「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

私は 年金所得生活者。毎年確定申告を行っています。
例年 6月中旬 ①「市民県民税」②「国民健康保険料」③「介護保険料」の納付額通知書が送られてきます。とともに 年金からは①と③が差し引かれています。
これとは別に 「復興特別所得税」も年金から引き落とされています。
あまり気にしていなかったのですが、 この、復興特別所得税額の年度ごとの納税通知書は来ないのでしょうか。①②③のように今年度は 「これだけですよ」のように知りたいのですが。
来ない、存在 しないのであれば なにかで(確定申告書)などで わかるのでしょうか。
教えてください。

質問者からの補足コメント

  • って、所得税本体はないの?
    「所得税および復興特別所得税」と書いてないですか。

    おっしゃる通り そう書かれています。

      補足日時:2020/06/30 09:11

A 回答 (2件)

>納付額通知書が送られてきます。



ということは住民税の話ですね。
住民税の復興特別税は、2014年~2023年度に、市区町村民税500円、都道府県民税500円が均等割として引かれることが決まっています。
このように決まっているので納税通知書のようなものは発行されません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A9%E8%88%88 …
    • good
    • 0

>「復興特別所得税」も年金から引き落とされて…



って、所得税本体はないの?
「所得税および復興特別所得税」と書いてないですか。

>この、復興特別所得税額の年度ごとの納税通知書は来ないの…

そもそも復興特別所得税だけが天引きされることはありませんし、国税に納税通知書などありません。
国税は自分で計算して、自分で納付書を作成し、自分で払いに行くのが原則です。

>①②③のように今年度は 「これだけですよ」のように知りたい…

サラリーマンの給与と同じで、年金から「所得税および復興特別所得税」が天引きされるのは、あくまでも仮の分割前払い、取らぬ狸の皮算用に過ぎません。

そもそも所得税というものは1年間の所得額が確定してからの後払いが原則です。
自営業者等が、年が明けてから確定申告をするのはこのためです。
サラリーマンの給与と公的年金の場合に限り (ほかにも一部あるが)、源泉徴収の名の下に分割前払いさせられます。
源泉徴収は、あくまでも取らぬ狸の皮算用ですから、1年間が終われば過不足を生じることも多々あり、これを是正するのが確定申告です。

このため、1年の終わりには日本年金機構から、前払いさせた額を記載した源泉徴収票が送られてきます。
https://www.nenkin.go.jp/service/seidozenpan/201 …

>なにかで(確定申告書)などで わかるの…

話が逆です。
自分で確定申告書を書くことにより、前年分 (× 今年度) の「所得税および復興特別所得税」はこれだけであったとあきらかにするのです。
そこから前払い分を引いて残りを 3/15 までに現金で納税します。
引き算した結果がマイナスの数字なら、納税でなく還付となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なんとなく理解できました。
一度ゆっくり、熟読してみます。
また よろしくお願いします。

お礼日時:2020/06/30 12:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング