行政書士の資格を取りたいと考えていますが、実際に勉強はいつ頃から始めて1日どのぐらい勉強すればよろしいのでしょうか?また独学かスクールへの通学かと言う事と、独学の場合、一番良い教材があればご紹介して頂きたいのですが・・・。個人差はあると思いますが、経験された方からの回答があればと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私は数年前に受験しおかげさまで合格しました。


はっきり申し上げて、行政書士のカテゴリーを完璧にマスターするのはその範囲の広さからいって不可能です。(弁護士じゃないんですから)
しかし、何事にもコツがあります。
つまり、まずは「合格」するテクニック。ポイントを押えた学習が肝要です。
私は、基本的には進研ゼミで有名なベネッセの通信教育しかしてません。(たしか6ヶ月だったと思います)
あと、過去問題の問題集をやりましたがあくまで実力の確認です。(おかげさまで合格レベルでした)
これで、あくまで「合格する」のには充分です。

最後に
>実際に勉強はいつ頃から始めて1日どのぐらい勉強すればよろしいのでしょうか?
の問いには。。。
通信教育の6ヶで一日に直すと(毎日は勉強しなかったので)1~2時間程度だと思います。 あとは、通勤、通学時間のいわゆる細切れ時間の活用です。

PS
ちなみに私は高卒なので学力は低いです。その時は社会人なので自由時間も少ないです。
それでも取れました。
頑張ってください。
    • good
    • 0

行政書士の試験科目は、大きく分けて、次の通りです。


1. 民法
2. 行政法
3. その他の法律
4. 国語
5. その他一般常識
これらをいままでに勉強した経験があるかどうかで、総学習時間は変わると思います。でも、来年10月の試験までには充分時間がありますから、今からでも始められると良いのではないでしょうか。
なお、私は通学でした。それは、スクールで教えてもらうという姿勢ではありません(結局は自分自身が覚えなければならないので)。学習プランのスケジューリング,学習事項の漏れがなくなる,最新情報の入手あたりが通学のメリットでしょうね。そして何よりも、ライバルというか一緒に勉強する仲間は、独学では得られませんから。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資格の勉強のための教材.

PC系の資格を取ろうと思うのですが、資格の書籍を買うのが根がけちなので、決心がつきません.^^;
PCな事だけに、受験の範囲さえ分かればある程度は、勉強できると思うし.
勉強し、合格した後、みなさんは教材や書籍はどうしていますか?

Aベストアンサー

こんにちは。
PC系の資格なら図書館がいいですよ。無料です。
私はPC系の本は買いません。手元に置くって言ったってPC系は劣化が早いし去年の情報がもう古いっていうのは当たり前の状況で古い情報を手元に置いてもね。
また、その為に金だしてもね。
図書館なら無料です。
ま、どちらにするかは本人次第ですけど。
でもPC系の資格ならWEBでも色々とあるし、本いりますか?
私もある程度PC系の資格ありますけど、本の購入はしませんでした。今も困っていませんけど・・。

Q独学のコツは過去問反復と試験と同じ勉強時間?

初歩的で申し訳ないのですが、独学で勉強する場合の基本は、
薄いテキストと過去問題の反復が一番なのですか?

(市販のぶ厚いテキスト買って、過去問題集買って、終わったら予想問題と・・・、壮大な計画立てても、出来たためしが無いもので・・・。)

それから、勉強時間も試験時間と同じ時間で勉強した方が良いのですか?
(試験が120分なら普段の勉強も120分と言った感じで。)

Aベストアンサー

何の資格か書いてないのであくまで一般論ですが、学習方法にはインプットとアウトプットがあります。

インプットは、比較的学習前半の知識を頭に詰め込む段階で、基本書を通読してノートにまとめたり、テープを聴いたりするのがこれにあたります。アウトプットは、覚えた知識を基にして過去・予想問題集を解いたり、模擬テストを受けたりする段階で、一般的にはインプットとアウトプットの繰り返しにより、効率的な知識習得ができると言われています。試験の難易度や自分の学習スタイルにもよりますが、一から分厚いテキストを読んでいくというのは挫折しやすい学習法の筆頭ですから、過去問題集を繰り返して解きながら、テキストの間違えた箇所に目を通したり、苦手な分野を確認するという方法がよいのではないでしょうか。

勉強時間と試験時間を同じにするかどうかについては、直前期に時間を計って過去問題を一通り解いてみるとか、模擬試験を受けてみるといった方法で、だいたい当日の時間配分のペースはつかめますから、あまりこだわらなくてもいいような気がします。それよりもたくさんの問題に触れて、いろいろなパターンに慣れる方が応用が利くはずです。

何の資格か書いてないのであくまで一般論ですが、学習方法にはインプットとアウトプットがあります。

インプットは、比較的学習前半の知識を頭に詰め込む段階で、基本書を通読してノートにまとめたり、テープを聴いたりするのがこれにあたります。アウトプットは、覚えた知識を基にして過去・予想問題集を解いたり、模擬テストを受けたりする段階で、一般的にはインプットとアウトプットの繰り返しにより、効率的な知識習得ができると言われています。試験の難易度や自分の学習スタイルにもよりますが、一から...続きを読む

Q医療事務の資格を独学で習得するにはどうすればいいですか。

 スクールや通信教育を受ける予算がないので独学で医療事務の資格を取りたいです。

どのくらい期間をかければ習得できますか。医療の知識がない人でもお勧めの参考書や勉強法があればお願いします

Aベストアンサー

んっと医療事務ですよね 医療知識は要らないですよ
ものすごく簡単に書くとカルテに書いてある薬や手技にかんしてて点数の書いてある本があります
その点数を計算するだけです。
医療事務のテキストとかを1冊でもやれば十分取れる資格ですよ。
ただ計算方法を覚えても実際はパソコンが勝手にしてくれますけどね(笑)
ただあまり医療事務の需要ってないですよ 出来ればメディカルクラークなんかの方が少しは需要があるかなぁと思います。

あとニチイさんとかで医療事務を受講すると就職もそれなりに斡旋してくれますよ

Q医療事務の通学講座

3月に大学を卒業した者です。就職はしておらず、今はバイトをしています。事務系の仕事に就きたいと考えています。事務職の中でも人と接し、人の為に働ける医療事務の仕事に興味があり、バイトでお金を貯めて半年後には勉強しようと考えています。
しかし、医療事務の講座は色々あって悩んでいます。その中から『ニチイ学館』と『日本医療事務協会』のどちらかにしょうと思っています。
どちらとも教室は通いやすい所にあり、夜間クラスもあるのでバイトしながらでも大丈夫そうです。
一応、自分なりに資料請求して比較し、今度無料説明会にも参加しようと考えています。
しかし、どちらも似ているので、どれを選べばいいのかわかりません。
講座終了後の事も考えると、どちらがおすすめでしょうか?

Aベストアンサー

単純に回答しますと、会社の規模も大きく病院から業務を多く受託している前者が有利でしょうか。規模が大きいと、それだけ講座終了後の就職斡旋先(紹介先)も多岐に渡るので有利かと考えます。もっとも後者も明らかに劣るというわけでもありませんので、授業の場所や時間の都合が良いか、または授業料などを比較されてみるのも良いかと思います。

ただし、医療事務は今大変な人気です。講座終了後に医療事務員として病院に入れるかどうかは微妙といわざるを得ません。一般事務や病棟クラークとして働くのでも良いのかどうか念頭に置いておく必要があります。また離職率も非常に高い職場であると聞きます。卒業生をどんどん送り込む為に辞めさせてでも・・・というのはあくまでも噂ですが。

どちらの会社も通常は会社独自の講座を終了できるだけで、その上には「厚生労働省認可診療報酬請求事務能力認定試験」という合格率30%前後の難しい試験があります。ここまで取れれば病院や医療事務の会社への就職等にかなり有利になると思いますが、なかなかハードです。

最初は興味、最終的にはやる気の勝負になると思います。人気があるために就職の競争率が高いことだけは覚悟して頑張って下さい。

単純に回答しますと、会社の規模も大きく病院から業務を多く受託している前者が有利でしょうか。規模が大きいと、それだけ講座終了後の就職斡旋先(紹介先)も多岐に渡るので有利かと考えます。もっとも後者も明らかに劣るというわけでもありませんので、授業の場所や時間の都合が良いか、または授業料などを比較されてみるのも良いかと思います。

ただし、医療事務は今大変な人気です。講座終了後に医療事務員として病院に入れるかどうかは微妙といわざるを得ません。一般事務や病棟クラークとして働くのでも...続きを読む

Q図書館書士について

図書館書士の資格を取りたいと思っています。どのような方法があるか教えていただければ有難いです。

Aベストアンサー

あのー、図書館司書のことですよね?

http://www.google.com/search
↑の検索エンジンに「図書館司書になるには」といれて検索してみましょう。
以下のようなサイトや、個人サイトがヒットします。

http://www.e-tekisei.com/~kaisetsu/shinro/kaisetu/50.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報