先日受けた人間ドッグの結果で、胆のう胞と記載されていました。
胆のう胞とは何ですか?教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

胆嚢の中に「空気の入った泡」のようなものがあるのだと思います。


私の場合は、腎臓の中にあり「腎嚢胞」といわれました。とくに心配は無いとのことでした。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

適切な回答ありがとうございました。
心配だったのですが、今日病院へ行き同様の説明を受けました。
経験者の言葉で、安心して病院へ行けました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/12 01:08

「肝のう胞」に関しては、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「肝のう胞」

ご参考まで。

参考URL:http://medi-navi.com/disease/dis-hepacyst.html
    • good
    • 3
この回答へのお礼

HPの紹介ありがとうございました。
早速拝見させて頂きました。
又、今日病院へ行きHPの内容のような説明を受けました。
とりあえず、心配ないと言われ安心しました。
お騒がせ致しました。

お礼日時:2001/08/12 01:16

それは、肝嚢胞の間違いではないでしょうか。



胆管には、先天的に一部が拡張する胆管嚢腫という病名がありますし、胆嚢では形態異常を表す言葉として、屈折胆嚢、砂時計胆嚢、胆嚢憩室などの言葉がありますが、胆嚢胞という病名はないと思います。

そもそも嚢胞というのは、肝臓、腎臓、肺などの実質臓器(中身が詰まっている臓器)にできるもので、胃腸や胆嚢など管腔臓器にできるものではありません。

肝嚢胞であれば、肝臓の中に液体の貯留した袋状のものがある良性疾患で、特に心配いりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
おっしゃるとおりでした。
今日病院へ行き
『肝臓の中に液体の貯留した袋状のものがある良性疾患で、特に心配いりません。』
と言われ安心致しました。
専門家の方の回答に安心しました。

お礼日時:2001/08/12 01:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肝内胆管結石の除去の為の肝臓一部切除&胆嚢結石の為の胆嚢切除を同時に、逆L字切開の開腹手術を約7カ月

肝内胆管結石の除去の為の肝臓一部切除&胆嚢結石の為の胆嚢切除を同時に、逆L字切開の開腹手術を約7カ月前に行ったのですが、未だに腹が張る感じ・釣る感じが有ります。
少し長引いている様な気がするのですが、こんな物なのでしょうか。

Aベストアンサー

1年間位は違和感がある感じがあると思います。また、その後も季節の変わり目はピリッとした感じはおきると思います。肋間神経痛の様な感じです。(切った場所とはまた違うところがピリッと痛くなるのが不思議です。)

Q先日の人間ドックの結果が届きました。 乳がんの乳腺超音波検査で、左乳房占拠性病変疑いと左乳腺のう胞

先日の人間ドックの結果が届きました。

乳がんの乳腺超音波検査で、左乳房占拠性病変疑いと左乳腺のう胞が所見としてあり、主治医に紹介状が同封されてあり、精密検査を受ける様に通知が入ってました。

占拠性病変疑い、乳腺のう胞、どちらも乳がんの疑いは限りなくあるということなんでしょうか。

来週再診しますが生きた心地がしません。
確かに左乳房の下側に異物感はかんじますが、はっきりしこりなのかは自分でわからなくて、、。
不安です。

Aベストアンサー

左乳房占拠性病変

場所と病気に変化している所見です

検査結果、のう胞、で有るということですね

Q膵胆管合流異常の手術方法について

40代の女性です。胆嚢壁肥厚があり、胆管肥大をともわない膵胆管合流異常と診断受け癌になりやすいと言うことで手術が必要と診断うけました。(内科)。
どのような手術なのでしょうか?入院期間は?手術後の後遺症は?

Aベストアンサー

 中学生の息子が、6月の下旬に腹腔鏡による胆嚢摘出手術をしました。胆石による急性膵炎で入院し、検査の結果、胆管肥大をともなわない非拡張型の膵胆管合流異常もあると診断されました。拡張型の場合は、開腹手術で胆管切除をしなければならないが、非拡張型の場合は、お医者様のなかでも意見が分かれるそうで、息子の場合、今回は胆嚢摘出だけで、胆管のほうは毎年胃カメラで経過観察することになりました。でも、成人したら胆管の手術をしたほうが望ましい。とも言われました。
 入院期間ですが、息子は膵炎まで併発していましたので1ヶ月近くかかってしまいましたが、腹腔鏡による胆嚢摘出だけなら5日くらいの入院ですむと思います。日帰り手術をしてくれる病院もあるようです。開腹で胆管まで手術するともう少し長くかかると思います。
 後遺症ですが、特にありません。インターネットで調べたら下痢に悩まされている方もいらっしゃるようで心配したのですが、息子の場合は油っぽいものを食べてても、なんともありません。
 気づくのが遅く、お役にたてるかわかりませんが、ひとごととは思えず投稿しました。

Q初めて質問します。先日の人間ドッグで、肺がん腫瘍マーカーがSLX40.

初めて質問します。先日の人間ドッグで、肺がん腫瘍マーカーがSLX40.0、NSE15.6と基準値以上のため、二次検査の通知を受けました。ネット等で見て、怖くなり、ドッグを受けた病院ではなく(1週間以上後の要予約となっていたため)、すぐ診てもらいたく、近くの病院へ行きました。しかし、招待状無しのため、ドッグでも異常無しであったレントゲンを再度とり(それは仕方ないと思うのですが)、やはり特に異常は無いとのことで、それ以上の検査をしてもらえませんでした。2次検査として、異常無しなら無しで安心できるような検査をしてもらいたいのに、「症状のない患者に体に負担の大きい検査をさせる必要は無い」「スタッフにも負担をかけたくない」「心配ならドッグを受けた病院で診てもらえばいい」と言われてしまいました。結局10日後にドッグを受けた病院で診てもらう予約を入れたのですが・・・。不安はつのる一方です。10日間もこんな気持ちのまま過ごすかと思うと、いてもたってもいられません・・・。「マーカーで基準値以上が出ているのに、レントゲンだけで本当に安心していいんですね?」と質問すると、「人間いつかは死にますから。」と言われて、心底不安になりました。マーカーのことについて、いろいろ調べてはみましたが、この先生のご意見を安心して受け入れていいものか、ぜひどなたかご意見をください。よろしくお願い致します。

初めて質問します。先日の人間ドッグで、肺がん腫瘍マーカーがSLX40.0、NSE15.6と基準値以上のため、二次検査の通知を受けました。ネット等で見て、怖くなり、ドッグを受けた病院ではなく(1週間以上後の要予約となっていたため)、すぐ診てもらいたく、近くの病院へ行きました。しかし、招待状無しのため、ドッグでも異常無しであったレントゲンを再度とり(それは仕方ないと思うのですが)、やはり特に異常は無いとのことで、それ以上の検査をしてもらえませんでした。2次検査として、異常無しなら無しで安心できるよ...続きを読む

Aベストアンサー

「症状のない患者に体に負担の大きい検査をさせる必要は無い」、「心配ならドッグを受けた病院で診てもらえばいい」。これらは普通の対応だとしても、「スタッフにも負担をかけたくない」、「人間いつかは死にますから。」はどういった状況で受診したのか分かりませんが、困った対応ですね。時間外なら仕方がないですが。時間内なら困った病院と医師なのか、それとも質問者さんが相当変な患者だと思われたのか、その両方か。
いずれにせよ、肺のCTが必要でしょうね。質問者さんがきちんとした紹介状として持参すればちゃんとした検査を組むのが普通です。フライングが引き金になった可能性が大きいですね。10日間待てない状態なら症状も出てきているでしょうし、治療しても効果も期待できないでしょう。今は待つほかないと思いますよ。

Q胆管癌の切除範囲等、教えてください

62歳男性。乳頭癌から胆管癌と説明変わる。内科医は胆嚢は取るが十二指腸と胆管の一部の切除と説明。オペが一杯でひとつき待つ。手術の4日前再入院。初めて外科医がきて
胃の4分の1、すい臓の一部、胆嚢胆管十二指腸全摘とせつめい。術後全く話なし。死去する2日前に話しを聞きたいと2時間待ったがオペが入ったと帰される。死去する1週間前に重湯が始まったが翌日嘔吐、腹部より大出血。2日後に又大出血。CTなど検査なし。翌日輸血。翌々日死去。家族が呼ばれ入った集中治療室では、心臓マッサ-ジが行われていた。癌?は外壁1cm未満

Aベストアンサー

外科が専門ではありませんが、乳頭癌、胆管癌では胃・膵部分切除、胆嚢・胆管。十二指腸合併切除は標準的な手術方法だったと思います。消化器外科では最も広汎で難しい手術の一つです。術後は胆管、膵管の外ドレナージで消化液を体外へ誘導し、消化液の漏れなどによる縫合不全や膵炎を予防するなどの処置がとられます。きちんと膵液が誘導されているかなど、術後管理も大変難しいものです。そのため術後急性期の死亡を含む重篤な合併症の率も高い手術です。外科の先生に手術の危険性をしっかり説明していただかれましたか?
(私の母も同じ手術を受け、結局術後管理は私が自分でしました。10年以上たちますが、元気です)

Q先日十二指腸のポリープの結果が出て良性で約5ミリ位だそうです。三ヶ月置き位に胃カメラ検査を受けること

先日十二指腸のポリープの結果が出て良性で約5ミリ位だそうです。三ヶ月置き位に胃カメラ検査を受けることになりました。何回かのカメラをするのと手術してとって貰うのと皆様ならどちらを選択しますか?悩んでいます。3年位前から少し凹みが有りそのままの大きさで、平たいポリープになっていました。まだ大きくなるのか不安です。

Aベストアンサー

普通は良性のポリープなら次回の検査は1年後にすれば良いのですが、医師の判断は3ケ月後にもう一度しましょうとの判断ですよね、多分今回切除したポリープの跡を見たいのだと思いますよ。余り気にする必要はないと思いますよ。

Q胆嚢腺筋症なのか胆嚢癌なのか・・・。

先月後半に、母が胃痛を訴え深夜病院に行き診断をした所「胆石が有り、胆嚢の壁が厚い」と診断されました。痛みも消えそのまま帰宅をし今日現在まで痛みはありません。診断を受けてから外来で血液・造影剤・エコーといった検査をし今日結果が分かりました。癌の疑いもあると言われていましたが、肝臓・胆管・黄疸は異常なしでした。
「胆嚢腺筋症の疑いもあります、でも癌の疑いもありますがもし癌でも進行してる場合が多いですが、コレを見る限り(写真)では胆嚢腺筋症だと思います。」と言われました。なんだか腑に落ちないので以前大腸ポリープでお世話になった大学病院に行く予定です。あやふやな回答だったので何を信じたらいいのか・・・。やはり、肝臓・胆管・黄疸に異常なくても癌の確率は高いのでしょうか?今年初め頃に大腸ポリープを切除したばかりでその時は一部ガン化で根治術をしたばかりなのでとても不安です。まだ、若い(50歳)母なので頑張ってほしいです。

Aベストアンサー

胆嚢腺筋症と胆嚢癌の100%鑑別は無理かと・・・。
それはなぜかというと、胆嚢腺筋症の中には、拡張したRokitansky-Aschoff Sinus(以下RAS)や肥厚した胆嚢壁内に微細に胆嚢癌細胞を含むものもあるからです。胆嚢腺筋症に早期胆嚢癌の合併という報告ももちろんありますが、切除前に診断できたら学会発表できるぐらいです。
つまりRASが見えたから胆嚢腺筋症、見えないから胆嚢癌とは言い切れないのです。
お母様の場合は、「コレを見る限り(写真)では胆嚢腺筋症だと思います」と言われたところをみると、『腹部エコー上、肥厚した胆嚢壁にRASが見えた』ということだと思います。
それで胆嚢腺筋症でしょう・・・という表現になったのでは。
腹部エコー等では残念ながらこれが限界なので、こういう表現しか出来なかったのでは?この先生は正直だと思いますね。
大学病院等の大きな病院には超音波内視鏡が置いてあると思いますが、
これも100%診断は出来ません。肥厚した胆嚢壁をすべてチェックするのも一個一個のRASを見るのも大変!もしRAS内に盛り上がりを見つけることができたら、先ほど述べた通り学会発表ものです。
大学にてセカンドオピニオンを聞かれるのは良いことです。
だけど(上記の理由につき)大学の検査に過度の期待はしない方が良いですよ。
結局、胆嚢腺筋症を疑って腹腔鏡補助下胆嚢摘出術をして、胆嚢腺筋症だけで良ければそれで終了、一部に早期癌が入っていたら開腹術に切り替えて肝臓の一部とリンパ節をとる施設が多いと思います。
従って診断が確定するのはやっぱ術後の病理結果後じゃろうと思いますよ。
少なくとも胆嚢腺筋症と考えられるなら、本当に胆嚢腺筋症か、早期胆嚢癌をごくわずかに含んでいるか、のどちらかですので、進行癌の心配は無用と存じます。

胆嚢腺筋症と胆嚢癌の100%鑑別は無理かと・・・。
それはなぜかというと、胆嚢腺筋症の中には、拡張したRokitansky-Aschoff Sinus(以下RAS)や肥厚した胆嚢壁内に微細に胆嚢癌細胞を含むものもあるからです。胆嚢腺筋症に早期胆嚢癌の合併という報告ももちろんありますが、切除前に診断できたら学会発表できるぐらいです。
つまりRASが見えたから胆嚢腺筋症、見えないから胆嚢癌とは言い切れないのです。
お母様の場合は、「コレを見る限り(写真)では胆嚢腺筋症だと思います」と言われたところをみると、『腹...続きを読む

Q胆管がんと原発性硬化性胆管炎を見分けるには・・・

主人のことで相談します!よろしくお願いします。
50代の主人が昨年の秋に黄疸がひどくなり診察したところ胆管がんで余命半年、手術不可能とされステントでの減黄をし現在に至っています。癌と診断の理由は腫瘍マーカーCEAが14,6 CA-19-9が5000、DYUPAN2は16000だからでしたがそれから半年以上経ちますが食欲不振と背中の痛みがありますが肝機能の数値も良く状態は落ち着いていて担当医は原発性硬化性胆管炎かもしれないと言うのです。腫瘍マーカーの数値から言ってそんなことがあるのでしょうか??胆汁で癌を調べたところ1~5で3レベルで判断はつかず困っています。どうか教えて下さい。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ご主人さんが癌と診断され半年とのこと、ご苦労いかばかりかとお見舞い申し上げます。

画像診断上は胆管癌と原発性硬化性胆管炎を見分けるのは非常に困難です。
原発性硬化性胆管炎が胆管癌を合併することもあり、臨床的に判断がつかない場合も多いです。

腫瘍マーカーの推移はいかがですか? 黄疸の有無によってCA19-9は上下するので、診断された当時黄疸があって今はないということなら、CA19-9は低下しているかもしれません。
CEAは喫煙によって少し高くなることはありますが、黄疸によっては左右されません。
DUPAN-2は良性疾患でもあがることがありますが、1600は高いようですね。
この3つのマーカーが全て下がっているなら原発性硬化性胆管炎だったのか、あるいは癌があっても比較的落ち着いている状態なのかもしれませんね。

ただ、原発性硬化性胆管炎であったとしても、経過は胆管癌とあまり差はありません。少しずつ進行して、身体の調子を崩される日がいつくるかもしれません。

「癌であるかそうでないか」という鑑別に時間を費やすよりも、せっかくお元気でおられるなら、その時間を有意義に過ごしていただくのがいいのではないかと思います。

実際の余命は医師にも誰にも判らないものです。
これからご主人さんが過ごされる時間が長くても短くても、充実した人生を送っていただければと祈ります。

ご主人さんが癌と診断され半年とのこと、ご苦労いかばかりかとお見舞い申し上げます。

画像診断上は胆管癌と原発性硬化性胆管炎を見分けるのは非常に困難です。
原発性硬化性胆管炎が胆管癌を合併することもあり、臨床的に判断がつかない場合も多いです。

腫瘍マーカーの推移はいかがですか? 黄疸の有無によってCA19-9は上下するので、診断された当時黄疸があって今はないということなら、CA19-9は低下しているかもしれません。
CEAは喫煙によって少し高くなることはありますが、黄疸によっては左右され...続きを読む

Q胆嚢摘出手術の時期について

昨年の11月に総胆管結石でEST内視鏡的乳頭切開術を受けました。
今はそんなに痛みはありません。
泥状の石がおそらく残っているだろうから、将来のことも考えて
胆嚢も取ったほうが良いと言われています。
小腸から大腸菌が入りやすいとも言われました。
胆嚢を取らないとまた激痛が突然起きることもあるのでしょうか。
なるべく手術はしたくないです。放って置くとどうなりますか。

Aベストアンサー

胆嚢炎を合併することで、
発熱・黄疸・悪心・嘔吐・食欲不振等の
消化器系不定愁訴がみられると言われています。
判断し得る情報が十分そろっていないので、
参考意見が申し上げられませんが、
maribanaさんのお気持ち(できれば手術を受けずに経過をみたい)
を主治医へご相談なさってみてはいかがでしょうか。
医師が勧めるだけのメリットがあるのかもしれません。
ただ、maribanaさんのお気持ちを伝えたことで、
また違う治療方針が見つかるかもしれませんし。
(例えば食事の制限:脂肪制限や刺激物・過労などの身体的・精神的なコントロール等が必要です)

お一人で悩まれずに、是非受診し御相談なさってお気持ち楽になさって下さい。

Q人間ドッグは必要?

会社の健康診断受けていても人間ドッグは必要なんですか。
保険が効くんでしょうか。いくらくらいかかりますか。どんな項目を受ければいいのですか。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

私が毎年受けている人間ドックは、日帰りで約7万円です。
私が受けている検査項目は、検尿、検便(便潜血検査)、血液検査、血圧、体重、体脂肪率、視力、眼底・眼圧、聴力、心電図、肺活量、骨密度、触診、肺レントゲン、肺CT、内臓超音波診断、胃カメラです。
胃は通常はバリウム検査ですが、カメラの方が確実なのでこちらにしています。

会社で受けている内容にもよりますが、眼底・眼圧は緑内障発見のために必要かと思います。
便潜血検査は、胃や大腸からの異変を察知するものです。
肺CTは肺がん、心電図は心臓疾患の発見、胃カメラは言うまでもなく胃がんの早期発見です。
血液検査は、いろいろな身体の状況の発見に役立ちます。特に、空腹時血糖値は糖尿病の目安を知るのに役立ちます。

ですから(質問者さまの年代にもよりますが)、血液検査、尿検査、検便、胃カメラ、肺CT、心電図くらいは、最低受けた方がいいような気がします。

値段は、実施機関によって千差万別です。
日帰りで4~5万円くらいのところもあります。
人間ドックは病気の治療を目的としていませんので「保険診療」の扱いにはなりません。
検査項目を増やしたい場合はオプションで可能ですが、その分料金は高くなります。

私が毎年受けている人間ドックは、日帰りで約7万円です。
私が受けている検査項目は、検尿、検便(便潜血検査)、血液検査、血圧、体重、体脂肪率、視力、眼底・眼圧、聴力、心電図、肺活量、骨密度、触診、肺レントゲン、肺CT、内臓超音波診断、胃カメラです。
胃は通常はバリウム検査ですが、カメラの方が確実なのでこちらにしています。

会社で受けている内容にもよりますが、眼底・眼圧は緑内障発見のために必要かと思います。
便潜血検査は、胃や大腸からの異変を察知するものです。
肺CTは肺がん、心...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング