【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

太平洋戦争の評価
 先の太平洋戦争の評価は、日本のアジア南太平洋諸国への侵略戦争のようですが、私は、一部で言われている、当該地域の欧米列強からの解放であるような気がしてしかたありません。皆さんのお考えと、それが再評価される日がいつか訪れるかについてもお考えお聞かせください。

質問者からの補足コメント

  • やっぱり韓国でした事は、彼らの歴史や伝統を踏みにじる事なのでしょうか?

      補足日時:2020/07/01 05:49

A 回答 (7件)

先の太平洋戦争の評価は、


 ↑
評価ですか?
最初に侵略戦争を始めたのは欧米列強です。
日本は負けたからマイナス評価されているだけです
勝利していれば、評価は180度変って
いたでしょう。



日本のアジア南太平洋諸国への侵略戦争のようですが、
私は、一部で言われている、当該地域の欧米列強からの解放であるような気が
してしかたありません。
  ↑
解放ではなく、共に列強と対抗しようと
したのです。
これは、薩摩の島津斉彬の戦略で、西郷を経て
明治政府に引き継がれたものです。

中国が列強の奴隷と化しているのを目にした
高杉晋作等が、日本もこうなる、として
明治維新になり、その後の日清日露戦争は植民地にされまい、
とする戦争でした。



皆さんのお考えと、それが再評価される日が
いつか訪れるかについてもお考えお聞かせください。
 ↑
米国の黒人差別を理由として、西洋の
植民地政策が批判され始めています。
中東の難民も植民地の後遺症です。
いつか、日本のあの戦争も再評価される
時代が来るでしょう。



やっぱり韓国でした事は、彼らの歴史や伝統を踏みにじる事なのでしょうか?
  ↑
日韓併合は韓国から依頼されてやった
ものです。
時の韓国首相「李完用」が与党一進会の賛同を得て
日本に併合を依頼してきました。
そうでないと、ロシアに侵略されてしまうからです。
だから「李完用」は、韓国史上最大の
悪人にされています。

半島にロシア軍が駐留するのは安全保障から
ヤバいわけで、日本もこれを承諾したわけです。

安全保障のために併合したのですから
日本は韓国強化に乗り出します。
港湾道路を整え、識字率も4%から60%に
アップさせました。

台湾もですが、それが今日の韓国を作った
訳です。
西洋の植民地が未だに紛争と貧困にあえいでいる
のと真逆です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

失礼しました。お礼をしていませんでした、
色々、勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2020/09/29 17:34

太平洋戦争は多元的な戦争です。

侵略戦争としての側面もあるし、解放戦争としての側面もある。どちらかに決める必要はないし、決められるものでもないのです。戦前の日本はアメリカとの交渉に失敗し、戦争という手段しか残っていなかった。明治時代、日本は米英からお雇い外国人を招聘して近代化に乗り出しました。留学もしました。そういう日本がどうして米英と戦争する羽目に陥ったのか。それはここで説明できる程簡単な話じゃないのです。なお韓国とのことは話が別。韓国とは戦争していないし、戦場にもしていない。明治維新以来、日本は近代化の荒波に揉まれながらも江戸時代の旧弊を脱しました。朝鮮半島でも本土と同じ思想で近代化に乗り出したのです。それを歴史や伝統を踏みにじるというのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

#3さんの言うように、幾ら近代化と言う利益をもたらしたとしても、その方法に一部独善的な所があったと、今は思っています。

お礼日時:2020/07/01 09:07

お礼について



”やはり先の大戦には正義は無いのですね”

欧米の圧政から世界を救うということなど「正義」はあるでしょう。
しかし、正義は絶対的なものではなく、多面的です。隣国は特に「正義」が大好きですが、正義は国の数だけどころか人の数だけあるものだと思います。
正義を武器に振りかざせば、他者を屈服させるためのものとなり、やがて我が身にも跳ね返ってくることを肝に銘じるべきと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡単な話ではないのですね。だから、いつまでも続くのですね。良くわかりました。

お礼日時:2020/07/01 08:01

大東亜共栄圏構想のことでしょうか。


それ自体は、結果的にアジアにおける民族自決主義を実現の方向に動かし、戦後に多くの国が独立戦争やインドのような非暴力主義による抵抗運動によって独立を果たしたことは間違いなく評価されていると思います。

ただし、当時の大日本帝国が描いた大東亜共栄圏の実態は、日本を覇権国とする経済ブロックを造ろうというもので、植民地主義と同工異曲だったと思います。それほど自慢できるような構想ではなかったと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですね。やはり先の大戦には正義は無いのですね。

お礼日時:2020/07/01 07:36

日本国化を平等に扱おうとしたなどというのは妄想です。

例えていうならば、韓国が日本を韓国化して”平等に扱おうとした”ら、あなたは喜んで韓国化に賛成するのか?を考えれば分かりやすいです。
大東亜共栄圏を良しとするなら、現在の中国の周辺諸国への侵略も良しとしなければなりません。尖閣諸島を中国に喜んで差し出すというのでしたら、大東亜共栄圏を良しと言うのも筋が通ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

韓国に謝らなければならないのですね。百田直樹氏の主張は、その前提が間違いなのですね。

お礼日時:2020/07/01 07:21

戦後教育の中で歴史を学んだ人の多くは太平洋戦争を侵略戦争のスタートと誤って認識しているように思います。


かと思えば、あれは自衛のための戦争だったと勝手に正当化して完全に歴史を歪曲している人たちもいます。こういう連中は「モンスターなんとか」と全く同レベルの最低野郎どもだと思います。

太平洋戦争のスタートは1937年の日中戦争開始まで遡り、更にそれは1894年の日清戦争時にすでに芽生えています。更に遡ると、最初の小さな変化は1875年の江華島事件後に1876年日本が朝鮮と締結した不平等条約の日朝修好条規になると思っています。

質問者様が感じているように、太平洋戦争が当時植民地だった多くの国の独立の機運を高めたことは事実ですが、それは当時の日本の考えとは真逆でした。

太平洋戦争当時、大東亜共栄圏という植民地支配方針のようなものが「やっつけ仕事」で出来上がっていましたが、これはアジア太平洋諸国の国際的な基本思想となり得る優れたものだと思っています。面白いのは、教育界の反戦思想が邪魔をして我々は学校時代に歴史の視点でキチンと学んでいないことです。

 欧米の植民地支配は長い歴史があるだけあって、非常に巧妙で狡猾です。
太平洋戦争の頃、ヨーロッパの植民地支配国は直接手を下さず植民地に支配民族と被支配民族を創りだして、自分たちが搾取し儲け続けるためだけのインフラ整備しかしておらず、被支配民族には教育の機会は全く与えず民族間の対立と憎悪を生み出しています。これにより、戦後の独立国の一部には深くて暗い影響が今も強く残っています。

それに対して、大東亜共栄圏は植民地を全て日本国にしようとしたもので、欧米の植民地支配の基本思想とは全く異なります。
植民地の資源を日本本国のためにという搾取の考え方は欧州各国と同じですが、植民地を日本本国と同じようにインフラ整備して分け隔てなく教育するという素晴らしい考えがありました。
唯一の間違いは、その国が長い時間をかけて培ってきた風習や文化や宗教や言葉も全て日本式に変えようとしたことだと思います。

これからの国際関係の中では、相手の国と自分の国との違いを知ることは非常に大事だと思います。
欧米との付き合いでは彼らが善意の発想ではなく根底には悪意があると常に警戒して付き合う必要があると思いますが、アジア各国との付き合いにはその心配はほとんどないので善意の発想で付き合えると思います。
若い人たちにはアジア太平洋諸国の手本になれるように頑張って欲しいと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

もうそんなに若くはないですが、日本が、アジア太平洋諸国の手本となれる国になれるよう、自分なりに頑張ってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2020/07/01 05:47

私も質問者様に近い考えを持っています。

戦前、日本は石油などの資源を求めて、海外進出しました。そして、それは強奪か、それとも、それなりの対価を払おうとしたものか、それについての研究調査は聞いたことがありません。だから、侵略かどうか、は断定できません。ただ、日本はアジア各国の人々の生活改善に努めました。日本はイギリス軍、オランダ軍と戦いました。戦後、日本のおかげで独立できたと日本に感謝する國もあります。以前、youtubeでビルマ人、タイ人が日本に感謝する番組を見たことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あの戦争は、唯、否定されてはいないという事ですね。ありがとうございます。

お礼日時:2020/07/01 03:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング