ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

日本株で一時的に急騰してその後下火になるような銘柄を除くとどれくらい短期投資向けの銘柄があるんでしょうか

A 回答 (4件)

物凄く難しい質問ですね・・。


新興市場の銘柄にはそんなのが多いし、TOPIX構成銘柄は概ね相場に連動した動きをしますので、全体の相場に投資家が操られているだけのように思います。
急騰は買いが一気に高まり、売りが高まると暴落となりますが、これらは投資家の行動で起こるメカニズムがあり短期投資向けの銘柄というものではなく、投資家心理により起こる現象です。
ボラティリティが高い銘柄は売り買いが拮抗し、プロ(デイトレやファンド、仕手筋)があえて相場の動きを活発にするため短期で売買を繰り返しているものも新興市場には多く、板の注文状況から素人の動きを把握しており、提灯買いが入ると資金を抜き取る等もあるため、短期投資向けの銘柄の厳しい現実でもあります。
プロから見れば素人の投資行動は丸見えですから・・・。
>一時的に急騰してその後下火になるような銘柄を除くと・・・とありますが、除くとほとんど残らないし、あっても資金が無くては利益は出せないので、そんな銘柄には注目されない方が良いです。
    • good
    • 0

質問がザックリしすぎ・・・。


>一時的に急騰してその後下火になるような銘柄
どの程度の騰落率で、どれぐらいの期間かによって、全然選択数等が違います。
目先的に注目されやすい材料が出たり材料性があるとみなされたりした場合、こうなりがちではあるのでしょうけど、
そもそも、どの銘柄がそのようなことになりやすい銘柄かを選定することができにくいです。

>短期投資向けの銘柄
「短期」のスパンがわかりません。そもそも短期投資向けの銘柄というのがあるわけではなく、
短期で大きく上昇したとか一気に下落したとか結果論的に言えるだけで、あらかじめ、そうした急伸、急落を狙うというのは困難です。
むしろ、投資家によって、短期が得意とか、中長期が基本とかいった投資スタンスの違いがあるということでしょう。
    • good
    • 0

そういう区分けの仕方は普通はしません。


仕手株が入るような、そこそこの流通量とちょっとした材料があるような株なら短期投資向けと言えるかもしれませんが、特定の銘柄を拾い出すのは難しいです、、というか、それができたら7割方勝てたようなもんで。
    • good
    • 0

ほとんど全銘柄だったんじゃないですか?


除いたら何も残らないような。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング