痔になりやすい生活習慣とは?

楽器のチューニングも 時報も 音階の始まりも
すべて「ラ」ですよね。
でも どうして「ラ」なのでしょうか?
そして「ラ」が重要としつつも
どうして音階は(長調の場合ですが)「ド」で始まるのでしょうか?
誰が決めたんでしょう?
「ド」の方が 感覚的に納得できるんですが。
大学で音楽を学んだものの 今さらこういうことが疑問に感じられて
仕方がありません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

古代ギリシャ音楽(BC800~)に発しているようです。


古代ギリシャにもいろいろな旋法(音階と同義)がありますが、すべてAから発し、下方向に向かって、全音、全音、半音、の2回繰り返しで成立しているそうです。

旋法の変遷は大変複雑で、わたしも十分消化し切っておりませんので、以下資料中の文章をそのまま貼り付けます。(「」で記載)
なお詳細は資料をご覧になってください。

「ヨーロッパでは、古代ギリシャの音名に倣(なら)い、古くから1オクターブの12音の中で7つの音を使って音楽を組み立てていました。その組み合わせはいろいろあったようですが、このうち標準となったものが、基準になる音(a=ラ)から、下に向け「全音、全音、半音」の4度を2つ重ね、さらに全音1つを足すことで1オクターブが完成するという「ディアトニック音階」の手法で、ピアノの白鍵はこの音階を表しています。
 音の固有の高さを示す音名は、この基になる「ラ」に相当する高さの音をAと定め、上(高い音)に向かって順にABCDEFGと名前をふることで成立しました。」

(詳細は下記URL、「音名の成り立ち」、をご覧になってください)
http://www.ne.jp/asahi/voce/home/MameChisiki/Mam …

「古代ギリシア音楽にはいくつもの旋法があったが、中心音はいずれも「メーセ(中音)」と呼ばれるイ音であり・・・」
http://www.tcat.ne.jp/~eden/Music/dic/senpou.html

階名は教会音楽からきたようです。
「991(992)年頃に生まれた、ギドー・ダレッツォ(Guido d'Arezzo)が「聖ヨハネの賛歌」の各節の最初の綴り字を取り出して、それをそれぞれの音の高さに当てはめて用いたことから生まれました」
http://www.euph.net/memo/tone_name.html

文献を調べていて、古代音楽にもさまざまな形式があり、それらの中の取捨選択で現在の音楽につながっている大きい流れを感じました。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/voce/home/MameChisiki/Mam …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説をありがとうございます。
私も いろいろと文献にあたってみたいと思います。
日々精進ですかね・・・。
お陰様で 研究欲がムクムクと。(^^;
ありがとうございました!

お礼日時:2005/01/22 23:36

ラの音は時報の音ですね。

私も学生の頃に疑問に思ったことがあります。どうしてなのでしょうか?

音叉もラの音で440サイクル、これが世界共通の音だと言うこともどうやって決めたのでしょう?

ドは長調の最初の音ですが、短調の最初の音と考えたらラの音から出発なので、音叉の音や時報の音、世界共通のチューニングの440サイクルの高さの音という事になったのでしょうか?
    • good
    • 0

#3です。



中世の教会旋法では調整が変わると音階そのものが変わったのです。現在の楽譜の様にシャープやフラットをつけなかったからです。これは東洋の雅楽でも同じコトです。我が国の国家は雅楽の旋法で書かれていますが、主音がレの音です(レで始まりレで終わる)。

下のURLで教会旋法の楽譜を見つけましたので貼り付けておきました。ここだけ見てもわかりにくいですが。

参考URL:http://www.ipc.fukushima-u.ac.jp/~p084/riron/Pal …
    • good
    • 0

5です。



宗教関係の曲から
階名が決まったということを
聞いたことがあったので
検索してみました。

http://www.google.co.jp/search?q=cache:p03mKbL7Q …

もし、質問者様がご存じでしたら
前回、今回とも蛇足だったかもしれません。
    • good
    • 0

質問者様が専門家でいらっしゃるのに


回答するのも少し恥ずかしいですが
チューニングのことだけ・・・。

国際会議で決められた経緯が
あるようです。

国際調子(インターナショナル ピッチ)
スタンダード ピッチ

http://www.google.co.jp/search?q=cache:b6riCV_bD …

手持ちの本では、1859年パリの会議で決められた
ものを、さらに1887年ウィーンで開かれた
国際会議で一点イを435Hzと決定したとあります。


演奏会調子(コンサート ピッチ)
http://www.google.co.jp/search?q=cache:BQq-YaHnx …

1834年ドイツのシュツットガルト会議で決められたそうです。

日本では昭和23年までは
一点イを435Hzとしていたそうです。
現在では442Hzが一般的ですが。

物理学では
標準調子を一点ハを256Hzとする
理学調子というものがあるそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

興味深い記事だと思います。
絶対音感を有する者だけが感じることかもしれませんが
各音階の色合いというか個性というものは 必ずあるものですよね。
でも こうした音階感(?)も Hzの観点から考えると
思いこみに近いものなのかな~なんて思ってしまいます。
特に管楽器奏者などは たまに見かける 440Hzの楽器では
気持ちが悪くて 演奏どころではありません。
(たぶん 多くの演奏家が そうだと思います)
情報ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/22 23:44

#1の者です。



先ほどは中途半端なお答えで申し訳ありませんでした。
言葉にするとなると難しいものですね(^-^;
色々調べてみたところ、以下のHPで分かりやすく説明がされているようです。
参考になさってください。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/voce/home/MameChisiki/Mam …

この回答への補足

URL のご紹介ありがとうございます。
とても詳しい資料で じっくり読ませていただきました。
・・・が、私の理解力不足のためか まだ解決しません。
このページにあるように 昔の音階は「ヘクサコード(本によってはヘクサコルド)」の考えによって構成されました。
↑始まりの音を変化させることによって 音律(音階)も生まれました。

でも このヘクサコードが そもそも「ド」から始まっているようなのです。
それとも「ラ」から始まるヘクサコードが 当時は主流だったのかな・・・?
どなたか ご存じの方 いらっしゃらないでしょうか?

補足日時:2005/01/16 23:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ごめんなさい。訂正です。
音律(音階)ではなく 旋法です。
音律は 当時のチューニング法ですよね。
失礼しました。

お礼日時:2005/01/16 23:28

ドレミの音楽に親しんだ我々にはそう感じられるかもしれませんが、ルネサンス期までの西洋音楽では全く違ういくつもの音階で音楽が作られていたのです。

そして、その楽譜の記譜上の最低音がAです。

それと、余談ではありますが、古い時代の音程がなぜ今再現できるのか。鐘が残っているからです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
いくつもの音階=音律のことでしょうか?
その当時の楽譜は まだ5線に統一されておらず
いくつもの種類があったと思いますが どの楽譜になりますでしょうか?
もし出典等ありましたら どうぞ教えて下さい。
よろしくお願いします。

補足日時:2005/01/16 22:01
    • good
    • 0

ドレミファソラシドは


ハニホヘトイロハでありCDEFGABCです。
ラ=イ=Aですね
もともとラが基準でした。
わかった時点でなおすべき!ですが残念。
なおっていないのが実に多いんです…
化学の電子配置はK殻から始まりますし
電流は+から-へ…電子は-から+へ…

南国にある打楽器(名前は度忘れ)は
ラシドレミファソという1オクターブで出来ています。
ドレミファソ(↓1オクターブ下がり)ラシド…となります。
ドレミファソラシドは後になってからの基準ですから取り残されているのだと思います。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
もともとラが規準だったのは いつ頃でしょうか?
昔の各音階は 絶対音ではなく
相対音の並び方としての存在だったと思いますが・・・。
このあたりが疑問なんです。

補足日時:2005/01/16 20:13
    • good
    • 0

「ラ」の音がチューニングの基準になったのは、赤ちゃんの産声がこの高さだからです。


音階の始まりが「ド」なのは、「ラ」が基準の音だと制定されるずっと以前から音楽が存在しているから・・・
つまり、音楽(曲)が最初にあり、後から「ラ」が基準と決まったわけですね。

参考になるでしょうか。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
赤ちゃんの産声から「ラ」が決定したのは いつ頃でしょうか?
音楽よりも以前に 赤ちゃんはいましたよね?
昔は チューナーさえなかった筈。
そもそも A=440 となったのは いつ頃かご存じですか?

補足日時:2005/01/16 20:10
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ楽器のチューニング音がA(ラ)なのでしょう?

楽器のチューニングの基準となる音を英語でA(440Hz)と呼ぶのは分かりますが、それがピアノの白鍵だけのキーであるハ長調のC(ド)とズレているのはどうしてでしょう?440Hzの音が基準になるのであれば、440Hzがハ長調のドでは無い理由を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
素人ですが。

歴史的な順番からいくと,まず「ラ」を基準として今私たちが知っている七つの音(ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ)が作られ,それを並べた音階の中でもっとも都合がよかったものとして「ド」からはじまるメジャースケールがのちに主流となり,「ラ」からはじまるマイナースケールはメジャースケールの裏返しとして生き残った,ということだと私は勝手に理解しています。


以下,ある程度音楽理論が分からないと意味不明かもしれませんが,かなりあてずっぽうの憶測も交えながら説明を試みます。(投稿しようと思ったら,回答#6の中で参照されているサイトに似たようなことが書いてあるのを発見してしまいましたが,せっかく書いたので載せちゃいます,笑)


ヒトが音楽理論を確立しだしたのは,ギリシア時代らしく(ピタゴラスの定理で有名なピタゴラスさんは,音楽理論家としても有名です)。この時に基準となったのが,今の階名でいうと「ラ」に相当する音だったようです。ちなみにピタゴラスは弦楽器の一種のようなもので音楽理論の研究をしていたそうです。現代の弦楽器にAの音が含まれているのは,その辺の名残でしょうか。

ここから七つの音が発生した経緯について。

音階の起源は「テトラコード」と言われています。先ほどの基準「ラ」と,そこから四度さがった「ミ」の間に音をふたつ入れた四つの音からなるものです(テトラコードとはそのまま4つの音という意味)。ここで「ミ」がなぜ登場するかといえば,おそらくは数学的に一番簡単に導かれる音だからでしょう。ラの周波数の1.5倍の周波数を持つ音がミになります。(整数倍だと,ラのオクターヴ違いしか出てきません)
なお,理由は分かりませんが,当時は音階は下におりる方向に考えていたようです。

いくつかあるテトラコードの中で一般的だったのが「ラ-ソ-ファ-ミ」という4つ。ミからはじめて同じ間隔で4つつなげると「ミ-レ-ド-シ」。これで今私たちが知っている階名が揃いました。
ギリシア時代には,この7つの音を並べたギリシア旋法というものがありましたが,それは,基準「ラ」から上にいくつ・下にいくつつながるか,というようなもので,今で言うところのキー(調性)のような考え方はなく,旋法の一番上(下)の音がなんであってもあくまでも基準(メーセ「中心音」というらしい)は「ラ」だったようです。

さらに,その後「ラ」基準ではなくて「ド」基準のメジャースケールが主流になった経緯について。

時代はくだって,中世ヨーロッパ。
その後,経緯は不明ながら,常に「ラ」を基準とするのではなくて,一番下の音を終止音とする旋法(正格旋法)と,下から4番目である(上から五番目,というべきか)下属音が終止音となる旋法(変格旋法)をもつ教会旋法が中世では主流となりました。
しかし,初期の教会旋法では,終止音となり得たのは今の階名でいえばレ,ミ,ファ,ソの四つであり,今でいうメジャースケールやマイナースケールは存在していませんでした。ドやラを終止音とする音階は,自然発生的にできたのではなく,教会旋法の理論的な拡張として,ある意味人工的に作られたようです。(なぜ初期の教会旋法の中にドやラを終止音とするものが入っていなかったのは分かりません)

ところが,あとから登場した「ド」からはじまる旋法が,和声的な音楽をつくるのに極めて都合がよかったのです。それは,ドのすぐ下に半音間隔でシがあり導音の役割を果たすこと(シを聴くとドに解決して欲しいと思う),主和音/トニック・属和音/ドミナント・下属和音/サブドミナントがいずれも長三和音/メジャーコードであったからです。
結果として,何種類もあった旋法の中から,「ド」からはじまるものが「メジャースケール」として生き残りました。
「ラ」からはじまる旋法は,トニック・ドミナント・サブドミナントの三つのコードが短三和音/マイナーコードであったため,「ド」からはじまる旋法の裏返しのような形で生き残ることになりました。

こんにちは。
素人ですが。

歴史的な順番からいくと,まず「ラ」を基準として今私たちが知っている七つの音(ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ)が作られ,それを並べた音階の中でもっとも都合がよかったものとして「ド」からはじまるメジャースケールがのちに主流となり,「ラ」からはじまるマイナースケールはメジャースケールの裏返しとして生き残った,ということだと私は勝手に理解しています。


以下,ある程度音楽理論が分からないと意味不明かもしれませんが,かなりあてずっぽうの憶測も交えながら...続きを読む

Q「ラ」の音について

ドレミファソラシドの「ラ」です。
オーケストラの演奏前のチューニングの開放弦であり、
赤ちゃんの産声もこの音階だと聞いたことがあります。
また、時報の音も「ラ」だそうですね。
「ラ」という音は、人間にとって何か特別な意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

音叉の「ラ」の音だからです。

日本人はハ調で音をとりますから、何で「ラ」って思うのかもしれませんが、音階の最初のAの音はラだから、ラであわせるそうです。

現在「ラ」の音は440Hzになっていますが、これは1939年のロンドン国際会議で決められたものだそうで、1859年パリで最初に音叉(ラ音)の基準を決められたときはラの音は435Hzだったそうです。
時代や人、劇場の音響によって様々なHzに決められています。

現在主流の442~444Hzでの調律は、交響曲などをフルで演奏したとき、段々音がズレて下がっていくそう(上がる場合もあり)で、わざとずらして設定しているようです。(厳格な絶対音感保有者はズレがものすごくきになるそうです)


人気Q&Aランキング