マンガでよめる痔のこと・薬のこと

香港の情勢について。

今日、報道されている香港の情勢ですが、
簡単に考えると中国に一体化するということですよね。

私自身、今の香港が非常に好きなので少し残念な気もしますが、
中国に返還されるとき、
50年を目処に中国に一本化すると決定されていたと聞きます。

そしてそれは少し調べれば検索できるほどに公になっていた事柄だと聞きます。

香港人が嫌だと反発するのは分かります。
もし日本が同じ状況なら、いくら公約があろうと、私も1国民として許せないと思います。

ただ、公約?があったにも関わらず、
第3国の政府、アメリカや日本が嫌悪感を示すのはなぜでしょうか。

ご回答よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

公約?があったにも関わらず、


第3国の政府、アメリカや日本が嫌悪感を示すのはなぜでしょうか。
 ↑
1,建前として、人権という価値は超国家的 
  普遍的なモノと考えられているからです。

2,本音は中国攻撃の材料にしているだけです。
  欧米人が、本気でアジア人の人権を懸念している
  とは思えません。
  普遍的価値である人権を利用して、中国を
  パッシングしているだけです。
 
  どうしてパッシングしているか、といえば
  中国が巨大になりすぎたからです。
  
  特に一帯一路計画ですね。
  あれが成功したら、中国は米国を越えて
  世界一の超大国になってしまいます。
  中国が世界の覇権を握り
  基軸通貨もドルから元に代るでしょう。
  
  それは欧米にとって大きな不利益に
  なります。
    • good
    • 0

色々勘違いしている人が多いですが、香港はアヘン戦争でイギリスがいちゃもんをつけてヤクザの手法でぶん取った国です。



そこに民主化の思考を入れ反発しているので冷静に考えると中国は被害者になります。

中国の強硬行動は全て支持するとは言えませんが少なくてもイギリスが何かを言う資格は無いように見えます。

例えたら北方領土をロシアが返却したが住民を洗脳しロシアに属したいと言っている様なものです。
※現在住んでいる人がロシア人なので日本人が住んでいたとして
    • good
    • 0

私も先程の報道を見ていました。

主様のおっしゃる50年の目処の内容というのが、完全ではなくとも、中国の本国そのものが民主化しているであろう、という事だった、との当時の第三国を含めた大方の見方だった、と。どころが、蓋を開けてみれば、民主化どころか、経済のみが異常に成長し、政治的には共産党一党独裁国家になっていて、その、大きさだけが大きくなった経済をバックに軍事力を増し、あわよくば世界制覇を目論んでいるのではないかと思われる、歪んだ形に成長した中国に対しての嫌悪感、だと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング