会社の人間ドックで、「ASLOの値が高い様です。リウマチなどの溶連菌感染が疑われます。」といわれました。
ネットでチェックしたのですが、リウマチと溶連菌感染の関連性がよく分からないのです。溶連菌感染については婦人科系の病気が関連していますし、ASLOの値はなんだか皮膚科に関連してそうですし..。
自分でも不安なのは、朝、起きた時に手足がこわばっているというリウマチの症状?と思われることがあるのです。
しかしこの3つのことの関連性がよくわからないので、どうしたものか、迷っています。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

溶連菌は血清学的な検査によって、A群からO群まで分類されますが、人に病原性を持つのは、ほとんどがA群溶連菌です。



ASLO値は、単に溶連菌の感染を受けたことを示すだけで、疾患特異性はありません。つまり、この値がいくら高くてもそれだけでリウマチ熱とはいえません。
さらに初期の段階で感受性のある抗生物質を投与されると、この値は上昇しません。

リウマチ熱の診断基準は参考URLの通りです。
大人の発症率は低いですが、感冒様の症状出現後、1-3週で関節痛、倦怠感などをきたせば一応は疑わなければなりません。ただし、不顕性のものあります。

参考URL:http://www.health-net.or.jp/kenkonet/shoziten/me …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧で迅速な解答をありがとうございました。
微熱と倦怠感、関節痛があり、風邪かなあと考えておりました。最近、仕事が忙しく、徹夜続きでからだが弱っているせいかもしれませんが。
一度病院へいってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/12 00:54

ASLOというのは、溶連菌の感染の後に血液中に上昇する、菌体外酵素に対する抗体価のことです。


指摘されたリウマチというのは、リウマチ熱のことで、A群溶連菌の感染後におきる全身性の炎症性疾患のことです。

手足がこわばるということで心配されている疾患は、慢性関節リウマチのことだと思います。これは原因不明で、慢性に進行性に経過する多発性の関節炎のことで、様々な関節以外の病変も伴います。

リウマチ熱は、関節の障害もありますが、重要なのは心臓に後遺症を残すことで、後天性の心臓弁膜疾患の原因の大部分を占めています。発症の好発時期は5歳から15歳くらいで20歳を過ぎてから発症する例はまれです。皮膚科との関連というのは、リウマチ熱で出る臨床症状の内、輪状紅斑や皮下の結節のことだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございした。
検査結果では、ただ「リウマチ」としか記載されていなかったので、てっきり関節リウマチのことかと思いました。
リウマチ熱というのは、若年の方が発症するもので、私は32才なのですが、あまり気にしなくてもいいのでしょうか。
あと、「A群溶連菌の感染」とはどのようなことをいうのでしょうか。
もしよろしければ教えていただけないでしょうか。

お礼日時:2001/08/11 21:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q溶連菌潜伏期間

土曜日曜と泊まりがけで来た姪が、日曜日の午後3時ころ38,2度の熱が出ました。
その後37度に下がったのですが、今日また熱が上がり、溶連菌だと分かりました。

潜伏期間は2から5日らしいですが、これは姪が発熱した日からでよいのでしょうか?
週末旅行の予定があり気がかりでしかたありません。

症状が出なければ(潜伏期間のうち)検査は意味無いのでしょうか?

Aベストアンサー

姪御さんの2~5日の潜伏期間を経ているわけですので、発熱前数日~完全に解熱するまでは十分に感染の可能性はあると思います。

土・日一緒に過ごされたようですので、今はまだわからないということですね。

ただ、溶連菌は大人では症状が出にくいようですよ。
かかっても軽いのどの痛みで発熱はほとんどない場合もあります。

潜伏期間で検査は無理と思います。

溶連菌は抗生物質がよく効くので、発症したらなるべく早めに受診することを
おすすめします。
24時間ほどで薬の効果が実感できますよ。

Q溶連菌感染症

数日前から喉の脇に違和感を感じていたのですが、昨晩から痛み始めました。
家にあったフィニッシュコーワを使って様子を見ていたのですが、夕方からどんどん痛みが増してきて、夜になって大分喉の脇の部分が腫れてきてしまい、1箇所だけ白い膿がついている事に気付きました。
熱は微熱程度ですが、大変だるいです。
3年前に溶連菌感染症にかかった事があり、その時に喉にたくさんの白い膿がついていて、症状が似ているような気がしています。
このように白い膿がついたり、喉の痛みや腫れがあるという症状は、溶連菌感染症以外にもあるのでしょうか。
また、もう土曜の夜なので普通に病院に行くとしたら明後日になってしまいますが、その前に救急で診てもらった方が良いのでしょうか?
溶連菌は増殖すると死につながる事もあると聞いたので、心配です。
もし同じ様な経験のある方や、何かご存知の方がいらっしゃいましたら、お願いします。

Aベストアンサー

白苔自体はEBなどの伝染性単核症でもでますので、それ自体は溶連菌感染に対する特異度はよくありません。Mclsaac変法で
1.38℃以上の熱がある(+1)
2.咳がでない(+1)
3.首にリンパ節腫脹がある(+1)
4.扁桃に白苔・浸出液がある(+1)
5.15歳以下である(+1)
6.15歳以上である(-1)
で数を足していき、4点以上だと溶連菌と考え抗生物質を飲んだ方がいいといわれています。2-3点だと溶連菌の迅速診断キットで陽性ならば抗生物質を飲んだほうがいい、1以下なら溶連菌の可能性は極めて低いので抗生物質は不要といわれています。

Q潜伏期間について

どなたか教えてください。潜伏期間中は、人に感染させてしまうのでしょうか?
潜伏期間について、詳しく知りたいのですが・・・。お願いします。

Aベストアンサー

全ての伝染病がそうだというわけではありませんが、潜伏期間というのは、何らかの伝染病原体に感染後、発病または外部から感染がわかるまで、の期間なので病原体が密かに潜んで外に出ないという訳ではありませんので潜伏期間中でも十分感染の可能性があります。

Q子供の溶連菌感染症に関して

5歳の息子に関してです。
7月14日に39度の熱があったのですが、翌日には37度前後に下がったため病院にも行かずに回復を待ちました。
元気になって1週間経ち、発熱が溶連菌の感染によるものである可能性が出てきました。今現在はとても元気なので、このまま様子をみてよいのか、病院へ行くべきなのか悩んでいます。
そのままにしておくと怖い病気だとの認識があるものの、私自身自律神経が悪く、気軽に病院へ行くことが出来ないので、どなたか知識のある方に助言をいただけたらと思います。

Aベストアンサー

> 発熱が溶連菌の感染によるものである可能性が出てきました
具体的にはどのような事から溶連菌感染が疑われたのですか?

溶連菌感染による抗生物質は、急性糸球体腎炎の発症予防には無効でリウマチ熱防止のために10日間内服します。ただし、発症から9日以内に飲まないと予防効果はないと言われています。したがって、今から飲んでも遅いかと思います。
なお、溶連菌感染後に定期的な検尿をしても糸球体腎炎を予防したり予後がよくなった報告はないので、肉眼的な尿の異常(色の変化)や浮腫などがでない限りは必要性はないと考えられますが、ご心配なら受けられてもいいかと思います。

Qインフルエンザの潜伏期間は?

インフルエンザの潜伏期間はどれくらいなのでしょうか。

それから
あまり症状が出てない潜伏期間も周りにうつるのでしょうか。

Aベストアンサー

潜伏期間は1日くらいでしょうね
症状がない期間はウィルスも増えてないと思いますので他人へうつす事もないでしょうね

Q新レシカルボン坐剤とグリセリン浣腸って胃腸系の科、肛門科、内科、外科除いて何科で処方されますか?

新レシカルボン坐剤とグリセリン浣腸って胃腸系の科、肛門科、内科、外科除いて何科で処方されますか?

Aベストアンサー

産婦人科でも使います。

Qおたふく風邪の潜伏期間について。

おたふく風邪の潜伏期間が2~3週間ほどあると聞いたのですが、その潜伏期間中にもうつるものでしょうか?

Aベストアンサー

流行性耳下腺炎,俗に言うおたふく風邪ですね。
潜伏期間は14~21日で,好発年齢は4~5歳です。
耳下腺が腫れて,痛みが強いです。よく起こる合併症としては無菌性髄膜炎を起こす事があります。

さて,潜伏期間中に他人に感染するかどうかということですが,感染しますね。
潜伏している状態はもうその人が感染している状態です。ただ,症状が外に現れていないため,潜伏と言う状態をとっているわけです。

だ液による接触感染や飛沫感染で感染して発症するみたいです。
感染後,症状が出ないか出ても気づかず通過する場合もありますが,その時に感染する確率は30~40%といわれており,感染率は高いです。

こんなところですが,御参考までに。。

Q2015年4月に溶連菌菌血症を発症し入院治療を受けましたが、入院中黄疸、腹水を認めました。10日後に

2015年4月に溶連菌菌血症を発症し入院治療を受けましたが、入院中黄疸、腹水を認めました。10日後には感染症も黄疸なども消失したため退院しました。
しかし、2ヶ月後には腹水の貯留を認めるようになり腹部膨満感、食欲不振、腹痛などが認められるようになりました。このころから主治医には毎回症状を訴え治療を希望して来たのですが無視され続けました。2016年6月には腹水貯留が多量になり呼吸困難と激しい腹痛を認めるようになりました。しかし、主治医の態度は変わらず8月末になってやっとアルブミン製剤の点滴や腹水穿刺を行なってもらえました。肝硬変だとの診断名はこの頃にやっと聞かされました。入院し同様の治療を毎月のように行なってもらいましたが思うようには改善せず約半年が経過していまいました。どうしてもっと早くに治療を行ってくれなかったのか悔やまれても悔やみきれません。予後も悪くCHild分類ではCで3年生存率は40%だそうです。主治医は多忙らしく症状を訴えても身体に触って診察をすることもほとんどなく手遅れになったことへの自覚もないようで本当に腹が立ちます。このような主治医の診断、治療の手遅れ、誤診に対して責任を取ってもらいたいのです。訴訟の対象になるのかわかりませんが、命の問題に間違い無いのです。訴訟方法などご存知の方がおられましたら是非お教え願えませんでしょうか?このような医師が今後私のような不幸な患者を生まないことだけを願っています。

2015年4月に溶連菌菌血症を発症し入院治療を受けましたが、入院中黄疸、腹水を認めました。10日後には感染症も黄疸なども消失したため退院しました。
しかし、2ヶ月後には腹水の貯留を認めるようになり腹部膨満感、食欲不振、腹痛などが認められるようになりました。このころから主治医には毎回症状を訴え治療を希望して来たのですが無視され続けました。2016年6月には腹水貯留が多量になり呼吸困難と激しい腹痛を認めるようになりました。しかし、主治医の態度は変わらず8月末になってやっとアルブミン製剤の点滴...続きを読む

Aベストアンサー

日本には、医療に関して、治療や手術のできる病院は、各県に10以上の大病院があります。そこで、なぜ、他の病院へも行くことをしなかったのでしょうか??
特別の理由や専門医でない限りは、選択は、患者にあります。そして、医療の控訴は、専門的な問題で判断などには、言い切れない部分が多分にあり、灰色であっても、認めさせることは難しいですね。
それでも控訴したいのであれば、医道審議会(リンク先)と言うところが有ります。ご相談してみてはいかがですか。
しかし、控訴には、十分に慎重になられることを、念を押しておきますね。
http://advance-lpc.jp/idousingi/?utm_source=google&utm_medium=cpc

Q水疱瘡の潜伏期間

水疱瘡の潜伏期間は 2週間あると聞きました。2週間めの前後1日(13日目~14日目が感染力が強いと聞きましたが 潜伏期間1日目に接触した場合も 感染しているのでしょうか?教えて頂けますでしょうか? 

Aベストアンサー

潜伏期間とは、感染してから、発症するまでの期間。
約2週間です。
感染力があるのは、発疹がでる1日前からかさぶたができるまでです。

潜伏期間の1日目とは、患者さんと接触した日という事になりますので、あなたのお子さんが患者さん自身と接触していなければ感染の可能性はないです。

ただ周りで流行があれば、いつ発疹が出る1日前の人と接触しているかわかりませんので、どこかで感染する可能性はありますよ。

接触してから72時間以内なら予防接種が効果的です。
今は麻しんの予防が優先ですけどね。

Q長引く咳・・・耳鼻科?呼吸器科?

こんにちは。

主人が二週間前位前から咳が続いています。
子供から嘔吐下痢症(胃腸風邪)をもらって回復したあたりから続いています。
布団に入ってからが結構ひどく、痰も出るようです。
咳がでてしまうので夜あまり寝られず辛そうです。
寝れないことで体力が落ちたせいか、夕方くらいから寒気がする(熱がある?)といっています。

こちらで検索した所、長引く咳は耳鼻科と呼吸器科の二つが専門的だと書いていたのですが、
どぢらに行こうか決めかねています。

主人のような症状の場合、
どちらの病院へ受診したほうがいいのでしょうか。
どなたか詳しい方がいましたら、ぜひとも教えていただけませんか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

その場合は呼吸器内科です。

夜寝れないほどの咳きこみなら喘息・気管支炎を疑います。
熱は測っておいた方が診断時に役立ちますので、受診までに何回か測っておいて下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報