車を運転中に、たま~に→式の信号機の上に、普通の信号機(青、黄、赤色の点滅するもの)が上部についているものを見ます。上部の信号灯が、赤色点滅時、←、→の青色矢印は、それぞれ、その方向へ、進んでもよいというのはわかるんですが、←、↑、→のすべての方向の青色矢印信号が出ているときに、上部の普通の信号が赤色点滅しているのは、どのような意味があるのでしょうか。全部、矢印信号を青色で点滅させるのであれば、上部の信号灯を青色にすればよいのではないでしょうか。
こんな信号機のある交差点で、直進する場合、一瞬、戸惑ってしまうこともあるのでは、ないでしょうか。(事実、直進しようとしていた私は、とまどってしまいました。交差点なので、ブレーキを踏みかけました、、、、、)初心者は、危ないと思うんですが、この信号機、必要なんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。



信号機が青だと対向車も青と思ってしまい、
右折車が一旦停止して対向車を待ってしまいますよね。

でも、信号機が赤で全ての矢印がついている場合は
対向車の信号は赤だから右折車もスムーズに右折ができます。

要は、こちらの信号は青と同じ意味だけど、対向車の信号は赤ですよ。
というのを明示的にできるように赤色・全ての矢印があるのです。
    • good
    • 0

私もkawakawaさんと同じで時差式信号は嫌いです。


矢印タイプの補助信号の方が楽ですよね。

ご質問の状況を完全に理解しているわけではありませんが、kenkenkentさんが指摘されているように
「赤色点滅+矢印」と「赤色点灯+矢印」では意味が違うと思います。

「赤色点灯+矢印」だと、「矢印通りに進む場合は、対向車や歩行者にぶつかる心配はない」と考えられます。

では、「赤色点滅+矢印」の場合は?
「矢印の補助信号の方向に曲がる事を許可されているが、その通行には一時停止が伴う」という理解でいいと思います。なぜ一時停止が必要か?の回答として、「歩行者かな?」と思いました。
自分と同じ方向に進む歩行者がいる場合、「赤色点灯+右左折矢印」で、車が思いっきり突っ込んできてしまった場合、歩行者に気づかない場合があると思うのです。そこで、歩行者も渡っていることを知らせるために「赤色点滅+矢印」なのではないでしょうか?

あまり考えたことがないので「自信無し」です。
これからはもう少し安全運転に気を付けます。
    • good
    • 0

 こんにちは。

これまでのみなさんの補足をさせて下さい。赤信号+3方向矢印は最近よく見かけますが、確かにある程度の慣れが必要です。
 私が感心し、しかも合理的だと思っているのは時差式の交差点で、対向車線が赤になったときに、こちらの信号が青のまま「→」が出るタイプです。
 このタイプの信号は新潟市と那覇市で確認しています。当然他の地区でもあるでしょう。
 これなら、右折車は交差点で減速せずに(建前は徐行ですが。)通行できますし、直進車も余計な神経を使う必要もありません。
 でも、いつかの朝日新聞か何かでこのタイプはなくす方向にあるというのを読んだ記憶があります。
 蛇足ですが交差点は事故の多いところですから気を付けて通過しましょう。
 昔、大型トラックの運転手だったkimgwaでした。
 
    • good
    • 0

縦方向あるいは横方向のどちらか一方の交通量が多く、通常の青の時間に予測された右折車の数を処理することができない場合(右折以降渋滞)、片側を青にして(反対側は赤信号)、次に反対側に左右直進のマークを出します。


これにより、渋滞の緩和をしているのです。
確かにこのマークより、赤信号のインパクトが強いために、判断しにくいと思いますが、なんせ渋滞緩和の工夫であるがゆえに馴れが必要と思います。
お互い事故に注意しましょう。
    • good
    • 0

普通の時差信号の場合、対向側の信号がどうなっているかわからず、困ることがあります。


赤信号+矢印式の信号の場合は安心して進むことができるので非常に助かります。
私は時差信号の全てが矢印式に変わって欲しいものだと常々思っています。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

基本的にはyu-jiさんの御意見で良いと思いますが


(対向車の件)、さらにそれに付け加えたいと思います。
『←、↑、→のすべての方向の青色矢印+ 赤色点滅であれば
青にすれば良い』と言うのは、違うかも知れません。
こちらの信号を青にしてしまった場合ですと、
こちら側の車はそのまま交差点を通過してかまいませんが、
信号の『赤色点滅』って、どう言う意味でしたか?
『一時停止して、他の交通の安全を確認してから進行』
って、教習所で習いませんでしたか? それの青色矢印
な訳ですから、意味としては『矢印の方向には一時停止
してから進行しても良い』なのではないでしょうか?
通常の『赤色点灯+青色矢印』であれば、一旦停止は
しないですけどねぇ。

あ、ちなみに、御質問にあるのは赤色『点滅』ですよね?
『点灯』と『点滅』では、全く意味が違ってしまいますから。
『点灯』=連続して光っている状態
『点滅』=チカチカと点いたり消えたりしている状態
ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
ご指摘のとおり、点滅ではなく、点灯です。言葉の間違いでした。

お礼日時:2001/08/11 13:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q黄色の点滅信号と赤の点滅信号がある交差点の優先順位

黄色側が右左折で赤側が直進の場合でも黄色側が優先ですよね?
最近赤側でも先に通る直進車が多くて、これが正しいのか悩んでます。

Aベストアンサー

こんにちは

はじめに「点滅信号の交差点」についてですが、
道路交通法では、点滅信号の交差点は、進め、注意、止まれ等の表示による交通規制が行われていないため「交通整理の行われていない交差点」と解されます。
参考判例
『一方の道路に黄色の灯火による点滅信号が作動し、他方の道路に赤色の灯火による点滅信号が作動している交差点は、交通整理の行われていない交差点にあたる。』
(昭和44年5月22日最高裁)

そして点滅信号の意味は道路交通法施行令第2条第1項に以下のように規定されています。

『黄色の灯火の点滅』
「歩行者及び車両等は、他の交通に注意して進行することができること。」

『赤色の灯火の点滅』
「車両等は、停止位置において一時停止しなければならないこと。」

「黄色の灯火の点滅」についての参考判例があります。
『黄色点滅信号の意味するところは、点滅のない黄色の灯火による信号の場合と異なり、自動車運転者は必ず徐行、停止しなければならないというものでなく、四囲の交通の状況に気を配り、人車と接触のおそれがないときは、そのままの速度で直進することを妨げないが具体的状況の推移に照応し適宜の措置に出るため、他の交通に十分意を配り、交差点内で他の車両等との接触、衝突等事故発生のおそれがある場合には、交差点内において徐行するなどして極力これを回避するよう十分注意しなければならないとするにある。
(昭和43年4月9日東京高裁)

道路交通法第43条(指定場所における一時停止)には
『車両等は、交通整理が行なわれていない交差点又はその手前の直近において、道路標識等により一時停止すべきことが指定されているときは、道路標識等による停止線の直前(道路標識等による停止線が設けられていない場合にあっては、交差点の直前)で一時停止しなければならない。この場合において、当該車両等は、第36条第2項の規定に該当する場合のほか、交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。』と規定されています。

「赤色の灯火の点滅」も一時停止すべきことが指定されているときと同様に解され、同条の『交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。』と考えられます。

結論は
「黄色の灯火の点滅」は他の交通に十分注意をして進行し、場合によっては減速、徐行、一時停止等をして事故を起こさないようにする。
「赤色の灯火の点滅」は必ず停止位置で一時停止をし、交差道路(黄色の灯火の点滅)を通行する車両等の進行妨害をしないようにする。

こんにちは

はじめに「点滅信号の交差点」についてですが、
道路交通法では、点滅信号の交差点は、進め、注意、止まれ等の表示による交通規制が行われていないため「交通整理の行われていない交差点」と解されます。
参考判例
『一方の道路に黄色の灯火による点滅信号が作動し、他方の道路に赤色の灯火による点滅信号が作動している交差点は、交通整理の行われていない交差点にあたる。』
(昭和44年5月22日最高裁)

そして点滅信号の意味は道路交通法施行令第2条第1項に以下のように規定されています。...続きを読む

Q自分の車が先頭の赤信号で止まっている時、青信号になって直進する時の発進

自分の車が先頭の赤信号で止まっている時、青信号になって直進する時の発進の仕方を教えてください。
1、全ての信号が赤になった時、クリープ現象を利用して少しづつ前進する。
2、青信号になったら、少しづつ加速する
3、その他

自動車学校では、いつも教官に「信号青だよ」と言われていました。
青になってアクセルを踏み込むのに一呼吸おいてしまいます。

あと、右左折する時、かなりスピード落とさないと曲がれません。
(10キロ以下です)
親には「そんなにスピード落とさなくてもいい」と言われましたが、ハンドルがふらついてしまいます。
ハンドル操作の加減が全然分かりません。
曲がった先の対向車や、ガードレールにぶつかりそうで怖いです。

乗っている車はAT軽自動車のCVTです。
一週間前に免許取得したばかりの超初心者です。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

青信号になったら、発進すれば良いです。
1のクリープ現象で赤信号なのに停止線を越えるのは「信号無視」になります。
青信号になっても、左右確認をして発進してください。信号の変わり際は信号無視して来る車両があるのです。
発進したら、法令に従った速度に加速してください。
右折の際は、直進車・左折車を優先させてください。
直進車・左折車が途切れた時は、速やかに右折をしてください。道路幅によりますが、あまりモタモタした右折は後続車にクラクションを鳴らされるか、後続車が先に右折してしまう等でトラブルの元になります。
左折の時は、後輪の内輪差に注意してください。
あまり左側に寄り過ぎての左折は、後輪が歩道に乗り上げたり、歩道・自転車を巻き込む恐れがありますので、あまり左側に寄らずに左折した方が素早く安全に左折出来ます。
右折のハンドル操作は少なくて済むはずですが、左折はハンドル操作量が多い場合があります。
しかし、ハンドルを切った分を戻せば良いので車両速度に応じたハンドル操作をしてください。
車両速度によってハンドル操作量が違う事をなるべく早く理解してください。
運転技量は、個人差や適性があると思いますので、無理しない事が一番ですが、慎重過ぎる運転は上達を阻む場合があります。
初心者と言っても運転免許証を取得したなら自分の運転に責任を持たされますから甘えは許されないのです。
何事も経験を積んで上達するのですから、運転技量に合わせた経験を積んでください。

青信号になったら、発進すれば良いです。
1のクリープ現象で赤信号なのに停止線を越えるのは「信号無視」になります。
青信号になっても、左右確認をして発進してください。信号の変わり際は信号無視して来る車両があるのです。
発進したら、法令に従った速度に加速してください。
右折の際は、直進車・左折車を優先させてください。
直進車・左折車が途切れた時は、速やかに右折をしてください。道路幅によりますが、あまりモタモタした右折は後続車にクラクションを鳴らされるか、後続車が先に右折してしま...続きを読む

Q信号機のある交差点、でも、信号が見えない・・・

青枠が信号機です
添付の赤矢印から左折する場合、
信号機がありません
どの信号機の青で左折すればいいでしょう

Aベストアンサー

変速交差点ではなく、路地の扱いでしょう。
一時停止して、他車の邪魔にならないように進めばいいです。

Q赤信号の点滅と黄信号の点滅

 深夜で赤信号の点滅や黄色信号の点滅をしている信号がありますが、黄色が注意無しに進んで良くて、赤色注意して進行でしたっけ?

Aベストアンサー

黄色:注意して進行
赤:一時停止

Q十字路の信号機で赤信号の下に3方向の矢印信号が出る場合

 こんにちは、ghq7xyです。今回は信号機について質問します。
 十字路で信号機のある交差点では、青、黄、赤のスタンダードな信号機の下に黒バックに青矢印の信号機がつけられているところが多いですね。右折の場合、対向車の通過を待ってからでないと右折はできませんから、右折→の矢印のみが設置されている信号機が多いです。
 でも、十字路の交差点によっては、青、黄、赤の信号機の下に←、↑、→の(左折、直進、右折)3方向の矢印が設置されているところもありますね。そういう所では、上の信号が赤信号が点灯した状態で、←、↑、→の3方向の矢印信号が点灯しますね。私はかねてから疑問を抱いていましたが、こんな形での信号の点灯って、結局青信号と変わらないのではないか、と思ってしまうのです。
 そこで、お聞きしたいのですが、赤信号の下に3方向の矢印が点灯する状態と、青信号では何か違いがあるのでしょうか。また、赤信号の下に3方向の矢印が点灯する状態が特別意味があるとすればどういう点でしょうか。
 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#1さんの答えどおりですが、

なぜ赤で三方向(全方向)矢印かと言いますと、
時差式であれば、対向する信号が青→赤になっても時差でコチラ側は青(本当は緑?)であれば良いのです。
(実際、現在、このような単純な時差式信号も存在しているかと思います)
理由
1、矢印表示ではない時差式の場合は、対向信号が青→赤へ変わったか否か分らないので、特に右折の場合、対向車がストップして初めて分るので、行動が遅れるのと、対向赤になったのでは?と勘違いして事故が起きやすく危険。
2、矢印の場合、たいがいは歩行者用は赤になっているため、右左折がスムーズに行われる上、歩行者が間違い難く安全。
このように、矢印時差信号は、交通渋滞解消=信号が多い市街地などで、右折車が極端に多く、直進車がストップすると右折レーンが塞がれ右折車がウマク流れないなどの場合です。
これが、主なものと理解しています。

※路面電車用は黄色矢印です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報