「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

家を購入するか、このまま一生賃貸か考えてもどうしても自分の中で決断ができないので質問させて頂きました。

現在、主人48歳、私、52歳
2年前に再婚して神奈川県内の賃貸に住んでいます
主人は10代の頃からサーフィンをしていて、いつかは湘南に住むのが夢です。
私も大型犬を飼って海辺を散歩するのが夢です。
夢を実現させようかとここ最近物件探しをしていますが迷いが出てきて決断できません。

①今の家賃と同じくらいの支払いになるように80歳までローンを組んで念願の海近に家を購入する

②家の購入は諦めて1円でも多く老後の為に取っておき旅行や趣味を楽しむ

この2つで迷ってしまっています。
預金は1500万ほどあります。 
退職金はほとんど期待できず出ても200万円くらいだと思います。
あと主人、私それぞれ個人年金に加入していて60歳から10年間公的年金以外に毎月8万円くらいは受け取れます。
銀行の事前審査を受けたところ主人の年収的に問題なく不動産は購入できるとの返答をもらいました。
それでも購入するのに決心ができずにいます。
若ければここまで迷わないのですが、この年齢で数千万のローンを組んで本当にいいのか、でもこのまま賃貸で老人になった時に借りていられるのか、終の棲家が必要なのではないか、家は諦めて趣味や旅行で残りの人生を楽しんだ方がいいのか、考えだすと何を優先していいのか混乱してしまい決断できずにいます。

同じように40代後半、50代でローンを組んで不動産を購入した方やライフプランニングに詳しい方がいらっしゃいましたらご参考までお聞かせ下さい。

宜しくお願い致します。

A 回答 (7件)

考え方は様々だと思いますが…


家を購入できるのは、ラストチャンスかな?というご年齢ですよね。(現金購入なら年齢は関係ありませんが)
賃貸→亡くなるまで支払い続けるもの
購入→ローンには終わりがある(固定資産税はかかりますが)
購入の仕方にもよりますが、ご主人名義で購入された場合は、もし、万が一ご主人が亡くなられた後にはローンが消えますので(必ず保険に入るので)奥様にとっては、安心材料といいますか、保険の意味も担っているかたちになります。
賃貸は、支払いがキツくなってきたり、違う場所に住みたくなった時に動き易いですよね。
ただ、高齢になった時にいつまで?という不安は残ると思います。
購入するにしても、借入額ギリギリまで借りて購入するのか、返済にゆとりを持たせてローンを組むのかでも大きく違いますから、返済比率として25%以内(所得の)が理想とされていますが、趣味や旅行なども楽しみたい場合や、購入しても貯蓄額も少しでも多く…と考えられるなら、パーセンテージを落とした物件選びをする事で、趣味や旅行などにもお金を使えますよね。(賃貸でも同じです)
こればかりは、ご夫婦の考え方なので、どちらが良い、悪いはありませんからね。
ローンで購入するなら早い方がいいと思います。
今は金利もめちゃくちゃ安いですし、ご主人の年齢を考えてもね。
ご夫婦でしっかり話され、賃貸でも、購入でも収入の何%までを家にかけるお金…と計算されてみるのもいいと思いますよ。
その金額を元に、賃貸ならどんな所に住めるのか?
購入ならどこにどんな物件を購入出来るか?
気にいる物件がないなら、家にかけるパーセンテージをどれだけあげると、どんな物件に変わるのか?
他の生活費や趣味などにかけれるお金はどれぐらいなのか?
色々とシュミレーションしてみて下さいね。
参考までに…
素敵なお家に住めるといいですね。
夫婦仲良いなら、どこに住んでも楽しいと思いますが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最後の「夫婦仲良しなら、どこに住んでも楽しいと思いますが…」の一文に救われた思いになりました。家を購入することばかりに囚われて1番大事な事を忘れかけていました。再度夫婦で何を1番優先すべきか話し合おうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2020/06/30 13:41

お金持ちの思考は賃貸で暮らし、1500万円は投資します。

銀行や証券会社の言うことは捨てます。自分で考え探します。
次いでいいのが賃貸で暮らす。金融資産が手つかずです。自由度が高い。
持ち家は資産ではありません。ローン組んで1500万円を失うのはお金持ちになるチャンスを捨てること。つまり金融資産を失い負債が増える。最悪です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そうゆう考え方があるのだなと参考になりました。ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2020/06/30 13:36

私は義理の兄からは、賃貸の方が利口だって言われました。


老後は、介護が必要になるから施設にはいるので家は空き家になるだけだと言われました。
うちの父、母の実家がまさにそうです。
母が亡くなり、父は病気になって病院から抜け出せない状態になったので
実家に住む人がいません。
そして、父もなくなり、家だけ残って、壊したら固定資産税が上がるので壊す事も出来ないし
古いので、売れないから、どうしようもない状態です。
持ち家がこんなに邪魔だと思ったのは初めてです。
あなた達の子供がずっと住んでくれるなら、家を建てるのは有りだけど、住む人がいなければ賃貸の方がいいと思う。
自然災害とかで壊れたりすれば、大家が治してくれますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに年を取って介護施設に入ったら家はいらなくなりますね。また新たな面で考える要素を教えて頂きましてありがとうございました。

お礼日時:2020/06/30 13:37

>年収的に問題なく不動産は購入できるとの返答をもらいました。



定年までは問題無いでしょうが、定年後の支払い計画はどうなってますか?
公的年金で、ローンの支払いと生活費などが賄えるのですか?
以前に、政府が老後資金として2,000万円貯めろ、と言って波紋を呼びました。
あの発言の背景には、年金制度の崩壊や大幅な減額予想があるからです。

住宅ローンは、定年までに支払いが完了するように組むべきです。

あと、リスクとしては、介護が必要になった場合です。
介護費用も計画に入れておくべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

介護費用まで考えていませんでした。ご意見を拝見してハッとしました。冷静に考えるきっかけを与えて頂きましてありがとうございました。

お礼日時:2020/06/30 13:38

>銀行の事前審査を受けたところ主人の年収的に問題なく不動産は購入できるとの返答をもらいました。


80歳までのローンをすすめるのは信頼できません。

50代なら現金一括で購入できる範囲でしょう。
なぜなら、住宅購入で老後資金を使い果たし、この後10数年で幾ら老後資金を貯めれるかです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

80歳までのローンをすすめるのは信用できません。この一文がとても有り難かったです。不動産の営業マンは簡単に80歳までのローンを勧めてきますが冷静に考えたらそこまで健康でいられるかわからないのに安易にローンを組むところでした。冷静になれました。ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2020/06/30 13:43

ポイントを整理しましょう。


購入する場合、ご夫婦が亡くなった後に相続する人はいますか?
賃貸の場合、高齢者の入居を嫌がる大家が殆どです。終の住処ならば現在ご夫婦健在であれば何とか探せるかもしれませんが、賃貸の住み替えを重ねていくのなら、いずれどちらかが寝たきりとか亡くなって単身高齢者になったら、その先の賃貸入居は絶望的です。
また今後少なくとも30年間の収支計算を適正に行い、悔いのない余生を送られること、お祈り申し上げます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに賃貸だと高齢者になったら借りられるか不安です。かと言ってこの年齢からローンを組むのも不安があります。今度、FPに収支決算をお願いしようかと思います。ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2020/06/30 13:46

コロナ騒ぎで地方の観光業、工場の社員さんは


残業が減り、買わないで良かったと思う人は多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにコロナ渦でそうゆう方が多そうですね。今一度慎重に検討しようと思います。ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2020/06/30 13:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング