2A+B=Rなる両論式でしめされる定密度系として進行する気相反応系よりRの生産を行った。CA0=2.0mol/l,CB0 =1.2mol/l CR0=0mol/lである。この反応は一定の温度で行った場合、下記の反応速度式で表される。
rAb=-kCACB2mol/l/min
この積分式はどのように解くと良いのですか



 A+B+C=Rなる気相均一反応が
  k1     
A+B⇔AB* (1)
k’1

   k2     
C+AB*⇔ABC**(2)
  k’2

   k3     
ABC**→R   (3)
 
なる経路を経て進行するとき、(3)の素反応がリッソク段階だとする。ここでAB*,ABC**はそれぞれ複合体でかつ中間性生物である。このとき、中間生成物であるAB*,ABC**の生成速度、生成物Rの生成速度式rを導出するにはどうすればいいですか。

A 回答 (3件)

1.の問題にも答えましょう。


まずこの1.は2.の応用で2.のBがAでCがBか、2.のBはBでCがAかであれば良いのです。

>>rAb=-kCACB2mol/l/min
は間違いだと思われます、これを用いて書くならrR=kCA^2*CB mol/l/minになります。
rR=dCR/dt=-dCA/dt=kCA^2*CB
また
CA=CA0-2CR; CB=CB0-CR
この微分方程式を解いてください。初期条件はCR0=0です。
    • good
    • 0

あ、すみません気相系でしたね(汗


濃度の代わりに圧力Pa、Pb、Pr、Pab*、Pabc* を使って下さい。
あとは同じ。
    • good
    • 0

第2問だけ、


AB*の生成速度は
d[AB*]/dt=k1[A][B]-k'1[AB*]-k2[C][AB*]+k2''[ABC*]

d[ABC*]/dt=k2[C][AB*]-k3[ABC*]

d[R]/dt=k3[ABC*]

さて、平衡は、ってこれで終わりでした残念!(俺は○○侍か)

第1問は分からないっていうかこれ積分式ですか???それに大文字小文字とか括弧とか間違ってませんか?どうも変。で、残念。(笑い)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた

0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた8mol/Lの塩酸の量を求めよ。

途中でおかしな方向にいってしまいます、、
教えてください!><

Aベストアンサー

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L = 0.2 mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 L

(2)加えた8mol/Lの塩酸:X (L)
 (溶質)塩酸 8 mol/L * X (L) = 8X mol
 (溶質 + 溶媒)X (L)

(3)できあがった塩酸:(1)と(2)を足したもの。
 (溶質)塩酸 0.2 + 8X mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 + X (L)

 これが 2 mol/L になるためには
  (0.2 + 8X)/(0.4 + X) = 2 mol/L
より
  0.2 + 8X = 0.8 + 2X
 → 6X = 0.6
 → X = 0.1 (L) = 100 (mL)

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L =...続きを読む

Q反応熱=(生成物の生成熱の総和)-(反応熱の生成熱の総和)について

先ほどもご質問させていただいたのですが、また質問させていただきます;熱化学方程式で、「反応熱=(生成物の生成熱の総和)-(反応熱の生成熱の総和)」という関係式があるのですが、このとき、「単体の生成熱を0として考える」とあります。その理由が、よくわかりません。

なぜそうなるのか、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

単体の生成熱を考えてもいいですが,それは何から作るときの熱と考えればいいですか?
ということで,最初の基準点は何か決めないといけないわけで,手っ取り早く単体から始めるように決めた,というだけのことです.

Q電離定数2.0×10^-5 mol/Lの酸HAの0.10mol/Lの水

電離定数2.0×10^-5 mol/Lの酸HAの0.10mol/Lの水溶液とそのナトリウム塩NaAの0.10mol/L水溶液とを体積比x:yで混合してpH5.0の緩衝液を精製した。xとyを最も簡単な整数比で答えなさい。

という問題です。問題の答えや解き方など基本的な部分からお願いします。

Aベストアンサー

混合直後の濃度は、

[HA]=0.10・x/(x+y)
[A^-]=0.10・y/(x+y)


HA ⇔ H^+ + A^- の平衡状態に於いて、

pH=5 では「HA」の解離により [H^+]=10^(-5) になるから、


[H^+][A^-]/[HA]=10^(-5)・{0.10・y/(x+y)+10^(-5)}/{0.10・x/(x+y)‐10^(-5)}=Ka

が成り立ちます。


ここで 0.10・x/(x+y), 0.10・y/(x+y)>>10^(-5) と仮定して次のように近似すると、


≒10^(-5)・{0.10・y/(x+y)}/{0.10・x/(x+y)}
=10^(-5)・(y/x)=Ka=2・10^(-5)

∴ y/x≒2


結果から、

0.10・x/(x+y)=1/30
0.10・y/(x+y)=2/30


近似は妥当と思います。

Q水1L+アルコール1L=1.8L by 大西憲章

昭和60年代、中央ゼミナール、代々木ゼミナールで大人気だった大西憲章先生という化学の講師がいました。私はその先生の大ファンでその先生がくり返しくり返しじゅ文のような唱えて教えてくれていた豆知識が受験終了後もずっと頭に残ってとても役に立ちました。いまでもよく宴会のネタに使ったりします。その中に、表題の「水1Lとアルコール1Lを混ぜると1.8Lになる。」というのがありました。理由はアルコール1分子は水1分子を吸着してCH3-CH2-OH・8H2Oという分子?になるからということでした。私は信じて疑わず、結構長い間みんなに(偉そうに)教えてあげてきたのですが、20年以上たって、京都大学医学部卒という自信満々の友人から「ほんとか、信じられない。」とつっこまれ、悔しくていろいろ探したのですが、あろうことかどこにもそういった事実は見つかりません。大西先生の名誉のためにも、どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら、どういうことだったのか教えていただけませんか。?

Aベストアンサー

エタノールと水の場合、1.8Lは大げさですが、約1.97Lになります。
http://http://www.nmij.jp/~dsmnt-tech/cal-ver/alcohol.pdf

これは、水分子の構造と大きな分極によって隙間が大きい構造を保っていることや、エタノールのヒドロキシル基と水の水素結合がかかわってきます。

 水だけ(ビスマスなどもあるけど)固体よりも液体の密度が大きなのも、そのためです。 水の結晶(氷)が溶けると水分子がその隙間に入り込む。

 アルコールと水か混ざると、アルコールのヒドロキシル基と水分子の間で水素結合の再構築がされるのですが、結果的にエタノール分子の一部が水分子の隙間に入り込む形になるとイメージできると思います。
 結果的に体積が少し減る。

 確かベンゼンは高温高圧化では水と混ぜると体積が3倍になる。逆もある。

>理由はアルコール1分子は水1分子を吸着してCH3-CH2-OH・8H2Oという分子?になるからということでした。
 それはないです。

Q硫酸18mol/Lを1.5mol/Lへ

硫酸18mol/Lを1.5mol/Lへ希釈したいのですが、どのような式で希釈すればいいのでしょうか?
18mol/1000ml→1.5mol/1000mlなので、超純水で12倍に薄めるだけでいいんでしょうか?

また、リン酸の濃度85%程度を0.3mol/Lにするにはどうすればいいですか?

Aベストアンサー

硫酸1モルを重さではかり、それを希釈して1リットルにするということです。式云々ではありませんし、濃硫酸を体積ではかるのが現実的であるとは思えません。したがって、硫酸の濃度18mol/Lを意識する必要はありません。意識すべきは硫酸の純度と分子量です。分子量は98なので、98%硫酸であればちょうど100gが1モルです。したがって、150gを1リットルに希釈すればよいということです。これは900mLの水を加えるという意味ではありません。適当な量の水を加えて1リットルにするということです。まあ、このあたりは求める精度にもよることです。
ちなみに、100gの濃硫酸に水を加えると大変なことになりますので、単純に混ぜるのはやめておいた方が良いでしょう。少なくともこの手の計算ができない人には危険すぎます。病院行きになりたくなければ経験者の指導の元に行って下さい。

リン酸に関しても同様です。リン酸の式量から0.3モルの質量を計算して、それを0.85で割ることによって必要な85%リン酸の質量を計算し、それはかりとったうえで1リットルに希釈するということです。こちらの方はさほどの危険はないでしょう。

ちなみに、超純水を使うのはほとんど無意味です。それが意味を持つほど硫酸やリン酸の純度は高くありません。

硫酸1モルを重さではかり、それを希釈して1リットルにするということです。式云々ではありませんし、濃硫酸を体積ではかるのが現実的であるとは思えません。したがって、硫酸の濃度18mol/Lを意識する必要はありません。意識すべきは硫酸の純度と分子量です。分子量は98なので、98%硫酸であればちょうど100gが1モルです。したがって、150gを1リットルに希釈すればよいということです。これは900mLの水を加えるという意味ではありません。適当な量の水を加えて1リットルにするということです。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報