プロが教えるわが家の防犯対策術!

なんで誹謗中傷とか名誉毀損とかネットから訴えないのかな?
お金がかかりすぎるのと時間がかかるからかな?

A 回答 (2件)

まず掲示板は匿名化されており、情報をサイト運営者には情報はわかりません。


だからIPアドレスを開示請求をします。だいだいは開示しますが、してくれないものもあります。で、訴訟を起こします。
IPアドレスから通信を行う会社(プロバイダ)に開示請求します。でほぼ100%開示拒否されます。開示請求と一緒にログの保存をお願いします。これはしてくれます。これをしないと消えて証拠がなくなります。
で、訴訟です。合意管轄の問題が発生します。
ほとんどの会社は合意管轄が東京地裁と簡裁です。地方のかたは足を運ぶ必要があります。
で、移送という形で、裁判所を最寄りの場所にできないか上申します。それでもだめなら開示しなかったことを理由にプロバイダを訴え、裁判所を最寄り地域の管轄にします。この裁判は訴えを取り下げてもいいです。
で相手の情報を開示請求します。相手が名誉毀損に当たらない、あなたに関することじゃないと主張します。負けじと反論し、勝訴を勝ち取ります。
で相手がわかったら損害賠償請求をします。

ここまでやることのできる人はそこそこいません。
しかも海外サーバーとかを使われたら、海外で裁判になります。もしくは、訴状などを英訳しなければいけなかったり、、、

こんだけかかります。弁護士に依頼しても、費用倒れになる可能性もあります。

また、相手を特定して損害賠償で勝訴しても、控訴したら、さらに時間を要します。
で判決が確定しても、強制執行手続きに入ります。
強制執行の申立をします。
差し押さえる財産を探します。(専門の業者などを使う。)
それで、強制執行しても、相手が無資力なら、差し押さえる財産がないため、何も得られません。
誹謗中傷してる奴は、IPアドレス偽装機能とか使ってないと思いますがしていたら足取りはつかめないでしょうね。


結論は、時間と金がかかるから、
海外からのやり取りの場合は特定不可能だから
いま法務省が手続きの簡略化を行ってるらしいですが、いつになるのでしょうか、果たして、被害者の負担軽減になるのでしょうか。
こんなとこです。
    • good
    • 1

そうですよ。



訴えるには、加害者の氏名、住所が必要ですが
どうやって調べるか。

管理人にIPアドレスを開示してもらい、
それをもとに、プロバイダーに氏名、住所を開示
してもらうことになりますが、
一般人が開示請求しても応じません。

それで開示請求の裁判をやるか、弁護士に依頼することに
なります。

開示請求は管理人とプロバイダー相手にやりますから
二回することになります。
弁護士に依頼すれば簡単ですが、数十万
かかります。

だから、よほどのことがないと訴えないのです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング