B型急性肝炎と診断され入院・治療を行い、退院後約2ヵ月の後の血液検査の結果、GOT、GPT、及びγ―GPT値ほぼ標準値であり、HBs抗原が陰性の場合、HBVは体内から完全に排除されて治癒していると考えられますが、このような人が、
1.その後劇症肝炎となる場合はありますか?
2.統計的に普通の人に比較して、なりやすい病気はありますか?(肝臓に関わらず)
当方まったくの素人であり、勉強不足の部分もあるかと思います。その辺も含め、専門家の方からのご回答がいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

HBs抗体というのは、中和抗体であるのでこれが出れば、急性B型肝炎は完治で既往症ということになりますが、普通HBs抗原が消失してからHBs抗体が出現するまで数ヶ月かかります。



一過性B型急性肝炎の回復期でHBs抗原陰性となった後、低レベルのHBウイルスが血中に検出される場合があります。(参考URL)

ご質問の内容で、HBs抗体ができず慢性化するということは考えにくいですが、完治というためには、HBs抗体が確認されなければならないと思います。血液中のHBウイルスのDNAを直接調べる方法はありますが。

参考URL:http://www.so-net.ne.jp/medipro/nmc/japanese/htm …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。
本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/12 06:24

私が記載したのは、HBe抗原の方です。


HBe抗原が消失する時期は、病気として発症後一ヶ月以内、検査データなどが正常化しつつある時期で、もちろんまだHBs抗原が陽性の時期です。

ご質問の内容は、急性肝炎としての症状や検査値異常を完全に脱して、HBs抗原が陰性化する時期ですから、この時期に劇症化することはありません。

今後、HBs抗体が確認できれば完全な治癒で、劇症化、慢性化ともありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に回答をいただき、本当にどうもありがとうございます。
回答の中で、もう一箇所だけお教えください。

>今後、HBs抗体が確認できれば完全な治癒で、劇症化、慢性化ともありません。

HBs抗原が陰性となっても、HBs抗体ができないことがあるのでしょうか?つまり、HBs抗原が陰性となっただけでは、完治とは認められないのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/08/11 21:09

通常のB型急性肝炎で検査データがピークを越え、HBe抗原が消失すれば、劇症化することはほとんどありません。



ご質問の内容では、退院後2ヶ月が経過し血液検査が全く正常化して、HBs抗原が陰性化しているということですから、今後、今回の急性肝炎の関連で劇症肝炎になることはないと思います。(薬剤性肝炎など他の原因で新たな肝炎を発症したときは、また話は別ですが)

慢性化しないで治癒したときは、全く健康な方と同じです。
急性肝炎の既往があるから何か別の病気になりやすいということはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答いただき、ありがとうございました。

>HBs抗原が消失すれば、劇症化することはほとんどありません。

重箱の隅をつつくようで誠に申し訳ないのですが、ほとんどない、ということは、逆にまれにある、ということなのでしょうか?
それとも、HBs抗原が消失すれば、劇症化・慢性化、共に絶対起こりえない、ということでしょうか。(その後、HBVの新たな侵入がないとして)

改めての回答をいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/08/11 17:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QB型肝炎損害賠償訴訟問題について

集団予防接種の注射器の使い回しが原因でB型肝炎ウイルスに
感染したとして、全国の患者らが国を訴えている損害賠償訴訟問題ですが、
同じく注射器の使い回しが原因とされているC型肝炎の損害賠償訴訟問題を
聞いたことがありません。
(過去にあったとしたらいつ頃で結果はどうなっているかも知りたいです)

なぜ、B型肝炎罹患者の方たちだけが訴訟を起こしてC型肝炎罹患者の方たちが
沈黙しているのかご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

C型肝炎ウイルスが比較的新しいウイルスであり現在の医学では科学的に感染経路を辿るのが非常に困難なためです。
C型肝炎ウイルスは1970年代半ばに発見されました。
B型肝炎ウイルスは戦前から確認されておりWHOより注射器の使い回しを止めるように日本政府は再三通告されてました。
政府は聞く耳持たずで予防接種を義務化し多くの乳幼児に接種し続けました。
これは1985年当時まで行われており85年以降の感染率は大幅な減少傾向にあります。
一方C型肝炎ウイルスに関しては感染経路が多数あり症状も水平感染・垂直感染共に同症状であるため集団予防接種で感染した事を見極めるのが困難であり立証する事が出来ないので訴訟に至ってません。
一方B型肝炎ウイルスは水平感染と垂直感染を客観的に見極める事が出来き、また立証出来るため訴訟に至っております。

QB型肝炎 HBs抗原+の結果でした。

出産以来、久しぶりに健康診断を受けたところ、
HBs抗原のみ陽性と出ました。
(肝機能関連は全て正常でした。抗体は陰性)
2年前の出産前の検査は全て陰性でした。
今回夫も一緒に検診を受けましたが、夫もすべて陰性です。

感染経路は性交渉とありますが、出産後は夫とさえほとんどない状態で
他の男性となんてありえません。結婚前も浮気はまったくしてません。
偽陽性の可能性もあるかとおもいますので、精密検査を受ける予定です。
でもさすがにショックと恐怖感となぜ?の気持ちでいっぱいです。

ネットで色々調べたのですが、ちょっと頭の中で整理したいので
以下の質問にお答えいただけると助かります。

1.キャリアの場合はHBs抗原、HBs抗体はどのような結果になりますか?

2.HBs抗体が陽性の人が、再度HBs抗原陽性になることはありますか?

3.症状がでなく、HBs抗原の検査にも反応はしないが、実は感染しているということはありえますか?
 (抗原の陽性反応は感染して半年くらいで出るとのことでしたが、何年も経っているのにこの反応が出ないで感染していることもありえますか?)

4.3の具体例として、10年以上前に付き合っていた人から、仮にうつされたとして
 ずっと抗原が陰性反応だったのに、出産などの免疫力が下がったことで急に陽性反応になることってありますか?

5.小学生の頃の予防接種で感染していたとしたら、抗体が陽性になっていますか?

本当に心当たりがなくて、なんだか夫に申し訳ない気持ちで・・・
今は出産後の育児で体がだるいことも多々ありますが、
基本的には元気に過ごしています。

どうぞよろしくお願いいたします。

出産以来、久しぶりに健康診断を受けたところ、
HBs抗原のみ陽性と出ました。
(肝機能関連は全て正常でした。抗体は陰性)
2年前の出産前の検査は全て陰性でした。
今回夫も一緒に検診を受けましたが、夫もすべて陰性です。

感染経路は性交渉とありますが、出産後は夫とさえほとんどない状態で
他の男性となんてありえません。結婚前も浮気はまったくしてません。
偽陽性の可能性もあるかとおもいますので、精密検査を受ける予定です。
でもさすがにショックと恐怖感となぜ?の気持ちでいっぱいです。

ネッ...続きを読む

Aベストアンサー

1、一般にはHBs抗原:陽性、抗体:陰性から運がよければHBs抗原:陰性、抗体陽性になります。
2、de novo肝炎と呼ばれる病態があります。
3、de novo肝炎でもありえます。ただ、私は勤務先の病院で調ベている人のデータの統計を10数年とっていますが、明らかな肝障害がないのにHBs抗原が陽性化したり、(ー)→(十)→(ー)となる人がいます。不顕性肝炎と、cut off値ギリギリの人と解釈しています。性交渉、輸血以外の感染ルートがあります。
4、denovo肝炎が妊娠でおこったという例はないと思います。何らかの不顕性感染が考えやすいと思います。
5、慢性化していれば抗原陽性、抗体陰性ですし、何とも言えません。

正直、いろんな事か考えられるので精査の結果を待ちましょう。

QB型肝炎訴訟

父が3年ほど前に、B型肝炎→肝硬変→肝臓癌(末期)で亡くなりました。
このような場合、B型肝炎の訴訟は起こせるのでしょうか?

ちなみに、父の母は亡くなっていますし、証拠になるような物がありません。(病院のカルテはあると思いますが・・・)
可能ならば、弁護士に依頼して訴訟を起こしたいのですが、よい意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

訴訟をするには、まず相手(被告)が必要です。

相談者さんの父親が、そのB型肝炎ウイルスに感染した理由が重要となります。

仮に「血液製剤」等で汚染製材を使われたのであれば、製造した製薬会社が厚生労働省で公開されており、さらにはその製剤を購入した病院等も公開されています。
その病院に、当時のカルテがあり投与が証明されれば損害賠償請求訴訟はできます。
しかし、これにも時効があり、不法行為(汚染製材の使用)を知った時点から3年以内に訴訟をしないとなりません。
また、不法行為を知らなくても20年経過で時効となります。
訴訟には、原告立証責任というのがあり、相談者さんの父親がB型肝炎ウイルスに感染したのは不法行為が原因であると証明しないとなりません。

たしか、カルテの保管期間は5年と記憶していますが、父親が感染した理由が判明しないと難しいでしょう。

B型肝炎は、比較的接触での感染率が高いのはご存じでしょうか?
性行為でも、感染してしまいます。

1)感染経路の証明
2)感染させた相手(被告)の責任があるか
3)総合して、違法性があるのか
上記を、クリアーしないと難しいでしょう。

訴訟をするには、まず相手(被告)が必要です。

相談者さんの父親が、そのB型肝炎ウイルスに感染した理由が重要となります。

仮に「血液製剤」等で汚染製材を使われたのであれば、製造した製薬会社が厚生労働省で公開されており、さらにはその製剤を購入した病院等も公開されています。
その病院に、当時のカルテがあり投与が証明されれば損害賠償請求訴訟はできます。
しかし、これにも時効があり、不法行為(汚染製材の使用)を知った時点から3年以内に訴訟をしないとなりません。
また、不法行為を知らなく...続きを読む

QALT(GPT)、AST(GOT)、γ-GTP値の上昇

 私は37歳の男性で、年に2回、定期的に献血をしています。
 献血後、毎回血液検査結果が郵送されてくるのですが、過去2年の検査結果がALT(GPT)、AST(GOT)の数値が20以下、γ-GTPが50前後であったのに、今回の検査結果ではALT(GPT)が50、AST(GOT)が30、γ-GTPが96と急に上昇していました。 
 気になるのは、自分的には最近、食生活が悪くなったりアルコール摂取量が増えたりといったことはなく、むしろ、以前より改善されていると思うのに、ここ半年で体重が6キロ増えたことです。(身長173cm72キロから78キロ)

 今回のALT(GPT)、AST(GOT)、γ-GTP値の上昇は、体重が増えたからと考えるべきなのでしょうか?それとも、逆に肝機能に異常が発生したために体重が増えたとみるべきなのでしょうか?
  
 詳しい方、ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

アルコール以外では薬剤性が考えられます。
最近新たにサプリメントを飲み始めた、玄米にかえたとかはありませんか。食物アレルギーでも軽い上昇はよく起こります。
最近風邪をひいて抗生物質や消炎鎮痛剤を服用したということはありませんか。この程度の数値の上昇ならばあり得ます。
また体重増加が関与するのであれば、脂肪肝が考えられます。
仮にそうであれば、体重を落とすことが必須になります。
まず、医療機関で血液検査と超音波を行ってください。
検査は肝炎ウイルス検査とALP、LDHの胆道系も行うことです。
そして何よりも大切なのは、今回の数値より上昇しているか同じなのかということです。上昇があればまだ上昇中(急性期)ですので、原因追及のため医師の指示に従いましょう。上昇がなければ、軽い運動と食事に気をつけて(脂分、刺激物を控える等)後は出来るだけ安静にしていればよいと思います。が、脂肪肝ならば食事制限や運動が必要です。

QB型肝炎訴訟 母死亡のため証明書類が難しい場合は?

私は30台後半、B型肝炎無症候性キャリアです。
定期的な検査を必要と感じていますが、経済的につらい事もあり、
訴訟後和解して、検査費用を支援してもらいながら定期検査をしたいと思っています。

母は60台半ば、同じくB型肝炎無症候性キャリアで、以前職場で検査して判明したとの事。
もう20年近く前の事ですが、祖母にも検査してもらったところB型肝炎ウイルスが検出されず
おそらく予防接種で感染したのであろう、とのことでした。
そのころは、その様な訴訟が起こされていた事も知らず、忘れていましたが、
最近和解したことを知りました。

予防接種で感染した証拠となる書類が必要との事ですが、
祖母は今から9年前に亡くなっております。
医療機関に問い合わせてみますが、カルテが破棄されていた場合、
他に証明する手立てとしては「年長」の兄弟の血液検査結果が必要との事。
ですが、母は長女のため年長の兄弟がおりません。
その場合は、訴訟を諦めるべきでしょうか。

B型肝炎医療費助成制度があるようですが、キャリアには適用されないのでしょうか?

以前、定期的に検査をしていた時期もありましたが、2ヶ月に一度、5,6千円程かかり
6ヶ月に一度1万円。
結構経済的に苦しいので、痛い出費です。健康のためには仕方ないとはいえ…

アドバイスよろしくお願いします。

私は30台後半、B型肝炎無症候性キャリアです。
定期的な検査を必要と感じていますが、経済的につらい事もあり、
訴訟後和解して、検査費用を支援してもらいながら定期検査をしたいと思っています。

母は60台半ば、同じくB型肝炎無症候性キャリアで、以前職場で検査して判明したとの事。
もう20年近く前の事ですが、祖母にも検査してもらったところB型肝炎ウイルスが検出されず
おそらく予防接種で感染したのであろう、とのことでした。
そのころは、その様な訴訟が起こされていた事も知らず、忘れていまし...続きを読む

Aベストアンサー

お母さんが母子感染でないことを証明するのに
(1) 祖母さんのHBc抗体陰性か低力価→これはムリ
(2) 年長の兄弟が陰性→ムリ
(3) その他、医学的知見を踏まえた個別判断
という条件があり、このうち一つを満たす必要があります。で、(1)(2)はムリなので、
(3)の可能性を探るしかありません。すなわち、弁護士に検討してもらうしかありません。

Q肝機能(GOTとGPT)の数値が高いです。

30代前半の男性です。
年に1度の会社の健康診断で肝機能の数値が高く、
要精密検査と言われ、ものすごく不安です。

具体的な数値ですが、
GOT(AST)が87、基準値0~30
GPT(ALT)が101、基準値0~30です。
γ-GTPは基準値内の22だったのですが、
GOTとGPTの数値が基準の約3倍となっており
心配しています。

また今回の検査は昨年12月中旬に行ったのですが、
10月初旬に行った献血の結果では
GOT(AST)が18、GPT(ALT)が20、γ-GTPが21と
基準値だったため、およそ2ヵ月の間に急に上がり
こちらも心配しています。

飲酒は週に3.4回、量は缶ビール2本位、または焼酎ロック2杯くらいと
そんなに多くはないと思います。
またこの2か月間に大きく生活習慣が変わったことも
ないと思います。
体調もごく普通で、疲れや不調などの自覚症状も特にありません。

会社の指示で近いうちに内科にかかることになっていますが、
この数値は健康的に問題はありますか?
また要精密検査とのことですが、
具体的にはどのようなことをするのでしょうか?

詳しい方がいらっしゃいましたらぜひとも教えてください。
どうぞよろしくお願い致します。

30代前半の男性です。
年に1度の会社の健康診断で肝機能の数値が高く、
要精密検査と言われ、ものすごく不安です。

具体的な数値ですが、
GOT(AST)が87、基準値0~30
GPT(ALT)が101、基準値0~30です。
γ-GTPは基準値内の22だったのですが、
GOTとGPTの数値が基準の約3倍となっており
心配しています。

また今回の検査は昨年12月中旬に行ったのですが、
10月初旬に行った献血の結果では
GOT(AST)が18、GPT(ALT)が20、γ-GTPが21と
基準値だったため、およそ2ヵ月の間に急に上がり
こちらも心配しています。

飲酒...続きを読む

Aベストアンサー

たぶん脂肪肝でしょう。
γ-GTPは肝機能を測る目安としてはあまり重要ではありません。
GOTとGPTの値の方が重要です。γ-GTPは昨日お酒を飲んだりハードな運動をすれば高くなります。つまりからだの疲労具合ですね。
GOTとGPTは肝機能そのものが低下してきている時に値が高くなります。日ごろの不摂生が肝臓に来たとお考えてください。

検査方法としては、再度の血液検査と腹部のエコー検査だと思います。お腹にゲルを塗ってバーコードリーダーみたいな端末でお腹をくりくりされます。なかなか微妙な感じです。

QB型肝炎訴訟について、ご教示お願い致します。

B型肝炎訴訟について、ご教示お願い致します。

45歳の男性です。私は現在B型肝炎の抗体を持っております。抗原は全て-です。
その当時の医師には、知らぬ間にかかって治ったのでは?と言われました。
そんな私でも、予防接種感染ということで国から賠償を受け取る事ができるのでしょうか?

抗体については検査にて判明したのですが、全く自覚症状はありませんでした。唯一以前に肝機能(GOP、GPT)上昇し発熱が1ヶ月続いたことがありました。がその際は原因がはっきり解らず単核球症という病名でした。
現在でもγーGPTのみが大幅に正常値を超えています。自覚症状はなく定期的に病院で血液検査を行っている程度で薬の服用も特にしておりません。
前述症状はB型肝炎抗体には因果関係はないと思いますが?

以上を踏まえて賠償訴えの可否について、ご教示いただくと幸いです。

Aベストアンサー

質問文からは、肝炎治療もされたことが無いようですが、
そもそも質問者さんは、どういった事(損害)に対する賠償を求めるおつもりでしょう?
質問文からは、そこが不明なのですが。

下記URLの「訴訟をお考えの方へ」を、よくお読みください。

http://www.b-kan-sosho.jp/index.html

QγーGPTの数値が高いです・・・

健康診断で、毎年必ず引っかかるのがγーGPTの数値です。

私はお酒がまったく飲めません。注射のときのアルコール消毒で
皮膚がかぶれるほどです。
34歳女性、156cm、52kgで、他は全く健康です。
今年は数値が78ほどでした。
毎年、基準数値を少し上回ります。

何が悪いのでしょうか?
ちなみに、20歳のときに膠原病のような症状が出て
(慢性関節リウマチ)
半年ほどでほぼ症状は無くなって今に至ります。
自己免疫機能がおかしいのでしょうか??
なにか漢方薬などで正常値に戻るでしょうか。

Aベストアンサー

病院の検査技師です。
先ず、過去の健康診断の検査値を縦軸に検査項目、横軸に年度をとり一覧表にして見ましょう。

γーGPTやALT(GOT)、AST(GPT)、などの項目の数値を確認してみてください。

大きな変化がなければ、それらの平均値があなたの数値と考えてもいいと思います。今後も数値を書き入れて行きあなたの健康管理表を作ってみてください。

心配なら医療機関を受診し、超音波やCTなどで検査をし、疾患が何もないことを確認しておくことも、安心感を得る選択肢の一つだと考えられます。

現実的には、実際は何もしないで数値だけで何も疾患はないといいきれるものでもありませんからね。

私たちが大丈夫でしょうとか言うのも、あなたの書いた文章から得た感じで、私たちが書き込んでいるだけですからね。

私的には、あなたが安心して今後生活するためには、一度受診して、心配する疾患が何もないことを証明しておくことが大切だと思います。
その上で漢方薬等を考慮してみては如何でしょうか。

QB型肝炎の訴訟は何人でもできますか?

私を含め、娘、息子の三人がB型肝炎であることが検査の結果わかりました。
いろいろ検索したのですがわからなかったので、質問させてください。ネットなどでは本人のみの訴訟について書かれていますが、私のように自分の子供も感染している場合、何人までなら訴訟できるなど詳しく書かれていませんでした。私のような場合、訴訟はできるのでしょうか?体調も思わしくないので早めに解決したいです。どこに相談に行ったらよいかなど、教えてください。

Aベストアンサー

給付金の支給の対象となる方は、7歳になるまでに、集団予防接種等(昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に限る)の際の注射器の連続使用により、B型肝炎ウイルスに感染した方と、その方から母子感染した方(これらの方々の相続人を含む)です。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/b-kanen/index.html

なので、あなたが集団予防接種などにより感染した疑いが強い場合は、母子感染されたお子様も対象となります。 相談は、弁護士事務所でそのようなケースをとり扱っているところにされるのが良いでしょう。

QGOTとGPTが一時的に高くなる

GOTとGPTが一時的に高くなる

糖尿(HB-A1C 6.5-6.8)と高脂血症(LDL 120)で通院しています。
毎回採血検査をするので結果をもらいます。
お医者さんからは上記の件のみ言われるので問題無い範囲だと思いますが、次回の通院が大分先なので、忘れないうちに質問させてもらいます。

たまたま上記以外のデータを見たら、、、

データを見ると(約3年分で24回ほどの採血結果あり、大体月1回だが不定期あり)
  AST(GOT)とALT(GPT)が 同時に少し高くなる時があります。
  両方の意味は、あちこちに出ているのでわかるのですが、一時的に上がるのはなぜなのでしょうか?
  どんな要因があるのでしょうか?(何日か前に悪い物を食べた???)

データ
    24回中 14回目、15回目、20回目(今年1月)に GOT35-42、同じ時にGPT45-55になります。
    それ以外の時はGOTは高くて20(多くが16)、 GPTも最高で26(多くが20)
    γ-GTPは常に20台で最高で33(20回目)
    お酒は基本的に飲みません。(月2-3回 500mlビール1本程度)

100などという高い数字ではないのですが、「普通」の範囲を超えているので質問しました。
それともこの程度のバラツキは「体調」もしくは「検査誤差」くらいの範囲なのでしょうか?

よろしくお願いします。

GOTとGPTが一時的に高くなる

糖尿(HB-A1C 6.5-6.8)と高脂血症(LDL 120)で通院しています。
毎回採血検査をするので結果をもらいます。
お医者さんからは上記の件のみ言われるので問題無い範囲だと思いますが、次回の通院が大分先なので、忘れないうちに質問させてもらいます。

たまたま上記以外のデータを見たら、、、

データを見ると(約3年分で24回ほどの採血結果あり、大体月1回だが不定期あり)
  AST(GOT)とALT(GPT)が 同時に少し高くなる時があります。
  両方の意味は...続きを読む

Aベストアンサー

この程度のバラツキは「体調」もしくは「検査誤差」くらいの範囲なのでしょうか?

の通りです。

確かに正常値をわずかに超えていますが、次回の検査でそれ以上になっていないこと。
正常値に戻っていることから、間違いないと思います。

HBA1CもLDLも境界領域であり、薬剤を用いての治療を要するには状況を見極め、
日頃の生活習慣を見直すことで、今以上に数値が上がることを抑えられる段階でしょう。

薬剤使用中ならば、γGTPの上昇がAST(GOT)、ALT(GPTと)同時に
あるはずですから、違うと思います。
1年に8回の血液検査では時に、その時の体調等が反映されますから、食事や疲労度
がからんできます。もちろん肝機能では、アルコールや薬剤、サプリ、脂分等も
体質によって数値に出ます。普通の方であれば、疲れたかな、程度でいちいち、検査
はしないですからね。そういう時に計測すれば誰でも上昇していることはあるはずです。
余談ですが、アレルギー発症の時期や春先に上昇する方もいます。

要は、体調管理を検査で行う場合は、次の検査で数値がどう変化しているかが指標に
なりますので、次第に悪化しているかどうかで判断してもよいと思います。
ただ、例えば一気に100を超えるとかになると医師も放置はしないと思います。
精密検査していただけるでしょう。

この程度のバラツキは「体調」もしくは「検査誤差」くらいの範囲なのでしょうか?

の通りです。

確かに正常値をわずかに超えていますが、次回の検査でそれ以上になっていないこと。
正常値に戻っていることから、間違いないと思います。

HBA1CもLDLも境界領域であり、薬剤を用いての治療を要するには状況を見極め、
日頃の生活習慣を見直すことで、今以上に数値が上がることを抑えられる段階でしょう。

薬剤使用中ならば、γGTPの上昇がAST(GOT)、ALT(GPTと)同時に
あるはずですか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報