました。
その方は敗訴で賠償金?のような判決がたくさん出されていますが、
実際には1円も払っておらず、普通に暮らしているそうです。
裁判所が払え、と決めただけで、実際に怖い人が取り立てに来るようなことは
ないらしいです。
映画にあるような強引な取り立てはだれもやることができず、
すれば逆に刑事事件として訴えることができる、
といっていました。

民事裁判の賠償は払わなくても特になにもないのでしょうか??
詳しい人お願いします。

Aベストアンサー

「支払わないことに対する罰則」は存在していません。
しかし、支払わないと強制執行で差し押さえされます。

けど生活必需品は差し押さえしてはいけない決まりになっているので、
家にそういう物が無ければ何も差し押さえは出来ません。

銀行口座に振り込まれる収入を差し押さえすることも出来ますが、
収入の振り込まれる銀行口座がわからなければ差し押さえすることは出来ません。



要するに、普通のサラリーマンなら会社からどこの口座に振り込まれているかわかるので銀行口座を差し押さえて強制的にお金を取ることが出来るんですが、事業主だと使用している銀行口座がわからないので家の物を差し押さえるしかない。しかしそれも生活必需品しかない場合はどうにもならない。
ということです。

Q民事裁判とは、どのようなものですか? 経験者の方、教えて下さい。

こんばんは。

民事裁判経験者の方に質問です。 

民事裁判とは、どのようなものですか?

訴訟の提起から裁判終了までの流れに沿って教えて下さい。

裁判を経験した感想等も伺えたら助かります。

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍しくありません。

原告が申し立てたことのひとつひとつについて、被告は、
1.認める
2.争う
3.知らない
のいずれかを申し立てるのが原則です。

認めるといったものは、真実ではなくても、原告の言い分が真実となります。
争うといったものは、立証義務がある方が、証拠をもとに証明します。証明できないと、真実であっても、うそだということになります。

最終的に双方の陳述(といっても、文書のやりとりですが)、が終了すると、裁判官が判決を書きます。

その間、判決ではなくて、和解しないかという打診が裁判官から何度もあります。互いに合意すれば、判決と同じで、強制執行などもできます。

双方が納得しなければ、判決ということになります。
裁判官は、原告の言い分が多分正しいのだろうなと思っても、原告が証明しきれてないと、正しいという判決は書けません。

つまり、裁判は、裁判官が正否をジャッジするのではなく、証明できるかどうかの争いなのです。

だからウソが飛び交います。そのウソを証拠で突き崩していくことになります。

素人でも裁判はできますが、文書のやりとりですから、文書力と証拠がカギです。

未経験の方が争えば、負けてしまいます。弁護士の助力は不可欠でしょうね。

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍し...続きを読む

Q賠償金を払わないとどうなる??

例えば、「生徒にいじめをした小学教師に対して、被害者家族は1300万円の損害賠償の訴訟を起こした」という内容のニュース(曽祖父が米国人であるためにいじめを受けたというあのニュースです)で、そのまま1300万円賠償!の判決が出た時、よかったよかったと思うのですが(よかったと思う思わないはさておいて)、判決が確定した時、もし賠償責任者(この例では教師だけと仮定)がお金を払わない場合どうなるのでしょうか?
また、多額の賠償判決を受けた人はちゃんと払っているのでしょうか?
「払わなかったら1年間刑務所」とかだったら、払わない方が楽じゃないのか?と思ってしまい、気になって質問させていただきました。

Aベストアンサー

日本では債務を返済しないということについては、刑法違反とはならないので、逮捕されたり投獄されることはありません。

ただいつまでもその債務は残ります。それはどういう意味を持つかというと、いつでも強制執行できるということです。
勤め人になれば、その給与の一部は差し押さえられるし、家を買えば家を差し押さえられると、返済が完了するまで続きます。死んでもその債権は子供に引き継がれます(ただし相続放棄できます)。

ただ普通の債権については破産して免責を受けるとその債務に対する返済義務はなくなります。(厳密に言うと債務がなくなるわけではありませんが、法的に取り立てることは出来なくなります)

ただし、破産法366条では以下の債権ついては免責できないとしています。

(1)租税債権
(2)破産者が悪意をもって加えたる不法行為に基づく損害賠償債権
(3)雇人の給料のうち一般の先取特権を有する部分
(4)雇人の預り金および身元保証金。
(5)破産者が知りて債権者名簿に記載しなかった請求債権、但し債権者が破産の宣告ありたることを知りたる場合を除く。
(6)罰金、科料、刑事訴訟費用、追徴金および過料。

つまりご質問にある小学校教師は(2)に当たりますので、破産しても免責になりません。生きている限り弁済を続けなければなりません。
少なくとも返済完了まで普通の生活は出来なくなります。ただお分かりのようにもともとたとえばルンペン生活しているような人だとそれは痛くも痒くもないということになりますが。

微妙なのは業務上過失など過失による損害賠償です。法律上は免責を受けられることになっています。ただ実務上免責としてしまうか?というと疑問です。
最近の危険運転致死罪であれば(2)に該当するとみなされるでしょうね。(多分)

日本では債務を返済しないということについては、刑法違反とはならないので、逮捕されたり投獄されることはありません。

ただいつまでもその債務は残ります。それはどういう意味を持つかというと、いつでも強制執行できるということです。
勤め人になれば、その給与の一部は差し押さえられるし、家を買えば家を差し押さえられると、返済が完了するまで続きます。死んでもその債権は子供に引き継がれます(ただし相続放棄できます)。

ただ普通の債権については破産して免責を受けるとその債務に対する返済...続きを読む

Q民事裁判の費用について

よく、民事裁判では敗訴したほうが全ての裁判費用を負担することになる。と聞きますが、事実でしょうか。
事実とすると裁判費用とは何を指すのでしょうか。
訴訟費用、弁護士費用、出廷のための休業補償費用などなど
お詳しい方、なるべく詳細にお願いします。また親切にお願いします。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

訴訟費用負担は、判決に書かれます。
(誰が全額負担・誰が何割など)


請求できる訴訟費用は、
民事訴訟費用等に関する法律・規則
で決まっています。

あなたが原告で全面勝訴の場合をお答えします。

印紙代、
裁判所が使用した切手代、
訴状や準備書面・証拠の提出費用(確か一回1000円程度)、
裁判所に出廷した日当(一回4000円弱・遠隔地だと2日分)、
交通費(直線距離で算出)、
証拠(医師の診断書とか)の取得費用(実費+160円)
宿泊費(遠隔地の場合)
などです。

弁護士費用は訴訟費用としては、もらえません。
(損害賠償の場合のみ判決でもらえますが、裁判所が認定した額だけとなります。)

判決確定後、
「訴訟費用額確定処分申し立て」を
第一審の裁判所に申し立てます。
(相手が異議申し立てをすると、また裁判です。(民事訴訟法121))

その後、
「訴訟費用額確定処分」の正本が送られてきます。
(これでも強制執行可能です。(民事執行法22))

全面勝訴でない場合、申し立てる人は皆無です。
(たとえば半々の判決が出ても、相手が遠隔地だと払う必要があるため。)

申し立てる人の割合は、簡裁で0.8/1000ぐらいだそうです。

私は全面勝訴で「訴訟費用額確定処分申し立て」
やったことがありますが、そこそこもらえます。
(平成16年より前でしたので、今よりもらえました。
当時は、日当は8050円・交通費も実費でした。)

訴訟費用負担は、判決に書かれます。
(誰が全額負担・誰が何割など)


請求できる訴訟費用は、
民事訴訟費用等に関する法律・規則
で決まっています。

あなたが原告で全面勝訴の場合をお答えします。

印紙代、
裁判所が使用した切手代、
訴状や準備書面・証拠の提出費用(確か一回1000円程度)、
裁判所に出廷した日当(一回4000円弱・遠隔地だと2日分)、
交通費(直線距離で算出)、
証拠(医師の診断書とか)の取得費用(実費+160円)
宿泊費(遠隔地の場合)
などです。

弁護士費用は訴訟費用とし...続きを読む

Q民事訴訟で確定した損害賠償金の回収の仕方について

仮にAという被告が民事訴訟で1,000万円の損害賠償の判決を下されたとしますよね?
その1,000万円って誰が回収するんですか?
まさか告訴した人が、自分で回収するんじゃないですよね?
また、もしAさんが1,000万円(全ての資産合わせて)もってなかった場合はどうなるんですか?

Aベストアンサー

>その1,000万円って誰が回収するんですか?
判決が出るということは裁判所から支払いの命令が出されるということです。
しかしやってくれるのはそこまでです。

>まさか告訴した人が、自分で回収するんじゃないですよね?
半分当っているし半分外れています。
支払いの命令(判決)が出ても支払わなかった場合には、自分で強制執行の手続きが必要です。
相手の何を差し押さえるのかなどは全部自分で決めます。
だから相手の財産がわからなければどうにもなりません。

無事相手の財産の所在がわかればそれに対して強制執行の手続きをすると裁判所から差押の命令が出されます。
銀行口座であれば銀行に出されるわけです。
すると銀行はその口座の残高を確保し、あとは銀行と話を直接して銀行から差し押さえたお金を貰います。

簡単に書くとそういうことです。人が直接行って執行しなければならない、動産の執行などだと執行官という人が代りに執行します。ただ差押で必要な人手や保管場所などは自分で用意します。

細かく話をすると大変なので概略を述べました。

>また、もしAさんが1,000万円(全ての資産合わせて)もってなかった場合はどうなるんですか?
どうにもなりません。

>その1,000万円って誰が回収するんですか?
判決が出るということは裁判所から支払いの命令が出されるということです。
しかしやってくれるのはそこまでです。

>まさか告訴した人が、自分で回収するんじゃないですよね?
半分当っているし半分外れています。
支払いの命令(判決)が出ても支払わなかった場合には、自分で強制執行の手続きが必要です。
相手の何を差し押さえるのかなどは全部自分で決めます。
だから相手の財産がわからなければどうにもなりません。

無事相手の財産の所在がわかればそ...続きを読む

Q慰謝料どうしても払えないと・・・?

今、不倫相手の奥さんから500万円の慰謝料を請求されています。
今度、裁判所にいくのですが、500万円もの大金を払えないので、弁護士に相談しました。
あなたの例でいくと、不倫期間、相手の婚姻期間もかなり短いため、とっても220万ですよ。といわれました。

自分一人でお金の準備をしようかと思ったのですが、実際100万も持っていません。70万のローンもあります。
現在、休業をしていて収入もありません・・・

親に相談して、100~200万貸してと頼みましたが、そんな金はない!!ときっぱり言われました。

働きだしたら、月10万はいります。まだ先のことですが。

慰謝料は、一括で払うのがだいたいみたいで、実際、200万くらいで、相手の奥さんが和解してくれるかどうかもわかりません。

お金も、私の年(20)と収入では、貸してくれるところはなさそうなんですが、もし払えないとなったら、弁護士に言われたのが、
給料差押えか、自宅のものを取られる?もたいなことを言っていました。

結婚して子供も旦那もいるのですが、自宅のものを取られるって、夫婦で共用しているものもですか?

テレビ、ベットなどなど・・・・

私は車を持っていますが、所有者は母で、使用者は私です。
この場合も、とられますか??

旦那には言わないのを前提でお話しています。
(旦那も住宅ローンが1000万ほどあるので)

いったいどうなりますか?

今、不倫相手の奥さんから500万円の慰謝料を請求されています。
今度、裁判所にいくのですが、500万円もの大金を払えないので、弁護士に相談しました。
あなたの例でいくと、不倫期間、相手の婚姻期間もかなり短いため、とっても220万ですよ。といわれました。

自分一人でお金の準備をしようかと思ったのですが、実際100万も持っていません。70万のローンもあります。
現在、休業をしていて収入もありません・・・

親に相談して、100~200万貸してと頼みましたが、そんな金はない!...続きを読む

Aベストアンサー

500万円とはずいぶん吹っかけたものですね。
ところであなたは不貞の事実をご主人には知らせていないとの事でしょうか。
ばれないで済ませようとするならば、金銭を支払うしかないでしょう。
請求を放っておけば、相手側はいずれ法的手段を取るかもしれず、そうなれば御主人にも隠し通せることではないでしょう。
しかし御主人もこの事実を知っているのであれば、相手側には申し訳ないですが、開き直ることも一方法です。
慰謝料であろうが、損害賠償や貸金債権であろうが、無いところからは回収できないというのが、当たり前の民事原則です。
相手が勝訴し差押えに来たとしても、押さえられるのはあなた固有の財産(あなた名義の預金や動産、不動産)のみで、生活必需品なども対象外となっております。よって車もあなたの名義でなければ差し押さえることは出来ません。
一般の主婦の場合、固有財産を持っていることが少なく、実際には強制執行したとしても経費倒れになる可能性が高いので、そこまでしてくるかどうかも疑問です。
但しあなたが職を持って、一定の収入を得るようになれば、相手側は毎月その給与を一定額差押えることも可能となりますので、注意が必要です。
不貞行為のの慰謝料についてはあなたの考え方次第と考えます。
心底相手側に申し訳ないと反省し、金銭で償いたいと思っているのであれば、借金してでも支払うべきですが、そうでなければ道義的なことは別にして、あなたの場合開き直ることで相手側は全額回収するのは非常に難しい状況と言えるでしょう。
慰謝料は本来一括で支払うべきものですが、相手側が同意さえすれば分割払いでも構いません。よってあなたの申し入れや、相手側の譲歩で分割払いで決着をつける案が出てくるかもしれませんが、あなた側の立場でアドバイスすれば、絶対公正証書や調停などで示談すべきではありません。公正証書や調停上で示談成立した場合、不履行が有れば裁判無しで簡単に差押えをすることが出来てしまいますので注意が必要です。
汚いやり方でお勧めするわけではありませんが、こんなケースでは何とか分割払いで示談を成立させておいて、後から支払を反故にするなど、世間ではあたりまえに行われております。
日本の法律は請求する側に厳しく、される側に甘くなっております。

500万円とはずいぶん吹っかけたものですね。
ところであなたは不貞の事実をご主人には知らせていないとの事でしょうか。
ばれないで済ませようとするならば、金銭を支払うしかないでしょう。
請求を放っておけば、相手側はいずれ法的手段を取るかもしれず、そうなれば御主人にも隠し通せることではないでしょう。
しかし御主人もこの事実を知っているのであれば、相手側には申し訳ないですが、開き直ることも一方法です。
慰謝料であろうが、損害賠償や貸金債権であろうが、無いところからは回収できないとい...続きを読む

Q民事裁判で訴えられた場合の弁護士

民事裁判で訴えられたら、弁護士は国選でやってくれるんですか?

それとも、民事は弁護士無しでいいの?

でも、もし弁護士必須で国選やってくれなかったら、貧民の人権なんぞ侵害されまくりじゃないですか!!!!

弁護士無しでもよいという制度でも、貧民は弁護士など雇えないから不利じゃないか!

司法が金の有無で有利か不利かなんて、よく考えると(考えなくとも)クソ理不尽じゃないか。

それとも裁判の制度は、裁判の中で証明された『事実』に基づいて、法を公平・公正に適用するのでしょうか?
それなら、よいのですが。

というのは、アメリカでは弁護士の力で判決が変わりまくりだと聞いたので、「同様な事例なのに判決に見過ごせない差が出る??!バカな!『公平』に反している!!!』と思ったからです。

Aベストアンサー

>民事裁判で訴えられたら、弁護士は国選でやってくれるんですか?それとも、民事は弁護士無しでいいの?

No.1さんのとおり民亊で国選はないですね。民亊では本人で訴訟しちゃう事って多いですよ。

>でも、もし弁護士必須で国選やってくれなかったら、貧民の人権なんぞ侵害されまくりじゃないですか!!!!弁護士無しでもよいという制度でも、貧民は弁護士など雇えないから不利じゃないか!

お金がない人には、民亊でも法律扶助制度というものがあります。弁護費用、裁判費用を援助・立て替えてくれる制度がありますよ。

>司法が金の有無で有利か不利かなんて、よく考えると(考えなくとも)クソ理不尽じゃないか。

これは、確かに優秀な弁護士を選ぶどうこうに少なからず影響があるかもしれません。しかし、現実には、弁護士の力よりも、「書面の証拠を残しているかどうか」「物的な証拠があるかどうか」ほとんどこれにかかっています。それに、こういう問題はお医者さんでも一緒ですよね。

>それとも裁判の制度は、裁判の中で証明された『事実』に基づいて、法を公平・公正に適用するのでしょうか?それなら、よいのですが。

この証明が大変なんですよね。日本の裁判は、裁判官が事実を認定し、判決しますので、どちらかというと裁判官によるところが大きい様ですよ。

>というのは、アメリカでは弁護士の力で判決が変わりまくりだと聞いたので、「同様な事例なのに判決に見過ごせない差が出る??!バカな!『公平』に反している!!!』と思ったからです。

アメリカは民亊でも陪審制をとっていて、訴訟社会、契約社会、口頭証拠排除が原則(書面による証拠しか認めんってやつです)アリで、懲罰的損害賠償(賠償を過大にかけて懲らしめる)の司法制度ですから、ちょっと比較するのも其々の事情がありますから・・・。ただ、日本でもこれから弁護士の数を増加していきますので、その弁護士の実力の差が一気に広がる事もあるかもしれないですね。

そういう正義感をお持ちの質問者さんなら、是非とももう直ぐ始まる裁判員制度に積極的に参加してください。裁判員に選ばれたら参加するのは国民の義務化していて、殆んど断れませんけど、何とか理由をつけてでも、出廷しない方法はないかと考える人たちもいるのも現実。世論調査でも6・7割くらい面倒くさいという人が多いそうです。
また、衆議院の選挙の際には、最高裁判所の裁判官の国民審査もあります。これには何も考えずに、何も書かずに投票していませんか?(未成年の方なら申し訳ない)。選挙期間中公民館に行くと、この裁判官はどういう裁判にどういう意見で判断したのか、記載した資料など配布していますから。実はこの国民審査は、制度開始以来、この審査によって罷免された裁判官は一人もいません。誰も興味なんてないんでしょうね。

>民事裁判で訴えられたら、弁護士は国選でやってくれるんですか?それとも、民事は弁護士無しでいいの?

No.1さんのとおり民亊で国選はないですね。民亊では本人で訴訟しちゃう事って多いですよ。

>でも、もし弁護士必須で国選やってくれなかったら、貧民の人権なんぞ侵害されまくりじゃないですか!!!!弁護士無しでもよいという制度でも、貧民は弁護士など雇えないから不利じゃないか!

お金がない人には、民亊でも法律扶助制度というものがあります。弁護費用、裁判費用を援助・立て替えてくれる制度が...続きを読む

Q勝訴したのに相手が支払わない場合の方法

給与などの支払いを求めた民事訴訟で(小額訴訟ではありません)、先日全面的に勝訴しました。ところが先方から何の連絡も支払いもありません。
私はどうすればいいのか教えて下さい。
また、何かものを差し押さえする場合の差し押さえの手順や手続き、金額的基準や差し押さえ可能なものの種類などを教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>先日全面的に勝訴しました。ところが先方から何の連絡も支払いもありません。私はどうすればいいのか教えて下さい。

任意に支払わないなら強制執行で取立する以外にありません。
まず、その勝訴判決が相手に届いて2週間が経過しなければ次の手続きができません。相手が高等裁判所に控訴しておれば高等裁判所でも勝訴しなければなりません。2週間が経過しておれば、その判決は「確定」します。確定したなら「執行文付与申請」します。次に「判決送達証明書」が必要です。これも申請して下さい。これらは簡単です。この2つの書類が整ったなら初めて強制執行することでできます。相手が法人なら資格証明書も必要です。強制執行で取立するためには相手の財産を差押えて競売し競落代金をもらうことで満足することになります。その差押は相手の財産(動産、不動産、給与、預金等々)によって手続きが違ってきます。書類の提出先も変わります。その先は煩雑になりますから省略しますが「動産の差押、競売」は平成8年4月から原則として廃止しています。動産からの回収は事実上不可能です。不動産も抵当権があれば大多数事実上不可能です。

>先日全面的に勝訴しました。ところが先方から何の連絡も支払いもありません。私はどうすればいいのか教えて下さい。

任意に支払わないなら強制執行で取立する以外にありません。
まず、その勝訴判決が相手に届いて2週間が経過しなければ次の手続きができません。相手が高等裁判所に控訴しておれば高等裁判所でも勝訴しなければなりません。2週間が経過しておれば、その判決は「確定」します。確定したなら「執行文付与申請」します。次に「判決送達証明書」が必要です。これも申請して下さい。これらは簡...続きを読む

Q裁判の何が怖いのでしょう?

ちょっとした疑問なのですが教えてください。
 裁判を起こされると、訴えられた方は何が困ることなんでしょうか?

 例えば、自分の配偶者の不倫相手に慰謝料請求をして相手が支払いに応じない時、「裁判します」と言うと、相手が「それだけは勘弁してください」となって支払いに応じる、という話をよくネットとかで見かけます。
 確かに、裁判された、ということが世間に知れてしまったら、外聞が悪いですし、就職や結婚で不利になるかもしれません。でも、少し調べてみたら、たまたま公判当日に傍聴されてしまった、とかでない限り、裁判記録を調べるのはそれなりの情報とキチンとした手続きが必要で、公的な所からは、何かの拍子に裁判の事実を知られてしまう、ということはなさそうです。つまり、関係者が漏らさない限りは周囲に知られることは無いということです。不倫の事実については、裁判しようがしまいが同じなので、ばれる時はばれるし、ばれない時はばれない。
 ということは、言い値(おそらく相手は相場以上の金額を要求するでしょう)で慰謝料を払うより、裁判をして相場の金額の慰謝料を払う方がまし、ということにならないでしょうか。
 または、判決が出てもそのまま支払いの拒否をしつづける。支払わなくても警察につかまるというわけではないですから。
 もちろん、裁判をして判決が出ると、強制執行も可能ですが、資産をうまく隠してしらばっくれることもできるんじゃないか?就職先に差押え、となると色々困るけど、転職したり自営業だったりすると平気なんじゃないか?とも思います。

 あることで裁判を起こそうかと思っているのですが、それに意味があるのかどうか疑問になってしまってきたので質問しました。
 回答よろしくお願いします。

ちょっとした疑問なのですが教えてください。
 裁判を起こされると、訴えられた方は何が困ることなんでしょうか?

 例えば、自分の配偶者の不倫相手に慰謝料請求をして相手が支払いに応じない時、「裁判します」と言うと、相手が「それだけは勘弁してください」となって支払いに応じる、という話をよくネットとかで見かけます。
 確かに、裁判された、ということが世間に知れてしまったら、外聞が悪いですし、就職や結婚で不利になるかもしれません。でも、少し調べてみたら、たまたま公判当日に傍聴され...続きを読む

Aベストアンサー

まず考えられるのは時間と手間とお金でしょうか。

訴えの内容に反論するためには反論を文書化するか出廷しなければなりません。
何もしなければ、相手の言い分をすべて認めたことになります。
本人が対応するのであれば、時間と手間がかかります。

本人では無理、というのであれば弁護士です。
本人は何もする必要はありませんが、弁護士費用が発生します。

次にプライベートな部分が暴かれる、ということでしょう。

訴えられた本人あるいは証人となった人の個人的な部分が表に出てしまいます。

本人あるいは証人となった人には、訴えた側の弁護士から様々な質問がされます。

ここで問題なのは、質問の内容です。
その裁判で争っている内容に関することだけではありません。
訴えられた人間がどのような人物であるのかを明らかにするということで、プライベートな部分まで色々と白日の下にさらされます。
極端に言えば、法廷であれば何を質問しても許されるということですね。
法廷戦術です。
回答を拒否することはできますが、裁判官の心証が悪くなるでしょう。

日常生活では人に話せないような内容もありますし、決めつけのような質問もありますから非常に不愉快です。
冷静になれれば良いのですが、変なことを口走ると、それを捉えて更に質問されます。
丸裸にされるということですね。

たとえ弁護士に依頼していても、本人に対する質疑応答は回避できません。

本人からすれば、時間と手間とお金とそういう思いをしてまで争う意味があるのか、ですね。

まず考えられるのは時間と手間とお金でしょうか。

訴えの内容に反論するためには反論を文書化するか出廷しなければなりません。
何もしなければ、相手の言い分をすべて認めたことになります。
本人が対応するのであれば、時間と手間がかかります。

本人では無理、というのであれば弁護士です。
本人は何もする必要はありませんが、弁護士費用が発生します。

次にプライベートな部分が暴かれる、ということでしょう。

訴えられた本人あるいは証人となった人の個人的な部分が表に出てしまいます。

...続きを読む

Q民事訴訟を起こされた場合

民事訴訟を起こされた場合
(訴えられた場合)
弁護士を頼むお金も無く
収入の関係で法テラスも使えないと
弁護士無しでの裁判になるのでしょうか?

Aベストアンサー

本人訴訟で対抗するしかないと思いますが?

実際に私は過去に原告側(代理人)として相手(被告)は弁護士を委任する余裕が無かったのか本人のみでノコノコ法廷に出てきましたよ。

まあ弁護士VS弁護士なら裁判が進行しやすいけど弁護士VS本人のみだと裁判所が有る程度、被告と平行になるように考慮するようですね。

あくまでも弁護士をつけた側だけが必ずしも裁判で有利とも限らないようです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング