最新閲覧日:

「美」という概念は何なのでしょうか?
ちなみに僕は「美」には大きく分けて2つの方向性があると思います。
それは、合理化によってもたらされる幾何学的な「美」と装飾することによって発生する華美的な「美」です。それは、人間の体格でいうならば前者はボクサーの体格であり、後者はボディービルダーの体格です。サッカーで言えば前者はカウンターのもつ美しさであり、後者は華麗なパスを展開するサッカーであるかと思います。そして、その両者を弁証法的に高めたものがヨハン・クライフが創ったトータルフットボールであるわけです。
 例を挙げるとキリがないのですが、今のところ僕の中ではこの2極説が有力です。なにか「美」に対して意見がございましたら、暇なときでも結構ですから教えてください。

A 回答 (11件中11~11件)

 savarenさん、はじめまして。

スコンチョといいます。(^_^)

 僕は哲学に関しては全く素人なのですが、僕も以前から疑問に思ってた
問題なので、思ってることを書かせてください。

 高校生の頃、習字で議論になったことがあります。僕は「美しい字は無い」
と言い、友人は「美しい字は存在する」と言いました。今になって思えば、
僕は絶対的な話をし、友人は相対的な話をしていたのだと思います。

 美しいとは言え、100人が100人見て美しいと思えるモノはまず無い
でしょう。ただ、50人以上が美しいといえば、それは美しいとも言えます。

 savarenさんの言われる幾何学的な美の方が絶対美に近く、華美的な美の方
が相対的な美に近いのではないかと思いました。乱文失礼しました。m(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書き込みありがとうございます。僕も思っていたのですが、思考や感覚について考える時には、相対的・絶対的という言葉が絡んでくると思います。たとえば、幸せについてもそうなのですが、よくアフリカなどの経済的に貧しい国と比較して「ご飯が食べられる幸せ」が説かれることがあります。また、好きな人と結ばれる瞬間はきっとだれでも幸せでしょう。
 ちょっと話しがテーマからずれましたが、僕は感覚とは自分の中での比較による相対的なものだと思っていました。ですが、「美」に関して考えた時に、「美」は絶対的であると思ったのです。好き嫌いはあるかもしれませんが、オードリー・へップバーンが美しいことに異論はないかと思います。どうでしょうか?もしよかったら、ご返事ください。

お礼日時:2001/08/11 11:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ