「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

学校の課題です。
SNS上の犯罪が、普通の犯罪と違って、加害者を見つけて、罪を償ってもらうのが難しい理由

よく理解できないので参考にさせてください。
ついでに私はなりすまし(他人のフリをする)事件が多いため加害者の情報が得られないからだと思います。

A 回答 (5件)

なりすましというよりも基本SNSは匿名だからすぐには犯人を特定出来ないからでは?

    • good
    • 1

加害者の氏名、住所を調べるのが


大変なのです。

まず、管理者に開示請求をしますが、
一般人が請求しても応じません。

それで提訴します。
提訴して認められればIPを開示します。

今度はそのIPから、相手の氏名などを
プロバイダーに開示請求します。
応じなければ、提訴します。

二回裁判になります。


面倒なので弁護士に依頼します。

弁護士なら、簡単ですが、数十万の
費用がかかります。


そうやって、相手を特定して始めて
損害賠償請求が可能になります。

名誉毀損などの犯罪が成立する場合でも、
被害者の方で、相手を特定しないと
警察も動こうとしません。


だから、大変なのです。
    • good
    • 1

加害者を特定するために携帯会社やプロバイダーに情報開示請求をしても、個人情報保護を盾になかなか応じてくれないこと。


 まず個人では無理。ネット犯罪に強い弁護士か警察に頼むことになるが、警察は被害者が自殺でもしない限り、事件として取り上げるのに消極的でなかなか動いてくれない。弁護士は費用がン十万かかる。
「学校の課題です。 SNS上の犯罪が、普通」の回答画像4
    • good
    • 2

匿名性が高いので、個人で探すのは大変です。

手の込んだものだと、いろいろなサーバーを経由して、海外から送られてくるものまで存在します。匿名ほど恐ろしいものはないのですよね。何を書いても、言ってもバレないんだから、自分自身は全く、痛くもなんともないんですからね。警察もサイバーセキュリティ対策とか言ってやってるフリはしていますが、その道にたけている人達には、所詮、歯が立たないのが現実だと思いますよ。簡単に言うと、日本はまず、通名制度と言う物があったり、芸名と言う物があったり、一人で何種類もの名前を使っても、それが普通になっていると言う事です。それが世界的に行われているのが、ネットの仮想社会だと思いますよ。夢物語をただただ語っている、それが犯罪につながってしまうのです。便利が生んだ不便です。
    • good
    • 1

ネット上では「著名」での加害者が多い為、特定して逮捕するには十分な情報が足りないからだと思います

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング