ちょっと変わったマニアな作品が集結

船橋のららぽーと東京ベイのTOHOシネマズができる前は東宝、松竹などいろいろな会社の映画館が集まり、それぞれ独立して営業していたのを覚えている方いますか(90年代かな)?
あの頃の映画館は、人気作品だと席が満席でも人入れて後方のスペースで立ち見させたり、通路に座らせたりしてましたよね?また、作品の途中から入ってその次の回見れたりしましたよね?
今の映画館はまずこういう運営しませんよね?

A 回答 (4件)

船橋のららぽーと東京ベイのTOHOシネマズの前身については知りませが、80年代前半までは、映画館といえばすべて、おっしゃるような形式でした。

その時代以前に青春を送った私たち世代のなかには、映画館といえば空気が悪くて疲れるというイメージがもともとあって、ずっと映画館を敬遠したままの人もいます。

私が初めて、そうではない劇場を体験したのは1984年のことで、有楽町マリオンが、ドリンクホルダー付きのふかふかの座席を、贅沢な傾斜を施した広々とした劇場に設えました。あのカルチャーショックは形容しがたいです。

今は、いわゆるミニ・シアターでも完全入れ替え制の立ち見無しです。試写室なら通路に補助席を置くことが頻繁にありますが、立ち見は出しません。二本立て以上の上映やオールナイト上映も、昔に比べると極めて稀になりました。

場末感は激減したかもしれませんが、誰もが安心して映画を楽しめる今の映画館に、大勢の人が戻ってくるといいと思います。
    • good
    • 0

当時でも、岩波ホールや、ミラノ座の中にあったシネマスクェアとうきゅうは定員制で、確実に着席できました。


また、大きな映画館には中央や二階席(テアトル東京や松竹セントラル、渋谷パンテオンなど、新宿のミラノ座は一層だった)にシートカバーのかかった指定席があり、500円くらい余計に払うと着席が保証されました。
人気作の場合は、入れ替え制がとられ、一旦全員退場して、整列していた観客を入れていましたから、場内に滞留して何度も見るというのはできませんでしたが、入れ替えになるのは大作くらいでした。
なお、超満員で立ち見が出るのはロードショーより、名画座で人気作の組み合わせの場合も多かったです(スター・ウォーズとレイダースなど)。

で、屋内での超満員での立ち見は消防法違反の状態です。大きな事故が無かったのでお目零しされていたのですが、最近は厳しくなっているし、コロナ禍以降、事実上映画館での立ち見はあり得ないでしょう。ライブハウスなどは立ち見定員で消防の許可を受けています(守られていない結果がライブハウスのクラスター化ですが)。
    • good
    • 0

今の形の映画館を日本で最初に導入したのは、ワーナー・マイカル・シネマズ(現イオンシネマ)で1991年に海老名駅前にシネコンを作ったのが最初ですね。



これは日本では劇場も映画製作会社の系列が普通だったのに、アメリカでは映画館が独立した組織で、映画会社からフィルムを買って上映していたことに由来します。アメリカでは1930年代にはスクリーンがいくつもあり、各映画会社から買い付けた映画を上映するスタイルが出来ていました。

日本でこの方式が成功したのは、駅前の映画館から「車で行ける郊外型のショッピングセンターのシネコン」に客のニーズが変わっていったからですが、同時に「全員着席できること」も大きな魅力でした。

ただ、映画館側としては客を詰め込むことができなくなるので、売り上げが探ります。そのため「午前は子供向け・午後はカップル向け・深夜は割引して客を入れる」というやり方と「絶対に着席できるので、魅力的な飲食物を販売して、客単価を上げる」というやり方で成功したのです。

1980年代当時の日本はまだまだアメリカにあこがれがあり、マイケル・ジャクソンのスリラーにでてくるような「ポップコーンを食べながら、ゆっくり映画を楽しめる」というスタイルを提供したことで「おしゃれ!」として一気に流行ったともいえます。それまでの映画館の売店では袋詰めのお菓子ぐらいしか売っていませんでしたからね。

このやり方に慣れてしまった人々は、もう昔のやり方には戻らないと思いますよ。
    • good
    • 0

若い頃「E.T.」という映画を同じ映画館で3回見たことがあります。


超人気作で、1回目は立ち見、2回目はスクリーン前の席が空いたので座って。3回目はもう少しいい席に移って・・
ネットで席まで予約出来る現在では考えられないことですが、人気の作品は丸々一回分劇場前や裏の階段に並んで「早い者勝ち」でした。
あの「タイタニック」なんて3時間の長尺でしたけど、並びましたよ。
通路も自由席状態でした。
途中から入るのも自由で、私はあの「バックトゥザフューチャー」を途中から見るという人生最大のミスを犯しましたし(苦笑)。

今では「待たない」「並ばない」のが常識ですが、当時はスマホも携帯ゲームもまだなく、待っている間連れと(時には前後の見知らぬ客と)お喋りして時間をつぶしました。
アレはあれで人間味があって良い時代だった、と思います。
最近の若者はネット社会になり「待つ」と不安になりイライラする傾向があるようですし、映画人口もコロナ騒ぎで頭打ちになりそうですから
ああいう「先着」方式は今後復活はしないと思います。
ところで、それにも拘わらずTDLには未だ長い行列が存在している現実は不思議な気がします(苦笑)。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング