【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

何故江戸時代の大阪商人達は、商売上手であり大儲けする事が出来たのでしょうか?
伊勢商人や近江商人も有名のようですが。
やはり商才を重視し息子が優秀で無ければ、他家から婿を
取り当主としていたのが良かったんですかね?
まあ武家とは違い後継者は別に男子に拘る必要も
なかったと思いますけどね。

A 回答 (4件)

江戸幕府の三都政策です。



政治は江戸、
文化は京都、
商売は大阪。

このように分けることにより
権力分立を図ったのです。


日本は伝統的に、権力が集中するのを
嫌います。

だから、政治も、老中の合議制にしたり、
奉行所も南北に分けたりしたのです。
    • good
    • 0

大坂(当時は大阪ではなく大坂と呼ばれていました)の堺港に船が到着して、そこから物資が陸路で全国に運ばれました



陸のしか無い時、交通の要所ということで近江商人が栄えましたが、大坂に商が移ってからは衰退しました
伊勢は元々、少物資のやりとりです

大坂で安く仕入れて、地方に運んで高く売る
それが元です
    • good
    • 0

越後屋と悪代官の関係を見れば一目瞭然でしょう。

越後屋、お主も悪よのう!
    • good
    • 0

お役人には袖の下(賄賂)を渡しましたし、独占禁止法なんてありませんでしたからね。

商売が大きくなる商人は、どんどん大きくなります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング