A 回答 (4件)

asucaさんが紹介されているキュニヨーの蒸気自動車はこんな感じの代物です。


http://www.nakabc.co.jp/auto-3rin/auto3rin-1.htm
全長7.2m、全幅2.3m、最前部の蒸気釜は50L。
上図だとわかりづらいですが、釜で熱せられた蒸気は2つのシリンダーに送られて前輪を駆動していました。
このシリンダーの容量がまあ「排気量」に相当すると思うんですが、残念ながら諸元が見つかりません。
パリ技術博物館に現物が保存されているそうなので、行けばわかるかも(笑)。
http://www.shinko-keirin.co.jp/hakubutukan/no8/n …

>>いわゆるFF的な車なんですね。
まさしくFFですが、当時はパワステなどなかったので、ピストンやシリンダーの荷重がすべて操向輪である前輪にかかり、操舵がまったく効かず、最後は城壁に激突して大破したそうです(^_^;)

一方、外燃機関ではなく内燃機関(ガソリンエンジン)として史上初めての自動車は、有名なカール・ベンツの三輪自動車(1884)ですね。
これはさすがベンツというか、水冷・単気筒・4サイクルという現代にも通用する仕様でした。
排気量は980ccでした。今なら5ナンバーですねー。
http://www.big.or.jp/~atmuseum/HRC/kawaguchi/car …

参考URL:http://www.nakabc.co.jp/auto-3rin/auto3rin-1.htm , http://www.big.or.jp/~atmuseum/HRC/kawaguchi/car …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>当時はパワステなどなかったので、ピストンやシリンダーの荷重がすべて操向輪である前輪にかかり、操舵がまったく効かず、最後は城壁に激突して大破したそうです(^_^;)
↑命がけですね。

>一方、外燃機関ではなく内燃機関(ガソリンエンジン)として史上初めての自動車は、有名なカール・ベンツの三輪自動車(1884)ですね。↑僕が知りたかったのは正しくこれです。asucaさんすいません質問の補足をしてなくて。ガソリンエンジン車誕生から100年以上経ってるんですね。

お礼日時:2001/08/12 00:04

 すすすすすみません!重箱のスミをつつく様な話になってしまいますが、先のワタシの回答に関しまして、読み返して自分で疑問が出てしまい、ザックリ調べ直してみました。


 御質問の内容からはちょっとそれてしまい、また、ここまで細かい情報は不要とも思われますが、ワタシ自身とてもキモチ悪いので、修正させてください(そもそも自分の研究対象は単純な技術史では無く特定技術の発展過程ですし、最近はパイオニア期の年号に関し、仲間内でディスカッションする事もありませんでしたし・・・・←これは「言い訳」ですが)。

 前回、ゴットリープ・ダイムラのガソリン車を1885年と致しましたが、この説は特許書類の日付を拠り所とした説でした。そこで特許取得の過程を調べてみると、車両自体は1884年以前に完成していた、と考える方が自然である事が判明致しました。
 更にドイツ車史に詳しい友人にヘルプを出したところ「カール・ベンツのクルマ自体は1883年に完成していた、と見る向きもある。実際、秋葉原の交通博物館の説明パネルではその点に触れてる。一方、樋口先生の説も無視出来ないし、最初のガソリン車がナニか?は、現状ではウヤムヤにしておくのが賢い」との回答が・・・・げげ~!そそそそそれでは!・・・・すみません、ワタシの不勉強&思い込みの致すところでした~。
※最初のガソリン車は1880年代初頭~中頃にかけて誕生
※発祥はドイツかフランス
※いずれにしろダイムラ・ベンツ社が世界最古の自動車メーカー
・・・・とゆぅアイマイな態度に変更させて下さい。お騒がせ致しました。

 しかし、そぅしますと、1985年のドイツの『自動車生誕100周年』はナンだったのか・・・・これだから考古学は判らん・・・・(←これも言い訳)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かなり研究熱心な方と御見受けしました。

>>しかし、そぅしますと、1985年のドイツの『自動車生誕100周年』はナンだったのか・・・・これだから考古学は判らん・・・・(←これも言い訳)
その気持ちわかります。一度気になったら夜も眠れなかったりするんですよね。
時にはテキト-にいきましょー。

beat@yott★

お礼日時:2001/08/17 21:56

 自動車の工学的研究を生業としておりまして、仕事の一環で自動車史も研究している者です。


 ご質問の内容から多少それてしまいますが、ちょっと気になったので補足です。

1.確認されている史上最初のガソリン自動車はゴットリープ・ダイムラが作った事になっており、それは1885年です。
 ドイツでは1985年、大々的な『自動車生誕100周年記念式典』も開催され、この説は史実として扱っても差し支えないと考えられています。

2.カールベンツのガソリン車は公式には1886年となっており、sesame様御回答の1884年とゆぅ説がどの様な文献等が元になっているのかは判りません。
 但し、このあたりは既に文化遺跡の範疇となっており、考察には考古学に近いセンスが必要です。よって、1884年とゆぅ説も、現在はオーソライズされていないだけで、こちらが真相である可能性も否定出来ません。

3.今自動車史研究家の間では、最初のガソリン自動車はフランスのド・ブットビュ(1984年)が最初ではないか?と言われています。これは名城大の故・樋口先生の説が元ネタで、氏の著作で何度も主張されていた説なのですが、これがホントなら時代が引っくり返る新事実、とゆぅ事になります(フランスは、ドイツが『自動車生誕100周年記念式典』を準備していた1984年『自動車生誕100周年記念式典』を強行し、当時ドイツ人やドイツ人の啓蒙書物のみを信じる評論家筋から大変なヒンシュクを買ってました)。
 ワタシ自身はこの問題に関して結論を見ておりませんが、フランス人は最初に動力飛行をしたのはライト兄弟では無くヴォワザン兄弟である、と強力に主張しており、しかもその説にはある程度の裏付けもあります。或いはガソリン自動車に関する連中の主張も真実なのかもしれません。
 尚、ド・ブットビュのクルマの排気量は・・・・手元に資料が無いので(職場に行けばあるのですが・・・・会社が夏季連休に入ってしまいました)判りません。いずれにしろ後のゴットリープ・ダイムラと、そぅ大きくは違わなかったと思いますが・・・・。

4.キュニョーの蒸気自動車は、今日現存しているのは実車では無く再現車と考えられています。
 で、このクルマがちょっとマユツバなのは、ボイラやピストンのサイズを工学的に分析すると、自走はムリだったのではないか?と思われる点です。
 実際にキュニョーのクルマは走行し、レンガ塀に突っ込んだ事(=なんと!史上最初の自動車は、自動車事故の史上第1号車)は、複数の文献から事実の様なので、現存する蒸気自動車は実車とはちょっと違ったモノである可能性大です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。勉強になります。
これだけのウンチク(ただ自分が筆不精なだけです。失礼。)は、なかなかできるもんじゃないです。

話は変わりますが、四字熟語に「温故知新」という言葉にあるように、
過去の技術があってこその現在があるんですよね。昔の人・物を
大切にしていきたいです。はい。

お礼日時:2001/08/17 21:46

世界初の自動車として有名なフランスのニコラス・キュニヨーの蒸気自動車が1769年にでましたが、その形態は、木製の大八車みたいな木製車体の三輪トラック的スタイルで、しかも前輪部に蒸気機関を駆動装置としてありましたので排気量というのはちょっと当たらないかと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の返答ありがとうございます。

>しかも前輪部に蒸気機関を駆動装置としてありましたので
いわゆるFF的な車なんですね。

お礼日時:2001/08/11 15:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車関係のことです、ヘッドライトの黄ばみが5段階で言えば3って感じの黄ばみ具合なのですが、自分で黄

車関係のことです、
ヘッドライトの黄ばみが5段階で言えば3って感じの黄ばみ具合なのですが、
自分で黄ばみ落とししたあとにコーティングしてもたいして持たないかなと思い、業者に依頼しようかと思っています。
その場合だと、どのくらい黄ばみ再発生までもつのか、ご存じのかたおられますか?
中古の綺麗なヘッドライトの買い換えようかとも迷っています。

何か良いアドバイスお願いします(T . T)

Aベストアンサー

No5です。

>耐水ペーパーで削りおとして、ルークスで磨くんですね?(≧∇≦)
LOOXは粒子が小さいので耐水ぺーパーを使用するなら
ピカールか車用のコンパウンドで磨いて、仕上げにLOOXを
使うと,いっそう磨きがかかります。
耐水ぺーパーは水を含ませて、最初は様子を見るために
力をあまりかけないで下さい。

耐水ぺーパーを使用しないのなら、最初からLOOXで磨きます。

まあ、軽く磨いてみたら、布が黄色くなるのですぐにわかりますよ。

Qふと疑問に思いました。

ふと疑問に思いました。

バイクを駐車する際にヘルメットホルダーにヘルメットを付け、その場を離れるとします。

戻ってきた時にヘルメットが盗難にあいました。

この時、ヘルメットがないから当然バイクは運転できませんよね?

でもバイクに乗って帰らなきゃいけない。

この時どうしたら良いのでしょうか?

友人が言うには、

「警察に通報すれば良いんだよ。近場だったらノーヘルでも許可が出るから!」

と自慢気に話してますが、そんな事許されるわけないと私は思っております。

実際のところ、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

警察に通報しても、ノーヘルで二輪車に乗車する事は認められません。

・自宅にあるのであれば取りに行って、もって来る。
・近くで購入してくる。
・押して帰る。
・トラックなどで引取りに来て、乗車以外の方法で持って帰る。
・ヘルメットを持っている人に頼んで乗って帰ってもらう。
・誰かからヘルメットを借りて乗って帰る。

などの中から選ぶ事になります。
盗難にあったから、法律を犯してのって帰ってよいと言う事にはなりません。

Q車に詳しい人お願いします シルバーのクラウンの中古車を買いました。 ①ヘッドライトの黄ばみを取りたい

車に詳しい人お願いします


シルバーのクラウンの中古車を買いました。

①ヘッドライトの黄ばみを取りたい
②アルミホイールが鉄粉などで汚いのでギラギラにしたいです。
③ボディの小キズを消したい、目立たなくしたい

自分でやりたいのですが、オススメの洗剤等ありますか?

業者にやってもらった方が安いとかならそういうのも教えていただきたいです。

Aベストアンサー

中古車って売る前にボディとかを磨いているみたいですよ。

>①ヘッドライトの黄ばみを取りたい
>③ボディの小キズを消したい、目立たなくしたい

私なら、ヤフオクとかで、”リスロンのカーブライト” を1本買い、それでヘッドライトとか
ボディを磨きます。1本¥3,000くらいしますがロングセラー商品です。
使用方法は普通のワックスをかけるような感じでスポンジで塗り込み、乾いた布で拭き取る。

研磨剤を含んでいるので、スポンジで磨くと小傷も取れると同時に軽くワックスがかかる感じ。

ただ、もう少し安くという場合であれば、Amazonとかで、
"KURE(呉工業) LOOX(ルックス) 330ml 表面仕上げ剤 [ KURE ] [ 品番 ] 1176 [HTRC2.1] 1本\1,000送料込み
で車のボディとヘッドライドを磨くという選択肢もあります。

LOOX(ルックス) 330ml 表面仕上げ剤は、ボディのワックスみたいなもので、でもクリーナーと微細なコンパウンド
も入っているという総合ケア商品となります。
ただスプレーを布につけて、それでボディとかライトを拭く感じ。

”カーブライト” の方は、中古車販売店などが展示車をワックスすると同時に小傷も取れて綺麗になるという点で
業務用で愛用されていたりしますが、ヘッドライトの黄ばみも落とせます。

>②アルミホイールが鉄粉などで汚いのでギラギラにしたいです。

アルミホイールの汚れは、Amazonとかで、”スクラビングバブル ガラス用洗剤 激泡ガラスクリーナー エアゾールタイプ 480ml”
を買います。(価格的にはディスカウント店の方が安いですが)

車の4本のタイヤのアルミホイールに目がけて泡洗浄という感じでスプレーし、3分とか経過したら、軽くブラシとか
雑巾などの布で表面を拭けば落ちます。

たぶん成分は忘れましたが、”キレート剤” が配合されているので、汚れの幕を剥ぐという成分だったと思います。

鉄粉そのものは、たしか専用の洗浄剤が出ており、スプレーすると鉄粉に反応して紫色になり、そのまま落ちる
という感じのものがお勧めといえばお勧め。ブレーキダストのようなものに強い感じ。

ボディに付着した鉄粉は、シリコンスプレーとかを振りかけると落ちるという感じもありますので、1本
買っておくと良いです。

”KURE(呉工業) シリコンスプレー (420ml) 潤滑・離系剤 [ 品番 ] 1046 [HTRC2.1]” 1本¥300くらいで売って
いたりします。

シリコンスプレーは、ワックスとかコーティング剤に入っている油成分のことですが、一般論として車を買い、
小傷を取り、その後コーティング剤などを施工しますと、その上からシリコンスプレーをかけると艶が出るのと
雨などもはじくという使い方があります。

予算的に余裕があるという場合であれば、
3M(スリーエム) コンパウンド クリーナーワックス 473ml 38006 [HTRC3]でボディを綺麗にする。
その後に、
3M 艶出し用ワックス ポリマーワックス 液体 473ml 38026 [HTRC3]でコーティングするという流れ。
3Mブランドも根強い人気あります。

私的には、コーティング剤は、最近ミラーシャイン(鏡艶)をパールホワイトのプリウスに使ってみました。
特別艶がすごい~というほどもないかなあ~~と思うのですが、家庭用食器洗剤でワックス成分を落とすと
指で触るとキュキュッと音がします。そしてミラーシャインを500円玉程度ボディに落とし、付属の布で
40㎝四方に伸ばすだけというのを繰り返す感じ。

基本としては、ただ塗り込むだけで拭き取り要らないという簡単さがあるのですが、石油系の溶剤を含まないという点で
雨などで水垢が筋のように流れた跡が残るという感じがない点で、良いのかなあ~と思ったりします。
溶剤を含んだのは、カルナバ蝋とかが入ったものにほとんど含まれるのですが、水垢の原因になるというのと
匂いがする難点があります(ハエなどが寄ってくる)

ミラーシャインは1本¥1,000くらいで破格な割に、長く持続し、艶が不足しているとかもし思えば上からシリコン
スプレーでもかけて伸ばしてあげれば、さらに輝きも増します。施工の簡単さとかは素人向け。

ただ自分でやるのが面倒であれば、近所のGSに行き、「手洗い洗車」を頼めば綺麗になるのでは
ないでしょうか。

■参考資料:コイン洗車場の高圧洗浄機で洗車する方法
https://matome.naver.jp/odai/2142260367539156201

車にハトのフンとかが付着するとよく専用のスプレー剤などを買ったりされる人が多いのですが、そもそも
業務用の高圧洗浄機で洗いますと、水洗いでも吹き飛びますので、綺麗になります。
車を買ったら綺麗さを維持できる方法としては、コイン洗車場はお勧めです。

1度綺麗になれば、後は屋根付き月極駐車場で時短洗車ワザを使えばもっと楽になります。

■参考資料:屋根付きの月極駐車場内で、雨の日に洗車時短ワザを使うと楽ちんになる方法
https://matome.naver.jp/odai/2148888265303980901

資産家の家とかでは、雨の日にガレージに入れると、そこに家庭用高圧洗浄機があるので
サクッとスプレーして汚れを落としているので、いつもきれいだったりします。

ただ、中古車を買った販売店に、「車を磨いて」と依頼すれば綺麗にしてもらえると思いますので
1度相談するというのも1つの手になります。

中古車って売る前にボディとかを磨いているみたいですよ。

>①ヘッドライトの黄ばみを取りたい
>③ボディの小キズを消したい、目立たなくしたい

私なら、ヤフオクとかで、”リスロンのカーブライト” を1本買い、それでヘッドライトとか
ボディを磨きます。1本¥3,000くらいしますがロングセラー商品です。
使用方法は普通のワックスをかけるような感じでスポンジで塗り込み、乾いた布で拭き取る。

研磨剤を含んでいるので、スポンジで磨くと小傷も取れると同時に軽くワックスがかかる感じ。

ただ、もう少し安く...続きを読む

Qふと思った事

最近良く見かけるナンバーが気になります。
例えば 横浜○○ C 1234 のような英語があるのは基地の方のバイクなのでしょうか?車ではYナンバーやAナンバーで分かりますがバイクは?だったのでご存知の方いらっしゃたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こん**は

 やはり、ひらがなの分類が使い切ったのでしょうね
 wikiで調べたらこういう記述がありました
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88_(%E6%97%A5%E6%9C%AC)#.E4.BA.8C.E8.BC.AA.E8.BB.8A.EF.BC.88.E6.A4.9C.E6.9F.BB.E5.AF.BE.E8.B1.A1.EF.BC.9A.E6.8E.92.E6.B0.97.E9.87.8F250cc.E8.B6.85.EF.BC.89_2

Q車のヘッドライトのガラスの黄ばみ

免許を取りいきなり新車は心配なので軽の中古を買いました。ヘッドライトのガラスの黄ばみが気になります。
コンパウンドで磨いてみたりアーマオールをぬってみたりしました。正しい使い方ではないようですが少しきれいになりました。
ガラス自体劣化していてこれ以上きれいにならないかもしれませんが、裏技的なことできれいになりませんか?
色つきの電球にするときれいだそうですが、
昼間のライトがついていない時にガラスがきれいに見えるようにしたいです。
いろんなアイデア教えて下さい!

Aベストアンサー

表面がガラスにせよプラスチックにせよ、劣化で変色することはありません。旧い建物だからといって、ガラスが変な色(汚れは別として)になってたりはしませんし。
また、通常ヘッドライトレンズに使われるプラスチックは「メタクリル」系の材質ですが、開発当初から飛行機の代用ガラスに使われており、これも殆ど変色しません。ですから、レンズ内側に付着した汚れが原因と思います。
正攻法で手入れをするなら、まずヘッドライトの灯体を外します。そこで、レンズ単体が外せればそのまま内側を水拭き~空拭きで仕上げます。メルセデスなど、外国車ではこういったメンテが可能ですが、レンズが外れない場合は、やや難しいですが#4さんの仰る方法で清掃します。

セロハンやペイントは、道交法や道路運送車両法の「灯火色の規定」に違反し、更に発火する恐れがあるので使わないで下さい。ハロゲンバルブは400℃以上になります。

Qこんなバイクショップがあったら・・・、と思います。

ないものねだりかも知れませんが、私の妄想にお付き合いいただけたら幸いです。

いわゆるバイク屋さんですが、標準的には、

午前10時開店・午後7時閉店、

週の半ばの一日が(火・水・木のどれか)定休日、

という営業形態が主流です。

でも、こんなバイク屋があっても良いのでは?という営業形態の提案です。

午後3時開店・午前0時閉店、

土日が定休日。

社長が率先してお客さんと土日にレースやツーリングに出掛けるのは当然として、

従業員も週に一日多い休みは、何らかの形でバイクに乗る事に励む。

こんなバイク屋さん、ありませんか?

経営が成り立たないとしたら、どんな理由ですか?

Aベストアンサー

客商売で土日休みは無いでしょう。多くの人が休みのときに営業しないといつ、お客さんが来るのでしょう。

営業時間前に車検とかやるなら、従業員は結局長時間の労働です。

毎週ツーリングなんて、人集まりませんよ。毎週行くなら、いつでもいけるから。
年に数回だと、それに合わせて、都合つけて人は集まります。そのときだけ店は臨時休業でよい。

Q車のヘッドライトの黄ばみ除去について

8年前の中古車(普通乗用車)を購入しました。新車とは比較するつもりはありませんが、ヘッドライトのレンズ部分がかなり黄ばんでいて気になります。市販の薬剤を買うのではなく、きちんと業者に頼んでみたいと思っているのですが、効果はいかがでしょうか?黄ばみがかなり取れ、クリーンなレンズになれば、有料で業者施工を決めたいと思いますが、何かアドバイスやお勧めの業者情報等あれば教えてください。埼玉県在住です。

Aベストアンサー

昨年の車検時に、3000円のサービス料金で施行してもらいましたが、見た目でかなりクリアーになりますよ。

まあ、ポリカーボネート製の樹脂ランプカバーですので、紫外線による往年黄化現象の樹脂表面を削り取り磨き上げる作業ですので、新車時までのクリアー度はありませんが、充分に復活しますよ。

それほど高度な技術は必要ないので、近所のGSでも充分に作業できますよ。

何軒か回って、お安い所で施行してみて下さい。

Q詳しい人よろしくです。

現在スズキのレッツ4に乗っておりますが、二段階右折しなくてはならず困っています。
法廷速度も30キロだしナンバーの色を黄色に変えたいです。
私は大型自動二輪を持っています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

黄色ナンバーの条件に合うように改造して、改造申請をして通れば黄色ナンバーに出来るかも・・・・50cc超90cc以下の排気量に変える。
以前は書類だけで云々という事もあったようだが、違法行為だしもしもの場合保険が適用されないことなどを考えると、本来のナンバーが黄色の車両に買い換えるのが一番得策だと思う。
参考
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4727392.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2251524.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1360906.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/671135.html

Q車のヘッドライトカバーの黄ばみ!!

車のヘッドライトのカバーがだんだん黄ばんできました。
研磨すればぴかぴかになると聞いたのですが、どのようにすればよいのですか?
使用する機械、コンパウンドなどを教えてください。

Aベストアンサー

黄ばみや曇りの原因は、紫外線による樹脂の経年劣化です。最近の車はコストダウンが激しいのか、6,7年経つと黄ばみ曇りが発生している車が多いようですね。

機械は使いません。市販のヘッドライト磨きで手で磨きます。中身はコンパウンドです。
ただ磨いてもその時だけで、またすぐ曇ります。
もともとヘッドライトにはコーティングが施されていますが、磨けばコーティングがはげてしまいます。
そのため磨いてもすぐ紫外線劣化してしまいます。

最近は磨いた後コーティングを施す業者もあるようなので、少し高いですがそちらがおすすめです。少なくとも新品のヘッドライトユニットASSYを買うよりは安いです。

Qホンダの水平対向エンジンについて。 初投稿ですので多目に見てください。 hondaについてこの間知

ホンダの水平対向エンジンについて。

初投稿ですので多目に見てください。
hondaについてこの間知った話ですけど、
ワルキューレっていうバイクに6気筒の
水平対向を使ってますよね?
wikipediaによると、hondaは、自社生産は
してるようです。

そこで疑問なんですが、hondaは、車に
水平対向エンジンをのせないのでしょうか?
後、何故のせなかったんでしょう?

追記
スバルとホンダは、
仲良くなれそうですよね☺

Aベストアンサー

可能性としては、今後ホンダが自動車用の水平対向エンジンを作る事は、ゼロではないでしょうが・・・そもそも何故、他メーカのどこも水平対向エンジンを作らないのでしょう?

※まぁポルシェは水平対向を未だに作っていますが・・・北米最大の自動車メーカーGMには、かつて大量生産の普及クラスに水平対向がありましたが、製造をやめてしまって今はありません。そもそも、恐らくエンジン技術史上最も水平対向を大量に作っていたVWも、現在は水平対向をやめてしまいました。アルファロメオもフェラーリも、非常に高性能な水平対向エンジンを作っていましたが、今は製造していた痕跡さえありません。
 またバイクのエンジンに目を向けると、BMWは水平対向エンジン生産に関してホンダよりもはるかに長い歴史を持っていますが、クルマ用の水平対向を作る気配はありません。
 斯様に、かつてはアチコチで製造されていた水平対向エンジンは、何故無くなったんでしょう?世間で言われる様な、コストの問題ではありません。VWは水平対向エンジンしか作っていなかったので、彼らにとって『もっとも安いレイアウトが水平対向』だったはずなのに、しかし製造をやめてしまいました。

※自動車工学の一分野にエンジン工学というモノがあり、これを勉強すればその回答がすぐに判るのですが、実は、水平対向というレイアウトには機械として致命的な欠陥がいくつもあります。(取り立てて欠陥が無いという見解がありますが、それはスバルの宣伝や雑誌の記事しか知らないだけす。機械工学上の検討を加えたら、工学部の大学生レベルでもすぐに幾つかの致命的欠陥が発見出来ます。そしてそれらの欠点は、スバルもポルシェも完全には克服出来ていないのが現実です。)

※具体的にどの様な欠点があるのか?は異常に長くなりそうなので敢えて書き込みませんが、そもそも論として。
 自動車メーカーでエンジンの研究・開発に携わっている者は、全て高度な教育を受けた、専門知識を持った技術者ばかりです。彼らが水平対向レイアウトの本質的な欠点や、その欠点が克服出来ない事を見逃すことはありません。
 その結果、水平対向というレイアウトは多くの自動車メーカーで破棄され、故にスバルとポルシェ以外は作っていないのです。

※実際にインプレッサはよいクルマだし、競技の世界でも十分な成績を残している、っという反論が聞こえてきそうですが、思い出してください。三菱がワークス体勢でラリーをやっていた頃、スバルが言うところの『ハンドリングに優れた水平対向』を積んだクルマは、何の変哲もない横置き4気筒のクルマに、ハンドリングで劣勢と言われ続けていました。
 スバルの言う低重心が、水平対向レイアウトのメリットの一つなのは間違いありません。それは純粋に物理量の話なので否定も出来ませんが、しかしそのメリットは、優れたサスペンションがあれば克服出来る程度のモノでしかないということです。
 スバル車は確かに良いクルマです。しかし、クルマやエンジンの研究者の間では、『水平対向エンジンでなかったら、もっとよいクルマになっていただろう』と言う意見も出ています。
 インプレッサもレガシィもよいクルマですが、それは(スバルが言うように)エンジンが水平対向だったから、ではないかもしれません。
 水平対向のアドバンテージとは所詮その程度で、一方デメリットは他のメーカーが手を出さないほど深刻なモノ、ということです。

・・・話が長くなりましたが、ではホンダの話題に戻りましょうか。
 ホンダは、客観的に見て、自動車・バイク用エンジン技術に於いて世界のトップに君臨していると言っても過言ではないでしょう。
 その、エンジンを知り尽くしているホンダが、本質的な欠陥を持つ水平対向レイアウトをワザワザ採用するとは思えません。

>スバルとホンダは、
>仲良くなれそうですよね☺

・・・ホンダのエンジン技術者は、水平対向をダラダラと作り続けながら、しかし水平対向レイアウトが持つ本質的な欠点を克服するアイデアが一向に出てこないスバルのエンジン屋をバカにしている様な気がします・・・仲良くはなれないでしょうねぇ。

 ところで最後に。

 ホンダが水平対向エンジンをバイクに使っているのは、全く別の理由です。
 あのバイクは300㎏fを優に超える超重量級巨大バイクで、とにかく極端な低重心化を施さなければ、押して歩くことさえ困難なバイク(そして、一旦倒したら人力では起こせないバイク)になってしまいます。
 実際あの水平対向エンジンは、大排気量で低重心というメリットしか無く、排気量当たりで換算すると馬力もトルクも高いとは言えず、ホンダ得意の超高回転まで回ることもなく、しかし一方燃費が良いということもありません。高出力で省エネこそエンジンの理想とするなら、あの水平対向は何の関係もない、フツーのエンジンです。
 馬力や効率で究極を目指さないなら、水平対向レイアウトは、極端な低重心だとか同じ4気筒で特に全長が短くできるなど、エンジンの性能とは直接関係のない部分のメリットが大きいです。

可能性としては、今後ホンダが自動車用の水平対向エンジンを作る事は、ゼロではないでしょうが・・・そもそも何故、他メーカのどこも水平対向エンジンを作らないのでしょう?

※まぁポルシェは水平対向を未だに作っていますが・・・北米最大の自動車メーカーGMには、かつて大量生産の普及クラスに水平対向がありましたが、製造をやめてしまって今はありません。そもそも、恐らくエンジン技術史上最も水平対向を大量に作っていたVWも、現在は水平対向をやめてしまいました。アルファロメオもフェラーリも、非常に高...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報