プロが教えるわが家の防犯対策術!

60歳まで月額76000円で厚生年金を5年払い、月額223000円で厚生年金を20年払い、70歳まで正社員として働いて月額223000円で厚生年金を払った場合、70歳で受け取れる年金受給額を教えて下さい。
あと、上の年金支払い額で75歳まで正社員として働いて月額223000円で厚生年金を払った場合の年金受給額も教えて下さい。
詳しい方回答よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

75歳まで働く気でいるのでしたら、75歳まで年金受給を繰り下げれば何と84%増額になるようです。



https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya …

施行は令和4年4月1日からですが、今の段階で60歳まで~とか言っているなら今はそこまでの年齢ではないという事ですよね?
75歳まで正社員かぁ。いずれはそんな時代がくるのかな。
    • good
    • 0

標準報酬月額7.8万円で5年、22万円で30年、厚生年金に加入していたとして、


厚生年金の報酬比例部分は、
(7.8万×5年+22万×30年)×12月×5.481/1.000≒46万(年額)
この額はあくまでも概算です。厚生年金に加入していた時期によって再評価されたり、今後の物価水準などによって変動しますのでご留意ください。
上記の報酬比例部分のほかに経過的加算(1,630円×10年×12月=約20万円)が付加されます。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinen …

それから、老齢基礎年金(満額では781,700円)が別にあります。加入期間をご確認ください。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinen …

なお、70歳以降は厚生年金に加入できませんので、70歳以降働いても年金額は増えません。
    • good
    • 1

何を言っているのか、分かりません。



>60歳まで月額76000円で厚生年金を5年払い
厚生年金保険料を自分で決めることはできません。
76000円?払えません。
>月額223000円
223000円?払えません。

厚生年金保険料は、標準報酬月額で決まります。
標準報酬月額とは、簡単に言えば、月給の平均です。
かつ、62万以上の等級はありません。
下記、右端の列
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/sha …

62万の等級で、55,602円です。

それとも、
76,000円や223,000円は、
標準報酬月額(月給)を言っていますか?

それと、5年、20年というのもわけが分かりません。
60歳まで5年、
60歳から20年なら、
80歳になってしまいます。

※厚生年金は70歳までです。
もう少し分かるように書いて下さい。
    • good
    • 1
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング