マンガでよめる痔のこと・薬のこと

純正品は真っ平なので広角されなく、見える範囲が狭いです。一般にオートバックスなどで販売されているミラーを使ている人をよく見かけます。私も使っていますが、純正より良く見えて安全安心です。
なのに、法令かどうかは知りませんが、いつまでたっても見にくいミラーのままです。外国車も同様です。なぜ、海外からでもいいので改善されないのでしょうか?
純正が見やすいという人でもいるのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • とくに左側うしろをルームミラーで見たい

      補足日時:2020/07/01 15:01
  • 私は、首回すほうが怖いです

    No.7の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/07/01 15:40
  • つらい・・・

    昔、ドアミラーはダメで、目線が前からずれるので「極力目線が移動しない」フェンダーミラーがいいと言っていたのでしたね。でも、その時から、首を廻して見ろって言っていましたね。
    車線移動は、ゆったりとした移動しか無かった時代だからでしょうか。
    首都高速など無かった時代のことでしょうね。
    今じゃ、車線移動を、短い距離で余儀なくされて、大忙し。前も見なくてはだめだし。
    安全装着車に頼る時代がきたということでしょうね。

      補足日時:2020/07/01 16:04
  • つらい・・・

    なかなか賛同得られないようですがもう少し・・・。
    道路走行中のこととして、ルームミラーで後方のみを見る場合ですが、後方には車があるかどうかだけの判断でいいのでは?距離は必要ないのでは?と思います。
    車間距離は後方車が保つでしょうから。よって、この場合、ルームミラーが平面とか曲面とかはどちらでもいいと思われます。(走り出す場合は距離感が必要だということはわかります)
    サイドミラーの曲面については、皆さんのおっしゃる(皆さん全員のようだった)「車間距離がわかり辛いから怖い」ということでしたが、私からすると、少しでもミラーで見えてる場合は「車線変更」自体できない場合であるとの認識です。あるいは、車線変更するとしても相当危険なレベルという認識です。つまり、車が存在するか存在しないか、在るか無いかが大きなポイントです。

      補足日時:2020/07/01 18:28
  • 死角になって全く見えずに自車の傍いることで、えわからない状態で車線変更なんてできるものではありませんので、首を廻すことになるということです。(これは廻すこと自体が危険な行動だと思います)
    サイドミラーには死角があることを経験上知っているからこのような判断をしますが、皆さんは「死角の無い車両」に多くの方が乗っているなのだと思われます。つまりそれは、死角は無いというかたもおられましたし、調整すれば見えるものだと・・・。
    でも、私は「死角ゼロ」といういう車に乗った試しがありません。
    以上のことから、私は

      補足日時:2020/07/01 18:29
  • ①後方確認に距離は必要ないものと思われる(曲面ミラーでもいい)
    ②サイド確認には死角があると思っているので(JAFも死角があると言っている、あるいは死角がある車が存在すると言っている)距離どうこうより、車が在るのか無いのかを見極めてから車線変更したい。
    ③が、首を廻すのは、より危険だと思う(投稿いただいた方はそのような事故は無いとのことだが)
    であるから、サイドミラーが曲面だと距離感の問題があるので、ルームミラーのほうを曲面にして後方視界と、左後方の「車の存在確認」だけに利用したいと思う。
    バックスする場合は、急がない行動なので、それこそ目視が可能。車を走りださせる場合も同様。よって、ルームミラーか曲面がいい、という理由からです。

      補足日時:2020/07/01 18:29
  • 賛同が得られないのには、びっくりしていて、少数派なのだとは思っていますが、死角をお持ちの皆さんの場合は「首を廻している」ということになりますので、これもびっくりです。ということがわかりました。ありがとうございました。来週月曜日に閉め切ろうかと思っています。

      補足日時:2020/07/01 18:29

A 回答 (14件中1~10件)

>とくに左側うしろをルームミラーで見たい


 左後方は「直視」が鉄則です。

 ミラーは、いずれも「直視する前の補助」です。

>死角をお持ちの皆さんの場合は「首を廻している」ということになりますので、これもびっくりです。
 振り返って直視すれば、ミラーよりも確実に見えることをお忘れ?
 ミラーに写っていれば「確認出来る」という訳ではありません。
    • good
    • 0

車があるかないかだけではなく、相手の車のスピードと距離感がわからなきゃ首都高などで車線変更しにくいと思いますが…(^^;


車が無い!と思って車線変更し始めたら、実はスピードの早い車が迫ってきていて、ハンドル切り始めたらいつの間にか横にいてクラクションならされたとかしちゃうのでは?

広角だと遠くの車も鏡にうつり、距離感つかめなくて、入れるのに車がきているように見えて、合流できないとかじゃないの?

ところで、顔を回して左後ろなどの確認が苦手なあなたは、巻き込み確認などはどうしているのでしょうか?
まさかサイドミラー?
巻き込み確認は高速の合流と同じくらい大忙しだから、やっぱり黙視確認も大切よ。
車の運転気を付けてね。

ちなみに、私は純正のミラーは小さすぎて好きではないです。
なので、フラットな大きめのミラーを後付けしてます(๑•᎑•๑)ノ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
左側のドアミラーのみで左折の場合は確認できます。
道路の左に寄って左折しますので、巻き込むのは「バイク・自転車・歩行者」となりますので(車が入る余地がない)ドアミラーだけで充分です。死角はありません。

お礼日時:2020/07/09 17:06

テレビなどで、望遠レンズでの画像見たことありませんが。


望遠レンズなので近くに見えるのはあたり前なんですが、同じ画像の中でも、同じ倍率で距離間が近くに見えています。
逆の場合も同じです、遠くにあるように見える、凸面鏡でも、映る画像はもちろん、曲率に比例して、遠くにあるように見えます。
また同じその時の画像同士の距離間も、同じ曲率に比例した遠近感になります。
見たときの映像を静止画像としてしか認識できない人にとっては大きな問題でないかもしれません。
でも、動画として認識するほどではなくても、動いているものについては、数秒後の相対位置を常に想像して運転する人にとっては重大な問題なんです、非常に余裕があるかのように錯覚します。
>安全装着車に頼る時代がきたということでしょうね
本来ならば、運転の適性がない人ということになります、便利な道具であるとともに、自動車産業を伸ばすためにも、需要を伸ばす必要に答えた結果ともいえます。
    • good
    • 0

>なのに、法令かどうかは知りませんが、いつまでたっても見にくいミラーのままです。



※ルームミラーは、運転席からリヤウインドウ全体がキッチリ入るぐらいの視界に設定されています。
 左斜め後方を確認する装置ではありません。

※曲率が強いミラーは視角が広くなりますが、実像は小さくなり距離感が狂います。
 英国ではこれを嫌い、一時期は全く曲率のない完全にフラットなミラーが使われていたほどです。また北米では、ある接触事故で事故の加害者が『ミラーの像は遠くに見えた』と主張して裁判を起こし、『距離を誤認する可能性がある』湾曲ミラーを装着したメーカーが負けたこともありました。
 そういう経緯があり、『ドアミラーとルームミラーは、曲率を弱くする』方向で各国の法規が固まり、今日に至ります。(北米のドアミラーでは、ミラー下端に『鏡像は実際の距離とは違う』という様な注意書きを入れる様になったほどです。映画『ジュラシックパーク』や『トイストーリー』で、このミラーの注意書きをバカにするシーンがありますね。)

>純正より良く見えて安全安心です。

 貴殿は安心かもしれませんが、安全とは限りません。世界では、広く見えるかどうかよりも『距離感が狂う』ことの方が危険と判断されている、という事です。
 クルマを設計する時、保安基準第21条によって運転席からの視界の広さが決められていますが、直接目視でカバーできない部分は、ドアミラーとルームミラーの組み合わせでカバーされる様になっています。距離感が狂うほど歪みが激しい(実像が小さく映る)曲率が小さいミラーは不要であり、それでなければ見えないところがあるとすると、それは安全確認の方法が間違っています。

>私は、首回すほうが怖いです

 お気持ちは理解できますが、多くの人がクビを回して安全確認しており、それが事故の直接原因となった報告はありません。
 しかし一方、ミラ―を見て相手が遠いと判断し、その判断が間違っていて事故になった事例はあります。(上記の通り、北米ではPL裁判にまで発展しました。)

 つまり、

>とくに左側うしろをルームミラーで見たい

 そこはミラーで確認してよいところではありません。ミラーで見たいから『社外品で売ってる様なミラーにしろ』というのは本末転倒です。距離感が重要な近接箇所は、直接目視して安全確認をするのが正しい運転方法です。
 勿論、怖く感じるのは事実なので仕方がありませんが、客観的に(或いは『市場の常識』で考えると)貴殿個人の感想に過ぎない、っということになります。
 
 実際のところ・・・万人が安心出来る運転方法など無いのも確かで、不安に思われることも十分あり得ると思います。
 ただ法規は『学問的な根拠のある』『実例が多い』事案を優先するので、それに不便を感じる場合は、各個人が工夫するしかない、ということになってしまっています。

>純正が見やすいという人でもいるのでしょうか?

 それで不安が解消されるなら、十分価値がある投資だと言えます。
 ただそれは・・・
①過去事例から導き出される『安全な視界』とは違う。
②貴殿が実施している安全確認方法は、自動車メーカーやケーサツが想定している安全確認方法とは違う可能性がある。
・・・であり、要するに『一般的な意見とは違う』という事でもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

了解です。長文、ありがとうござます。

お礼日時:2020/07/01 17:23

>車を車線移動するとき、並走していた車に迷惑をかけそうになった例がたびたびあります。

顔を回さないと見えません。
いいえ。左後方の車両確認には助手席側のサイドミラーを使います
顔を回す必要はなく視線だけでも確認可能です
各ミラーの角度など再確認すれば宜しいのでは?

駐車場にでも止めて、誰か協力者を使って様々な位置に立って貰い
どのミラーをどの角度に設定スレば死角が無くなるか確認する

平面ミラーで一度も困ったことが無いですね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お言葉を返しますが
死角はあると、nhkでもやってましたけど・・・。
jafですが・・・。
http://qa.jaf.or.jp/drive/visibility/03.htm

お礼日時:2020/07/01 17:20

追記


大型トラックで20年間長距離を走っていますが、サイドミラーで確認できてます。
サイドミラーを超えれば左窓越しに目視可能です。
サイドミラーに移らないのは、並走していても車間がよほど開いている場合ぐらいですが、トラックの場合サイドミラー下の丸型補助ミラーでカーブや並走車確認しています。
乗用車は左後方は念入りに窓越しに目視される方も多くみえると思いますが・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大型トラックの場合はミラーが大きいので、見えてるってことでしょうね?
乗用車は見えないので、目視てことですね。

お礼日時:2020/07/01 15:50

曲面ミラーは距離感がわからず私は使いにくいので嫌ですね。



確かに死角はあります。
ベテランさんは死角があることや、逆に自分が相手に見えてないことも承知の上でハンドルを握ってます。

気づかない、気づいてもらえない、それも含めて予測し、黙視で確認してますし、するものなのです。

もし、真横や後方の死角を鏡だけで確認したいなら、その曲面ミラーの他に、サイドミラーにもサポートミラーなど取り付け、死角をしっかりとなくさないと危ないと思います。

でも、黙視が1番だと思いますよ。
運転中、車線変更するときは、回りに余裕があるときでしょ?顔を回して確認するのが危ない状況の時は、無理せず車線変更しないほうが良いですよ~(๑•᎑•๑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

距離感がわからないのですね。
首都高速など、高速に入り込む一瞬に(もたもたしていられない)右(左)後方を確認しなくてはなりません。スピードに乗らないとかえって危険です。そうすると、車線がなくなってきて、本線に突入しなくてはないりません。そんな時、首を廻している余裕もありませんので、ミラーに頼ります。前の車も見なくては追突です。初心者が立ち往生している例がよく見られますが、おお忙しです。このような道路のつくりになっています。今は相手に(本線の車)に注意してもらっています。
サポートミラーをつけることにします(が、車検が通らない)。

お礼日時:2020/07/01 15:48

既に書かれていますが、距離感が掴みにくいです。


車線変更の時は、首を回して見る。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり、みんな、首を廻してみるものなのですね。

お礼日時:2020/07/01 15:37

輸入車も「日本の基準」に合わせて輸入されています。


だから、外車も同様なのです。

純正が見やすいという人はいないかもしれない。
しかし、「不自由はしない」というところだと思います。

必要な人はカー用品店で買えばいい。質問者さんのように(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いいえ、日本に基準にあわせざる得ないのはわかりますが、いままで、いろんな例があるように(フェンダーミラーからドアミラーへなど)外国車の圧力で改正されている例があります。日本だけでは変わらないので、外圧に頼ろうと思った。ですので外国車は同様ではないと思っています。(反論するようですが)改善すればみんな安くつくと思ってのことです。
か、標準がいいという人もいることにびっくりさせられました。標準が怖いと思っていましたので。でも、結局、後方センサーが標準義務化されて、そういう意味でルームミラーなんて後方だけでいいようになるのでしょうね。自走車もできそうだし。
(差別用語だそうなので、外車ではなく、あえて外国車と書きました)

お礼日時:2020/07/01 15:35

見え方の歪みがヒトによって違うからできるだけ歪みのないものが最大公約数ってことです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

見え方の歪みがヒトによって違う
なるほど・・・。

お礼日時:2020/07/01 15:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング