プロが教えるわが家の防犯対策術!

豊臣秀吉が、源氏の棟梁である足利将軍家の足利氏の名字を欲しがったのは、其の頃はまだ「サル」と呼ばれ、名字もなかったのですか?

A 回答 (2件)

秀吉の苗字は、地位が高くなるにつれて、変わりました。


①木下
伝説では、木下家に生まれたことになっていますが、苗字をもつほどの身分の家だったかどうか、疑わしいといわれています。
②羽柴(1573年から)
先輩の丹羽長秀・柴田勝家の苗字からとりました。
③平(1582年から)
明智光秀をたおした後、「平秀吉」または「 平秀吉朝臣 」 の名前で、いろいろな官位を受けました。
④藤原(1585年から)
関白になるとき、藤原氏の形だけの養子になりました。 5豊臣(1586年から):学者を集めて調査させ、その中から選んだ苗字です。
    • good
    • 0

木下という姓がありましたよ。


猿はあだ名。木下藤吉郎秀吉というのが元の名。
足利将軍の名を欲しがったのは征夷大将軍の位を望んだため。

無理と分かって藤原の姓を得て関白を称した。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング