「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

日本の新幹線が最高速度360KMで営業しますが、上海磁気浮上列車最高速度430KMから1年後600KMにチェンジ、今まで上海空港から市内でしたが上海から北京までつながるの?

A 回答 (2件)

いろいろと誤解があるようです。



1. 日本の新幹線は、試験走行では最高速度360km/hを達成していますが、営業運転で近々それをやるという具体的な話はないはずです。

2. 上海のトランスラピッドはドイツで開発されたもので、当のドイツは開発をやめてしまいました。下の記事によると延伸はあまり期待できなさそうに思います。
https://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/busine …

3. 中国はトランスラピッドとは別に、国産の磁気浮上式鉄道で600km/h運転を目指しているようです。その走行試験に成功したというニュースが先日ありました。下のニュース動画を見る限りあくまで浮上走行ができた段階のように見えます。中には「600km/h運転に成功」と書いている記事もありますがその動画は見当たらない。たぶん一部のメディアが早とちりしたのだと思います。

https://jp.sputniknews.com/science/2019052462885 …
    • good
    • 0

No1さんのご指摘、重複するので省きます。



上海リニア、JRマグレブ方式と違い、浮上1cm。
乗車体験では、走行時の振動が酷い。
僅か8分なので我慢できますが、あれで、北京まで繋がったら耐えられません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング